アクセス進学

教育・幼児教育・保育系

保育士

保育士とは

働く親の代わりになって、
子育てをする育児のプロ。

保育士

保育士 の仕事内容

働く親たちに代わって、0歳児から小学校に就学する前までの乳・幼児を預かり、保育する仕事。保育園の他、児童養護施設、家庭福祉員(保育ママ)として活躍しています。子供と一緒に遊んでいるだけの簡単な仕事に見えますが、責任感や行動力、体力が必要。子供の最も大切な成長過程に携わる重要な仕事です。

保育士の仕事の現在と将来

一日中子供の相手をしているので女性に人気の職場でしたが、とても体力を使うこと、あるいは父親代わりに男性も必要であることが認識され始め、男性が増えてきました。そのため名称も保母から保育士に改称されました。「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の充実が図られているため、活躍の場は大きくひろがっています。

保育士になるにはポイント

よく幼稚園の先生と混同されますが、職務や資格が異なリます。資格取得には、厚生労働大臣指定の保育士養成校を卒業する方法と、各都道府県で実施する国家試験を受ける方法があります。保育士養成校には、大学・短期大学・専修学校の保育士養成機関あるいは通信教育があり、所定の単位を修得して卒業しなければなりません。

保育士には、こんな人が向いている!
    ▼ 子供が好き
    ▼ 体力はある方だ
    ▼ スポーツや音楽が得意
    ▼ 子供の頃よく外で遊んだ
    ▼ 面倒見がいい
    ▼ 気は長い方だ
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

保育士

保育士の情報ならアクセス進学。
保育士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、保育士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

掲載内容は独自の取材及び取材当時の内容に基づいております。
内容等にご意見がございましたらページ下部「お問い合わせ」よりお寄せください。

PR

INFORMATION

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

ページの先頭へ