アクセス進学

教育・幼児教育・保育系

神父(司祭)・牧師

神父(司祭)・牧師とは

布教活動や社会貢献に実を捧げる、キリスト教の聖職者。

神父(司祭)・牧師

神父(司祭)・牧師 の仕事内容

キリスト教には大きく分けてカトリック系とプロテスタント系の2種類があり、カトリックの聖職者を神父(司祭)、プロテスタントの聖職者を牧師と呼びます。毎日のミサや礼拝が主な仕事。信者の悩みを聞き説教をします。布教活動、冠婚葬祭の儀式、聖書の研究なども重要な仕事の一つ。教会の枠を超えて、広く社会への布教活動を行ったり、貧困や不正などの社会問題に積極的に貢献します。

神父(司祭)・牧師の仕事の現在と将来

プロテスタントでは男性でも女性でも関係なく牧師になることができ、結婚することもできます。一方カトリックの神父は、一部例外や教派によりますが、独身男性に限られます。また、仕事とはいえ、キリスト教の伝道師という性格上、何よりも神を信じる気持ち、すべての人を愛する広い心、そして宗教学者であり続ける努力が求められます。

神父(司祭)・牧師になるにはポイント

キリスト教信者であることが絶対条件。神学校や大学の神学部で学び、必要な教養や知識を身につけます。教会や教団でさまざまな経験を積み、指導者の推薦を受けて神父・牧師になります。神父・牧師は、神の導きがあってこそなれるといわれていますので、神父という職業に興味を持った人は、まずは近くの教会に通うことから始めましょう。

神父(司祭)・牧師には、こんな人が向いている!
    ▼ 自分の考えやイメージをわかりすく相手に伝えられる
    ▼ 人の気持ちを理解するのが得意
    ▼ 人の面倒を見たり、世話をするのが好き
    ▼ 人と話をしたり、聞いたりするのが好き
    ▼ 年齢や立場に関わらずつきあえる
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

神父(司祭)・牧師

神父(司祭)・牧師の情報ならアクセス進学。
神父(司祭)・牧師の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、神父(司祭)・牧師になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

掲載内容は独自の取材及び取材当時の内容に基づいております。
内容等にご意見がございましたらページ下部「お問い合わせ」よりお寄せください。

PR

INFORMATION

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

ページの先頭へ