アクセス進学

教育・幼児教育・保育系

社会教育主事

社会教育主事とは

社会教育に携わる人々に指導やアドバイスを行う、地方公務員。

社会教育主事

社会教育主事 の仕事内容

地方自治体の教育委員会事務局に所属する地方公務員。社会教育活動を行っている地域の団体や施設のリーダーに、指導やアドバイスを行う仕事です。例えば、公民館や社会教育センターなどで開催される生涯学習講座や社会教育講座などを企画したり、運営に携わったり、指導を行ったりします。

社会教育主事の仕事の現在と将来

各自治体の財政状況などにより、社会教育主事の数は減少傾向にありますが、多くの自治体でさまざまな講座が開催されるなど、地域住民の学習意欲は逆に高まりを見せています。社会教育の推進に欠かせない存在である社会教育主事への期待は、今後ますます大きくなると思われます。

社会教育主事になるにはポイント

大学や短大で社会教育に関する所定の科目の単位を修得後に地方公務員試験に合格し、社会教育主事補として1年以上経験を積む方法と、地方公務員として社会教育に関する職に3年以上就いた後に社会教育主事講習を受ける方法、そして教員免許取得後5年以上教育関係の職に携わってから講習を受ける方法があります。

社会教育主事には、こんな人が向いている!
    ▼ 人のため、地域のために働きたい
    ▼ 協調性がある
    ▼ 洞察力に優れている
    ▼ 誰よりも行動力がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

社会教育主事

社会教育主事の情報ならアクセス進学。
社会教育主事の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、社会教育主事になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

掲載内容は独自の取材及び取材当時の内容に基づいております。
内容等にご意見がございましたらページ下部「お問い合わせ」よりお寄せください。

PR

INFORMATION

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

ページの先頭へ