アクセス進学

教育・幼児教育・保育系

特別支援学校教諭

特別支援学校教諭とは

ハンディキャップを持った子どもたちのための、自立支援教育の専門家。

特別支援学校教諭

特別支援学校教諭 の仕事内容

主に目や耳の不自由な子どもや知的障がいを持つ子どものために設けられた特別支援学校や小・中学校の特別支援学級で、自立支援と通常の学校に準じた教育を行うための教員。できるだけ1人で日常生活を送れるように、あるいは仕事に就いて働けるように、個々のハンディキャップの状態に合わせて指導していく仕事です。

特別支援学校教諭の仕事の現在と将来

一人で複数のハンディキャップを抱えている場合も少なくないため、特別支援の対象となる5種の障がい(視覚・聴覚・知的障がい、肢体不自由、病弱)はもちろん、言語障がい、LD(学習障がい)、ADHD(注意欠陥・多動性障がい)、高機能自閉症など、障がいについての知識を幅広く身につけておくと有利です。

特別支援学校教諭になるにはポイント

大学の教育学部で小・中・高・幼稚園いずれかの普通免許取得を目指しつつ、さらに特別支援学校教員養成課程で専門科目を学び、普通免許とともに特別支援学校教諭の免許を取得するのが一般的。教諭の普通免許を取得してから、教育委員会などが行う講習を受けて資格を得る方法もあります。

特別支援学校教諭には、こんな人が向いている!
    ▼ 思いやりがある
    ▼ 辛抱強い
    ▼ 熱意は誰にも負けない
    ▼ 相手の気持ちを理解することが得意だ
    ▼ 人の面倒を見たり、世話をするのが好き
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

特別支援学校教諭

特別支援学校教諭の情報ならアクセス進学。
特別支援学校教諭の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、特別支援学校教諭になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

掲載内容は独自の取材及び取材当時の内容に基づいております。
内容等にご意見がございましたらページ下部「お問い合わせ」よりお寄せください。

PR

INFORMATION

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

ページの先頭へ