アクセス進学

教育・幼児教育・保育系

ベビーシッター

ベビーシッターとは

子供のお世話をマルチにこなせる、
忙しい両親の代理役!

ベビーシッター

ベビーシッター の仕事内容

家を留守にしなければならない両親に代わって子供の面倒をみる仕事。保育所の送迎、食事やトイレの世話、遊び相手などが主な内容です。育児に関する知識のほか、体調を崩しやすい乳幼児のための健康に関する知識や、万が一の対処といった技能も必要です。外国人宅からの依頼も多いため、語学力が求められる場合もあります。

ベビーシッターの仕事の現在と将来

核家族化が進み、働く女性が増える中、ベビーシッターの需要は急速に高まってきています。また、託児施設を設けるデパートや映画館なども増えており、家庭以外での活躍の場も増えています。最近では英語や音楽などの教育ができる人材はナニーと呼ばれ専門化するなど、特別な技能を持つことで活躍の場が広がっていくでしょう。

ベビーシッターになるにはポイント

専門学校などで保育に関する知識を身につけましょう。保育士資格や幼稚園経論を持っているとより就職に有利です。ベビーシッター派遣会社に登録して各家庭やデパート、レストラン、ホテルなどに派遣されるのが一般的ですが、自宅で子供を預かる人もおり、活躍のスタイルはさまざまです。

ベビーシッターには、こんな人が向いている!
    ▼ 子供が大好き
    ▼ 家事が苦にならない
    ▼ 面倒見がいい
    ▼ 体力に自信がある
    ▼ 人付き合いが上手なほうだ
    ▼ 責任感がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

ベビーシッター

ベビーシッターの情報ならアクセス進学。
ベビーシッターの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、ベビーシッターになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

掲載内容は独自の取材及び取材当時の内容に基づいております。
内容等にご意見がございましたらページ下部「お問い合わせ」よりお寄せください。

PR

INFORMATION

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

ページの先頭へ