保護者のみなさま

失敗しない進路選択とは?

2019年02月01日

木のてっぺんにとまるカラス

「不安定な時代」といった表現を、インターネット、テレビ、新聞、書籍など、様々なメディアで目にします。さらに人生100年時代、働く年数が長くなるとも言われている昨今。
そんな時代背景のせいか高校生の皆さんとお話していると「進路選択、失敗したくないんです…」と言う方によくお会いします。私ももちろんですが、誰でも出来れば失敗はしたくないですよね。今回は、「失敗しない進路選択」について考えてみたいと思います。

■失敗って何だろう?
まずは、改めて、「失敗」とは何でしょうか? 短期的には「失敗」と思っても、後から振り返ってみれば「貴重な経験だったな…」と思えたり、逆に「成功」と思っても状況が変わって、「あれは失敗だった…」と思ったり、ある経験についての意味付けは、その後の状況に応じてガラッと変わります。皆さんの中にも少なからず似たような経験をした方がいらっしゃるのではないでしょうか?
経営者、スポーツ選手、学者などの有名人でも、大失敗を味わって、「その失敗のおかげで今の自分がある」という話を聞いたことがあるかもしれません。つまり、長い人生の中で、何が「失敗」となるのか、今の時点では分からないことなのではないでしょうか。
なるべく失敗しない進路を選びたいと思って、「今は安定している仕事」を選んでも、これからどうなるかは分かりません。キャリアコンサルタントの私ですら、どの進路選択が皆さんにとっての「失敗」なのかは分からないのです。
また、その時は「失敗」と思っても、その後の自分のがんばりや、視点の切り替えで、いくらでもその「失敗」を挽回したり、有意義なものに変えたりすることはできます。何が「失敗」となるかは自分次第ともいえるでしょう。

■失敗しないよりも大切なこと
生きていると、どんなにがんばっても、上手くいかないこと、挽回できないことも起こりえますよね。私はそんなときに「失敗」かどうかという結果よりも、「失敗から何の力を得たか?」の方が大切だと考えています。社会に出てからは、そのような力こそ求められるからです。
就職活動の面接で、必ずといっていいほど聞かれる質問の一つに、「学生時代、失敗したことは何ですか? そこから何を学びましたか?」というものがあるくらいです。仕事をしているとチャレンジをしなくてはいけない場面が出てきて、どうしても上手くいかないことに直面するときがあります。そんなとき、失敗を乗り越える力を持っていることが重要視されるのです。
私自身は、「成功は選んでできるけれど、失敗は選んでできないので逆に貴重なことである」と思うようにしています。不安定な時代を生き抜くために、皆さんの進路選択にとって大切なことは、その選択が「失敗」するかどうかに焦点を当てるよりも、自分は何がしたいかを考えて、どんな選択をしたとしても「その道で何の力を得るか」ということの方なのです。

選んだ進路が今はどんな結果に繋がるのか分からなくても、自分で考え、選択し続ければ、道は開けます。皆さんにはぜひ、「失敗」に囚われず、自分の道を選びとっていただきたいと思います。

齋藤さんのこれまでの記事 今月の"家族のテーマ"バックナンバー
進路決定までの道〜やりたいことの探し方〜
進路決定までの道〜情報を集めよう〜
進路決定までの道~意思決定するということ~
進路決定までの道~目標設定して行動計画を立てる~
自分で決めた進路を親に反対されたら…?
「自分に向いている仕事」「自分に合っている進路選択」とは?
「仕事」や「働くこと」について考えてみる
夢ややりたいことを言葉にすると、実現する
たくさん動こう、たくさん出会おう!
「なかなか進路が決まらなくて焦る」、どうしたらいい?
仲間や自分を応援してくれる人を増やそう
なかなか勉強に集中できない時、どうする?
文理選択、何を基準に決めたらよいの?
「向いていること」と「やりたいこと」、どちらを選んだほうがいい?
激しく変化するこれからの時代を生きるうえで、大切にしたい3つのこと
自分の仕事、働き方に満足し、生き生きと働いている方の特徴
「自信がもてない」「自分を好きになれない」という悩み
「がんばったけれどうまくいかなかった」―受験の失敗から立ち直る方法
今年1年のやりたいことを考えよう
社会に出ること、働くことに不安を感じているあなたへ
迷ったり悩んだりしたときの「上手な相談の仕方」
進学? 就職? 高校卒業後の進路どうしよう…。
夏本番、心を動かそう!
後悔しない選択をするために大切なこと
"やりたいこと"ってなんだろう、ないとだめなの?
「やらなきゃいけないけれど、がんばれない…」、こんなときどうすればいいの?
受験勉強と友達付き合い、どうバランスをとったらいいの?
やりたいことがありすぎて選べない…進路選択、どうすればいい?
「キャリア」を考えるのはどうして大切なの?
自分に合う「働き方」を創っていける~これからの働き方~
意外と知らない自分を知る方法
適性診断の使い方
「失敗」や「リスク」とどう向き合う? 進路選択の考え方
なりたい自分になるために~決める」ことの大切さ~
やりたいことがある人もない人も~進路の決め方~
進路に関するネガティブな情報との向き合い方
進路選択はまず「自分を知ること」から
働きたくないなぁ…。そんな自分はどうしたらいいの?
「なぜ働くのか?」を考えることが大切な理由
「目標設定」が苦手なあなたへ

[齋藤 めぐみ]


■プロフィール 齋藤 めぐみ(さいとう めぐみ)


「この世界に生まれてきた子どもたちに生きること、働くことの喜びを伝えたい」をビジョンに、小学生から定年退職後の方まで、幅広い世代のキャリア選択の支援を行うキャリアカウンセラー。
青山学院女子短期大学児童教育学科を卒業後は、最大手人材エージェント、通信会社の採用・教育担当などに勤務。2007年9月に独立してからはフリーランスとして大学のキャリアセンターや企業の人材採用・育成の仕事、小中高校生向けキャリア教育の授業開発などに携わっている。

■オフィシャルWebサイトでワークショップのお知らせ・ブログを掲載中。
http://www.megumi-saitou.jp

学校情報検索しよう!

  • 大学・短大を探す
  • 専門学校を探す
  • 塾・予備校を探す
  • 学びから学校を探す
  • 将来から学校を探す
  • 進学イベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

中学高校を探すならこちらから

ページの先頭へ