保護者のみなさま

なりたい自分になるために〜「決める」ことの大切さ〜

2018年07月01日

朝焼け

いよいよ夏本番。受験生の皆さんは進路に向けて、山場の夏休みが近づいていますね。
「こんな進路に進みたい、でも難しそうだし…。あそこでもいいかもしれない…」などと、迷いがある方もいらっしゃるかもしれません。しかし、受験など、未来に向けて頑張ろう!というときは、「決めて」いるかどうかが非常に重要になってきます。
皆さんにとって、もし憧れの人がいたら、その人も「決める」ことをやってきたからこそ今の姿があると思います。今回は、なりたい自分になるために、「決める」ことの大切さについてお伝えします。

■「決める」と未来は進み出す
進路でも、部活などの学校生活でも、私生活でも、なりたい自分になるためには、まず、自分がどうなりたいか「決める」ことが大事です。当たり前のことと思われるかもしれませんが、これが案外、大人でも難しいことです。自分も含め、様々な方とお話ししているなかで切に感じています。
ここでいう「決める」とは、自分の心の中で「よし、決めたぞ!」と思うだけでなく、実際にそれをやりきるように、優先順位を上げて行動に落とし込むところまでのことをいいます。
しかし、思っている以上に心も体も忙しい毎日。自分では「決めた」と思っても、心のどこかで迷いがあると、優先順位が変わってしまって人は簡単に日々に流されてしまいます。逆に、一旦「決めて」行動をし始めると、徐々にでもなりたい自分に向けて未来は進んでいくものです。

■「決めた」ことをどれだけ行動に落とし込めるか
では、「決めて」物事を進めるためにはどうしたらいいのでしょうか。はじめに、なりたい自分を思い描いて、仮でもいいので大きな目標を「決めて」しまいましょう(例えば、「〇〇になるために□□の学校に行こう!」など)。ここでのポイントは、今後、絶対に変わらないと言い切れなくても、いまの自分ではベストと思えることに決めることです。
次に、ここからは地味なことですが「決めた」ことに向けてどれだけ行動に落とし込めるかがカギになります。そのためには、自分が決めた大きな目標に対して、どのような状態にならなくてはいけないのかを調べ、なるべく具体的に数字を盛り込んで小さな目標(〇〇の教科の得点をいつまでに□割にするなど)を定めましょう。
そして、ここが一番の肝ですが、その小さな目標実現に向けて行動する時間を1日の中で優先順位を上げて取っていく(○○の教科を毎日□分は勉強するなど)ということです。「決める」こととは、大きな目標を思い描いてから日々の行動に起こすまで、一連の流れを作ることなのです。(詳しい行動計画の立て方はこちらを参考にしてください:進路決定までの道~目標設定して行動計画を立てる~
「決める」ことは、自分の選択肢が狭まる気がして怖いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、決めないで流されることの方が私は怖く感じます。私自身も、周囲で生き生きと輝いている方たちも「決める」ことでなりたい自分に近づいていっているなぁと実感する日々です。「決める」こと、ぜひトライしてみてくださいね。

齋藤さんのこれまでの記事 今月の"家族のテーマ"バックナンバー
進路決定までの道〜やりたいことの探し方〜
進路決定までの道〜情報を集めよう〜
進路決定までの道~意思決定するということ~
進路決定までの道~目標設定して行動計画を立てる~
自分で決めた進路を親に反対されたら…?
「自分に向いている仕事」「自分に合っている進路選択」とは?
「仕事」や「働くこと」について考えてみる
夢ややりたいことを言葉にすると、実現する
たくさん動こう、たくさん出会おう!
「なかなか進路が決まらなくて焦る」、どうしたらいい?
仲間や自分を応援してくれる人を増やそう
なかなか勉強に集中できない時、どうする?
文理選択、何を基準に決めたらよいの?
「向いていること」と「やりたいこと」、どちらを選んだほうがいい?
激しく変化するこれからの時代を生きるうえで、大切にしたい3つのこと
自分の仕事、働き方に満足し、生き生きと働いている方の特徴
「自信がもてない」「自分を好きになれない」という悩み
「がんばったけれどうまくいかなかった」―受験の失敗から立ち直る方法
今年1年のやりたいことを考えよう
社会に出ること、働くことに不安を感じているあなたへ
迷ったり悩んだりしたときの「上手な相談の仕方」
進学? 就職? 高校卒業後の進路どうしよう…。
夏本番、心を動かそう!
後悔しない選択をするために大切なこと
"やりたいこと"ってなんだろう、ないとだめなの?
「やらなきゃいけないけれど、がんばれない…」、こんなときどうすればいいの?
受験勉強と友達付き合い、どうバランスをとったらいいの?
やりたいことがありすぎて選べない…進路選択、どうすればいい?
「キャリア」を考えるのはどうして大切なの?
自分に合う「働き方」を創っていける~これからの働き方~
意外と知らない自分を知る方法
適性診断の使い方
「失敗」や「リスク」とどう向き合う? 進路選択の考え方

[齋藤 めぐみ]


■プロフィール 齋藤 めぐみ(さいとう めぐみ)


「この世界に生まれてきた子どもたちに生きること、働くことの喜びを伝えたい」をビジョンに、小学生から定年退職後の方まで、幅広い世代のキャリア選択の支援を行うキャリアカウンセラー。
青山学院女子短期大学児童教育学科を卒業後は、最大手人材エージェント、通信会社の採用・教育担当などに勤務。2007年9月に独立してからはフリーランスとして大学のキャリアセンターや企業の人材採用・育成の仕事、小中高校生向けキャリア教育の授業開発などに携わっている。

■オフィシャルWebサイトでワークショップのお知らせ・ブログを掲載中。
http://www.megumi-saitou.jp

学校情報検索しよう!

  • 大学・短大を探す
  • 専門学校を探す
  • 塾・予備校を探す
  • 学びから学校を探す
  • 将来から学校を探す
  • 進学イベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

中学高校を探すならこちらから

ページの先頭へ