高校生(受験生)のみなさま

Let's think! その10:自分の“好き”や“強み”がわかりません

2020年01月01日

考える人

選択肢が多様になったり、数年前の常識がもう通用しなくなっていたりする、変化のスピードが速いこの時代。「選択肢が多いのだから、好きなことをやろう!」「変化に耐えられるように、強みを活かして仕事をしよう!」といったような、自分の"好き"や"強み"について語られる機会が多くなったように感じます。
そういった風潮を反映してか、私のキャリアカウンセリングでも「自分の"好き"や"強み"がわからず悩んでいます…」という内容のご相談が、高校生のみなさんのみならず、大人の方からも増えています。今回は、そんな"好き"や"強み"についてどのように考えたらいいのか、一緒に考えてみましょう。

■"好き"や"強み"がわからないのはなぜ?
色々な方のお話を伺っていると、"好き"や"強み"がわからないという場合、大きく分けて2つのケースがあります。1つ目は、それらが「すごい」ものでなくてはいけないと思っているケースです。"好き"に関しては、「寝食を忘れるほど大好き!でなくてはいけない」とか、「一生変わらないくらい本当に好きでなくてはいけない」など。"強み"に関しては、「お金になりそうなことでなくてはいけない」「周囲と比べてずば抜けていないといけない」などと、思い込んでしまっていることがあります。
実は大人で楽しく働いている方でも、そこまでのものを持っている場合は少ないです。持っていたとしても、「なんとなく好き」「ちょっと得意」を積み重ねた結果、わかったという場合がほとんど。だから、まずは、小さな好きや得意からはじめて大丈夫なのです。
そして、一番多いもう一つのケースは、シンプルに"好き"に遭遇していない、"強み"を使い切れていないというケース。これはもう、頭で考えてわかるものではありません。先ほどのように、小さな"好き"や"強み"に関することを、まずはやってみる。そして実際やってみると、その中でも、「やっぱりこれは嫌だ、これは特に好き」「これは意外と苦手かも、これはやっぱり得意だ」と見えてくるものがあります。

■世界を広げよう! 突き詰めてみよう!
そして、先ほどお伝えしたように、自分の中の小さな"好き"や"得意"に従って、色々なことを実践していくと、視野が広がって、知らなかった選択肢を知ることができ、より自分にしっくりくる"好き"や"得意"を知ることにつながっていきます。
そのとき、みなさんの世界が広がるのをさらに後押ししてくれるのは、広い視野を持って、誠実に目の前のことに取り組んでいる、楽しそうな「いい大人たち」に会うことです。私は「いい大人たち」に接することによって、学ぶことや働くことに関する考え方がガラッと変わったり、"好き"や"得意"を見つけたりした学生さんたちをたくさん見てきました。きっとみなさんも、小さな挑戦を積み重ねていくことで、「いい大人たち」に出会い、今までの自分では想像もしなかった新しい価値観や選択肢に触れることができると思います。
一方で、様々なことを体験することと同じくらい大切なことは、目の前のことにじっくり取り組んでみることです。例えば、学校のイベント、部活の大会、テスト他、趣味のことでもなんでも、とにかく、目の前のことを突き詰めてやってみる。そうすると、それが終わった後には、前よりも"好き"に対する気づきがあったり、"強み"が磨かれていたりするはずです。

■"好き"や"強み"自体も変化していくもの
ここまで、色々な体験を経て"好き"や"強み"がわかってきますよ、というお話をしてきました。しかし、そうして見つかった"好き"や"強み"も生涯ずっと同じものとは限りません。時代の変化に伴い、様々な体験をしているうちに、"好き"や"強み"も形を変えたり、減ったり、増えたりと、変化するものです。
みなさんはまだ若いので、これから、自分の考えや能力はどんどん変化していくことでしょう。そこで、今までの自分の"好き嫌い""得意不得意"という固定観念に囚われず、色々な体験に対してオープンになって、ぜひ、楽しみながら、自分の"好き"や"強み"を増やしたり、尖らせたりしていっていただければと思います。

■まとめ~Let's think!!
①あなたのなんとなく好きなもの、ちょっと得意なものは何でしょうか。自分ではちっぽけだと思うことでも大丈夫なので、書き出してみましょう。
②①に関連して今すぐできることを調べてみましょう。(関連する本を読む、動画を見る、詳しそうな人に聞いてみる、講演やワークショップに行くなど)
③今、目の前にあることで「これはやり切りたい」と思えるものは何ありますか? 短期間のことでもいいので、書き出して、どれか一つに真剣に取り組んでみましょう。

齋藤さんのこれまでの記事 今月の"家族のテーマ"バックナンバー
進路決定までの道〜やりたいことの探し方〜
進路決定までの道〜情報を集めよう〜
進路決定までの道~意思決定するということ~
進路決定までの道~目標設定して行動計画を立てる~
自分で決めた進路を親に反対されたら…?
「自分に向いている仕事」「自分に合っている進路選択」とは?
「仕事」や「働くこと」について考えてみる
夢ややりたいことを言葉にすると、実現する
たくさん動こう、たくさん出会おう!
「なかなか進路が決まらなくて焦る」、どうしたらいい?
仲間や自分を応援してくれる人を増やそう
なかなか勉強に集中できない時、どうする?
文理選択、何を基準に決めたらよいの?
「向いていること」と「やりたいこと」、どちらを選んだほうがいい?
激しく変化するこれからの時代を生きるうえで、大切にしたい3つのこと
自分の仕事、働き方に満足し、生き生きと働いている方の特徴
「自信がもてない」「自分を好きになれない」という悩み
「がんばったけれどうまくいかなかった」―受験の失敗から立ち直る方法
今年1年のやりたいことを考えよう
社会に出ること、働くことに不安を感じているあなたへ
迷ったり悩んだりしたときの「上手な相談の仕方」
進学? 就職? 高校卒業後の進路どうしよう…。
夏本番、心を動かそう!
後悔しない選択をするために大切なこと
"やりたいこと"ってなんだろう、ないとだめなの?
「やらなきゃいけないけれど、がんばれない…」、こんなときどうすればいいの?
受験勉強と友達付き合い、どうバランスをとったらいいの?
やりたいことがありすぎて選べない…進路選択、どうすればいい?
「キャリア」を考えるのはどうして大切なの?
自分に合う「働き方」を創っていける~これからの働き方~
意外と知らない自分を知る方法
適性診断の使い方
「失敗」や「リスク」とどう向き合う? 進路選択の考え方
なりたい自分になるために~「決める」ことの大切さ~
やりたいことがある人もない人も~進路の決め方~
進路に関するネガティブな情報との向き合い方
進路選択はまず「自分を知ること」から
働きたくないなぁ…。そんな自分はどうしたらいいの?
「なぜ働くのか?」を考えることが大切な理由
「目標設定」が苦手なあなたへ
失敗しない進路選択とは?
意外な自分を発見できる!? 1年の振り返りをしよう!
そもそも進路って選ばないとダメですか?
なぜ大学(専門学校)に行くのか?
文理選択~理系か文系か、どっちにすべき?~
夢ややりたいこと、ないとダメですか?
"やりたいこと"ってどうすれば見つかりますか?
「好きなことで生きていく」って可能ですか?
「学力」や「偏差値」、やっぱり大事ですよね…?
親や先生が大反対。どうしたらいい…?
つらくて大変そうだから、働きたくない…

[齋藤 めぐみ]


■プロフィール 齋藤 めぐみ(さいとう めぐみ)


「この世界に生まれてきた子どもたちに生きること、働くことの喜びを伝えたい」をビジョンに、小学生から定年退職後の方まで、幅広い世代のキャリア選択の支援を行うキャリアカウンセラー。
青山学院女子短期大学児童教育学科を卒業後は、最大手人材エージェント、通信会社の採用・教育担当などに勤務。2007年9月に独立してからはフリーランスとして大学のキャリアセンターや企業の人材採用・育成の仕事、小中高校生向けキャリア教育の授業開発などに携わっている。

■オフィシャルWebサイトでワークショップのお知らせ・ブログを掲載中。
http://www.megumi-saitou.jp

学校情報検索しよう!

  • 大学・短大を探す
  • 専門学校を探す
  • 塾・予備校を探す
  • 学びから学校を探す
  • 将来から学校を探す
  • 進学イベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

中学高校を探すならこちらから

ページの先頭へ