高校生(受験生)のみなさま

受験に向けた体調管理

2018年12月01日

タオルで手をふく

空気が乾燥し、寒くなってくる冬の時期、気をつけたいのはインフルエンザやノロウイルスなど、ウイルスが原因になる病気。インフルエンザは高熱が出る、全身のだるさ、悪寒など症状がきついうえ、学校保健安全法の規定により「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過」するまでは出席を控えなければならないため、1週間程度学校へ行けなくなってしまいます。
ノロウイルスには休みの規定はないものの、感染性胃腸炎として吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などが起こります。症状は多くの場合、1~2日で収まりますが、急につらい症状に襲われることが多いので注意が必要です。

どちらもウイルスがもとになっていますが、主に空気中を漂っているものが鼻や口から入って感染するため、少しの心がけで予防することが可能です。

■手洗いを徹底する
予防の基本は手洗いです。ウイルスがついた手で口や鼻を触ってしまうことが大きな感染経路の一つですので、外から帰ってきたら必ず手洗いを忘れずに行い、ウイルスを洗い流しましょう。
手洗いはただやればよいというものではなく、効果的な洗い方があります。きちんと石けんを使って、正しく手を洗いましょう。手の洗い方は政府広報オンラインや医療機関の公式Webサイトで確認できます。
より万全を期すために、手指消毒液などを組み合わせて利用してもよいでしょう。

■加湿器と暖房器具で湿度と温度を調整する
ウイルスは乾燥していて冷たい空気が大好き。ということは湿度が高く、温かい環境は苦手、ということです。そこで、加湿器や暖房器具をうまく活用して、家の中は常に温かく湿気がある状態をキープするようにしてください。

■インフルエンザには予防接種を
インフルエンザワクチンを打っても、100%予防することはできませんが、罹患率を下げることができます。また、もしインフルエンザにかかってしまっても、打っていない場合に比べて軽い症状で済む、というメリットもあります。
もし予防接種をする場合は、打ってから効果が出るまで2~3週間かかり、3~5か月ほどで効果がなくなってしまいますので、自分の受験スケジュールにあわせて、打つ時期を決めるようにしましょう。

■ノロウイルスは生食に注意
冬場に旬を迎えるカキをはじめ、アサリやホタテ、赤貝などの二枚貝はノロウイルスを蓄積していることがあるので、生食は避け、しっかりと加熱処理をしてから食べましょう。
また、二枚貝ではなくても、体調を崩したくない大切なこの時期、基本的に生食は避けたほうが無難です。

上記に加えて、まずはしっかりと栄養のとれるバランスのよい食事、疲労をためないよう質のよい睡眠&休息を心がけ、規則正しい生活を送ることが大切です。
これまで夜遅くまで勉強するなど、少し無理をしてでも頑張ってきた人も少なくないと思いますが、万全な体調で入試本番に迎えられるよう、少しずつ生活を整えていきましょう。

[アクセス進学編集部]

学校情報検索しよう!

  • 大学・短大を探す
  • 専門学校を探す
  • 塾・予備校を探す
  • 学びから学校を探す
  • 将来から学校を探す
  • 進学イベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

中学高校を探すならこちらから

ページの先頭へ