高校生(受験生)のみなさま

進路に関するネガティブな情報との向き合い方

2018年09月01日

水の中の葉っぱ

進路に関する情報収集をしていると、「この仕事はブラックだ」とか、「この学部にいっても仕事がみつからない」とか、「この進路に進んでも将来の給料が…」など、ネガティブな情報に触れることが少なからずあるのではないでしょうか。
進路選択は、皆さんにとって、今後の人生に影響を及ぼす大切な決断。このようなネガティブな情報を目にすると、不安な気持ちになりますよね。今回は、進路に関するネガティブな情報に対する向き合い方について考えてみたいと思います。

■それは本当?
まず、恐らく皆さんは、多くの情報収集をネット検索でされているかと思います。しかし、皆さんもご存知かもしれませんが、ネットの情報は根拠があって正確なものから、デタラメなものまでごちゃ混ぜです。その情報が偏ったものでないか、本当かどうか、一度冷静に考えてみる必要があります。
可能であれば、実際にその進路に進んでいる人が知り合いにいないか探してみたり、そのような人が集まっている場所、たとえばイベントなどに行って話を聞いてみたりするなど、自分でも情報を確かめてみましょう。
もちろん、そこで得られた情報も全て真に受けず一つの情報として捉えたいですが、リアルな場で得られた情報は、皆さんがその道に進んだ後のことをより具体的に想像することを助けてくれるでしょう。また、こういった「入ってきた情報をすべて真に受けず、一旦自分のなかで受け止めて、考える」という姿勢は今後も役に立つはずです。

■不安と向き合おう
そうはいっても、ネガティブな情報を見て不安になってしまうこともあれば、実際にその情報は確かなようだ…ということもあるでしょう。そういう場合は、ネガティブな情報や、自分の中の不安に徹底的に向き合ってしまうということも有効です。
自分の心に「何が不安?」と聞いてみたり、その情報通りネガティブな状態が起こってしまったら、どんな事態が起こり得るかということを考えてみたりするのです。そして、出てきた不安材料から実際に起こってしまったときの対処法を練ります。
人間、何が不安材料で、何が起こり得るのか、分からない状況では不安がさらに膨らんでしまいます。しかし、最悪起こってしまってもこう対処すればいいのだ、ということが描けていれば少し安心して進んでいけるものです。
さらに、そのネガティブな情報はどうすれば起こらないのかを考えてみてもいいと思います。例えば、「その進路では就職が難しい」ということであれば、起業に挑戦するという選択肢も考えられますし、その進路で学んだことを生かせる別の業界に仕事があるかもしれません。

このようにネガティブな情報と向き合った結果、色々不安はあるけれど、やはりその道に進みたいと決めてもいいですし、そのネガティブな情報が自分の中で大きければ、違う道を選ぶのもありです。大切なことは、様々な情報の中から自分に必要な情報を選び出せること、自分の中の不安と向き合って決断をするというプロセスだと私は思います。
辛いプロセスかもしれませんが、この経験は皆さんの成長と今後のキャリアに繋がっていくことでしょう。ぜひ、向き合ってみてくださいね。

齋藤さんのこれまでの記事 今月の"家族のテーマ"バックナンバー
進路決定までの道〜やりたいことの探し方〜
進路決定までの道〜情報を集めよう〜
進路決定までの道~意思決定するということ~
進路決定までの道~目標設定して行動計画を立てる~
自分で決めた進路を親に反対されたら…?
「自分に向いている仕事」「自分に合っている進路選択」とは?
「仕事」や「働くこと」について考えてみる
夢ややりたいことを言葉にすると、実現する
たくさん動こう、たくさん出会おう!
「なかなか進路が決まらなくて焦る」、どうしたらいい?
仲間や自分を応援してくれる人を増やそう
なかなか勉強に集中できない時、どうする?
文理選択、何を基準に決めたらよいの?
「向いていること」と「やりたいこと」、どちらを選んだほうがいい?
激しく変化するこれからの時代を生きるうえで、大切にしたい3つのこと
自分の仕事、働き方に満足し、生き生きと働いている方の特徴
「自信がもてない」「自分を好きになれない」という悩み
「がんばったけれどうまくいかなかった」―受験の失敗から立ち直る方法
今年1年のやりたいことを考えよう
社会に出ること、働くことに不安を感じているあなたへ
迷ったり悩んだりしたときの「上手な相談の仕方」
進学? 就職? 高校卒業後の進路どうしよう…。
夏本番、心を動かそう!
後悔しない選択をするために大切なこと
"やりたいこと"ってなんだろう、ないとだめなの?
「やらなきゃいけないけれど、がんばれない…」、こんなときどうすればいいの?
受験勉強と友達付き合い、どうバランスをとったらいいの?
やりたいことがありすぎて選べない…進路選択、どうすればいい?
「キャリア」を考えるのはどうして大切なの?
自分に合う「働き方」を創っていける~これからの働き方~
意外と知らない自分を知る方法
適性診断の使い方
「失敗」や「リスク」とどう向き合う? 進路選択の考え方
なりたい自分になるために~「決める」ことの大切さ~
やりたいことがある人もない人も~進路の決め方~

[齋藤 めぐみ]


■プロフィール 齋藤 めぐみ(さいとう めぐみ)


「この世界に生まれてきた子どもたちに生きること、働くことの喜びを伝えたい」をビジョンに、小学生から定年退職後の方まで、幅広い世代のキャリア選択の支援を行うキャリアカウンセラー。
青山学院女子短期大学児童教育学科を卒業後は、最大手人材エージェント、通信会社の採用・教育担当などに勤務。2007年9月に独立してからはフリーランスとして大学のキャリアセンターや企業の人材採用・育成の仕事、小中高校生向けキャリア教育の授業開発などに携わっている。

■オフィシャルWebサイトでワークショップのお知らせ・ブログを掲載中。
http://www.megumi-saitou.jp

学校情報検索しよう!

  • 大学・短大を探す
  • 専門学校を探す
  • 塾・予備校を探す
  • 学びから学校を探す
  • 将来から学校を探す
  • 進学イベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

中学高校を探すならこちらから

ページの先頭へ