高校生(受験生)のみなさま

「失敗」や「リスク」とどう向き合う? 進路選択の考え方

2018年06月01日

闇に沈む富士山

皆さんは進路を考えるうえで何を重視して選択しようとしていますか? 「学びたいこと」「就きたい職業につながること」、それとも「安定していそうなこと」でしょうか? イベントや進路相談などで高校生とお話しをすると、「進路選びで失敗したくないです…」と失敗することをとても恐れている方に出会います。確かに先のことが全然分からない世の中で、自分の道を選ぶということは怖いことですよね。今回は、進路を考えるうえで「失敗」や「リスク」と向き合うことについてお話しします。

■「やってみたいこと」か「安定していそうなこと」か
進路を考えるときには、好きな教科であったり、興味のある職業から考えた「やってみたいこと」から選ぶ方もいます。一方、世間一般に言われていたりご家族や先生に相談したりした際に聞いた「安定していそうなこと」を選ぶという方もいらっしゃるかと思います。
「やってみたいこと」が多くの人が就くことができる職業であったり、学んだ先に就職先がたくさんありそうな場合はいいと思いますが、狭き門であったり、それでは食べていけない…と言われるリスクのある道である場合、悩んでしまうのではないでしょうか。
このような場合は、どちらを選択すればいいのでしょう。私のクライアントさんの例を挙げると、高校生の進路選択の際にこの2択で迷い、結局「間違いがなさそうなこと」を選択されましたが、「やってみたいことをやれば良かった…」という悔いが残り、社会人になった後にキャリアチェンジをされた方がいらっしゃいました。たくさんの方とお話しする中で、この方のように「やりたいことにチャレンジをしなかった」という場合、後悔をすることが多いように感じます。
「やってみたいこと」か「安定していそうなこと」かどちらを選ぶかは、ご家庭の事情や生活などにより人それぞれです。しかし、人生100年時代と言われ、長く働き続ける人が多いであろうみなさん世代にとって、働き続けるためには「やってみたい」という気持ちの面を大切にしてあげることも大事ではないでしょうか。
そのうえで、「やってみたいこと」はどのくらいリスクがありそうか、進んだ先には実際どのような可能性があるのか、「安定していそうなこと」は本当に安定か、実際に自分が興味を持って取り組めるのかなど、きちんと自分で足を運んでそれぞれの選択肢について情報収拾をして、自分とじっくり向き合って選択をされていくことをおすすめします。

■例えば失敗しても大丈夫
しかし、きちんと情報収拾してじっくりと検討したうえで選んだ道であっても、歩んでいく途中で「やっぱり違ったな」「失敗したかな」と思うこともあるものです。それはやってみて初めて分かるものであり、失敗から学ぶものは本当に多くパワフルです。
上記のクライアントさんも周り道をしたからこそ、学ぶものもあったし、異分野で学んだことを生かしてキャリアチェンジをした先でも活躍をされています。さらに、みなさんはお若い。失敗しても道はいくらでもあります。また、一度も失敗をしたことがないと失敗が怖くなりますが、失敗をすることで逆に度胸がついてチャレンジ精神が出てくることもあります。
私も若いとき、たくさん失敗をしてきましたが、そこから学んで軌道修正していくプロセスが私の糧になっていて、仕事でもその経験は生きています。
どのような道を選んでも、今の皆さんにとって納得のいく進路選択ができますように。

齋藤さんのこれまでの記事 今月の"家族のテーマ"バックナンバー
進路決定までの道〜やりたいことの探し方〜
進路決定までの道〜情報を集めよう〜
進路決定までの道~意思決定するということ~
進路決定までの道~目標設定して行動計画を立てる~
自分で決めた進路を親に反対されたら…?
「自分に向いている仕事」「自分に合っている進路選択」とは?
「仕事」や「働くこと」について考えてみる
夢ややりたいことを言葉にすると、実現する
たくさん動こう、たくさん出会おう!
「なかなか進路が決まらなくて焦る」、どうしたらいい?
仲間や自分を応援してくれる人を増やそう
なかなか勉強に集中できない時、どうする?
文理選択、何を基準に決めたらよいの?
「向いていること」と「やりたいこと」、どちらを選んだほうがいい?
激しく変化するこれからの時代を生きるうえで、大切にしたい3つのこと
自分の仕事、働き方に満足し、生き生きと働いている方の特徴
「自信がもてない」「自分を好きになれない」という悩み
「がんばったけれどうまくいかなかった」―受験の失敗から立ち直る方法
今年1年のやりたいことを考えよう
社会に出ること、働くことに不安を感じているあなたへ
迷ったり悩んだりしたときの「上手な相談の仕方」
進学? 就職? 高校卒業後の進路どうしよう…。
夏本番、心を動かそう!
後悔しない選択をするために大切なこと
"やりたいこと"ってなんだろう、ないとだめなの?
「やらなきゃいけないけれど、がんばれない…」、こんなときどうすればいいの?
受験勉強と友達付き合い、どうバランスをとったらいいの?
やりたいことがありすぎて選べない…進路選択、どうすればいい?
「キャリア」を考えるのはどうして大切なの?
自分に合う「働き方」を創っていける~これからの働き方~
意外と知らない自分を知る方法
適性診断の使い方

[齋藤 めぐみ]


■プロフィール 齋藤 めぐみ(さいとう めぐみ)


「この世界に生まれてきた子どもたちに生きること、働くことの喜びを伝えたい」をビジョンに、小学生から定年退職後の方まで、幅広い世代のキャリア選択の支援を行うキャリアカウンセラー。
青山学院女子短期大学児童教育学科を卒業後は、最大手人材エージェント、通信会社の採用・教育担当などに勤務。2007年9月に独立してからはフリーランスとして大学のキャリアセンターや企業の人材採用・育成の仕事、小中高校生向けキャリア教育の授業開発などに携わっている。

■オフィシャルWebサイトでワークショップのお知らせ・ブログを掲載中。
http://www.megumi-saitou.jp

学校情報検索しよう!

  • 大学・短大を探す
  • 専門学校を探す
  • 塾・予備校を探す
  • 学びから学校を探す
  • 将来から学校を探す
  • 進学イベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

中学高校を探すならこちらから

ページの先頭へ