高校生(受験生)のみなさま

試験当日の持ち物を確認しておこう

2018年01月01日

冬の朝

試験は何度受けても緊張するもの。電車が遅れるなど、トラブルが起きることもありますが、極力、万全の姿勢でのぞみたいですよね。一番あるあるなトラブル、忘れ物は事前にしっかり準備しておけば防げます。そこで、ここで一度、試験当日に必要、あるいはあると便利なものをしっかりと確認し、忘れ物ゼロで入試にのぞみましょう。

■試験当日の持ち物リスト
□受験票
他校の受験票と間違えていないか、同じ学校でも併願するほかの学部や学科の受験票と間違えていないか、しっかり確認しましょう。

□筆記用具(鉛筆・シャープペンシル・替え芯・消しゴム)
予備も含めて多めに用意しましょう。
シャープペンシルを持っていく場合には、替え芯も忘れずに。消しゴムは落としてしまったときに備えて、2個持っていくと安心です。

□腕時計
試験時間を把握するための必需品。最近は時刻を携帯電話で確認する人も多いですが、試験中に携帯電話を確認することはできません。会場によっては時計がなかったり、時計の見えない席に座ることもあるので、必ず持っていきましょう。時刻をあわせておき、アラーム機能は切っておきます。

□現金
もしも忘れ物をしてしまったとしても、コンビニなどで必要なものを買いそろえられるように、また、タクシーに乗る必要がある場合に備えて、少し多めに持っていきましょう。

□昼食
会場周辺の売店やコンビニは、当日混雑し、品切れになる恐れもあります。家から持参するか、近くのお店で購入していきましょう。

□飲み物
会場は寒かったり、暖房で乾燥していることもあるので、持っていくと安心です。冷たいものはお腹をこわす可能性があるので、温かいものがおすすめ。

□メガネ/予備のコンタクトレンズ
勉強するときだけメガネをかけている人はメガネを忘れずに。
コンタクトレンズを使用している人は、予備のコンタクトレンズと念のためメガネも持っていきましょう。

□携帯電話(スマートフォン)
電車の遅延など、何かあったときに連絡できるように。試験中は電源をオフにするのを忘れずに。

□ハンカチ・ティッシュペーパー
ティッシュペーパーは多めに。トイレに流せるものが便利です。

□試験会場周辺の地図
最寄駅から試験会場までの地図を用意しましょう。試験会場の連絡先を控えておくと安心です。

□生徒手帳
身分証明に必要なものなので、携帯しておきましょう。

□使い捨てカイロ
指がかじかんでうまく動かないときに備えて。会場が寒いときには、つま先やおなか、腰などにも使えます。

□防寒具
重ね着ができ、温度調節できるものを持っていきましょう。

□雨具
突然の天候悪化に備えて。

□参考書
使い慣れた愛用のものを持っていき、試験前に簡単に復習しましょう。

□常備薬
胃腸薬などの内服薬は、普段から飲み慣れているものにしましょう。目薬や絆創膏も持っていると安心です。

[アクセス進学編集部]

学校情報検索しよう!

  • 大学・短大を探す
  • 専門学校を探す
  • 塾・予備校を探す
  • 学びから学校を探す
  • 将来から学校を探す
  • 進学イベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

中学高校を探すならこちらから

ページの先頭へ