高校生(受験生)のみなさま

受験勉強と友達付き合い、どうバランスをとったらいいの?

2017年12月01日

友人と一緒の影

今年も残すところあとわずか。
受験生の皆さんは、受験直前の大切な時期ですね。
受験勉強など、何かを「後悔しないように、集中してがんばりたい!」というそんなときに、例えばお友達から連絡やお誘いがあったりすると、「正直、邪魔しないで欲しい…」と思ってしまい、そんなことを思ってしまった自分にも罪悪感をおぼえてしまって…。と、人付き合いが億劫になることがあるかもしれませんね。
今回は、集中したいことがあるときに、人付き合いをどう考えたらいいか、そのヒントをお伝えします。

■あなたの「想い」は本当に伝わってる?
キャリアカウンセラーという仕事柄、色々な方とお話をさせていただく中で、つくづく思うのは、「人はそれぞれで考え方、感じ方が本当に違う」ということです。しかし、私たちは、意識をしないと、つい自分の思い込みで「こういうときはこう振る舞うのが常識だ」「これくらいは分かっているはずだ」などと考えてしまいがちです。特に、何かに「集中したい!」というときは、自分の気持ちにゆとりがない状態なので、なおさらその傾向があるのではないかと思います。
日本語としては同じ「言葉」を使っていても、違った捉え方をしていて、お互いいいことをしようと思っているのにすれ違っている、という場面を私は沢山見てきました。つまり、今、あなたが「どれくらい集中してがんばりたいのか」「周囲の人にはどのように接して欲しいのか」が相手に伝わっていない、ということはないでしょうか。「それくらい言わなくても理解して欲しい!」と思うかもしれませんが、お友達といえど、何も聞かないで相手のことを正確に理解するということは、想像以上に難しいかもしれません。

■お互いの幸せを応援するために。素直に聴こう、伝えよう。
とはいえ、「今は集中したいことがあるから一人になりたい」ということをはっきり伝えると、今のお友達との関係が崩れてしまうのではないか、嫌われてしまうのではないか、と怖くてはっきりとは言えない、ということもあるかもしれませんね。もし、相手のお友達と信頼関係を築けているのであれば、相手は「あなたのことを応援したい」「一緒に幸せになりたい」と思っているのではないでしょうか。その場合、意図せず「あなたのことを邪魔している」という状況は、お友達にとってもいい状態とは言えないと思います。お互いがお互いの幸せを応援できる関係になるためには、向き合って素直に自分の想いを伝え、相手の想いも聴いてみるということが大切なのではないでしょうか。仮にその瞬間は気まずくなったとしても、今の学校の友人関係が全てではないですし、時間が経てばお互い理解し合えることもあります。
私のクライアントさんの例でいうと、受験勉強のとき、かなり偏差値を上げないと入れない大学を目指されていて、お友達の誘いを断って一人こもって勉強をすることにしたそうです。一瞬は気まずくなったそうですが、最後はお互い目指す道は違うけれど応援し合ってがんばれたのだとか。そういう方もいらっしゃいます。

「集中してがんばりたいとき」というのは、皆さんの人生にとって大切ですが、大変な時期だと思います。そのような時期、お友達とお互いの夢や実現したいことを応援しあえる、"戦友"のような関係になっていければ素敵ですね。

齋藤さんのこれまでの記事 今月の"家族のテーマ"バックナンバー
進路決定までの道〜やりたいことの探し方〜
進路決定までの道〜情報を集めよう〜
進路決定までの道~意思決定するということ~
進路決定までの道~目標設定して行動計画を立てる~
自分で決めた進路を親に反対されたら…?
「自分に向いている仕事」「自分に合っている進路選択」とは?
「仕事」や「働くこと」について考えてみる
夢ややりたいことを言葉にすると、実現する
たくさん動こう、たくさん出会おう!
「なかなか進路が決まらなくて焦る」、どうしたらいい?
仲間や自分を応援してくれる人を増やそう
なかなか勉強に集中できない時、どうする?
文理選択、何を基準に決めたらよいの?
「向いていること」と「やりたいこと」、どちらを選んだほうがいい?
激しく変化するこれからの時代を生きるうえで、大切にしたい3つのこと
自分の仕事、働き方に満足し、生き生きと働いている方の特徴
「自信がもてない」「自分を好きになれない」という悩み
「がんばったけれどうまくいかなかった」―受験の失敗から立ち直る方法
今年1年のやりたいことを考えよう
社会に出ること、働くことに不安を感じているあなたへ
迷ったり悩んだりしたときの「上手な相談の仕方」
進学? 就職? 高校卒業後の進路どうしよう…。
夏本番、心を動かそう!
後悔しない選択をするために大切なこと
"やりたいこと"ってなんだろう、ないとだめなの?
「やらなきゃいけないけれど、がんばれない…」、こんなときどうすればいいの?

[齋藤 めぐみ]


■プロフィール 齋藤 めぐみ(さいとう めぐみ)


「この世界に生まれてきた子どもたちに生きること、働くことの喜びを伝えたい」をビジョンに、小学生から定年退職後の方まで、幅広い世代のキャリア選択の支援を行うキャリアカウンセラー。
青山学院女子短期大学児童教育学科を卒業後は、最大手人材エージェント、通信会社の採用・教育担当などに勤務。2007年9月に独立してからはフリーランスとして大学のキャリアセンターや企業の人材採用・育成の仕事、小中高校生向けキャリア教育の授業開発などに携わっている。

■オフィシャルWebサイトでワークショップのお知らせ・ブログを掲載中。
http://www.megumi-saitou.jp

学校情報検索しよう!

  • 大学・短大を探す
  • 専門学校を探す
  • 塾・予備校を探す
  • 学びから学校を探す
  • 将来から学校を探す
  • 進学イベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

中学高校を探すならこちらから

ページの先頭へ