高校生(受験生)のみなさま

学園祭の歩き方

2014年10月1日

高校と同様、大学や専門学校でも学園祭(文化祭)は一大イベント。趣向を凝らした企画が、学外からの来場者を楽しませてくれます。高校生の皆さんも、志望校の学園祭が気になっているのではないでしょうか。

高校までとの違いは、そのスケール。慶應義塾大学の「三田祭」には、20万人以上の人々が訪れます。早稲田大学の「早稲田祭」や一橋大学の「一橋祭」の来場者数も10万人以上。伝統のある総合大学の文化祭は、企業も驚く規模なのですね。キャンパス内には所狭しと食べ物の屋台が並び、ステージでは芸能人などゲストを呼んでのライブやトークショー、学生による様々なパフォーマンスなどが展開。まさに学生達のエネルギーがあふれる、巨大なお祭りです。

たとえば大学の場合、政治家やジャーナリスト、作家など社会の第一線で活躍する様々なゲストを招き、現代の政治経済などについて学生と語る、講演会やシンポジウムなどが企画されていることも少なくありません。学生達が関心を持っている社会テーマについて一緒に考える機会。志望校なら、きっと刺激を受けられるはずです。なお、ゲストがその学校の卒業生であることも少なくありません。「えっ、この有名人もこの大学の卒業生なの?」という発見もあります。

普段、その学校が行っている学術研究の成果に触れられるのも、学園祭の醍醐味です。世界の政治経済について学生や教員から説明を受けたり、最先端科学の研究結果を自分の目で確かめられたり。知的好奇心を刺激されること、うけあいです。教員から、自分の研究について1対1でじっくり話が聞けるチャンスは貴重。「難しそうな研究をやっているんだな」「海外に出かけてリサーチする人もいるんだな」、最初はそんな印象でも良いと思います。様々な講演や展示を回るなかで、志望学部選びのヒントを見つける人もいます。
堅苦しい発表ばかりではありません。農業を学ぶ学生達がつくった作物を美味しく味わうのも、その学校を知るきっかけになります。ロボットに触ったり、学生達が制作した映像を見たり。楽しく学問に触れられるのも学園祭の魅力です。

専門学校であれば、ダンスを学んでいる学生達のダンスショーや、服飾デザインを学んでいる学生によるファッションショーなど、プロ顔負けの発表も見られます。漫画家やデザイナーを目指す学生の作品が展示されていたり、パティシエ志望者達が本気で作ったお菓子が食べられたりと、そこで学ぶ学生達の「実力」を見られるのも参考になりますね。プロになった卒業生達のトークショーなどが企画されることもあります。
せっかく学園祭に行くのなら、屋台やショーだけで帰るのはもったいない! こうした展示や発表をチェックしましょう。

何よりも高校生にとって参考になるのは、参加している学生達の様子だと思います。たとえば映画監督をゲストに招いてのトークショー。そのトークショーの企画も、監督への出演交渉も、会場の運営も、みな学生自身によって行われているのです。司会進行をしたり、ステージ上で監督とディスカッションをしているのも、学生です。質疑応答のコーナーで鋭い質問をする会場の聴衆達も、その多くは学生です。知的な意見を出したり、社会人のようにキビキビとした対応をしていたり。そんな先輩達の姿を、自分の未来の姿と重ねてみてください。

オープンキャンパスの主役は高校生。学生の先輩達は、皆さんのサポートをする役に徹しています。しかし学園祭は、学生が主役の一日。素のままの学生像を見る貴重なチャンスの一つです。
「私もこんな学生になりたい」と思えるかどうか、ぜひ、先輩達の様子を見に行ってみましょう。

倉部さんのこれまでの記事 今月の“家族のテーマ”バックナンバー
やりたいこと探しの方法
http://naninaru.net/shingakulab/targets/high_detail_month_20140401_01
資格について、教えて!
http://naninaru.net/shingakulab/targets/high_detail_month_20140501_01
志望校に行ってみよう!
http://naninaru.net/shingakulab/targets/high_detail_month_20140601_01
大学 vs 専門学校 徹底比較
http://naninaru.net/shingakulab/targets/high_detail_month_20140701_01
進学費用のモトを取る方法
http://naninaru.net/shingakulab/targets/high_detail_month_20140801_01
文系か理系か、どうやって決める?
http://naninaru.net/shingakulab/targets/high_detail_month_20140901_01


[倉部 史記]


■プロフィール 倉部 史記(くらべ しき)


大学・高校や企業、NPOと連携し、高校生の進路選択を変える取り組みを展開する、進路づくりプロデューサー。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。企業広報の企画・プロデュースを手がけた後、私立大学スタッフ、大手予備校の主任研究員や企業の人財採用責任者などを経験。NPO法人NEWVERYフェロー(高大接続担当)、WEEKDAY CAMPUS VISITディレクター。主体的学び研究所フェロー、「これからの大学広報・高大接続実践研究会」代表。

著書:
『看板学部と看板倒れ学部 大学教育は玉石混淆』(中公新書ラクレ)
『文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」』(主婦の友新書)

学校情報検索しよう!

  • 大学・短大を探す
  • 専門学校を探す
  • 塾・予備校を探す
  • 学びから学校を探す
  • 将来から学校を探す
  • 進学イベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

中学高校を探すならこちらから

ページの先頭へ