祖父母のみなさま

「なぜ働くのか?」を考えることが大切な理由

2018年12月01日

働く人

昨今、副業、複業、リモートワーク(在宅など会社から離れたところで働くこと)、フリーランスなど、これまで"普通"と言われていた働き方の枠組みを超え、新しい働き方が急激に導入されてきました。そのような流れのなか、高校時代から起業する、大企業の高給取りだったのにやりがいを求めて給与が減るNPOへ転職、都会の若者が自給自足に憧れて地方で農家になるなど、"なぜ働くのか"という理由が変化して来ていることを感じる出来事も多くなりました。
今回はそのような働くことを取り巻く環境が変化する世の中で、自分が"なぜ働くのか"を考えることが大切な理由をお伝えしたいと思います。

■判断するときの基準ができる
先に挙げたように、働き方が多様化しているということは、その分、自分で働き方が選べるということ。選べることは自由でいいことだと感じるかもしれませんが、選ぶ基準がないと苦しくなることがあります。クライアントさんの中にも、上司から「何がやりたいの?」と聞かれ、それが分からず悩んで相談にいらっしゃる方がいるほどです。
自分は「なぜ働くのか?」。例えば、それが「家族」のためであれば、在宅勤務などのリモートワークを選ぶ、という選択をするかもしれません。例えば、「やりがい」のためであれば、上記のように大企業に勤めていて高給取りだったけれど、給与は下がってしまっても内容に興味があるNPOで働くという選択をするでしょう。それが、もし「お金」のためであれば、そのまま大企業で務めるというように選択が変わってくると思います。
このように、選択肢が多様であるほど、自分なりの基準を持っているということが大切になってきます。

■やりがいを持って働き続けることができる
以前コラムでも取り上げましたが(「激しく変化するこれからの時代を生きるうえで、大切にしたい3つのこと」)に書いたようにライフシフトが起きていて、皆さんの世代は平均100歳以上まで生きると言われており、よほどのお金持ちでない限り、生活するために働き続けることが必要になってきます。
そうしたときに、働く意味が分からずに働き続けるのは辛いですよね。どうせ働き続けないといけないのだとしたら、自分の中で働く意味がはっきりしていた方が、やりがいを持って働き続けられるのではないでしょうか。
例えば、あなたがテニス部で壁打ち練習をしているとして、ただやらなくてはいけないから練習をやっていると思うのと、大会で優勝したいから練習をしていると思うのとではやり続けるときの気持ちが変わってくると思います。このように、自分で自分のモチベーションを維持するためにも、自分にとっての意味を考えておくことは大切です。

■イキイキ暮らせる
神戸大学の研究結果で「所得や学歴より"自己決定"が幸福度を上げる」というものが、一時期キャリア支援をしている仲間内で話題になりました。働くことについても同じで、自分で意味を考えて、自分で決定するということで、幸福度は増すと思います。クライアントさんでも、自分で働く意味を考え、それが明確になった方は、その後イキイキと働いていらっしゃいます。
働く時間は多くの方にとって生活の大部分を占めることになります。自分で選んで働いていると思えたほうが、暮らしもイキイキしてくるなと、自分も含め周囲を見ていて肌で感じています。

このように、自分が「なぜ働くのか?」を考えることは、皆さんがイキイキと自分のキャリアを進める上で大切なことです。一人でも、ご家族やお友達と一緒でも、一度時間をとって考えてみるのはいかがでしょうか。

齋藤さんのこれまでの記事 今月の"家族のテーマ"バックナンバー
進路決定までの道〜やりたいことの探し方〜
進路決定までの道〜情報を集めよう〜
進路決定までの道~意思決定するということ~
進路決定までの道~目標設定して行動計画を立てる~
自分で決めた進路を親に反対されたら…?
「自分に向いている仕事」「自分に合っている進路選択」とは?
「仕事」や「働くこと」について考えてみる
夢ややりたいことを言葉にすると、実現する
たくさん動こう、たくさん出会おう!
「なかなか進路が決まらなくて焦る」、どうしたらいい?
仲間や自分を応援してくれる人を増やそう
なかなか勉強に集中できない時、どうする?
文理選択、何を基準に決めたらよいの?
「向いていること」と「やりたいこと」、どちらを選んだほうがいい?
激しく変化するこれからの時代を生きるうえで、大切にしたい3つのこと
自分の仕事、働き方に満足し、生き生きと働いている方の特徴
「自信がもてない」「自分を好きになれない」という悩み
「がんばったけれどうまくいかなかった」―受験の失敗から立ち直る方法
今年1年のやりたいことを考えよう
社会に出ること、働くことに不安を感じているあなたへ
迷ったり悩んだりしたときの「上手な相談の仕方」
進学? 就職? 高校卒業後の進路どうしよう…。
夏本番、心を動かそう!
後悔しない選択をするために大切なこと
"やりたいこと"ってなんだろう、ないとだめなの?
「やらなきゃいけないけれど、がんばれない…」、こんなときどうすればいいの?
受験勉強と友達付き合い、どうバランスをとったらいいの?
やりたいことがありすぎて選べない…進路選択、どうすればいい?
「キャリア」を考えるのはどうして大切なの?
自分に合う「働き方」を創っていける~これからの働き方~
意外と知らない自分を知る方法
適性診断の使い方
「失敗」や「リスク」とどう向き合う? 進路選択の考え方
なりたい自分になるために〜「決める」ことの大切さ〜
やりたいことがある人もない人も~進路の決め方~
進路に関するネガティブな情報との向き合い方
進路選択はまず「自分を知ること」から
働きたくないなぁ…。そんな自分はどうしたらいいの?

[齋藤 めぐみ]


■プロフィール 齋藤 めぐみ(さいとう めぐみ)


「この世界に生まれてきた子どもたちに生きること、働くことの喜びを伝えたい」をビジョンに、小学生から定年退職後の方まで、幅広い世代のキャリア選択の支援を行うキャリアカウンセラー。
青山学院女子短期大学児童教育学科を卒業後は、最大手人材エージェント、通信会社の採用・教育担当などに勤務。2007年9月に独立してからはフリーランスとして大学のキャリアセンターや企業の人材採用・育成の仕事、小中高校生向けキャリア教育の授業開発などに携わっている。

■オフィシャルWebサイトでワークショップのお知らせ・ブログを掲載中。
http://www.megumi-saitou.jp

学校情報検索しよう!

  • 大学・短大を探す
  • 専門学校を探す
  • 塾・予備校を探す
  • 学びから学校を探す
  • 将来から学校を探す
  • 進学イベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

中学高校を探すならこちらから

ページの先頭へ