祖父母のみなさま

高校生の子どもがいるご家庭の教育費の考え方とは

2018年04月01日

橋

■大学進学を見据えた時にすべきこと



今や大学進学をするためには、高校1年生から準備が必要だといっても過言ではない時代に入りました。高校に進学してしばらく一息ということでのんびりしていると、あっという間に出遅れることになりかねません。
浪人させたくない、推薦や専門学校など、少しでも負担の少ない方法で受験させたいなど、親があせったとしても、子どもにエンジンがかからないことにはどうしようもできません。子どもは好き嫌いで考えがちですから、親の懐事情まで考慮してくれることはほとんどありません。
さらに高校3年生位になると、目前の受験勉強に備えることが最優先ですし、入れる大学が絞られてくることで視野が狭くなりがちです。大学進学を見据えるご家庭では、子ども任せにせず、まだ余裕のある高校1年時などできるだけ早い時期に、いろいろな大学の説明会を聞きに行ったり、将来の進路を広げておくべきでしょう。

■進学した後の費用は早めに計算するべき

実際には教育費の準備は子どもが生まれた時に始めるのが理想的ですが、子どもが小さいときには、大学のことまで考えられませんし、少しでも将来の教育費のために貯蓄するという考え方は難しいのが現状でしょう。
まずは目の前の子どもに様々な経験をさせたいと、早期教育の高まりを受けて、水泳や英語など就学前から習い事をさせるご家庭も少なくありません。
そこで、生まれた時からの教育費の準備がなかなかできていないご家庭では、子どもが中高生になる時点では、塾代、受験料、入学金に備え切れておらず、自転車操業になることも珍しくありません。
貯められていないことが自覚できているのであれば、早い時期に、入学前後と進学後に概算でいくらかかるのかを、ざっと調べておきましょう。特に理系の学部や医療系の学科に進学する場合はかかる費用が多くなりがちですので、給付型の奨学金の条件や大学独自の奨学金を調べておき、受給できる要件をクリアすることも含めて時間をかけて準備を進めるべきです。
「合格できるかどうかはわからないから、まだそこまで考えられない」というのも、もちろん正論なのですが、まずは、国公立か私立、理系か文系、自宅通学か自宅外通学かなど、いくつかの条件を選択することで、かなり具体的な数字に落とし込むことは可能です。試してください。

■借りた後の返済の方法を子どもと話すこと

高校までに一定の金額が教育費として準備できていないケースの場合、それから積立を始めるとして、大学進学までに数百万円がたまるとは思えないので、奨学金を借りることを想定して、返済方法を子どもと相談しましょう。
受験を目前に控えた受験生に聞かせても、受験のことだけで頭がいっぱいで右から左に流される可能性はありますので、高校生の子どもには、普段からお金の話をするようにしましょう。利子の話、返済方法の選択肢、返せない時にどこに相談するべきかなど、「借りる」ことに付随する、知っておくべき知識はたくさんあります。18歳を成人とする改正法案が通りましたが、子どもでも契約するときには「責任が伴う」ことを覚悟させて、借りさせるようにしたいものです。子どもはすぐには理解できないだろうという前提のもと、繰り返し繰り返し話す必要があるでしょう。

高校生は、身体は大人でも、心はまだまだ子どもです。オープンキャンパスなど子どもに任せるとおっしゃる保護者もいらっしゃいますが、いろんな学校を回りながら、進学後、かかる費用も含めて親子で話し合う機会を持つことをお勧めします。保護者が一緒に行くことで、子どもの考えの甘さを指摘できたり、大人ならではの視点で進路の幅が広がる可能性があります。ただ、あまり広がりすぎると、それに伴いどんどん費用も膨らむこともありますので、適度に抑えることもお忘れなく。



そのほかのオススメ記事

教育費ピーク! そんな時こそ家族で老後を見据えた家計を目指す
進学資金は情報とライフプランを親子で共有して乗り切ろう

[當舎 緑]


當舎緑

■プロフィール 當舎 緑


社会保険労務士。行政書士。CFP®

とうしゃ・みどり●阪神淡路大震災の経験から、法律やお金の大切さを実感し、開業後は、顧問先の会社の労働保険関係や社会保険関係の手続き、相談にのる傍ら、一般消費者向けのセミナーや執筆活動も精力的に行っている。
得意テーマは、教育資金の準備方法、社会保険の仕組み、エンディングノートの作り方、これから始めるやさしい終活、成年後見の活用方法、銀行を介さない家族信託の仕組みなど。
著書は、『3級FP過去問題集』(金融ブックス)『子どもにかけるお金の本』(主婦の友社)など。

當舎 緑のホームページ
http://tosha.grupo.jp/

子どもにかけるお金を考える会メンバー
http://homepage2.nifty.com/moneychild/

一般社団法人かながわFP生活相談センター理事
http://kanagawafpsoudan.jimdo.com/

学校情報検索しよう!

  • 大学・短大を探す
  • 専門学校を探す
  • 塾・予備校を探す
  • 学びから学校を探す
  • 将来から学校を探す
  • 進学イベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

中学高校を探すならこちらから

ページの先頭へ