祖父母のみなさま

医療系に進学するための心構え

2017年11月01日

カルテを見る医者

■医療系の進学は授業料だけではない



進学する際、私立大学の場合は、学部によって教育費の負担がかなり異なります。なぜなら実技の実習をする必要があったり、独自の施設や医療機器が必要になったりと、履修するための勉強が座学だけではないからです。
医療系と呼ばれる分野には医学部以外にもたくさんの専門の学部・学科があり、学部・学科によって異なりますが、大学進学の際の初年度は170万円程度の出費を覚悟しておくべきでしょう。
参考まで、文部科学省の「私立大学入学者にかかる初年度学生納付金平均額」のデータを下記にあげておきますが、医歯系の平均額は約460万円となりますので、医学部進学を考える場合には、かなりの覚悟と準備が必要です。

   授業料  入学料  施設設備  合計  実験実習料  その他  総計
医科 2,547,939 1,299,019 1,014,002 4,860,960 305,051 1,821,211 6,987,222
歯科 3,048,247 608,764 531,734 4,188,745 2,092 941,513 5,132,350
(出所:文部科学省「平成26年度私立大学入学者にかかる初年度学生納付金平均額の調査結果について」)

また、大学ではなく専門学校の方が学費は安いと考えている方もいらっしゃいますが、専門学校でも医療系への進学にはまとまった金額が必要です。
医療系の専門学校の初年度の費用を見てみましょう。国公立大学へ進学する場合にかかる費用が、入学金28万円プラス学費53万円程度の計約81万円であることを考えれば、専門学校であってもいかに大変な負担かがわかります。実技を伴う学部学科への進学は、大学であろうが専門学校であろうが、授業料以外の費用が意外にかかるという傾向は一緒です。

私立専門学校初年度納付金平均額(東京都)
医療関係 学科区分 入学金 授業料 実習費 設備費 その他 合計
看護 16.3 58.5 4.3 8.1 3.7 90.8
臨床検査・診療放射線・臨床工学 19.2 77.3 28.2 13.3 0.4 138.4
理学療法・作業療法 34 89.2 22 26.4 171.6
柔道整復 28.7 103.8 3.3 12.9 1.1 149.9
鍼・灸・あん摩マッサージ指圧 38.5 104 2.6 15.5 2 162.5
歯科技工・歯科衛生 26 70 17.1 3.7 12 128.8
(出所:平成28年度東京都専修学校協会統計部調べ)

■地方と都市圏、昼間と夜間、進学先で工夫ができる

進学する際に高額な教育費をまかなうための工夫を考えるなら、医療系でなくても言えることではありますが、進学先の地域を考慮することと、昼間働いて夜間の学校に通学する選択肢を考えることがあげられます。
高額な医療系の学費を親が全額支払えるというご家庭ばかりではありません。ただ、学費が安いからと地方に進学した場合には、交通費や下宿代がかかることもあります。また、昼間働いて夜間進学する場合に心配なのは、昼間の仕事が大変で、履修科目がしっかり勉強できない恐れがあるということです。これでは本末転倒となりますので、いずれの場合も「どんなに大変でも勉強を最後までやり遂げてこの職業に就きたい」という固い意志が子どもにあるかどうかを確認しておくべきでしょう。
遠い学校に最初は頑張って通っていたものの、実験や実技が続くと途中で音をあげ、下宿を希望してきたというのはよくある話です。

■不足するときには奨学金も考慮するものの、別の選択肢も考える

最近注目を浴びているのが、「返済義務のない奨学金」です。一定の所得制限がありますので、全員が利用できるものではありませんが、奨学金の利用を考える際、日本学生支援機構の給付型奨学金の選択肢が最初にあげられます。
ただ、医療系の場合には、独自の奨学金制度が設けられていることが多いのが特徴です。給付型の奨学金で、卒業後、決められた医療機関に3年程度、就職することで返済義務が免除となる条件になっているものや、成績優秀者には、学費が全額免除、半額免除になるなどさまざまな種類がありますので、日本学生支援機構以外の選択肢に目を向けるということがより必要でしょう。

現実的に考えると、子どもがどんな進学を志すかに関わらず、初年度教育費をまかなえる200万円程度は準備しておき、さらに専門学校であれば2年ないし3年、大学なら4年ということでトータルに費用を計算し、合格後まで見据えた進学資金の詳細な点検&準備が必要となるでしょう。
この時期、子どもの頭の中は目先の受験勉強で一杯ですから、お金のことは全く考えていないでしょう。そんな時期だからこそ、保護者は子どもの教育費への準備を怠らないことが大切です。医療系の学校への進学は、同時に卒業後の就職も考えておくことが、借金をしない、もしくは少なくするための進学プランといえるでしょう。



そのほかのオススメ記事

子どもの進学先が専門性の高い学部だった場合~想定外の学費にどう対応すべきか~
専門学校の学費は、安くない!~大学よりも安いという思い込みは捨てましょう~

[當舎 緑]


當舎緑

■プロフィール 當舎 緑


社会保険労務士。行政書士。CFP®

とうしゃ・みどり●阪神淡路大震災の経験から、法律やお金の大切さを実感し、開業後は、顧問先の会社の労働保険関係や社会保険関係の手続き、相談にのる傍ら、一般消費者向けのセミナーや執筆活動も精力的に行っている。
得意テーマは、教育資金の準備方法、社会保険の仕組み、エンディングノートの作り方、これから始めるやさしい終活、成年後見の活用方法、銀行を介さない家族信託の仕組みなど。
著書は、『3級FP過去問題集』(金融ブックス)『子どもにかけるお金の本』(主婦の友社)など。

當舎 緑のホームページ
http://tosha.grupo.jp/

子どもにかけるお金を考える会メンバー
http://homepage2.nifty.com/moneychild/

一般社団法人かながわFP生活相談センター理事
http://kanagawafpsoudan.jimdo.com/

学校情報検索しよう!

  • 大学・短大を探す
  • 専門学校を探す
  • 塾・予備校を探す
  • 学びから学校を探す
  • 将来から学校を探す
  • 進学イベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

中学高校を探すならこちらから

ページの先頭へ