憧れの仕事☆

アスレティックトレーナー(スポーツトレーナー)になる!

メインカット

PROFESSOR’S INTRODUCTION
アスレティックトレーナー(スポーツトレーナー)
日本ウェルネススポーツ専門学校
アスレティックトレーナー科
2016年卒業
アスレティックトレーナーとして、現在どのようなお仕事をされていますか?

専門学校でアスレティックトレーナーの資格を取得し、トレーナーとしてフィットネスジムやパーソナルトレーニング施設で、一般の方から学生アスリートのトレーニングサポートを行っています。
現在、3か所の施設で勤務していますが、お客様の年齢層、トレーニングレベルが施設によって全く異なるので、それぞれの施設で色々な経験ができて毎日が勉強になっています。

アスレティックトレーナーを目指したきっかけはなんですか?

高校生まで陸上をしてきました。陸上をやってきた中で、改めて体を動かすことの楽しさ、スポーツの楽しさを感じ、将来はスポーツに関わる仕事に就き人の役に立ちたいと思いました。何かないかと調べていた時に、『アスレティックトレーナー』という存在を知り、知れば知るほど興味が湧き、将来はアスレティックトレーナーとしてアスリートのサポートをしたいと思ったのがきっかけでした。

なぜ日本ウェルネススポーツ専門学校へ入学を決めたのですか?

高校3年生の時の担任の先生に相談をした時に、専門学校の方が短期間でよりその職業について特化して学べると聞き、専門学校に行こうと決めました。
その中でも日本ウェルネススポーツ専門学校は、1年次から実技も多く交えた授業があり、より実践的にスポーツの基礎とトレーナースキルを学べるというのを知り入学を決めました。

どんなことを学びましたか?

実際に現場で活躍しているトレーナーの先生のもとで、トレーナーとして必要な基礎知識やスキルを学び、外部実習では学生やアスリートのサポートを行い、より実践的にトレーナーの勉強をすることができました。
また、資格取得を目指し授業以外でもゼミ形式でよりトレーナーというものはどういうものなのかを深く学ぶことができました。

アスレティックトレーナーのやりがいや魅力は?

トレーニングを通してお客様の悩みを少しでも軽くし、より幸せになってもらうことが私の仕事です。トレーニングが終わった後のお客様の満足した顔や、嬉しそうな顔を見た時、そしてなにより「体を動かすっていいね」「よかった、ありがとう」と言われると少しでもその人にとって役に立てたかなと思うので私自身も嬉しいですし、やりがいを感じます。

これからアスレティックトレーナーを目指す人は、何を心がければ良いと思いますか?

私自身、途中で辛くて諦めようとしましたが、心の奥底にはトレーナーになりたいという気持ちがありその気持ちを持ち続けたことで最後まで諦めずに進むことができました。強い気持ちを持ち続けること、そしてこの職業は人と接する職業なので相手を、人を思いやる気持ちを大切に心がけることがトレーナーに近づく一歩だと思います。

この職業は
アスレティックトレーナー
(スポーツトレーナー)

PR

INFORMATION

PR

『適職ラボ』適職から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適職ラボ』適職から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

ページの先頭へ