憧れの仕事☆

救急救命士になる!

根木竹史(ねぎ たけし)さん

PROFESSOR’S INTRODUCTION
救急救命士
湘央生命科学技術専門学校
2002年卒業
川崎市消防局勤務

そもそも救急医療に興味をもたれたのは?

きっかけはドラマ「ER・緊急救命室」の影響です。生と死の境にある人をあらゆる手段を駆使して助ける、その緊迫した瞬間にドキドキした記憶があります。 ただ、明確にこの道を目指そうと思ったのは、身近な人が突然の不幸にあったとき何もできない人間にはなりたくない、と思ったことです。

本学の救急救命学科を選ばれた理由は?

他の学校に比べて、歴史や実績があり、湘央なら確かな技術や知識が学べると思ったからです。

入学してよかったこと、現在役立っていることは?

良き仲間に出会えたこと、それに、神奈川県内に就職したこともあって、知っている医師や先輩方がおり、安心感がありますね。また、卒業後全国に散った仲間も同じように頑張っているので、とても励みになります。情報交換も盛んですよ。。

現在のお仕事の内容とそのやりがいについて教えてください。

現在、救急隊の一員として病気や怪我をされた方に応急処置を行ない、適切と思われる医療機関に救急搬送する業務を行なっています。この仕事は、時として食事がとれない、眠る時間が限られるなど、決して楽な仕事ではありませんが、病院に搬送されるまでの救急救命士の役割は非常に多く、そのすべてが命を救うためのものなのでとてもやりがいがあります。

今後のご自身の夢をお聞かせください。

救急救命士として、国内外の災害現場に派遣されるような隊員になることです。

後輩や救命士を目指す方へ応援メッセージを。

救急救命士は、その仕事柄危険な現場や悲惨な場面に立ち会うことも多々あり、決して楽な仕事ではありません。どの隊員も毎日身も心も削りながら仕事をしています。しかし、その分やりがいもたくさんあり,患者さんを救うことができた時の喜びは何物にも代えられません。在学中の皆さんやこれから救急救命士を目指そうという若い方には、技術や知識の研鑽はもちろん大切ですが、趣味など、好きなことをたくさん行って、幅広い経験を積んでほしいです。救急現場では知識や技術ばかりでなく、豊かな経験や人間性が役立つと思いますよ。

PR

INFORMATION

PR

『適職ラボ』適職から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適職ラボ』適職から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

ページの先頭へ