ribbon獨協大学

  • 独自の奨学金制度
  • 入学前予約型
  • 在学中申請型
  • 修学支援新制度
  • 外国語学部:ドイツ語学科、英語学科、フランス語学科、交流文化学科/国際教養学部:言語文化学科/経済学部:経済学科、経営学科、国際環境経済学科/法学部:法律学科、国際関係法学科、総合政策学科
  • 〒340-8585 埼玉県草加市学園町1-1
    TEL:048-946-1900
    お問い合せ先:入試部 入試課
ボタン学校公式WEBサイト ボタン学費支援情報
POINT

本学独自の奨学金は、すべて給付型。給付総額、人数は全国私立大学でトップクラスです。

すべてが返還不要な本学独自の給付型奨学金、新入生の出願者の4割以上が受給しています。

本学独自の奨学金制度は、すべて給付型で返還不要。卒業後の負担を考えることなく利用できます。

「獨協大学一種奨学金」「獨協大学父母の会奨学金」「獨協大学社会人学生奨学金」「中村甫尚・惠卿奨学金」「獨協大学応急奨学金」の5つからなり、1~4年生対象。返還不要の給付型奨学金になります。休学・留学する場合を除き、原則1年間給付されます。人物・学業ともに優秀でありながら、経済的理由により修学が困難な学生を支援します。毎年出願が可能です。月額25,000円~60,000円、獨協大学応急奨学金は一時金として300,000円の支給があります。

新入生1,949名のうち、256名が出願し、109名が給付型奨学金を受給しています。(2019年度実績)

審査は「家計」「人物」「学力」について総合的に行います。「学力」は1年生(新入生)時は高校の評定平均値に一定の基準を設け、2年生以上は取得単位数及びGPA(成績評価値)に一定の基準を設けて審査致します。「家計」は世帯人数により、父母または家計支持者の年収、所得に上限の目安を設けています。

獨協大学国際奨学金(認定留学生奨学金)により海外留学の資金面での不安にも対応しています。

経済的な理由により海外留学への門戸が閉ざされることを少しでも減らすために、本学では海外留学に関する奨学金制度がございます。交換留学生は日本学生支援機構「海外留学支援制度(協定派遣)」奨学金または「獨協大学国際奨学金」のどちらかの申請が可能です。認定留学生については、「獨協大学国際奨学金」の申請が可能です。

海外留学者対象の奨学金についてはこちら:https://www.dokkyo.ac.jp/international/study_abroad/info/

ジモトの学校の学費支援

受験料はもちろん、合格後も入学金や授業料などの初年度納付金や教科書代など、進学にはまとまったお金がかかるもの。貸与のための条件や申し込みの時期や方法、給付のタイミングをあらかじめ知っておけば、たとえ経済状況の急な変化があっても安心。早めに情報収集をはじめて受験に専念できるよう、今すぐ奨学金制度や学費支援制度が充実しているジモトの学校を見つけよう。

PR

ページの先頭へ