アクセス進学TOP  >  大学・短大を探す > 横浜薬科大学

横浜薬科大学

What should I do
with my life?

  • Facebook
  • Twitter
惻隠の心を育てる教育を実践
近年の医療は、患者一人ひとりの体質に適した考え方や医療ミス防止が重要視されています。本学はこうした要請に応じた、患者一人ひとりの苦しみを理解できる“惻隠の心”を育てる教育を実践します。

横浜薬科大学のここに注目!!

先生と学生の距離が近く、温かいサポートを受けられます!

新入生に対し、薬学の基礎強化の補習授業を行っています。また1~3年次には、苦手を克服するための集中講座を開きます。国家試験合格をめざすための、きめ細かいサポートも実施。学長はノーベル物理学賞を受賞した江崎玲於奈氏で、他にも、業界屈指の実績を持つ教授陣がそろっています。先生と学生との距離はとても近く、フレンドリー。気軽に話し合える関係なので、わからないことがあったら遠慮なく聞いてください。薬剤師を志す学生の努力には、教員一同サポートを惜しみません!

6年一貫教育で、薬学にどっぷり浸かってください

最先端の医療技術に対応した科目に加え、個の医療や予防医学にかかわる教育プログラムが目白押し。また、3つの学科を設けた薬学部は、それぞれ薬の本質と薬学の使命、医療人としての責任感と心がまえなどを学びます。漢方薬学科は西洋医薬と漢方医薬の知識を兼ね備えた薬剤師を、臨床薬学科は医療の最前線で活躍する薬剤師を、健康薬学科はセルフメディケーションに寄与できる薬剤師をと、さまざまな薬剤師の育成に力を入れています。

薬学・医学・工学を融合した「創薬研究」を行う薬科学科(4年制)

製薬・化学・化粧品・食品等の化学系企業では化学の知識・技術を有する技術者(マイスター)が必要とされています。薬科学科(4年制)では基礎的知識に加え、化学実験等の実技を中心としたカリキュラムにより、薬学の知識と最先端技術を習得します。また、医学分野の基礎医学を主とする研究者は、化学・生物の基礎的知識や技術を有する学生を薬系大学に求めていることから、「教育的研究」を通じて創薬知識・技術を学生に供与し、薬学・理学・工学・基礎医学・農学分野の大学院への人材の輩出も目指します。

お問い合わせ先

横浜薬科大学 MAP

〒245-0066 神奈川県横浜市戸塚区俣野町601番
TEL:0120-76-8089

漢方薬学科(6年制)

現在、漢方薬は疾病の予防と健康促進、術後の治療、痛み緩和、西洋薬の副作用緩和などに対して、西洋医学よりも高い治療効果を上げており、医師の約50%が何らかの形で漢方を利用していることからも、その効果の高さは広く認められています。こうした現状を踏まえ、現代医学の中に漢方を組み込むための手法を分析・研究し、活用する-それこそが本学科の目的です。

健康薬学科(6年制)

現在、世界一の長寿国である日本。高齢者の健康維持や成人の生活習慣の予防への関心も高く、いかに健康に、充実したくらしを維持できるかが医療の大きな課題となっています。こうした現状に対し、発病を予防する”一次予防”と痴呆や寝たきりにならないで生活できる期間”健康寿命”を延ばすことにつながる薬学-それこそが本学科の目的です。

臨床薬学科(6年制)

バイオテクノロジーの進歩により、分子レベルでの生命現象解明が進む中、この先いつしか遺伝子操作により人格や個性までもがかえてしまうかもしれないまでに、医療技術は進化しています。そんな中、技術が高まれば高まるほど、それを取り扱う技術者のモラルが重要視されています。こうした最新の技術に対応する知識はもちろん、使用にあたってのモラルと責任感を持つ薬剤師の育成-それこそが本学科の目的です。

薬科学科(4年制)

薬科学科(4年制)は、医薬品の創製、開発、生産、さらには健康食品、化粧品、環境や衛生分野などの薬学関連領域での 教育・研究に従事する人材養成を目的としており、他の理系学部と同様に自然科学を学ぶことはもちろん、薬学としての特徴的科目を学べるカリキュラムとなっています。基本的な有機合成の技術に加え、最先端の創薬技術であるコンビナトリアル合成、ラボオートメーション技術(ロボットを用いた合成技術)、フロー合成、コンピューターを用いて、がん、アルツハイマー病、その他難病に対する創薬研究を習得します。医薬品創出のためのスクリーニング系の確立、開発候補薬物の最適化のための標的蛋白との親和性の調節、代謝的安定化の技術を習得します。さらに非臨床試験データからのヒト試験実施のための安全性や患者試験実施のための薬効のシミュレーションを実施し基礎的な理論および技術を習得します。また、この過程を通して必要な治験実施のための制度・倫理について学びます。本学科は医薬品だけでなく、パラメディカルのプロフェッショナル育成も基盤とします。研究面では、製薬企業だけでなく、漢方製剤、食品、化粧品、医療機器会社と共同研究やインターンシップを 通じて実態を把握し、試験管内からヒトでの臨床試験までの、新薬とは異なる研究開発技術を習得します。

横浜薬科大学 入試情報

【AO入試】AO入学試験

>詳細
出願日程:
2018年08月01日〜2019年03月14日
試験日:
2018年08月29日〜2019年03月21日
試験詳細:
●試験科目
(1)第一次審査:書類選考
①調査書
②「自己紹介書」
③「自己アピール文」

(2)第二次審査:「人物評価及び学力審査」
■小論文試験(60分)
■個別面接試験(60分)
■基礎学力検査(60分):理科「化学基礎、化学」

* 「昼食」の準備が必要
*Ⅰ期第1回の合格者のみ、Brush UP入学試験にチャレンジすることができます。

【AO入試】地元枠入学試験

>詳細
出願日程:
2018年11月01日〜2019年03月14日
試験日:
2018年11月23日〜2019年03月21日
試験詳細:
●試験科目
(1)第一次審査:書類選考
①調査書
②自己紹介書
③自己アピール文
④誓約書
⑤クラス担任評価表
(2)第二次審査:「人物評価及び学力審査」
■小論文試験(60分)
■個別面接試験(60分)
■基礎学力検査(60分)
理科「化学基礎・化学」
* 「昼食」の準備が必要

【AO入試】社会人入学試験

>詳細
出願日程:
2018年09月24日〜2019年02月09日
試験日:
2018年10月14日〜2019年02月17日
試験詳細:
●試験科目
■小論文試験(60分)
■個別面接試験(60分)
■基礎能力検査(60分)
「適性検査、一般常識」
 ①経歴書
 ②「自己アピール文」
最終学校の卒業証明書または合格証

* 「昼食」の準備が必要

【推薦入試】推薦入学試験

>詳細
出願日程:
2018年10月08日〜2018年12月01日
試験日:
2018年11月03日〜2018年12月09日
試験詳細:
<指定校>
●試験科目
■小論文試験(60分)
■個別面接試験(10分程度)
・調査書
・推薦書
※指定校の有無および推薦枠については、
各高等学校にお問い合わせください。

<公募Ⅰ・Ⅱ期>
●試験科目
■基礎学力テスト(60分):
 理科「化学基礎、化学」
■個別面接試験(15分程度)
・調査書
・推薦書

【一般入試】BrushUP入学試験( AOⅠ期第1回合格者と指定校推薦受験者で希望者のみ )

>詳細
出願日程:
2018年10月08日〜2018年10月27日
試験日:
2018年11月03日
試験詳細:
●試験科目(1教科)
■基礎学力テスト(60分)
理科「化学基礎、化学」
指定校推薦入試の当日午後より実施

*「昼食」の準備が必要

【一般入試】特待生チャレンジ入学試験

>詳細
出願日程:
2018年11月05日〜2019年02月23日
試験日:
2018年12月02日〜2019年03月02日
試験詳細:
●試験科目(2教科)
前期・中期
■理科「化学基礎・化学」:必須(60分)
■下記3教科から1教科選択(60分)
・理科「生物基礎・生物」
・外国語「英語」
・数学「数学Ⅰ・A」
調査書

後期
■理科「化学基礎・化学」:必須(60分)
■下記3教科から1教科選択(60分)
・理科「生物基礎・生物」
・外語語「英語」
・数学「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(B:数列、ベクトルの範囲)」
調査書

【一般入試】センター利用入学試験

>詳細
出願日程:
2018年12月28日〜2019年03月12日
試験日:
未定
試験詳細:
●試験科目(2教科)
■理科「化学」:必須
■下記4教科から1教科選択
・理科「生物」
・外国語「英語」
・数学「数学Ⅰ・数学A」
・数学「数学Ⅱ・数学B」
上記の4教科から1教科選択し、2教科以上受験した場合には高得点科目を合否判定に採用
* 「英語」は筆記試験(200点満点)を100点満点に換算、リスニングは除く
※ 「前期」受験者のうち、本学の定める基準点以上の成績上位者は[特待生]に採用されます。
※ 一般入試と併願受験の場合、センター利用入試の成績と比べ高得点のものを採用します。

【一般入試】一般入学試験

>詳細
出願日程:
2018年12月28日〜2019年02月26日
試験日:
2019年01月25日〜2019年03月06日
試験詳細:
●試験科目(2教科)マークシート
■理科「化学基礎、化学」:必須(60分)
■下記3教科から1教科選択(60分)
・理科「生物基礎、生物」
・外国語「英語」
・数学「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(B:数列、ベクトルの範囲)」
調査書
※ 「Ⅰ期」受験者のうち、本学の定める基準点以上の成績上位者は「特待生」に採用されます。

AO入学試験

入試種別:
AO入試
出願日程:
2018年08月01日〜2019年03月14日
試験日:
2018年08月29日〜2019年03月21日
評定基準:
---
評定値:
---
試験詳細:
●試験科目
(1)第一次審査:書類選考
①調査書
②「自己紹介書」
③「自己アピール文」

(2)第二次審査:「人物評価及び学力審査」
■小論文試験(60分)
■個別面接試験(60分)
■基礎学力検査(60分):理科「化学基礎、化学」

* 「昼食」の準備が必要
*Ⅰ期第1回の合格者のみ、Brush UP入学試験にチャレンジすることができます。
受験費用:
35,000円
合格発表日:
2018年09月08日〜2019年03月27日
発表方法:
---

地元枠入学試験

入試種別:
AO入試
出願日程:
2018年11月01日〜2019年03月14日
試験日:
2018年11月23日〜2019年03月21日
評定基準:
---
評定値:
---
試験詳細:
●試験科目
(1)第一次審査:書類選考
①調査書
②自己紹介書
③自己アピール文
④誓約書
⑤クラス担任評価表
(2)第二次審査:「人物評価及び学力審査」
■小論文試験(60分)
■個別面接試験(60分)
■基礎学力検査(60分)
理科「化学基礎・化学」
* 「昼食」の準備が必要
受験費用:
35,000円
合格発表日:
2018年12月01日〜2019年03月27日
発表方法:
---

社会人入学試験

入試種別:
AO入試
出願日程:
2018年09月24日〜2019年02月09日
試験日:
2018年10月14日〜2019年02月17日
評定基準:
なし
評定値:
---
試験詳細:
●試験科目
■小論文試験(60分)
■個別面接試験(60分)
■基礎能力検査(60分)
「適性検査、一般常識」
 ①経歴書
 ②「自己アピール文」
最終学校の卒業証明書または合格証

* 「昼食」の準備が必要
受験費用:
35,000円
合格発表日:
2018年10月20日〜2019年02月23日
発表方法:
---

推薦入学試験

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2018年10月08日〜2018年12月01日
試験日:
2018年11月03日〜2018年12月09日
評定基準:
---
評定値:
---
試験詳細:
<指定校>
●試験科目
■小論文試験(60分)
■個別面接試験(10分程度)
・調査書
・推薦書
※指定校の有無および推薦枠については、
各高等学校にお問い合わせください。

<公募Ⅰ・Ⅱ期>
●試験科目
■基礎学力テスト(60分):
 理科「化学基礎、化学」
■個別面接試験(15分程度)
・調査書
・推薦書
受験費用:
35,000円
合格発表日:
2018年11月10日〜2018年12月15日
発表方法:
---

BrushUP入学試験( AOⅠ期第1回合格者と指定校推薦受験者で希望者のみ )

入試種別:
一般入試
出願日程:
2018年10月08日〜2018年10月27日
試験日:
2018年11月03日
入試科目:
---
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
●試験科目(1教科)
■基礎学力テスト(60分)
理科「化学基礎、化学」
指定校推薦入試の当日午後より実施

*「昼食」の準備が必要
受験費用:
---
合格発表日:
2018年11月10日
発表方法:
---

特待生チャレンジ入学試験

入試種別:
一般入試
出願日程:
2018年11月05日〜2019年02月23日
試験日:
2018年12月02日〜2019年03月02日
入試科目:
外国語/数学/理科
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
●試験科目(2教科)
前期・中期
■理科「化学基礎・化学」:必須(60分)
■下記3教科から1教科選択(60分)
・理科「生物基礎・生物」
・外国語「英語」
・数学「数学Ⅰ・A」
調査書

後期
■理科「化学基礎・化学」:必須(60分)
■下記3教科から1教科選択(60分)
・理科「生物基礎・生物」
・外語語「英語」
・数学「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(B:数列、ベクトルの範囲)」
調査書
受験費用:
35,000円
合格発表日:
2018年12月08日〜2019年03月02日
発表方法:
---

センター利用入学試験

入試種別:
一般入試
出願日程:
2018年12月28日〜2019年03月12日
試験日:
未定
入試科目:
---
センター利用:
あり
面接:
なし
試験詳細:
●試験科目(2教科)
■理科「化学」:必須
■下記4教科から1教科選択
・理科「生物」
・外国語「英語」
・数学「数学Ⅰ・数学A」
・数学「数学Ⅱ・数学B」
上記の4教科から1教科選択し、2教科以上受験した場合には高得点科目を合否判定に採用
* 「英語」は筆記試験(200点満点)を100点満点に換算、リスニングは除く
※ 「前期」受験者のうち、本学の定める基準点以上の成績上位者は[特待生]に採用されます。
※ 一般入試と併願受験の場合、センター利用入試の成績と比べ高得点のものを採用します。
受験費用:
15,000円
合格発表日:
2019年02月09日〜2019年03月19日
発表方法:
---

一般入学試験

入試種別:
一般入試
出願日程:
2018年12月28日〜2019年02月26日
試験日:
2019年01月25日〜2019年03月06日
入試科目:
外国語/数学/理科
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
●試験科目(2教科)マークシート
■理科「化学基礎、化学」:必須(60分)
■下記3教科から1教科選択(60分)
・理科「生物基礎、生物」
・外国語「英語」
・数学「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(B:数列、ベクトルの範囲)」
調査書
※ 「Ⅰ期」受験者のうち、本学の定める基準点以上の成績上位者は「特待生」に採用されます。
受験費用:
35,000円
合格発表日:
2019年02月01日〜2019年03月11日
発表方法:
---

<一覧に戻る

横浜薬科大学 所在地・地図

※地図をクリックで大きな地図を見る

横浜薬科大学

〒245-0066
神奈川県横浜市戸塚区俣野町601番
TEL:0120-76-8089

アクセス方法

最寄駅:戸塚駅
西口、戸塚バスセンター「ドリームハイツ」または「俣野公園・横浜薬大前」行き、「俣野公園・横浜薬大前」下車。

最寄駅:大船駅
「ドリームハイツ」行き、「俣野公園・横浜薬大前」下車

横浜薬科大学 学費

横浜薬科大学 独自の奨学金

奨学金名:

浜薬修学支援貸与基金

>詳細
説明文:
本学において、学習意欲をもった在学生に対して、修学継続に必要な学費の全部又は一部を貸与することにより当該学生を支援し、経済的負担の軽減を図ることを目的とする。

(1)対象者:在学生
(2)基金の種類
  ①第1種修学支援貸与基金  ② 第2種修学支援貸与基金
(3)貸与手続き:申し込みは在学生本人とし学費負担者の連帯保証が必要。
(4)基金貸与:年間に納付すべき学納金総額から貸与額分を減額控除する方法による。(直接支給はしない)
(5)貸与期間:当該年度の1ヶ年とする。(更新可)
(6)利息:無利息貸与とする。
(7)貸与基金の返還方法:貸与総額を卒業年度の翌年度4月から本学指定の銀行口座に振り込み開始。(分割可)
(8)基金に関する問い合わせ先:学生課 045-859-1325(直通)
支給金額:

---

浜薬修学支援貸与基金

説明文:
本学において、学習意欲をもった在学生に対して、修学継続に必要な学費の全部又は一部を貸与することにより当該学生を支援し、経済的負担の軽減を図ることを目的とする。

(1)対象者:在学生
(2)基金の種類
  ①第1種修学支援貸与基金  ② 第2種修学支援貸与基金
(3)貸与手続き:申し込みは在学生本人とし学費負担者の連帯保証が必要。
(4)基金貸与:年間に納付すべき学納金総額から貸与額分を減額控除する方法による。(直接支給はしない)
(5)貸与期間:当該年度の1ヶ年とする。(更新可)
(6)利息:無利息貸与とする。
(7)貸与基金の返還方法:貸与総額を卒業年度の翌年度4月から本学指定の銀行口座に振り込み開始。(分割可)
(8)基金に関する問い合わせ先:学生課 045-859-1325(直通)
支給金額:
---
備考:
---
支給条件:
---
返還義務:
---
<一覧に戻る

横浜薬科大学をもっと詳しく知ろう!

お気に入りに追加すると、学校の最新情報をマイページでチェックしたり、他の学校と比較してじっくり見ることが出来ます。学校のWebサイトを見たり、資料(パンフレットや願書)を請求して、もっと学校の魅力を調べましょう!

  • お気に入りに追加する
  • 資料請求
  • 公式サイトへ

この学校を見ている人は、こんな学校も見ています

中日美容専門学校

世界で1番楽しい学校を目指します!

お気に入りに追加する

大原簿記専門学校神戸校

就職に強い!多彩なコースを設置!

お気に入りに追加する

大原簿記法律&美容製菓専門学校和歌山校

就職に強い!

お気に入りに追加する

大原情報医療保育専門学校和歌山校

就職に強い!医療、保育、IT、クリエイター、マンガ・イラスト等、

お気に入りに追加する

PR

ページの先頭へ