アクセス進学TOP  >  大学・短大を探す > 明治大学

明治大学

「個」を強くする大学。

「個」を強くする大学。
1881年に3名の若き法律家が開設した明治法律学校を前身とし、建学の精神「権利自由」「独立自治」に基づき、「個を強くする大学」を教育理念に掲げる明治大学は、都心部を中心に4キャンパス、文理10学部を擁する総合大学として、多岐にわたる分野で活躍する人材を輩出してきました。
“就職の明治”と称される本学ならではの就職支援体制や、約80種類の豊富な奨学金制度など、学生生活サポートも充実しており、学生たちは日々“自分なりの個性”を磨いています。近年はグローバル化の推進により、多くの学生が留学を通じた異文化交流を体験しているだけでなく、各国からの留学生が本学で学び、日本人学生と交流を深めています。

明治大学のここに注目!!

総合大学ならではの多様性

社会科学、人文科学、自然科学の分野からなる10学部28学科の多様な学びを展開。深い教養と高い専門性を兼ね備えた人材を育成しています。所属学部以外の授業が受けられる「他学部履修制度」に加え、外国語・ICTなどの全学的な科目を多数提供しており、ボーダーレスな知識や視点を養うことができます。

「就職の明治」が誇るサポート

明治大学は「就職に力を入れている大学」として、圧倒的な就職実績とサポート力が高く評価されています。「相談力」と「求人力」、長年蓄積された「情報力」を基に、年間約20,000件もの進路・就職相談をはじめ、延べ800社以上の企業・団体が参加する学内企業セミナーなど各種支援講座を実施して全力でサポートしています。また、全国で活躍する約56万人の校友(卒業生)や父母会とも連携を図り支援体制を強化しています。

国際化を推進する充実した留学制度

短期研修から長期の協定留学・認定留学まで体系的な海外留学制度を用意。留学できる協定校は43ヵ国・地域、257大学・学部(2020年1月現在)に上ります。また、留学のファーストステップとなる「短期海外研修(3~6週間)」や名門カリフォルニア大学とパートナーシップを結んで実施する「サマーセッションプログラム(約12週間)」等、学生一人ひとりのニーズに応える留学プログラムが多数整っており、2018年度には年間約2,140名以上の学生を海外に送り出しています。

お問い合わせ先

駿河台キャンパス MAP

〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL:03-3296-4139

和泉キャンパス MAP

〒168-8555 東京都杉並区永福1-9-1
TEL:03-5300-1121

生田キャンパス MAP

〒214-8571 神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1
TEL:044-934-7171

中野キャンパス MAP

〒164-8525 東京都中野区中野4-21-1
TEL:03-5343-8000

法学部

  法学部は、建学の精神「権利自由」・「独立自治」を自由な精神に基づく自治の精神と捉え、この精神を生かすような「人間性・国際性に裏打ちされたリーガル・マインドの育成」を目指しています。法は、社会と人間関係の一つの結節点であり、実社会においても日々生起する人々の利害関係を調整して紛争を解決し 、または紛争を予防する機能を果たしています。法を理解するためには、その基礎にある社会と人間についての洞察と深い理解が必要です。そのため法学教育は、裁判官や検察官 、 弁護士等の法曹を養成するばかりでなく、国際性豊かな批判的精神に富む市民の養成をも目的としています。

法律学科 / ビジネスローコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

法律学科 / 国際関係法コース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

法律学科 / 法と情報コース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

法律学科 / 公共法務コース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

法律学科 / 法曹コース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学部

 大学にはビジネス系の学部がいくつかありますが、商学部もそのひとつです。「商」の文字がついているため、商人や商取引きなどを学ぶ学部と考えている方もいるかもしれませんが、商学部で学ぶのは、ビジネスの世界をさまざまな角度から総合的に研究することなのです。その中には経済、経営、流通、そして金融も含まれてきます。
 このような理由から、明治大学では商学部で学ぶ内容を「総合的市場科学」と呼んでいます。市場とは単にマーケットをさすのではなく、ビジネス活動のあらゆる局面が集約される場であり、ここから経済活動を詳細に分析し、科学していくということなのです。もう少し平易に説明するとすれば、商学部はビジネスのプロフェッショナルを育てる学部ということが出来ます。

商学科 / アプライド・エコノミクスコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学科 / マーケティングコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学科 / ファイナンス&インシュアランスコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学科 / グローバル・ビジネスコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学科 / マネジメントコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学部 / アカウンティングコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学科 / クリエイティブ・ビジネスコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

政治経済学部

 政治経済学部は、通常「学部 Department」から想像するよりも、はるかに大きな規模を誇り、そして驚くべきバラエティに富んだ科目が勉強できるところです。
 まず教員の人数を見ただけでも、フルタイムの教員が100人余り、それにパートタイムの先生が140人というとんでもない人数です。この大勢の教授陣が、年間1500もの授業を、5000名もの学生を相手に講義しているのです。
 科目の内容からいっても、いわゆる人文系の外国文学や日本語文章論、民俗学・社会心理学・マスメディア論など社会学系のもの、そして政治・経済・地域行政の専門に関しても、歴史あり、理論あり、コンピュータを利用した解析あり、とさまざまな範疇に入る科目が並んでいます。ひとつの学部でこれだけバラエティに富んだ陣容を誇るところは、わが国でもそうあるものではありません。

政治学科

>詳細
募集人員:290名
年限:4年

経済学科

>詳細
募集人員:695名
年限:4年

地域行政学科

>詳細
募集人員:165名
年限:4年

文学部

 文学部は、過去から現在まで多様に展開されてきた人間の営みのすべてに対して、さまざまな角度からの考察を試みながら、究極的には、生きた人間そのものを総合的に理解することを目的として構成されている学部です。
 そこでは、何よりも、多彩で奥深い人間文化についての広い視野、瑞瑞しい感受性、旺盛な好奇心、ねばり強い思考力、意欲的な行動力などが必要とされていることはいうまでもありません。
 そのため、明治大学文学部では、そうした諸能力を身につけていく上で最も有効に働くものとして、教員と学生の間、あるいは学生たち同士の間において、自由に論議し検討し合う精神が培われることが重要であるとの考えに立ち、1年次の段階から、少人数のゼミナール形式の科目を多数用意しています。
 このような、少人数での授業指導、そして、その中で発揮される若々しい独立自由な精神、これらの点こそが、文学部独自の教育方針の大きな特色ということができるでしょう。

文学科 / 日本文学専攻

>詳細
募集人員:120名
年限:4年

文学科 / 英米文学専攻

>詳細
募集人員:120名
年限:4年

文学科 / ドイツ文学専攻

>詳細
募集人員:50名
年限:4年

文学科 / フランス文学専攻

>詳細
募集人員:50名
年限:4年

文学科 / 演劇学専攻

>詳細
募集人員:55名
年限:4年

文学科 / 文芸メディア専攻

>詳細
募集人員:70名
年限:4年

史学地理学科 / 日本史学専攻

>詳細
募集人員:90名
年限:4年

史学地理学科 / アジア史専攻

>詳細
募集人員:45名
年限:4年

史学地理学科 / 西洋史学専攻

>詳細
募集人員:55名
年限:4年

史学地理学科 / 考古学専攻

>詳細
募集人員:45名
年限:4年

史学地理学科 / 地理学専攻

>詳細
募集人員:55名
年限:4年

心理社会学科 / 臨床心理学専攻

>詳細
募集人員:55名
年限:4年

心理社会学科 / 現代社会学専攻

>詳細
募集人員:55名
年限:4年

心理社会学科 / 哲学専攻

>詳細
募集人員:45名
年限:4年

理工学部

 みなさんは大学で何を学び、将来、どのようなかたちで社会と関わっていこうと考えていますか? サイエンスとエンジニアリングの世界では、専門分野が分かれています。明治大学理工学部も、電気電子生命学・機械工学・機械情報工学・建築学・応用化学・情報科学・数学・物理学の8学科に分かれています。漠然としたイメージだけで進路を決めてしまい、入学後「こんなはずでは・・・」となっては大変です。ミスマッチを起こさないためにも入学前に十分な調査を行い、学部・学科について理解していただく必要があります。そのためには進学相談会やホームページ・ガイドブックなどを大いに活用して下さい。
 理工学部では、学部の4年間で基礎をしっかりと学び、さらに大学院博士前期課程の2年間で専門的研究を通して、より一層の問題発見・解決能力が獲得できるように、学部および大学院理工学研究科で連携した教育課程が実施されており、みなさんに多くの選択肢を用意しています。

電気電子生命学科 / 電気電子工学専攻・生命理工学専攻

>詳細
募集人員:236名
年限:4年

機械工学科

>詳細
募集人員:138名
年限:4年

機械情報工学科

>詳細
募集人員:138名
年限:4年

建築学科

>詳細
募集人員:173名
年限:4年

応用化学科

>詳細
募集人員:127名
年限:4年

情報科学科

>詳細
募集人員:127名
年限:4年

数学科

>詳細
募集人員:63名
年限:4年

物理学科

>詳細
募集人員:63名
年限:4年

農学部

農学部では、食料・環境・生命をキーワードに自然と人間社会の調和を図り、生命を理解し、地球的な食料・環境問題の解決に貢献できる基礎力と応用・発展性のある人材の育成を目的とした教育と研究を行っています。4つの学科は独自性を保ちながら有機的関連をもってカリキュラムを編成しており、専門分野のみでなく、さまざまな分野を学部内で学ぶことができます。生田キャンパス内の最先端の研究機器と実験圃場、2012年4月にオープンした川崎市黒川地区の明治大学黒川農場など、恵まれた施設を利用して充実した実験・実習を行う体制も整っています。

農学科

>詳細
募集人員:150名
年限:4年

農芸化学科

>詳細
募集人員:150名
年限:4年

生命科学科

>詳細
募集人員:150名
年限:4年

食料環境政策学科

>詳細
募集人員:150名
年限:4年

経営学部

 経営学部では、「グローバル経営人材」と「価値創造人材」を輩出することを目標に、さまざまな授業科目を設置しています。
 学生は4年間のカリキュラムを通して、多様な科目をバランスよく学ぶことが義務付けられています。1・2年次は、一般教養科目と語学を中心に勉強しますが、経営学、近代経済学、簿記論などの学部必修科目、基礎専門科目も学習します。2年次からは経営学科、会計学科、公共経営学科の3学科に分かれて学科必修科目を学び、3・4年次には学科専門科目を中心に専門領域を深く研究するようになっています。

経営学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

会計学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

公共経営学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

情報コミュニケーション学部

現代社会はネットワーク技術に支えられながら高度情報社会の段階に突入しました。その一方で、2011年の東日本大震災・原発事故で露呈した非常時の危機管理問題、中東で連鎖的な政権崩壊をもたらしたジャスミン革命、ネット上でのさまざまな犯罪や情報セキュリティーなど、情報社会は多種多様な課題も抱えています。情報コミュニケーション学部は、こうした「情報コミュニケーション」の視座から、高度に情報化し、複雑化した現代の諸課題に学際的な方法でアプローチする学部です。

情報コミュニケーション学科

>詳細
募集人員:520名
年限:4年

国際日本学部

国際日本学部とは、日本から学び、世界から学び、日本と世界のつなぎ方を学ぶことで「日本と世界をつなぐ力」を育む学部です。言うまでもなく、「日本と世界をつなぐ」方法は無数にあります。その方法を見つけるのは、あなたです。
国際日本学部では、日本のみならず世界各地から集まった様々な学生たちとともに「人文科学」「社会科学」といった伝統的な学問の垣根を超えて、様々な知識を得ることができます。豊富な語学の授業により、コミュニケーションの実践力を高めることができます。また日本で英語の教員になる、あるいは海外で日本語を教えるための技能を習得することもできます。さらに世界200校以上におよぶ明治大学の海外協定校への交換留学、フロリダ州立大学・ウォルトディズニーワールド提携アカデミックインターンシップや海外ボランティアをはじめとする学部独自の多様なプログラムへの参加を通して、貴重な海外経験を得ることができます。そうした知識や経験を積み重ねて、自分だけの「日本と世界をつなぐ力」を身につける舞台。それが、この国際日本学部です。

国際日本学科

>詳細
募集人員:400名
年限:4年

総合数理学部

数学は、世の中をもっともっと幸せに変えていくチカラをもっています。これは決して大げさな話ではありません。現代の複雑化する社会問題に対し、数学的理論からしか導き出せない答えは、まだまだ無数に存在しているからです。例えば、自然も、政治も、医療も、地域も、メディアも、あるいは人の心さえも。理科学分野のパイオニアとして世界をリードする明治大学で、数理科学と情報技術の最先端を学び、あらゆる現象を解明するチカラと、新たなモデルを創造・発信するチカラを身につける。そしてグローバルな視点で社会に貢献する。数年後、進んだ道の最前線に、あなたがいてほしい。数理科学の第一人者として、情報技術分野のリーダーとして、思いっきり活躍してほしい。さあ、明治大学から世界へ。意欲あふれるあなたを、総合数理学部は待っています。

現象数理学科

>詳細
募集人員:90名
年限:4年

先端メディアサイエンス学科

>詳細
募集人員:120名
年限:4年

ネットワークデザイン学科

>詳細
募集人員:90名
年限:4年

法律学科 / ビジネスローコース

 「ビジネスローコース」は、将来ビジネスの世界で活躍したい学生を対象としたコースです。企業や団体の活動には、多くの法律がかかわっています。たとえば、自社で開発した技術を他社に無断で使用されないためには「知的財産法」、従業員の雇用には「労働法」の知識が不可欠です。そのため、大規模な企業や団体には、法律問題に対応する「法務部」などの部署が設けられ、組織や企業活動に関する法律の知識をもつ人材が求められています。
 このコースでは、組織の法務担当として活躍したい人、自ら会社を起こしたい人、ビジネスロイヤー(企業弁護士)を目指す人などのために、ビジネスに欠かせない法を学びます。「憲法」「民法」「刑法」「商法」「民事訴訟法」「刑事訴訟法」の基本六法を修得し、特に企業の組織や活動を理解するため「商法」に含まれる「会社法」を学ぶことにも重点を置いているのが特長です。また、「金融商品取引法」「銀行取引法」「環境法」など、さまざまな業界にかかわる科目も選択できます。
 英語で法律を学ぶ科目も設置されているので、国際的に活躍できるビジネスロイヤーを目指し、海外のロースクールへの進学を希望する学生などにも適したコースです。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

法律学科 / 国際関係法コース

 国際社会は、それぞれ人種や言語、宗教、歴史、文化などの背景が異なるたくさんの国家によって構成されており、国家間のやりとりにおいて、誤解や対立が生まれることも少なくありません。ときには紛争に発展することさえあります。「国際関係法」は、そのような国家間、あるいは異なる国籍をもつ人々の関係を、平和で安定的なものにするため形成されてきた法です。
 「国際関係法」は、国家間に共通のルールを設ける「国際法」と、対外関係に関連する各国の「国内法」とに分類できます。「国際法」は主に国家に適用され、個人や企業に対しては主に「国内法」が適用されます。このコースでは、国や個人が国際的に活動する場合、どのような法的ルールが適用されるのか、紛争が発生した場合、どのように処理されるのかを学びます。
 また、法律にかかわる科目だけでなく、世界各地の文化を学ぶ科目を数多く設置しているのもこのコースの大きな特長です。国際社会を理解するには、背景にあるそれぞれの歴史や文化なども知っておく必要があります。世界各地の多様な社会への理解を深めることで、将来、グローバルに活躍できる人材を育成します。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

法律学科 / 法と情報コース

 ITのめざましい発展により到来した情報社会の中で、情報処理・情報マネジメントに関する基本的な素養と情報社会の法的課題に対処する能力は必須のものです。新たに発展するネットビジネスにおいても、コンプライアンスだけではなく、透明性と説明責任と迅速な危機管理が求められています。そのためには、情報と関連する法制度を正確に理解して基礎を固めること、そして、最新の動向に対応できる柔軟な応用力が求められます。
「法と情報コース」では、必要な法情報を的確に獲得する能力、ツールやコンテンツを使いこなし、問題に適切に対処できる能力をもつ人材を育てることを目標としています。その目標を達成するため、情報法、サイバー法および法情報学等の必要十分な知識を提供する科目が設置されています。また、AI、IoT、情報セキュリティを含め、情報社会の基本構造や今後の動向を知るための科目も設置されています。
 このような知識や能力をもつ人材は、今後ますます必要となります。将来、企業、官公庁、各種団体、国際機関、大学・企業の研究所など、あらゆる分野での活躍が期待されます。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

法律学科 / 公共法務コース

 このコースは、国家・地方公務員や、国会や裁判所の職員、国税専門官、労働基準監督官などの法律関連の専門職に就くことを希望する学生のために用意されています。将来、行政に携わるために不可欠である法律の知識はもちろん、国民や住民に対して質の高いサービス活動を行えるよう、幅広い知識や教養を身につけることを目標にしています。
 近年、公務員を志望する学生は増加し続ける傾向にあり、今後も継続することが予想されています。公務員になるためには、国家公務員試験(総合職・一般職)や、地方公務員試験などに合格しなくてはなりません。国税専門官や労働基準監督官などの専門職も、それぞれ採用試験に合格する必要があります。そこで「公共法務コース」は、公務員試験や各種採用試験に共通する「憲法」「民法」「行政法」を中心にしたカリキュラム構成になっています。
 このコースを選択する学生の多くは、将来公務員を目指していますが、行政にかかわる法律の知識をいかして、一般企業などに就職している学生も少なくありません。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

法律学科 / 法曹コース

 「法曹」とは、法律に関する実務に従事する専門家のことで、一 般的には裁判官、検察官、弁護士という3つの職業の総称です。このコースは、裁判官、検察官、弁護士を目指す人や、司法書士 や裁判所の事務官などを目指す人を対象にしています。
 裁判官、検察官、弁護士になるためには、卒業後、法科大学院 に進学・修了もしくは司法試験予備試験を通過して、司法試験 に合格しなければなりません。そのため「法曹コース」は、 法科大学院と連携し、法律基本科目である「憲法」「民法」「刑 法」「行政法」「商法」「民事訴訟法」「刑事訴訟法」の7科目を中心に、法律学を体系的に学べるカリキュラムを用意しています。 また、法律基本科目以外にも「経済法」「環境法」「知的財産法」「租税法」「倒産処理法」「医事法」といった専門分野に特化した 法律を扱う科目もたくさん設置しています。どの科目も現代社 会の動きと切り離せない先端的な内容です。
 また「法曹コース」では、早期卒業制度を活用することで、効果的かつ早期に「法曹」へ進むことができるようになります。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

商学科 / アプライド・エコノミクスコース

 日常生活と密接な関係をもつ経済活動は、市場経済を通じて行われます。現在我々は、お金を払えば、市場における取引を通じて、世界中のさまざまなものを手に入れることができます。これは我々の社会で市場経済が機能しているおかげです。
 経済学は、市場経済の仕組みに対する的確な理解に基づいて、現実の経済問題とその解決策を理論的、歴史的な視点で考察する学問です。アプライド・エコノミクス(応用経済学)コースの目標は、この経済学の体系的な学習を通して、将来経済活動の担い手になるために必要な能力を備えた人材を養成することにあります。
 現在我々は、財政赤字の拡大、人口の高齢化や少子化の進行といった国内問題を抱える一方で、グローバリゼーションの進展による経済・通貨危機の発生、環境問題の深刻化といった世界規模の経済問題にも直面しています。これらの問題の解決能力を有する人材を育成していくことがこのコースの役割です。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

商学科 / マーケティングコース

 商学は取引に関する学問です。取引とは、何かと何かがある条件の下で交換されることです。マーケティングが扱う取引とは、商品やサービスの売買のことです。ところが、現代の商品やサービスは、単に安いからとか高機能だからという理由だけでは、よく売れなくなっています(取引が進まないということです)。そこで、さまざまな工夫をします。売り手は、新しい売り場を開発したり、珍しい広告表現を考えたり、これまでにない取引条件を提案したりしています。買い方もかわってきています。所有するよりも使うことが重視されたり、モノを増やすことよりも捨てることを優先したり、お店では触れるだけで買い物はネットでと、たくさんの新しい方法がみられます。こういった取引を促進させる方法の総称がマーケティングです。つまり、マーケティング研究とは、なぜその方法が取引を促進させるのかを問うのです。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

商学科 / ファイナンス&インシュアランスコース

 グローバリゼーションの潮流は、日本のビジネス社会を根底から変えようとしています。この変動の時代にもっとも改革を期待されているのが、ファイナンス(金融・証券)の分野です。企業や個人をとりまくリスクは、今後増大かつ複雑化するのは必至であり、リスクを管理するためのインシュアランス(保険)の役割が重要となります。このコースでは、こうした変化に対応し、国際ビジネス社会における共通言語としての金融・証券・保険の知識をマスターできるよう、広い分野をカバーした斬新かつ体系的なカリキュラムを組んでいます。さらに、「実学の明治」の伝統をふまえ、証券アナリストなどの資格取得に役立つようにも構成されています。これらの金融資格は、ビジネス社会においてスペシャリストとして活躍するための基礎となるでしょう。また、以上の知識は、金融サービス産業だけではなく、広く事業活動を展開する場合や財務分野に従事する際にも大いに役立ちます。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

商学科 / グローバル・ビジネスコース

 日本の経済が世界経済と密接な関係を保ちながら存在するように、今や企業活動は世界の市場を抜きには考えられません。このコースでは、世界と日本との貿易や経済の関係を包括的に研究し、その中で企業の活動や経営を世界的な視野に立って研究します。理論を中心としたサブコースでは、貿易のさまざまなシステムや制度を知り、世界経済の現状や諸問題を学習することで、世界経済における日本の現状を理解して、将来の見通しを判断する能力を習得します。一方ビジネスを中心としたサブコースでは、日本企業の貿易活動や国際経営活動を幅広く学習すると同時に、異文化間コミュニケーションやビジネス交渉などの企業活動も体系的に理解し、グローバル・ビジネスの場における実践的な能力を養います。本コースの目的は、理論、ビジネスの両面からのアプローチを設定することで、将来における日本のグローバル・ビジネスをリードする人材を育成することにあります。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

商学科 / マネジメントコース

 企業活動が行われなければ私たちの生活は成り立ちません。自動車、パソコン、スマートフォン、タブレットからファッション、アニメ、ゲームに至るまで、これらの製品・サービスは企業によって生み出され、私たちの手元に届けられています。ところが学生のみなさんにとって、企業の中で日々どのような活動が実際に行われているのかについては、よくわかっていないというのが実態ではないでしょうか。このマネジメントコースでは、そうした企業経営・企業行動の中身について理論的・実証的に学んでいきます。世間では経営学というと、会社を経営するノウハウを学ぶための学問のように思われがちですが、そうではありません。我々の社会生活と深い関係にある企業活動の中身について正しく理解することが大きな目的です。このコースで学ぶことによって、企業活動に限らず身の回りにあふれるさまざまな組織活動についても深く理解できるようになるでしょう。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

商学部 / アカウンティングコース

 “アカウンティング(Accounting)”の意味は、「会計」です。これは“ビジネスの言語”ともいわれ、世界規模での統合が進んでいます。2005年には、EU諸国およびオーストラリアにおいて国際会計基準(現在は国際財務報告基準)とよばれる単一の基準が導入され、2009年には、国際会計と米国会計基準の差異が取り除かれました。もちろん日本でも、2002年には米国基準が解禁されており、現在、国際基準との統合も始まっています。このように、会計を学ぶことは、世界で通用するスキルを磨くことを意味するのです。本コースは、世界の投資家にビジネスを伝える「アカウンティング」を多面的に分析できる知識を習得することを目的とし、これまでに圧倒的多数の職業会計人(公認会計士、税理士)や企業を支える経理のスペシャリストを輩出してきた伝統と実績を有しています。また、大学院教育とも密接な連携をとりつつ、時代の要請に応えられる有為な人材の育成を目指しています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

商学科 / クリエイティブ・ビジネスコース

 IT革命、グローバリゼーション、少子高齢化、市場経済化など、社会の大きな変動のなかで、日本経済はパラダイム的転換を遂げつつあります。まさに産業構造そのものの転換が迫られており、そこには新たなビジネスチャンスがひそんでいます。本コースは、そのような社会変化を見据え、2004年度に新設されたコースです。最新かつ斬新な科目群を設置し、実践的で現場密着型の少人数教育を実践することによって、イノベーションを構想し実践的に主導できる人材を育成します。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

政治学科

 政治学は、政治家を目指す人のための学問だと考えていませんか?確かに政治学科の卒業生のなかには政治家もいますが、多くの卒業生は民間企業や国家機関、地方行政機関で活躍しています。では政治学は一体何の役に立つのでしょうか?
 21世紀に入り、現代は一層のグローバル化がみられます。政治体制の面では、リベラル・デモクラシー国家が増大してはいますが、そうではない政治体制をとっている国が今なお多数を占めています。また、リベラル・デモクラシー国家についても、その体制は次第に変化を遂げており、このような国際社会の理解は、かつてなく重要性を増しています。政治学は、このような政治形態の実態と傾向を知ることにより、グローバルな視点から社会を見る眼を養うことができる学問なのです。
 政治学を学ぶと、広い視野と柔軟な思考力が身につき、世の中のさまざまな現象を理解するときに役立ちます。また、本学政治学科は、政治学への多様なアプローチを用意しているとともに、社会学系や行政学系の科目も多数設置しており、社会の理解と政治の理解をリンクしながら学ぶことができます。ここで養った知的柔軟性は将来の可能性を大いに広げてくれることでしょう。
募集人員:290名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

経済学科

 経済学とは、有限な資源から価値を創造し、生産・消費・分配によって、人々の「暮らし」(すなわち、経済的厚生)を向上させることを目的とし、理論、歴史・思想、政策について探求していく学問です。21世紀になり、世界は安定するどころか、世界的金融危機、資源・食糧問題、地球環境問題、貧困問題、少子高齢化問題など、グローバル化のなかで混迷を深めているといえます。これらの問題の底には経済的な問題が多く存在し、問題解決のため、今後ますます経済学は重要になっていくでしょう。
 経済学科では、さまざまな側面から経済学にアプローチします。理論部門では、ミクロな需要と供給による価格決定メカニズム、マクロな生産・消費などの経済循環、また、実証のための統計的手法などを学びます。歴史・思想部門では、著名な経済学者の学説やその思想、日本や世界の経済の歴史を学びます。これらの知見をもとに、政策部門では、実際の経済社会ではどうすればよいのかを、経済・財政政策から社会保障・労働政策まで幅広く学びます。
 先人たちが残してくれた学問という遺産を共に学び、新しい学問や未来の経済社会について考えていきましょう。
募集人員:695名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

地域行政学科

 地域行政学は、地域を形成する住民、企業、地方自治体、国、国際機関など、さまざまな関係者のおかれた状況について、経済学、政治学、法学、社会学、会計学など学際的に議論し、発展に向けよりよい答えを探求していく学問です。
 「地域」には、日本の中の地域あるいは世界の中の地域という視点があります。いずれにおいても、人口問題、環境問題、国際紛争など、地域にかかわる問題は山積しています。国内的には人口減少・少子高齢化、途上国では貧困の問題があり、日本の中でも過密の大都市地域と過疎の農村部で課題は全く異なります。根底にある格差の緩和、解消が、人々の暮らしを変えるばかりでなく世界平和にもつながります。
 本学地域行政学科では、これらをふまえた多様な学問領域の講義や演習とともに、地域・行政を専門とする外部講師の講座や学科独自のインターンシップ制度を用意しています。手軽な情報をうのみにするのではなく、論文、インターネット、自らの調査やインタビューによって知見を得る力、さらに外国語能力の向上を重視し、公務員および企業人として、地域をつくり、地域を変える人材を育成していきます。
募集人員:165名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

文学科 / 日本文学専攻

 本専攻の特色は、次のように、ほとんどすべての時代とその代表的テーマをカバーしていることです。上代文学(~奈良時代:萬葉集、古事記、日本書紀など)、中古文学(~平安時代:古今和歌集、蜻蛉日記、源氏物語、枕草子など)、中世文学(鎌倉~安土桃山時代:平家物語、新古今和歌集、徒然草など)、近世文学(江戸時代:俳諧、浮世草子、読本など)、近現代文学(明治時代~:夏目漱石、志賀直哉、太宰治、遠藤周作、村上春樹など)、国語学(歴史研究・方言など)、漢文学(白氏文集、史記など)。学生が興味を抱く分野の文学のすべてに対して、指導できる専任教員がいて、日本文学の〈真・善・美〉を追求していきます。
募集人員:120名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

文学科 / 英米文学専攻

 コミュニケーションのための英語教育と、伝統的な学問体系に基づいた文学、語学教育の調和を図ったカリキュラムを提供しています。「話す」、「聞く」、「読む」、「書く」というスキルのため、英米文学専攻では初年度から継続的、段階的な学習ができるように配慮しています。専門教育、知識を得るための授業(講義科目)とインタラクティブなトレーニング授業(演習科目)が、学年が上がるにつれ専門度を増す形で設置されています。
募集人員:120名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

文学科 / ドイツ文学専攻

 スープ皿の向こうを見なさい!これは「井の中の蛙大海を知らず」に当たるドイツ語の言い回しです。外国語を学ぶことは、新しい世界への視野を開いてくれます。今日、世界的規模で広がっている文化の基盤は、ヨーロッパにあります。ドイツ語圏は、そんなヨーロッパの地理的中心であるだけではなく、文化においても重要な意義を担ってきた地域です。ドイツ文学専攻では、ドイツ語だけではなく、哲学、音楽、文学、美術、歴史や現代事情にいたるまで、幅広くふれることができます。充実した留学制度も活用し、ドイツ語圏の歴史と文化を肌で感じてください。スープ皿の向こうに何が見えるのか、その目で確かめてみませんか。
募集人員:50名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

文学科 / フランス文学専攻

 ファッションや料理、美しい町並みで知られるフランス。生活を楽しみ、文化を大切にする国柄がそこに表れています。18世紀から20世紀にかけて「ヨーロッパがフランス語を話し」、パリの動向に注目したのも、豊かな文化とその批判精神が育む自由で創造的な雰囲気が背景にありました。現在のフランスも、ヨーロッパ連合(EU)実現の原動力になり、カナダ、アフリカ、中南米等のフランコフォニー(フランス語圏)の国々と交流を続けています。また世界各国のアーティストや文筆家が居住地に選んで活動しています。フランス文学専攻では、一人ひとりの興味に対応できるように多様なカリキュラムを用意しています。
募集人員:50名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

文学科 / 演劇学専攻

 西洋でも日本でも、演劇は各国の文化伝統の中で独自の発展を遂げてきました。劇場だけでなく、上演台本としての戯曲、舞台装置、衣装、俳優の演技などに、実に興味深い特色が見受けられます。本専攻では、それらを歴史的、理論的に学んでいきます。また、舞台芸術としての演劇はドラマ、オペラ、バレエ、ダンス、ミュージカルなど、さまざまなジャンルに分かれて発展してきました。そして19世紀末には映画が誕生しましたが、これらの多彩なジャンルを擁し、特色にあふれた演劇の世界を楽しみながら学びます。
募集人員:55名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

文学科 / 文芸メディア専攻

 現代の錯綜するメディア環境下において、もっとも緊要なこと。それは、メディアの基底をなす「文字」そのものに立ちかえり、そこから人間のあり方をもう一度考え直すことです。それは、文字言語の〈読み〉を通じ、また、文字言語による〈表現〉によって、自己を探求していくことにほかなりません。それが、「ホモ・ロクエンス=ことば人間」としての人間存在を、まさに「間」の存在である人間を考究していくことになるはずです。文芸メディア専攻は、日本の文芸はもちろん、古今東西の文芸から、視聴覚芸術・文化現象まで、さまざまなメディアの中に〈読み〉の可能性を探りながら、〈文章表現〉による自己実現を目指しています。
募集人員:70名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

史学地理学科 / 日本史学専攻

 日本史学専攻の専任教員は、古代史から現代史までそろっています。ひとつの専攻で、古代・中世・近世・近代・現代と、時代の切れ目なく専任教員がそろっており、全国の大学の文学部の中でも、もっとも充実したものといえるでしょう。日本史学専攻の専任教員は、古代から現代にいたるさまざまな研究テーマを追究している歴史研究者であり、かつ歴史教育の専門家です。日本史学専攻に入学すれば、古代から現代にいたる日本史のどの時代の、いかなる分野でも自由に研究テーマを設定することができます。卒業生には、専門的知識をいかして教員や学芸員として活躍している人、さらに大学院へと進学する人も少なくありません。
募集人員:90名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

史学地理学科 / アジア史専攻

 日本はアジアの一角に位置していますが、私たちは実際アジアをどれだけ理解しているでしょうか?一口にアジアといっても、その範囲は広大で多様な文化を含みます。そして、それぞれの文化は、自然環境に応じた生活様式や固有の歴史的背景があって今日の姿があるのです。アジア史専攻には5人の専任教員がおり、その専門は多種多様で、他大学と比べて非常に充実しています。少人数制のゼミ授業では、文献史料からそれぞれの時代を読み解いていき、みなさんの疑問にも、とことんつきあいます。さらにアジアの史跡と現状を実見し、現地調査・交流の重要性を理解するため、海外現地研修を積極的に実施していきます。教科書ではわからない奥深いアジアの歴史と文化を一緒に学びましょう。
募集人員:45名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

史学地理学科 / 西洋史学専攻

 現在ほど情報化社会が進展し、世界各地の出来事がリアル・タイムで日本に伝わり、同時にそれが私たちの生活にも直接関わってくるという時代はこれまでありませんでした。そんな中、世界各地の社会現象、文化活動、政治事件などの本質をつかむには、その地域の歴史、文化、言語などの理解が必要となります。そのために、基本的な歴史研究の方法論から始め、徐々にその国の言語を学び、文献を読み解いて欧米諸国への理解を深める場、それが西洋史学専攻です。西洋史学専攻には、古代史から中世史、近・現代史を専門とする7人の専任教員(古代ギリシア史、中世史、オーストリア史、イギリス史、アメリカ史、ロシア史の専門家)とほかに十数名の兼任講師が、学生諸君の勉強をサポートしていくために、教室での授業だけでなく研究室での個別指導を行うシステムも実践しています。西洋史の勉強を通して、世界に対する幅広い見識と歴史についての深い教養を身につけ、それをもとに自己をしっかりと表現できる、そういう本当の勉強をするチャンスを西洋史学専攻でぜひいかしてください。
募集人員:55名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

史学地理学科 / 考古学専攻

 考古学は、それ自体は無言である土器や石器などから、それらをつくり、使った人々の姿を描きだす学問です。どの時代でも、どの地域でも、考古学が歴史学の一分野として力を発揮しつつあるのはよくご存知でしょう。明治大学文学部考古学専攻は、私立大学で初めて、独立した専攻として1950年に設置されました。過去半世紀の間、日本列島における旧石器時代の存在を証明した群馬県岩宿遺跡や、弥生時代の水田を日本で最初に確認した静岡県登呂遺跡などの重要な調査を手がけてきました。2019年度現在、5人の専任教員がおり、その主たる研究分野は、日本の旧石器・縄文・弥生・古墳時代です。
募集人員:45名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

史学地理学科 / 地理学専攻

 ジオグラフィーということばには「大地を記載する」という意味があります。歴史学が古い時代の史料や遺跡に想像力を膨らませるのに対して、地理学はいま現実に地表の上で起きている現象の発見とその成り立ちに関心を寄せます。しかしその現象は、誰もがわかるようなかたちで眼前に広がっているわけではありません。そこで私たちは、現場に出かけてフィールドワークを行い、さまざまな技術と五感をフルに使って物事の本質を見きわめ、そして人文・社会・自然のあらゆる領域の学問を動員して、理解しようとします。「歩く・観る・考える」を実践すべく、みなさんをフィールドワークの世界に案内します。
募集人員:55名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

心理社会学科 / 臨床心理学専攻

 臨床心理学専攻では、さまざまな心の問題を抱えた人に対して、心理学的観点から専門的に援助するための知識や技法だけでなく、社会の問題も視野に入れながら個人の問題に対応できる広い視野を持った人材を養成することを目指しています。そのために、臨床心理学に関わる授業だけでなく、社会学関係の科目も履修することを推奨しています。1・2年次には心理学の基礎的な科目を履修することを通して、人間理解のための基本的な方法論を修得します。3年次以降は応用的な科目や体験的な科目を履修して、人間についての洞察をさらに深めていきます。さらに、大学院に進学することによって、臨床心理士の資格を取得する道も開かれています。
募集人員:55名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

心理社会学科 / 現代社会学専攻

 現代社会は、少なくとも過去数十年間はあたりまえだった家族や地域の人間関係、コミュニケーション、受胎から死までのライフサイクル、働き方、環境と人間の関わりなどが激変し、さまざまな新しい問題に対処を迫られています。同時に、地域おこし、持続可能な社会、多文化共生社会などを目指すNPOや市民の活動などが、しばしば国境を越えて展開し、新しい社会を形作っていく可能性が大きくなってきました。現代社会学専攻では、長い間諸問題の分析に取り組んできた社会学や心理学の基礎を身につけたうえで、市民活動など現代の社会的実践の現場に向かい、その現実から学んでいきます。
募集人員:55名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

心理社会学科 / 哲学専攻

 明治大学文学部の哲学専攻は、現代の問題を、実践的に、多角的に扱うことを目指しています。古代から蓄積されてきた先人たちの英知を学ぶことはもちろん必要ですが、それは「現代の問題」に結びついてこそ生きた知識となります。そして、問題となる事象を深く知るために、文献・資料を読むと同時に、現場に出かけたり、人に会って話を聴いたりする「実践」を大切にします。とりわけ、「哲学プラクティス」という授業でその技法を学びます。さらに、自分の思考を鍛えるべく、西洋哲学だけではなく、日本や中国も視野に入れ、また心理学や社会学の成果を取り入れながら、さまざまな思索のかたちを「多角的に」学んでいきます。
募集人員:45名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

電気電子生命学科 / 電気電子工学専攻・生命理工学専攻

 電気電子工学は、現代生活を支える重要で基本的な工学です。本学科は、電気電子工学の歴史ある学問領域をベースに、生命科学・バイオテクノロジーの学際領域を含め、多様化する現代社会のニーズに応える技術者・研究者を養成します。1・2年次では、電気電子工学の基礎となる電気磁気学、電気回路、電子回路、プログラミングと、生命理工学の基礎となる生命科学を学びます。3・4年次では、「環境・エネルギー」、「新素材・デバイス・ナノテクノロジー」、「通信ネットワーク」、「情報制御システム」の4分野にわたる多くの専門科目から、自分の興味に合わせてひとつの分野を集中的に学んだり、複数の分野を横断的に学ぶことができます。専門科目の習得により、電気主任技術者、第2種ME技術者、バイオインフォマティクス技術者などの資格取得の道も開かれています。電気電子技術を使わない産業はないといってもよく、卒業後は電機メーカーやインフラ、ネットワーク産業における技術者として、社会の幅広い職種で活躍できます。加えて医療・創薬・食品などの分野でも、生命科学の知識をいかして先輩たちが活躍しています。
募集人員:236名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

機械工学科

 機械工学は、科学技術に立脚した現代社会の根幹を支える重要な学問です。有効なエネルギーを生み出す熱機関、熱機関のエネルギーで仕事をする自動車や飛行機、人に代わって働くロボットなどの知能機械、半導体デバイス製造機や食品加工機などの産業機械など、これらはすべて機械工学の産物です。また、安全・安心な社会のシステム、省エネルギーやリサイクル技術など環境問題への対策も、機械工学の創造力なくしては実現できません。このように機械工学が関係する範囲は極めて広く、機械工学科の教育内容や研究活動は多岐にわたっています。機械工学科では、機械工学をベースとしながら、多岐にわたる工学分野で活躍する人材を育成するために、広い分野における総合能力の養成を重視しています。また、本学科は、2005年度よりJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受け、卒業生は全員が技術士補の資格を得ることができます。
募集人員:138名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

機械情報工学科

 機械情報工学科は、世の中に価値をもたらし、人々に喜ばれるものづくりの基盤となる機械工学分野に加えて、電気と情報技術についても幅広く学べる環境を整えた学科です。ロボットに加えて、人を助けるエンジニアリングとして患者さんの体を傷つけることなく効果的に癌を治療する最先端の医療機器開発や医用システム開発、また地震から身を守る防災技術、そして鉄道の研究も行っています。時代の変化をいち早くとらえ、機械と情報、人間社会と地球環境との調和をデザインし、常に新しい研究に取り組む姿勢も私たちは大切にしています。3Dプリンターによる新しい機構の開発、エネルギー問題を解決する燃焼プロセスの研究、ものづくり大国を支える設計システムの開発、そして信頼性向上のための製品寿命の推定方法の開発など、ハード×ソフトで技術イノベーションを目指しています。このような研究を通して、既成概念にとらわれず、工学という分野さえも超越した新しいアイデアを具現化し、グローバルに発信し続ける行動力が身につけられます。また、本学科はJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受けており、卒業生は全員が技術士補の資格を得ることができます。
募集人員:138名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

建築学科

 建築学は、人々の生活に密接な関わりをもつ学問であり、工学でありながら芸術の側面をもち、人類の文化の大きな一翼を担っています。したがって、建築学を学ぶ者には、「建築計画・設計・意匠」、「構造・材料・施工」および「環境・設備」などとともに、社会、経済、文化に関わる幅広い知識が要求されます。また、技術を創生するための創造力、企画力、表現力、実行力などの能力が求められます。現在、建築には、地震や台風などに対する防災だけでなく、地球温暖化などの環境問題や高齢化社会にも対応できる街や住まいのデザインなど、課題が山積しています。より経済的、文化的、快適な居住空間・環境の創造、街並みの形成は建築の永続テーマです。建築学科では、3分野に精通した専任教員・特任教員が、安全・安心で快適な居住空間・環境、街並みの創生に必要な幅広い知識と多様な能力を有する建築や都市のプロフェッショナルの育成に努めています。
募集人員:173名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

応用化学科

 化学は、数学や物理学とともに、自然科学の最も基本的な学問のひとつです。その範囲は、あらゆる生命現象から宇宙を構成する物質の謎の解明まで、精密な最先端技術から物質の生成に至るまでと、広範囲にわたります。そのため、理学と工学の両面を兼ね備えた広汎な学問体系が応用化学科の特色となっています。分子の解明からバイオマテリアルや太陽電池、高分子機能膜といった次世代の化学材料に関する高度な研究まで行うのが応用化学です。応用化学科では、「フラスコからコンピュータまで扱える科学者・研究者・技術者の育成」をテーマに、実験科目に重点をおいたカリキュラムを構成しています。特に実験器具を使用する従来の実験技術とコンピュータを利用する最新のシミュレーション技術の習得を教育目標に掲げることで、化学に関わる基礎から応用まで幅広い知識と独創的な考えをもつ人材、将来の化学および化学工業を担いうる人材の育成を目指しています。
募集人員:127名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

情報科学科

 情報科学は、21世紀の高度情報化社会を支える中心的な学問です。この半世紀で情報科学の分野はハード面、ソフト面ともに、すさまじい勢いで発展を遂げました。たとえば1964年に発売された超大型コンピュータと、現在みなさんが家庭で使っているパソコンを比較してみると、なんと50年間でメモリサイズは12万5千倍、動作速度は1,500倍以上に進化しています。今や、さまざまな電気機器やシステムにコンピュータが内蔵され、世界中が網の目のようにネットワークで結ばれています。このように急激に発展した学問分野はほかに類を見ません。今後もこれまで以上の発展が、特に人に固有だと思われてきた知性・知能に関わる分野において、予想されています。このようなコンピュータによる知的処理は、従来とは大幅に異なる情報化社会の実現を可能とし、第2次IT革命とでもいうべき革新が起こることでしょう。
 一方で最新の技術や理論を使いこなし、未来を切り開く人材が不足している現状があります。情報科学の分野はあまりに高度化、複雑化したため、基礎を理解しないままで最先端の世界に飛び込んでも、新しいものを生み出すには至らないのです。そこで本学科では、1・2年次に情報科学の基礎をしっかりと学び、ベースとなる知識を得たうえで、3・4年次から先端的な研究開発に携わるという段階的なカリキュラムを導入しています。課題を自ら発見・解決し、それを応用して新しい技術を創出していくには、情報科学の理論、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク、画像処理、脳情報科学、ビッグデータ解析など、幅広い知識を総合的に学んでおくことが大切です。無限の可能性を秘めた情報科学の分野で、あなたも世界の未来を担う研究者・技術者を目指してみませんか。
募集人員:127名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

数学科

 数学科での教育の一番の目的は、現代数学を通して、みなさんの数学的経験を飛躍的に拡大させることにあります。数学は、理解するのに忍耐と時間が必要で、使いこなすにも高度な能力が必要となります。しかし、そこには大きな可能性が秘められています。諸科学の基礎となる数学的な思考法を身につけることにより、自然現象はもちろんのこと、社会現象や経済活動など人間の行動までも解き明かすことができるようになるのです。
 卒業生の就職率の良さ、就職分野の広さにも現れていますが、21世紀の現代、数学の応用範囲は多方面に広がっています。コンピュータを駆使しての数値計算やCG作成なども、今では数学科における研究教育の重要な部分を占めるようになってきています。明治大学の数学科では、こうした応用の世界をさらに拡大させて社会に貢献するために、指導的な役割を担う中学校・高等学校の数学教員の養成にも力を注いでいます。
募集人員:63名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

物理学科

 物理学はすべての科学技術の礎です。20世紀は物理学の世紀ともいわれ、科学と技術が大きく発展しました。21世紀を支える科学技術、たとえば情報技術やバイオテクノロジーも、材料とその手法は物理学に基礎をおいています。
 物理学を学ぶ意義のひとつは、どんな問題に遭遇しても自然の基本原理、すなわち物理学にさかのぼり、自信をもって取り組めるようになることです。大学を卒業してどんな分野で仕事をする場合でも、学生時代に学んだ基礎的な物理学の知識と、論理的な思考方法は人生の大きな武器となります。物理学を学ぶもうひとつの意義は、自然法則を理解することにより、自然の美しさを深く味わうことができるようになることです。たとえば、夕焼けやルビーはなぜ素晴らしい色を呈するのか。物理学を知らなくても、夕焼けやルビーの素晴らしさを味わうことはできますが、その物理的な理由を知ることにより、人生の豊かさは一層深まるはずです。
 物理学科では、宇宙や素粒子から、物性物理、光の物理、環境やエネルギーの物理、生物物理まで、幅広い自然現象を対象にその物理法則を理解することを目標とした研究・教育活動を行っています。このように多彩な研究をしているので、やりたい研究がきっと見つけられます。
募集人員:63名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

農学科

 農学科は、自然と調和を保った高度文明社会を実現させるために、「食料」と「環境」の分野で地域や国際社会で活躍できる人材を養成することを使命としています。人類の持続的生存について俯瞰的・長期的視点から洞察し、農学全般においての問題点を発見し、それらを解決する能力を身につけられるよう、系統的かつ幅広いカリキュラムと研究領域を設けているのが本学科の特長といっていいでしょう。学生は3年次より「食糧生産・環境コース」、または「総合農学コース」のどちらかに所属し、一般教育で裏づけられた倫理観・世界観をベースに、新農業資源の開発、水・土地資源をいかした食料の安定生産、農村と都市の環境保全や緑の保全・創生などに関する専門知識を身につけていくことになります。また、本学科の教育プログラムはJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受けており、卒業生は技術士補の資格を取得することができます。
募集人員:150名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

農芸化学科

 農芸化学科では、私たちの生活に関わりの深い食品や環境分野の問題を、バイオテクノロジーと最新のサイエンスによって解決することを目指しています。微生物を用いた環境にやさしい技術の開発、おいしくて健康に良い食品の研究開発、植物生産や環境の資源である土壌の研究、動植物や微生物が生産する有用物質の検索など、農芸化学のフィールドには多くの重要な研究テーマがあります。
 こうした分野で社会に貢献できる人材を育てるために、農芸化学科では豊富な実験・実習(1・2年次)と2年間かけて取り組む卒業研究(3・4年次)をカリキュラムの中心にすえています。バイオサイエンスの基礎知識と実験技術をもつ卒業生は、食品・医薬・化学などの幅広い分野で活躍しています。
募集人員:150名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

生命科学科

 生命科学科では、動植物や微生物の生命活動を分子レベルや遺伝子レベルから理解することを基盤として、これらを人類が直面している環境や食糧問題などの解決に活用することを目指しています。本学科では、生命科学の分野で専門家として活躍する人材や、生命科学の素養と同時に広い視野と総合的な判断力をもった人材の育成を進めています。こうした目標を達成するために、段階的な学習プログラムを用意しているのも本学科の特長といっていいでしょう。1・2年次は、基礎から専門分野までを体系的に学ぶことができる授業と実験のカリキュラムを組み、3年次からは各自が興味をもった研究室に属して最先端の設備と技術を駆使しながら卒業研究に取り組むことになります。生命の謎に好奇心をもち、生物のもつ能力を人類のために役立てたいと考える、意欲的な学生を歓迎します。
募集人員:150名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

食料環境政策学科

 21世紀に私たちが生きていくうえで、最も基礎的で重要な「食料」と「環境」をめぐる諸問題について、経済学、社会学、政策学、経営学、会計学、開発学などの社会科学の側面から総合的に考究しています。私たちの生存基盤を担っている生物・生命・自然資源の仕組みを解明し、利用することは人類の持続可能性に欠かせませんが、そこに人間がどう関わっていくべきか、を考えることは重要です。つまり「人類の生存課題を人間の行動の観点から考え、解決方法を探る」のが本学科の学びのテーマといってもいいでしょう。こうした視点をもった人材を育成するために本学科では、さまざまな座学だけでなく、農場実習、ファームステイ実習、フィールドワーク実習、海外農業体験など、現場を体験しながら学べる科目を数多く用意し、応用力・実践力を養うことを重視しています。
募集人員:150名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

経営学科

 今日の急激で大きな経営環境の変化は、企業と社会に多くの変革を迫っています。そのため経営学科では、近未来の変化を機敏に読み解き、適切に対応できる有為の人材を養成することを目的としています。急速な経済のグローバル化に対応する国際経営戦略に関する科目や、働き甲斐や雇用問題といった身近な問題に対応する人的資源のマネジメントに関する科目、知識情報化の進展に対応する情報と技術のマネジメントに関する科目を有機的に配置し、理論・歴史・実証といったさまざまな視点から展開しています。さらにゼミナールでは、専門に特化し、より深く学んでいきます。みなさんも時代の要請に応えた幅広いカリキュラムを通し、一緒に経営学科で、現代の企業と社会を多面的に読み解いていきましょう。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

会計学科

 グローバリゼーションとICT(情報通信技術)の進展によって、いまやビジネスのフィールドは時空を越えて拡がっています。ますます複雑に、そして変化が激しくなる経営環境において、企業をはじめとする組織の現状と先行きを見透とおし、その情報を関係者間で共有することが重要視されています。「Accounting(会計)」は、その独自の仕組みを通じて、組織の経済活動をデータ化し、その分析によって組織の状況を解トキアカシ明し、その情報を組織の関係者に広く説トキアカス明することを可能にするものです。そのため、会計を自在に操ることができる能力は、ビジネスに携わるあらゆる人々の助けとなります。会計学科では、組織内部の経営管理に役立つ会計から組織外部への財務報告に役立つ会計まで幅広く学ぶことができる体系的なカリキュラムによって、会計によるデータと情報の作成、理解、分析、活用に必要な能力を養います。また、公認会計士や税理士などの「会計のプロ」を目指す学生のために、高度職業会計人養成トラック「CAP(CourseofAccountingProfession)」を設置し、必要な技能や資格の取得を支援しています。会計は昔も今も変わらずビジネスにおける世界共通言語であり、人々が適切な判断を下す際に用いる情報をつくり出しコミュニケートするための強力な武器です。会計学科の洗練されたカリキュラムで“会計力”を磨き、自信をもって世界へ羽ばたいてください。みなさんの可能性は無限大です!
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

公共経営学科

 幅広い公共組織のマネジメントを担う専門人材の輩出を目的に、日本で初めての学科として2002年に誕生しました。「公共経営(パブリック・マネジメント)」とは、既存の行政組織に「経営」の発想を導入することでより戦略的かつ効果的な運営を行っていくことのみならず、教育や医療、福祉等を担う非営利セクター(学校法人明治大学もその内のひとつです)、公益事業や社会的企業、さらにはスポーツ組織も含めた、幅広い公共的組織のマネジメントを対象としています。卒業後の進路を、国や自治体等の行政組織、教育や医療等の非営利セクター、公益事業やプロスポーツ組織等のパブリック・ビジネスという3つに方向を定め、カリキュラムを設けています。行政や非営利組織等の幅広い公共的組織のマーケティング、経営戦略、財務に加え、公的施設・スポーツ組織の運営、国際NGOのマネジメント、CSR(企業の社会的責任)や医療・福祉マネジメント等、幅広い内容を専門的に学びます。地域連携や産学連携、大学院との連携によるパブリック・マネジメント人材の育成に取り組んでいます。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

情報コミュニケーション学科

 旧来のケータイを抑えたiPhoneやAndroidに代表されるスマホの大ヒット。TwitterやFacebookなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)の爆発的普及とTV離れ現象。そして2016年から本格稼働し始めたマイナンバー。現代社会はネットワーク技術に支えられながら高度情報社会の段階に突入しました。一方、こうした社会の情報化がネット上でのさまざまな犯罪や情報セキュリティの問題を引き起こしたり、政治や経済のあり方に大きな変化をおよぼしてもいます。本学部はこうした情報社会の生きた現実と向き合い、問題を探るカリキュラムを用意しています。
募集人員:520名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

国際日本学科

 多様な文化的背景や国際的経験を持つ多くの教員の授業、海外留学、英語による専門の講義などメニューは多彩。専門科目では、ポップカルチャー研究、視覚文化研究、社会システム・メディア研究、国際関係・文化交流研究、国際文化・思想研究、日本文化・思想研究、日本語研究、英語研究の8つの研究領域からクロスオーバーして学ぶことができます。
 加えて、語学教育にも力を入れています。英語教育では、情報・知識を正確に得て自分の意見や主張を的確に伝達できる能力を養えるよう、少人数・習熟度別クラスによる授業を実施。さらに授業以外でもネイティブ・スピーカーの教員と会話できる時間を多数設置しています。また、日本人学生、留学生を問わず日本語教育を重視し、日本語を世界の中の一言語として客観的に捉える力を養うとともに、正しい日本語の使い手を育成します。特色ある専門科目、語学教育を通じて「世界の中の日本」を捉え直し、自分の言葉で世界に発信できる人材を国際日本学科は育成します。
募集人員:400名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

現象数理学科

 動物や植物の美しい模様、心臓の拍動や薬の吸収などの医学・生理学問題、交通渋滞や経済不況などの社会的問題、流行やブームといった社会現象まで、私たちの身の回りは、現象であふれています。そうした現象を、数学を用いて解明していくのが現象数理学です。現象を数式に置き換えていくことを「モデリング」といいます。そして実際に導き出した「数理モデル」を使い、コンピューターで高度なシミュレーションを繰り返していくと、これまで目に見えなかった現象が明らかになります。現象数理学科では最先端のカリキュラムを通じて、単に現象を解明するだけでなく、数理モデルを多用な分野に応用できる力とセンスを備えた人材の育成を目指しています。
 学科のカリキュラムは、現象数理学を支える基礎理論を学ぶ「現象数理の基礎」、コンピューターを用いて現象の解明にアプローチする「コンピューター数理」、数理科学と社会のつながりを読み解く「社会数理」、現象の中にある数理構造を発見する「創造数理」の4つの柱から構成されます。
募集人員:90名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

先端メディアサイエンス学科

 先端メディアサイエンス学科は、数理科学に根差したアプローチから情報技術を用いて、人に満足感や面白さをも与える先端メディア及びコンピュータシステムに関わる教育と研究を行います。物質的豊かさや効率性のみならず、人に精神的豊かさをもたらす先端メディア技術の実現を目指します。
 自らが驚いたり、ワクワクしたりする感性を大切にしながら、ますます進化する情報技術をはじめ、社会・文化の発展に幅広く貢献できる力を身につけ、まだ誰も経験したことのないモノ・コトを発想・創造できる人材を育成します。
 学科のカリキュラムは、先端メディアが拓く時代と社会を知る「概念・特別講義」、先端メディアを支える技術を学ぶ「プログラミング」「情報技術」、システムとメディアを表現する仕組みを学ぶ「メディア数理システム」、人の感性や心理を考慮したコンテンツのデザイン技術を学ぶ「先端情報メディア・人間」などから構成されます。
募集人員:120名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

ネットワークデザイン学科

 ネットワークとは、あらゆるモノ・コトの“つながり”を意味します。たった1本の送電線にはじまり、電話やインターネット、交通網などの社会インフラ、企業が国境を越えてビジネスをするためのICTシステムまで、世の中には無数のつながりが存在します。ネットワークデザイン学科では、複雑に現れる諸問題の本質を捉え、人や社会の視点に立った適正なネットワーク環境をデザインすることのできる知識と技術を身につけた人材を育成します。
 学科のカリキュラムは、ネットワークを理解するための基礎力を養う「ネットワークデザイン基礎」、電子回路、制御理論、通信などの工学技術とコンピュータ技術を学ぶ「工学基礎」、工学的な問題を数理により記述・モデル化して問題解決をはかる「数理工学」、身の回りにあるネットワークの発展の課程や最先端を学ぶ「ネットワークデザイン」などの区分から構成されます。
募集人員:90名
年限:4年
初年度納入金:---
<一覧に戻る

明治大学 オープンキャンパス一覧

WEBオープンキャンパス”オープンキャンパス@home”

開催期間:2020年08月03日 ~
開催地:〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1
自宅にいながらも明治大学の授業やキャンパス、学生生活を体感できるWEB企画”オープンキャンパス@home”を公開しました。

WEBオープンキャンパス”オープンキャンパス@home”
https://www.meiji.ac.jp/exam/event/opencampusathome/index.html

“オープンキャンパス@home”では、バラエティー豊かなコンテンツを予定しています。

■学部・学科ガイダンス
 →学部学科の特徴を教員が直接解説します。
■模擬授業
 →明治大学の講義を感じてください!
■動画で見る大学説明会、入試説明会
 →例年オープンキャンパスで大好評の大学説明と入試説明を動画にて徹底解説!
■キャンパス、施設紹介
 →キャンパスの様子を360°カメラや学生プロジェクトの誘導動画にてご紹介!!
■学生プロジェクトによるバーチャルキャンパスツアーやトークライブなど
 →本企画の主力コンテンツです。100%明大生による、受験生のための本気の動画をお届けします!!!
その他多くのコンテンツをご用意してお待ちしております!!

WEBオープンキャンパス”オープンキャンパス@home”

開催概要

開催期間:2020年08月03日 ~
〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1 MAP
自宅にいながらも明治大学の授業やキャンパス、学生生活を体感できるWEB企画”オープンキャンパス@home”を公開しました。

WEBオープンキャンパス”オープンキャンパス@home”
https://www.meiji.ac.jp/exam/event/opencampusathome/index.html

“オープンキャンパス@home”では、バラエティー豊かなコンテンツを予定しています。

■学部・学科ガイダンス
 →学部学科の特徴を教員が直接解説します。
■模擬授業
 →明治大学の講義を感じてください!
■動画で見る大学説明会、入試説明会
 →例年オープンキャンパスで大好評の大学説明と入試説明を動画にて徹底解説!
■キャンパス、施設紹介
 →キャンパスの様子を360°カメラや学生プロジェクトの誘導動画にてご紹介!!
■学生プロジェクトによるバーチャルキャンパスツアーやトークライブなど
 →本企画の主力コンテンツです。100%明大生による、受験生のための本気の動画をお届けします!!!
その他多くのコンテンツをご用意してお待ちしております!!
連絡先電話番号:03-3296-4139
連絡先メールアドレス:exam@mics.meiji.ac.jp
   

一覧に戻る

明治大学 所在地・地図

※地図をクリックで大きな地図を見る

駿河台キャンパス

〒101-8301
東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL:03-3296-4139

アクセス方法

最寄駅:御茶ノ水駅
下車徒歩約3分

最寄駅:新御茶ノ水駅
下車徒歩約5分

最寄駅:神保町駅
下車徒歩約5分

※地図をクリックで大きな地図を見る

和泉キャンパス

〒168-8555
東京都杉並区永福1-9-1
TEL:03-5300-1121

アクセス方法

最寄駅:明大前駅
下車徒歩約5分

※地図をクリックで大きな地図を見る

生田キャンパス

〒214-8571
神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1
TEL:044-934-7171

アクセス方法

最寄駅:生田駅
下車南口徒歩約10分

※地図をクリックで大きな地図を見る

中野キャンパス

〒164-8525
東京都中野区中野4-21-1
TEL:03-5343-8000

アクセス方法

最寄駅:中野駅
北口より徒歩約8分

明治大学 資格について

専門職大学院法務研究科(法科大学院)進学、公認会計士試験、公務員採用試験などを目指す学生のために、大学の授業と資格取得との両立を目指した学習指導を行う「国家試験指導センター(法制研究所・経理研究所・行政研究所)」を設置。長年にわたって培われた独自のノウハウで、各研究所が明治大学ならではのサポートを提供。加えて、数多くのOB・OGたちのネットワークを活用して、学生たちの難関資格取得を支援します。またマスコミ志望者のために「基礎マスコミ研究室」も設置しており、多数のマスコミ人を輩出しています。

明治大学 就職について

徹底した支援体制と情報力・求人力で、高い就職率を維持しており、全国の高等学校の進路指導教諭が評価する「就職に力を入れている大学ランキング」では10年連続1位※に選ばれるなど、『就職の明治』として確固たる評価を受けています。1年次からのキャリアデザイン講座をはじめ、きめ細かい個別対応で進路相談にも力を入れています。好立地を活かし、学内セミナーでは多くの企業の情報収集、インターンシップでは首都圏に本社を置く多くの企業で就業体験が可能。明治大学ならではの海外インターンシッププログラムも充実しています。また地方出身者が約3割を占め、全国的なOB・OGネットワークにより地元就職にも安心して臨めます。首都圏での就職はもちろん、Uターン就職にも強いのが特長です。
※2019年大学通信調べ

明治大学 学費

法律学科 / ビジネスローコース

学費:初年度納入金  ---

法律学科 / 国際関係法コース

学費:初年度納入金  ---

法律学科 / 法と情報コース

学費:初年度納入金  ---

法律学科 / 公共法務コース

学費:初年度納入金  ---

法律学科 / 法曹コース

学費:初年度納入金  ---

商学科 / アプライド・エコノミクスコース

学費:初年度納入金  ---

商学科 / マーケティングコース

学費:初年度納入金  ---

商学科 / ファイナンス&インシュアランスコース

学費:初年度納入金  ---

商学科 / グローバル・ビジネスコース

学費:初年度納入金  ---

商学科 / マネジメントコース

学費:初年度納入金  ---

商学部 / アカウンティングコース

学費:初年度納入金  ---

商学科 / クリエイティブ・ビジネスコース

学費:初年度納入金  ---

政治学科

学費:初年度納入金  ---

経済学科

学費:初年度納入金  ---

地域行政学科

学費:初年度納入金  ---

文学科 / 日本文学専攻

学費:初年度納入金  ---

文学科 / 英米文学専攻

学費:初年度納入金  ---

文学科 / ドイツ文学専攻

学費:初年度納入金  ---

文学科 / フランス文学専攻

学費:初年度納入金  ---

文学科 / 演劇学専攻

学費:初年度納入金  ---

文学科 / 文芸メディア専攻

学費:初年度納入金  ---

史学地理学科 / 日本史学専攻

学費:初年度納入金  ---

史学地理学科 / アジア史専攻

学費:初年度納入金  ---

史学地理学科 / 西洋史学専攻

学費:初年度納入金  ---

史学地理学科 / 考古学専攻

学費:初年度納入金  ---

史学地理学科 / 地理学専攻

学費:初年度納入金  ---

心理社会学科 / 臨床心理学専攻

学費:初年度納入金  ---

心理社会学科 / 現代社会学専攻

学費:初年度納入金  ---

心理社会学科 / 哲学専攻

学費:初年度納入金  ---

電気電子生命学科 / 電気電子工学専攻・生命理工学専攻

学費:初年度納入金  ---

機械工学科

学費:初年度納入金  ---

機械情報工学科

学費:初年度納入金  ---

建築学科

学費:初年度納入金  ---

応用化学科

学費:初年度納入金  ---

情報科学科

学費:初年度納入金  ---

数学科

学費:初年度納入金  ---

物理学科

学費:初年度納入金  ---

農学科

学費:初年度納入金  ---

農芸化学科

学費:初年度納入金  ---

生命科学科

学費:初年度納入金  ---

食料環境政策学科

学費:初年度納入金  ---

経営学科

学費:初年度納入金  ---

会計学科

学費:初年度納入金  ---

公共経営学科

学費:初年度納入金  ---

情報コミュニケーション学科

学費:初年度納入金  ---

国際日本学科

学費:初年度納入金  ---

現象数理学科

学費:初年度納入金  ---

先端メディアサイエンス学科

学費:初年度納入金  ---

ネットワークデザイン学科

学費:初年度納入金  ---

明治大学をもっと詳しく知ろう!

お気に入りに追加すると、学校の最新情報をマイページでチェックしたり、他の学校と比較してじっくり見ることが出来ます。学校のWebサイトを見たり、資料(パンフレットや願書)を請求して、もっと学校の魅力を調べましょう!

  • お気に入りに追加する
  • 資料請求
  • 公式サイトへ

この学校を見ている人は、こんな学校も見ています

日本大学

「日本大学教育憲章」を制定し、 新たな躍動への一歩を踏み出します

お気に入りに追加する

北海学園大学

北海道内屈指の伝統校

お気に入りに追加する

愛知淑徳大学

違いを共に生きる

お気に入りに追加する

拓殖大学北海道短期大学

自然に囲まれたキャンパス

お気に入りに追加する

PR

ページの先頭へ