アクセス進学TOP  >  大学・短大を探す > 明治大学

明治大学

「個」を強くする大学。

  • Facebook
  • Facebook
「個」を強くする大学。
都心型大学である明治大学は、駿河台、和泉、生田、中野キャンパスの4つのキャンパスがあります。御茶ノ水にある駿河台キャンパスには、最新の情報インフラを備えた「リバティタワー」、生涯教育や高度職業人養成型大学院の拠点となる「アカデミーコモン」、国際化、研究推進の拠点となる「グローバルフロント」等の施設があります。

お問い合わせ先

駿河台キャンパス MAP

〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL:03-3296-4138

和泉キャンパス MAP

〒168-8555 東京都杉並区永福1-9-1
TEL:03-5300-1121

生田キャンパス MAP

〒214-8571 神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1
TEL:044-934-7171

中野キャンパス MAP

〒164-8525 東京都中野区中野4-21-1
TEL:03-5343-8000

法学部

 「権利自由」・「独立自治」の建学の精神にのっとり、幅広い高度な教養教育・基礎法学教育・多様な法律分野にわたる法学教育を行い、これを基礎とした豊かな人間性・人権感覚・法的思考の涵養を通じて、現代社会の要請に応えうる自律的な市民社会の担い手を育成することを教育目標とする。この目標の下、多様な教養・言語・情報科目を設置して教育を充実させ、将来の進路に応じたコース制カリキュラム編成により、法律学・隣接諸科学の体系的研究及び実践的教育を実施し、社会に生起する諸事象から地球規模の視点に立脚して法的問題を発見・分析し問題を解決する能力と研究者を含めた法務・公共法務・国際関係・情報化社会・ビジネス社会の担い手としての活動に不可欠な創造的な思考力を養成することを目的とする。

法律学科 / ビジネスローコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

法律学科 / 国際関係法コース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

法律学科 / 公共法務コース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

法律学科 / 法と情報コース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

法律学科 / 法曹コース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学部

 大学にはビジネス系の学部がいくつかありますが、商学部もそのひとつです。「商」の文字がついているため、商人や商取引きなどを学ぶ学部と考えている方もいるかもしれませんが、商学部で学ぶのは、ビジネスの世界をさまざまな角度から総合的に研究することなのです。その中には経済、経営、流通、そして金融も含まれてきます。
 このような理由から、明治大学では商学部で学ぶ内容を「総合的市場科学」と呼んでいます。市場とは単にマーケットをさすのではなく、ビジネス活動のあらゆる局面が集約される場であり、ここから経済活動を詳細に分析し、科学していくということなのです。もう少し平易に説明するとすれば、商学部はビジネスのプロフェッショナルを育てる学部ということが出来ます。

商学科 / アプライド・エコノミクスコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学科 / マーケティングコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学科 / ファイナンス&インシュアランスコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学科 / グローバル・ビジネスコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学科 / マネジメントコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学部 / アカウンティングコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

商学科 / クリエイティブ・ビジネスコース

>詳細
募集人員:---
年限:4年

政治経済学部

 政治経済学部は、通常「学部 Department」から想像するよりも、はるかに大きな規模を誇り、そして驚くべきバラエティに富んだ科目が勉強できるところです。
 まず教員の人数を見ただけでも、フルタイムの教員が100人余り、それにパートタイムの先生が140人というとんでもない人数です。この大勢の教授陣が、年間1500もの授業を、5000名もの学生を相手に講義しているのです。
 科目の内容からいっても、いわゆる人文系の外国文学や日本語文章論、民俗学・社会心理学・マスメディア論など社会学系のもの、そして政治・経済・地域行政の専門に関しても、歴史あり、理論あり、コンピュータを利用した解析あり、とさまざまな範疇に入る科目が並んでいます。ひとつの学部でこれだけバラエティに富んだ陣容を誇るところは、わが国でもそうあるものではありません。

政治学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

経済学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

地域行政学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

文学部

 文学部は、過去から現在まで多様に展開されてきた人間の営みのすべてに対して、さまざまな角度からの考察を試みながら、究極的には、生きた人間そのものを総合的に理解することを目的として構成されている学部です。
 そこでは、何よりも、多彩で奥深い人間文化についての広い視野、瑞瑞しい感受性、旺盛な好奇心、ねばり強い思考力、意欲的な行動力などが必要とされていることはいうまでもありません。
 そのため、明治大学文学部では、そうした諸能力を身につけていく上で最も有効に働くものとして、教員と学生の間、あるいは学生たち同士の間において、自由に論議し検討し合う精神が培われることが重要であるとの考えに立ち、1年次の段階から、少人数のゼミナール形式の科目を多数用意しています。
 このような、少人数での授業指導、そして、その中で発揮される若々しい独立自由な精神、これらの点こそが、文学部独自の教育方針の大きな特色ということができるでしょう。

文学科 / 日本文学専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

文学科 / 英米文学専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

文学科 / ドイツ文学専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

文学科 / フランス文学専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

文学科 / 演劇学専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

文学科 / 文芸メディア専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

史学地理学科 / 日本史学専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

史学地理学科 / アジア史専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

史学地理学科 / 西洋史学専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

史学地理学科 / 考古学専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

史学地理学科 / 地理学専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

心理社会学科 / 臨床心理学専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

心理社会学科 / 現代社会学専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

心理社会学科 / 哲学専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

理工学部

 みなさんは大学で何を学び、将来、どのようなかたちで社会と関わっていこうと考えていますか? サイエンスとエンジニアリングの世界では、専門分野が分かれています。明治大学理工学部も、電気電子生命学・機械工学・機械情報工学・建築学・応用化学・情報科学・数学・物理学の8学科に分かれています。漠然としたイメージだけで進路を決めてしまい、入学後「こんなはずでは・・・」となっては大変です。ミスマッチを起こさないためにも入学前に十分な調査を行い、学部・学科について理解していただく必要があります。そのためには進学相談会やホームページ・ガイドブックなどを大いに活用して下さい。
 理工学部では、学部の4年間で基礎をしっかりと学び、さらに大学院博士前期課程の2年間で専門的研究を通して、より一層の問題発見・解決能力が獲得できるように、学部および大学院理工学研究科で連携した教育課程が実施されており、みなさんに多くの選択肢を用意しています。

電気電子生命学科 / 電気電子工学専攻・生命理工学専攻

>詳細
募集人員:---
年限:4年

機械工学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

機械情報工学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

建築学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

応用化学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

情報科学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

数学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

物理学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

農学部

農学部では、食料・環境・生命をキーワードに自然と人間社会の調和を図り、生命を理解し、地球的な食料・環境問題の解決に貢献できる基礎力と応用・発展性のある人材の育成を目的とした教育と研究を行っています。4つの学科は独自性を保ちながら有機的関連をもってカリキュラムを編成しており、専門分野のみでなく、さまざまな分野を学部内で学ぶことができます。生田キャンパス内の最先端の研究機器と実験圃場、2012年4月にオープンした川崎市黒川地区の明治大学黒川農場など、恵まれた施設を利用して充実した実験・実習を行う体制も整っています。

農学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

農芸化学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

生命科学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

食料環境政策学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

経営学部

 経営学部では、「グローバル経営人材」と「価値創造人材」を輩出することを目標に、さまざまな授業科目を設置しています。
 学生は4年間のカリキュラムを通して、多様な科目をバランスよく学ぶことが義務付けられています。1・2年次は、一般教養科目と語学を中心に勉強しますが、経営学、近代経済学、簿記論などの学部必修科目、基礎専門科目も学習します。2年次からは経営学科、会計学科、公共経営学科の3学科に分かれて学科必修科目を学び、3・4年次には学科専門科目を中心に専門領域を深く研究するようになっています。

経営学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

会計学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

公共経営学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

情報コミュニケーション学部

現代社会はネットワーク技術に支えられながら高度情報社会の段階に突入しました。その一方で、2011年の東日本大震災・原発事故で露呈した非常時の危機管理問題、中東で連鎖的な政権崩壊をもたらしたジャスミン革命、ネット上でのさまざまな犯罪や情報セキュリティーなど、情報社会は多種多様な課題も抱えています。情報コミュニケーション学部は、こうした「情報コミュニケーション」の視座から、高度に情報化し、複雑化した現代の諸課題に学際的な方法でアプローチする学部です。

情報コミュニケーション学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

国際日本学部

国際日本学部とは、日本から学び、世界から学び、日本と世界のつなぎ方を学ぶことで「日本と世界をつなぐ力」を育む学部です。言うまでもなく、「日本と世界をつなぐ」方法は無数にあります。その方法を見つけるのは、あなたです。
国際日本学部では、日本のみならず世界各地から集まった様々な学生たちとともに「人文科学」「社会科学」といった伝統的な学問の垣根を超えて、様々な知識を得ることができます。豊富な語学の授業により、コミュニケーションの実践力を高めることができます。また日本で英語の教員になる、あるいは海外で日本語を教えるための技能を習得することもできます。さらに世界200校以上におよぶ明治大学の海外協定校への交換留学、フロリダ州立大学・ウォルトディズニーワールド提携アカデミックインターンシップや海外ボランティアをはじめとする学部独自の多様なプログラムへの参加を通して、貴重な海外経験を得ることができます。そうした知識や経験を積み重ねて、自分だけの「日本と世界をつなぐ力」を身につける舞台。それが、この国際日本学部です。

国際日本学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

総合数理学部

数学は、世の中をもっともっと幸せに変えていくチカラをもっています。これは決して大げさな話ではありません。現代の複雑化する社会問題に対し、数学的理論からしか導き出せない答えは、まだまだ無数に存在しているからです。例えば、自然も、政治も、医療も、地域も、メディアも、あるいは人の心さえも。理科学分野のパイオニアとして世界をリードする明治大学で、
数理科学と情報技術の最先端を学び、あらゆる現象を解明するチカラと、新たなモデルを創造・発信するチカラを身につける。そしてグローバルな視点で社会に貢献する。数年後、進んだ道の最前線に、あなたがいてほしい。数理科学の第一人者として、情報技術分野のリーダーとして、思いっきり活躍してほしい。さあ、明治大学から世界へ。意欲あふれるあなたを、総合数理学部は待っています。

現象数理学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

先端メディアサイエンス学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

ネットワークデザイン学科

>詳細
募集人員:---
年限:4年

法律学科 / ビジネスローコース

 「ビジネスローコース」は、将来ビジネスの世界で活躍したい学生を対象としたコースです。企業や団体の活動には、多くの法律がかかわっています。たとえば、自社で開発した技術を他社に無断で使用されないためには「知的財産法」、従業員の雇用には「労働法」の知識が不可欠です。そのため、大規模な企業や団体には、法律問題に対応する「法務部」などの部署が設けられ、組織や企業活動に関する法律の知識をもつ人材が求められています。
 このコースでは、組織の法務担当として活躍したい人、自ら会社を起こしたい人、ビジネスロイヤー(企業弁護士)を目指す人などのために、ビジネスに欠かせない法を学びます。「憲法」「民法」「刑法」「商法」「民事訴訟法」「刑事訴訟法」の基本六法を習得し、特に企業の組織や活動を理解するため「商法」に含まれる「会社法」を学ぶことにも重点を置いているのが特長です。また、「金融商品取引法」「銀行取引法」「環境法」など、さまざまな業界にかかわる科目も選択できます。
 英語で法律を学ぶ科目も設置されているので、国際的に活躍できるビジネスロイヤーを目指し、海外のロースクールへの進学を希望する学生などにも適したコースです。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,293,300円
<一覧に戻る

法律学科 / 国際関係法コース

 国際社会は、それぞれ人種や言語、宗教、歴史、文化などの背景が異なるたくさんの国家によって構成されており、国家間のやりとりにおいて、誤解や対立が生まれることも少なくありません。ときには紛争に発展することさえあります。「国際関係法」は、そのような国家間、あるいは異なる国籍をもつ人々の関係を、平和で安定的なものにするため形成されてきた法です。
 「国際関係法」は、国家間に共通のルールを設ける「国際法」と、対外関係に関連する各国の「国内法」とに分類できます。「国際法」は主に国家に適用され、個人や企業に対しては主に「国内法」が適用されます。このコースでは、国や個人が国際的に活動する場合、どのような法的ルールが適用されるのか、紛争が発生した場合、どのように処理されるのかを学びます。
 また、法律にかかわる科目だけでなく、世界各地の文化を学ぶ科目を数多く設置しているのもこのコースの大きな特長です。国際社会を理解するには、背景にあるそれぞれの歴史や文化なども知っておく必要があります。世界各地の多様な社会への理解を深めることで、将来、グローバルに活躍できる人材を育成します。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,293,300円
<一覧に戻る

法律学科 / 公共法務コース

 このコースは、国家・地方公務員や、国会や裁判所の職員、国税専門官、労働基準監督官などの法律関連の専門職に就くことを希望する学生のために用意されています。将来、行政に携わるために不可欠である法律の知識はもちろん、国民や住民に対して質の高いサービス活動を行えるよう、幅広い知識や教養を身につけることを目標にしています。
 近年、公務員を志望する学生は増加し続ける傾向にあり、今後も継続することが予想されています。公務員になるためには、国家公務員試験(総合職・一般職)や、地方公務員試験などに合格しなくてはなりません。国税専門官や労働基準監督官などの専門職も、それぞれ採用試験に合格する必要があります。そこで「公共法務コース」は、公務員試験や各種採用試験に共通する「憲法」「民法」「行政法」を中心にしたカリキュラム構成になっています。
 このコースを選択する学生の多くは、将来公務員を目指していますが、行政にかかわる法律の知識をいかして、一般企業などに就職している学生も少なくありません。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,293,300円
<一覧に戻る

法律学科 / 法と情報コース

 IT 技術のめざましい進歩で、現代社会は複雑な情報社会に発展しました。パソコンやスマートフォンは、もはやビジネスや日常生活に欠かせないツールであり、インターネットのような通信回線を通じて、日々膨大な量のデータがやりとりされています。
 情報化が進んだ今、大きな課題となっているのが、情報セキュリティの問題です。個人情報の漏洩や不正なハッキング(コンピュータへの侵入)など、法的な問題も数多く発生しています。
 「法と情報コース」では、情報ツールや情報コンテンツを使いこなし、問題に適切に対処できるような人材を育てることを目標としています。膨大な情報を適切に収集・管理する能力、有用な情報を見分ける能力、情報社会の法を知るための科目が設置されているほか、新たなサイバー犯罪やインターネット上の取引活動などに対処するため、どのように法を整備し、運営するかについても考えていきます。
 こうした知識や能力をもった人材は、これからの時代、ますます必要とされることが予想されます。将来、企業や団体、官公庁など、あらゆる業界で活躍できる可能性があります。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,293,300円
<一覧に戻る

法律学科 / 法曹コース

 「法曹」とは、法律に関する実務に従事する専門家のことで、一般的には裁判官、検察官、弁護士という3つの職業の総称です。このコースは、裁判官、検察官、弁護士を目指す人や、司法書士や裁判所の事務官などを目指す人を対象にしています。
 裁判官、検察官、弁護士になるためには、卒業後、法科大学院に進むか、司法試験予備試験を通過して、司法試験に合格しなければなりません。そこで「法曹コース」には、司法試験の必須科目「憲法」「民法」「刑法」「商法」「民事訴訟法」「刑事訴訟法」の6科目を中心に、法律学が体系的に学べるカリキュラムが用意されています。また、6科目以外にも「経済法」「環境法」「知的財産法」「租税法」「倒産処理法」「医事法」といった専門分野に特化した法律を扱う科目もたくさん設置されています。これらは法律学の分野では応用的科目にあたりますが、どれも現代社会の動きと切り離せない先端的な内容です。
 「法曹コース」のみ、人数制限(定員200名)があり、2年次終了時の成績により選抜を行うことがあります。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,293,300円
<一覧に戻る

商学科 / アプライド・エコノミクスコース

 日常生活と密接な関係をもつ経済活動は、市場経済を通じて行われます。我々は、現在お金を払えば、市場における取引を通じて、世界中のさまざまなものを手に入れることができます。これは我々の社会で市場経済が機能しているおかげです。
 しかし、その同じ市場経済の下で多くの人々が不幸になることもあります。市場経済を上手に利用することが人々の幸福につながるのです。
 経済学は、市場経済の仕組みに対する的確な理解に基づいて、現実の経済問題とその解決策を理論的、歴史的な視点で考察する学問です。アプライド・エコノミクス(応用経済学)コースの目標は、この経済学の体系的な学習を通して、将来経済活動の担い手になるために必要な能力を備えた人材を養成することにあります。
 現在、我々は、財政赤字の拡大、人口の高齢化や少子化の進行といった国内問題を抱える一方で、グローバリゼーションの進展による経済・通貨危機の発生、環境問題の深刻化といった世界規模の経済問題にも直面しています。これらの問題の解決能力を有する人材を育成していくことがこのコースの役割です。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,289,000円
<一覧に戻る

商学科 / マーケティングコース

 商学部の「商」は、取引という意味があります。商学とは取引に関する理論のことなのです。商学の中でも、マーケティング理論は、この取引そのものに焦点を当てます。なぜ、その手法は取引を促進させるのだろうか、これがマーケティング論の理論的な課題なのです。たとえば、取引を促進させる手法の一つに市場(いちば)があります。理論的な問いは、なぜ市場は取引を促進させるのだろうか、になります。市場には、商品が集まり、情報が集まり、それゆえに人々が集まります。つまり、そこに行けば何でも手に入るからなのです。
 取引は、最低二者の間で行われます。売り手は商品をつくったり、仕入れてきたりします。商品をつくる人はメーカー、商品を仕入れて売る人は商人と呼びます。商業の理論は流通サブコースで学びます。買い手はお金を持っていて、その商品を欲しがったり、必要としたりしています。商品は物流によって運ばれます。物や人の動きは交通サブコースで学びます。取引とは、商品をもらう代わりに、お金を渡すことです。このとき、売り手と買い手の間には情報が発生します。この情報に基づいて、売り手や買い手は、自分の行動(売り買いしたことについてですね)を修正します。そうすることで、次回はもっとうまく取引できるかもしれないからです。こういった一連の活動の総称がマーケティングなのです。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,289,000円
<一覧に戻る

商学科 / ファイナンス&インシュアランスコース

 グローバリゼーションの潮流は、日本のビジネス社会を根底から変えようとしています。「お金」は経済やビジネスにとって「血液」ともいうべきものであり、この変動の時代に、最も改革を期待されているのが、ファイナンス(金融・証券)の分野です。さらに、企業や個人をとりまくリスクは今後増大かつ複雑化するのは必至であり、リスクを管理するためのインシュアランス(保険)の役割が重要となります。
 このコースでは、こうした最近の変化に対応して、国際ビジネス社会における共通言語としての金融・証券・保険の知識をマスターできるような、斬新かつ体系的なカリキュラムを組んでいます。
 具体的には、個人や企業の資産運用、株式・債券などの市場分析、企業の資金調達、金融サービス、国際金融、リスク管理の手法、保険の社会的機能、そして最先端のデリバティブ(金融派生商品)まで、広くカバーしています。
 また、このコースは、「実学の明治」の伝統を踏まえ、証券アナリストなどの資格取得に役立つように構成されています。これらの金融資格は、ビジネス社会において将来スペシャリストとして活躍できるための基礎となるでしょう。また、以上の知識は、金融サービス産業だけではなく、広く非金融サービス産業において、事業活動を展開する場合や財務分野に従事する際にも大いに役立ちます。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,289,000円
<一覧に戻る

商学科 / グローバル・ビジネスコース

 コース名称にあるグローバルは、「地球規模の」とか、「世界的な」ということを意味します。日本の経済が世界経済と密接な関係を保ちながら存在するように、いまや企業活動は世界の市場を抜きにしては考えられません。
 このコースでは、世界と日本との貿易や経済の関係を包括的に研究し、またそのなかで企業の活動や経営を世界的な視野にたって研究します。
 理論を中心としたサブ・コースでは、貿易のさまざまなシステムや制度を知り、世界経済の現状や諸問題を学習することで、世界経済における日本の現状を理解して、将来の見通しを判断する能力を修得します。
 一方ビジネスを中心としたサブ・コースでは、日本企業の貿易活動や国際経営活動を幅広く学習すると同時に、異文化コミュニケーションやビジネス交渉などの企業活動も体系的に理解してグローバル・ビジネスの場における実践的な能力を養います。
 本コースの目的は、理論、ビジネスの両面からのアプローチを設定することにより、将来における日本のグローバル・ビジネスをリードする人材を育成することにあります。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,289,000円
<一覧に戻る

商学科 / マネジメントコース

 現代の資本主義社会において企業が果たしている役割は非常に大きなものです。企業活動が行われなければ、我々の日常生活そのものが成り立たないと言っても過言ではありません。
 マネジメントコースでは、この企業活動のありようについて多方面から学びます。
 国際化・情報化の波が押し寄せる今日のような移り変わりの激しい世の中で、企業は顧客のニーズに的確に対応し、持続的に高い業績を上げていく必要があります。そのために企業は、戦略を策定し、組織を作り、必要な資源(ヒト、モノ、カネ)を調達・管理し、何よりも社会とのよりよい関係を築き上げていかなくてはなりません。近年注目が著しい自然環境問題とも企業活動は密接な関係を持っています。
 このコースでは、現代の企業の中で行われているさまざまな経営活動についての基礎から実践に至る体系的かつ包括的な知識の提供と同時に、複雑な社会を自分なりに見る視点、それぞれが社会を見るための個性を持った、いわば「メガネ」を手に入れられるよう手助けをします。それにより、自らの頭で考え、行動する意思を持った自立した企業人および起業家を育成することを教育目標としています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,289,000円
<一覧に戻る

商学部 / アカウンティングコース

 現在、世界的規模で会計の世界的統合が進んでいます。会計はビジネス活動のルールというべきものですが、そのルールブックである会計基準について、2005年には、EU諸国およびオーストラリアにおいて国際会計基準(現在は国際財務報告基準)とよばれる単一の基準が導入されました。
 さらに2009年には、国際会計と米国会計基準の差異が取り除かれ、両基準の相互承認が実現されました。もちろん日本でも、2002年には米国基準が解禁されており、現在、国際基準との統合を目指しています。
 このように、会計を学ぶことは、世界で通用するスキルを磨くことを意味するのです。
 本コースは、これまでに圧倒的多数の職業会計人(公認会計士、税理士)や企業を支える経理のスペシャリストを輩出してきた伝統と実績を有しています。さらに大学院教育とも密接な連携をとりつつ、常に時代の要請に応えられる有為な人材の育成を目指しています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,289,000円
<一覧に戻る

商学科 / クリエイティブ・ビジネスコース

 現在、IT革命、グローバリゼーション、少子高齢化、そして市場経済化の急速な進展の下で日本経済はパラダイム的転換を遂げつつあります。
 こうした環境変化は産業構造そのものの転換を迫っており、ここにビジネス・チャンスの大きな広がりを見ることができます。旧来の発想の延長線上では捉えられない新たな価値創造を図るビジネスをいかに創造するか、今まさにこの点が問われているのです。
 また、こうした状況の下では旧来型職業能力は急速に陳腐化しつつあり、社会人の「自立・独立」意欲や職業能力の高度化(キャリア・アップ)への意欲も大きな高まりを見せています。
 本コースは、以上のような時代の要請に応えるために2004年度に新設されたコースです。他の6コースにはない最新かつ斬新な科目群を配置し、実践的で現場密着型の少人数教育を実践することによって、ニュー・ビジネスを的確に把握しうる起業家精神に富んだ人材を育成するとともに、幅広い職業能力の涵養を通じてリカレント教育ニーズや自立・独立支援にも積極的に応えることを目指しています。
 本コースは時代に合わせて進化・発展させていくことになります。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,289,000円
<一覧に戻る

政治学科

 政治学科は,社会の基本的枠組を決定する政治プロセス及びそれを支える社会の様々な状況を把握・分析する能力を育成し,幅広い視野と専門性を兼ね備えた学生を養成することを目的とする。とりわけ,グローバル化が進展する現代社会に対応するため,国際感覚を持ち,政治・社会に関する専門的な議論ができる学生を養成する。人材養成の観点からは,外国語能力に優れ,政治及び社会に関する分析能力を備えた人材を輩出する。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

経済学科

 経済学は地球上の有限な資源の分配,生産,消費活動を通して,地球上の人々の経済的厚生を高めることを目的としています。
 経済学科では,単に経済学の視点だけではなく,他学科に設置されている政治学,行政学及び社会学系科目並びにその他学際的科目も履修して,総合的視点から経済学を学びます。こうした多面的な視点で多様な経済事象を分析し,政策立案ができ,かつグローバル化の進展に対応できる教養に溢れ,創造性豊かな人材を育成することを目的としています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

地域行政学科

 地域行政学科の目的は,自立して意思決定ができ,地域で活躍できる人材を養成することです。高齢化,グローバル化,環境問題など地域社会はさまざまな課題に直面していますが,それは地域社会が新たな発展の可能性を持っているということでもあります。
 政治と経済を学ぶ政治経済学部の中にあって、地域の観点から企業部門、家計部門、公共部門のあり方を学んでほしい。とかく世界や国の単位でものごとを考えがちですが、個人や家庭、地域コミュニティ、市町村、都道府県、国、国連やEUなど国を超えた機関へと、小さい単位から大きい単位へ視点の移動方向を変えれば、また、違った見方ができるようになるでしょう。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

文学科 / 日本文学専攻

日本文学専攻は、昭和25年(1950年)に開設された「日本文学専攻講座」の理念に基づき発展してきた専攻です。どの大学でも旧来通りの「国文学」という呼称が用いられていたこの時期、特に「日本文学」という名称が設立者たちによって選ばれることになったのは、次の2つの理由によるものです。その1つは、いま私たちが生きている現代を重視する立場に立ちながら、古典から近現代までを視野に入れた日本文学の研究を行うこと。もう1つは、世界の文学という広い視野から日本文学の特質を考えてゆくこと。この特長は、半世紀を超えた今日にも、変わることなく受け継がれています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

文学科 / 英米文学専攻

インターネットの爆発的な普及によって、英語は事実上のリンガ・フランカ(lingua franca)、つまりコミュニケーションのための共通語として広く認められるようになりました。好むと好まざるとにかかわらず、英語を使ったコミュニケーションがいろいろな分野、場面で期待されています。私たち英米文学専攻では、こうした時代の要請に応えた英語教育と、伝統的な学問体系に基づいた英語教育の調和を考えたカリキュラムを提供しています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

文学科 / ドイツ文学専攻

ドイツ語というと何だかむずかしそうですが、きちんとした指導のもとで基本を繰返し学んで行くと、美しいドイツ語の森が皆さんを待っています。1年生からドイツ人教員によるドイツ語の授業が用意されています。また、ウィーン大学夏季語学講習会などに参加して、ヨーロッパの空気を肌で感じながらドイツ語を自分のものにしていけます。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

文学科 / フランス文学専攻

学生ひとりひとりの個性や自主性を重んじ、多様なカリキュラムを導入しています。実用的な語学を学びたい人、文学・思想に興味ある人、美術や音楽、映画など広くフランス文化全体を勉強したい人、さらには比較文化的な視点から研究をしたい人、いずれの場合でも充実した講座、スタッフが用意されています。また小人数授業を通し、<考える力>や<表現力>といった能力の向上にも努めています。基礎から応用まで、4年間で学ぶべきことは山ほどあります。すべて伝統と革新性を兼ね備え、絶えず世界に文化を発信し、また世界の文化を柔軟に取り入れてきたフランスならではのことです。フランス文学専攻の授業を通し、きっと充実した学生生活が送れることでしょう。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

文学科 / 演劇学専攻

西洋でも日本でも、演劇はそれが属するそれぞれの国の文化伝統の中で歴史的に独自の発展を遂げてきました。劇場だけでなく、上演台本としての戯曲、舞台装置、衣装、俳優の演技などに、それぞれ実に興味深い特色が見受けられます。演劇学専攻では、それらを歴史的、理論的に学んでいきます。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

文学科 / 文芸メディア専攻

文芸メディア専攻は、多様なメディアの修辞や文法に習熟することと同時に、新しいメディア環境の中で文章表現によって自己を実現していく「表現主体」を育てることをめざしています。私たちは、それが現代のメディア環境を主体的に生き抜く「個」を創出していくことであると確信しています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

史学地理学科 / 日本史学専攻

本学における日本史学専攻は、伝統に裏付けられた実証的研究と、つねに時代の先端を切り開く新しさを併せもち、日本史研究と歴史教育の発展に、数々の足跡を残してきました。
日本史学専攻の専任教員は、古代史から現代史まで7名がそろっています。
ひとつの専攻で、古代・中世・近世・近代・現代と、時代の切れ目なく専任教員がいるのは、全国の大学の文学部の中でも、もっとも充実したものといえるでしょう。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

史学地理学科 / アジア史専攻

 アジア諸国の人びとと政治・経済関係のみならず、教育・文化交流をしていくためには、なによりもお互いの歴史を知ることが不可欠です。日本全体に内向き傾向がつよまるなかで、逆にきちんとしたアジア認識をもった優秀な人材が重みを増しているのです。
 わが専攻はそのようなアジア世界に積極的にコミットし、歴史・文化を理解し、アジア諸国・人びとに信頼される人材を育成します。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

史学地理学科 / 西洋史学専攻

 西洋史学専攻では、入学した直後の1年次からスタートする少人数のゼミ授業を柱に、自分の頭で考える力を養うためのカリキュラムが体系的に整っています。2年次、3年次でのゼミや合宿で仲間との議論を通じて研鑚を積み、リサーチをレポートにまとめたり、口頭発表をしながら自分の考えを発信する力をつけ、4年次でその集大成となる卒業論文の作成に取り組んでいきます。
そして、西洋史学専攻には、古代史から中世史、近・現代史を専門とする6人の専任教員が、学生諸君の勉強をサポートしていくために、教室での授業だけでなく研究室での個別指導を行なうシステムも実践しています。西洋史の勉強をとおして、世界に対する幅広い見識と歴史についての深い教養を身につけ、それをもとに自己をしっかりと表現できる、そういう本当の勉強をするチャンスを西洋史学専攻でぜひ活かしてください。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

史学地理学科 / 考古学専攻

 私たち明治大学文学部考古学専攻は,第2次世界大戦が終わって間もない1950(昭和25年)年に誕生しました。日本の私立大学において,もっとも早く設立された考古学専攻です。日本における旧石器文化の存在を証明した岩宿遺跡の調査をはじめ,縄文土器の起源や弥生墓制の追求,東国古墳文化の実態解明など,これまでに多くの研究実績をあげてきました。本専攻の卒業生たちは,全国の地方自治体の文化財専門職員,博物館の学芸員,各種学校の教職員,マスコミ人,研究機関の専門員といったプロフェッショナルとして,文化財保護や考古学研究,歴史教育の向上のために,トップリーダーとして活躍しています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

史学地理学科 / 地理学専攻

大学で学ぶ地理学は、高校での地理とはかなり違う印象を与えるようです。もちろん世界の国や都市、山脈や河川、各地の産業を知っておくことは大切です。そうした知識をベースにして、日本や世界の各地域における自然環境のなりたち、都市や農村における経済や社会の特性、さらに宗教・言語・民族等の文化の地域性など、人間と自然にかかわる幅広い領域を探求するのが地理学なのです。
このような地域の特性を中心課題として学ぶために、地理学専攻では野外調査(フィールドワーク)を重視した教育を行っています。世界を飛び回りたい行動派諸君の知的好奇心を満足させるためには、うってつけの専攻です。ですから地理学専攻では「歩く、観る、考える」をモットーとしています。
また、室内の学習では、地理情報システム(GIS)や画像処理技術などを学び、学生諸君が調査したデータの整理・分析についても、コンピュータを利用した研究技術を身につけるよう指導しています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

心理社会学科 / 臨床心理学専攻

本専攻では、心理学全般についての学習と臨床心理学の専門的な学習をすることができます。臨床心理学はあくまでも心理学のひとつの分野ですから、臨床心理学を深く学ぶためには、心理学のなかにおける臨床心理学の位置付けについてもきちんと把握する必要があります。また、本専攻では、臨床心理学の実践に繋がるさまざまな体験学習を通じることによって、人と関わり、人の心に触れることを旨とする臨床心理学のエッセンスを理解できるのです。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

心理社会学科 / 現代社会学専攻

現代社会学は、市民運動や市民活動の現場に触れながら実践的に社会学をしよう、という学問領域です。認識対象と共振れする自分の身を観測装置として活用するなかで新しい知見をもつことを臨床の知といいます。生きた現実に触れると、触れた自分も動きだします。何かを見るときに、見たことによって見ている自分も変わり、最初の何かが別のものとして現れてくるかもしれません。
今日の日本の社会の中には、環境保護や持続可能な社会の問題、高齢者や障害者との関係のつむぎ直し、外国人たちと共生するまちづくり、地域で作られたものを地域で消費する自給的社会づくり、あるいは町おこしによる地域活性化など、社会の中の苦しみ、困難や問題を解決しようと、多様な形で人々が市民運動や市民活動に取り組んでいます。
現代社会学専攻では、現代社会について理論的に学ぶとともに、大学の外にあるこのような市民運動・市民活動の現場に出かけていき、人々の話を聞き活動にも参加します。このことにより現代社会学専攻で学ぶ学生一人ひとりが臨床の知を体験しながらその身に養う、そして生涯その知をそだてていくことを目指しています。
現代社会学専攻は、授業と学外での実習をとおして臨床の知を体験し、深め、社会のさまざまな現場でその知を活かしていく人たちを育てようとしています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

心理社会学科 / 哲学専攻

明治大学文学部の哲学専攻は、現代の問題を、実践的に、多角的に扱うことを目指しています。古代から蓄積されてきた先人たちの英知を学ぶことはもちろん必要ですが、それは「現代の問題」に結びついてこそ生きた知識となります。そして、問題となる事象を深く知るために、文献・資料を読むと同時に、現場に出かけたり、人に会って話を聴いたりする「実践」を大切にします。とりわけ、「哲学プラクティス」という授業でその技法を学びます。さらに、自分の思考を鍛えるべく、西洋哲学だけではなく、日本や中国も視野に入れ、また心理学や社会学の成果を取り入れながら、さまざまな思索のかたちを「多角的に」学んでいきます。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

電気電子生命学科 / 電気電子工学専攻・生命理工学専攻

電気電子工学は、現代生活を支える重要で基本的な工学です。本学科は、電気電子工学の歴史ある学問領域をベースに、生命科学・バイオテクノロジーの学際領域を含め、多様化する現代社会のニーズにこたえる技術者・研究者を養成します。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,791,000円
<一覧に戻る

機械工学科

機械工学科のカリキュラムは広い分野にわたる総合能力の養成を重視して編成しています。低学年次には基礎的な科目を重点的に学び、高学年に進むにつれて身につけた基礎知識を応用した高度の専門科目が受講できるようになっています。特に、主要四力学(流体力学、熱力学、材料力学、機械力学)には演習を設けて知識およびその応用力の向上を計るとともに、実験・実習、設計製図はできるだけ多くの教員が担当して教育がいきわたるように心がけています。4年次になると、各人が希望する研究分野の教員の下に少人数に分かれ、ゼミナールと卒業研究に取り組むことになります。ゼミナールでは、論文あるいは専門書の講読や卒業研究に必要な特別講義を受けます。卒業研究では、学生諸君が独自のテーマを持って調査、設計、研究を指導教員と一体になって進めていきます。このような勉学を通じて、創造力、開発能力が養成され、人間的成長が形成されます。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,791,000円
<一覧に戻る

機械情報工学科

機械情報工学科は、世の中に価値をもたらし、人々に喜ばれる ものづくりの基盤となる機械工学分野に加えて、電気と情報技 術についても幅広く学べる環境を整えた学科です。ロボットに加えて、人を助けるエンジニアリングとして最先端の医療機器開発や医用システム開発、また地震から身を守る防災技術、そして鉄道の研究もしています。時代の変化をいち早く捉え、機械と情報、人間社会と地球環境との調和をデザインし、常に新しい研究に取り組む姿勢を私たちは大切にしています。環境に優しいエンジンの開発、エネルギー問題を解決する燃焼プロセスの研究、ものづくり大国を支える設計システムの開発、そして信頼性向上のための製品寿命の推定方法の開発などハード×ソフトで技術イノベーションを目指しています。
このような研究を通して、従来の既成概念にとらわれず、工学という分野さえも超越した新しいアイデアを具現化し、グローバルに発信し続ける行動力が身につけられます。また、本学科はJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受けており、卒業生は全員が技術士補の資格を得ることができます。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,791,000円
<一覧に戻る

建築学科

建築学科には大きく分けて、「構造・材料」系、「環境・設備」系、「歴史・意匠・計画」系の3つの学問分野があります。これらは「授業」と「演習」という形で、毎年レベルを上げて学べるようにカリキュラムが組まれており、最後に「卒業研究・設計」という形で自分の選んだテーマに従った論文や作品を作成します。特に、建築学科の履修システムの最大の特徴はどの分野の授業も自由に選択して学べる点です。学生達は自分で将来の進む方向を考え、そのシナリオに従って自由にカリキュラムを組むことができます。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,791,000円
<一覧に戻る

応用化学科

化学は、数学および物理学とともに自然科学の最も基本的な学問の一つです。応用化学は化学工業、化学技術の基幹となる学問で、現代の化学工業を支えるためのより一層高度な化学的研究が要求されています。したがって、応用化学科では、化学一般について基礎から高度な応用まで幅広い視野と独創的な考え持った学生を育て上げたいと願っています。化学は、精密な最先端技術から物質の生産に至るまでのスケールの大きな学問ですので、理学と工学の両面を兼ね備えた広汎な学問体系が特色です。このような点を考慮して、応用化学科では、物性、構造、反応、合成を含み、また情報化時代にも適用できる広範囲な研究と教育を推進し、将来の化学および化学工業を支える人材の育成に務めています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,791,000円
<一覧に戻る

情報科学科

現在の情報科学は、主にコンピュータの基礎理論や応用法に関する研究を行っています。しかし、情報科学は本来、単にコンピュータを扱うだけでなく、人間の知的活動の解明までを含む様々な問題を扱う間口の広い学問です。人文・社会科学、人間科学などとの境界領域も情報科学の対象になります。情報科学科では、主に情報に関する基礎理論、コンピュータのソフトウェア、ハードウェア、情報システムに関する教育、研究に加え、他分野との境界領域も積極的に取り上げます。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,791,000円
<一覧に戻る

数学科

数理的な思考の第一歩は、原理に戻ってものごとを考える習慣を身に付けることにあります。数学が諸科学の基礎となる理由はそれだけではありません。「自然は数学を良く知っています」が、自然現象だけではなく、社会現象や経済活動など人間の行動までも、数学の言葉を使って書くことができるのです。ですから、数理的な思考法を身に付けることは、激動が予想される21世紀を生きぬく上で、大きな武器を手に入れることになります。数学という学問は、学ぶのに忍耐と時間が必要であり、使いこなすにも能力が必要ですが、それだけに、大きな実用性と広い応用力を持っています。真理を純粋な形で体験できるような数学の在り方も、数学科の教育の中に脈々と受けつがれています。また、コンピュータを駆使して数値計算を行ったり、CGを作成したりする営みも、数学科の研究教育に大きな部分を占めています。数学科に入り、数学を学びませんか。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,771,000円
<一覧に戻る

物理学科

物理学科では、物理学を通して社会に貢献できる人材を養成することを目的にしています。そのために、低学年のうちから授業と演習・実験によって物理的なものの見方・考え方を徹底的に教育します。基礎科目の力をベースに、君たちの関心にしたがって専門の諸科目(素粒子物理学、レーザ物理、光学、半導体物理学、生物物理学など)を選択することができます。教員の研究活動の重点は、高度科学技術社会を支えている物性物理学と、これからの発展が期待される生物物理学です。卒業研究・ゼミをとおして、これら物理学研究の最先端にふれることができます。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,791,000円
<一覧に戻る

農学科

農学科は、自然と調和を保った高度文明社会を実現させるために「食料」と「環境」の分野で格段の貢献をすることを使命としています。本学科は、一般教育に裏付けられた知的基盤の上に確固とした倫理観・世界観を築いて俯瞰的・長期的視点から物事を洞察することができるよう、また、農学全般において問題点を発見し、それを解決する能力を効果的に身につけられるよう、系統的かつ幅広いカリキュラムと研究領域を設けています。本学科は、新農業資源の開発や水・土地資源を生かした食料の安定生産および農村と都市の環境保全や緑の保全・創生などに関する最新の科学技術を身につけて地域や国際社会で活躍できる人材を養成することを目的としています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,781,000円
<一覧に戻る

農芸化学科

農芸化学科では、私たちの生活に関わりの深い食品や環境分野の問題を、バイオテクノロジーと最新のサイエンスによって解決することを目指しています。微生物を用いた環境にやさしい技術の開発、美味しくて健康に良い食品の研究、植物生産や環境の資源である土壌の研究、動植物や微生物が生産する有用物質の検索など、農芸化学のフィールドには多くの重要な研究テーマがあります。こうした分野で社会に貢献できる人材を育てるために、農芸化学科では豊富な学生実験(1・2年次)と2年間かけて取り組む卒業研究(3・4年次)をカリキュラムの中心に据えています。バイオサイエンスの基礎知識と実験技術をもつ卒業生は、食品・医薬・化学などの分野で活躍しています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,781,000円
<一覧に戻る

生命科学科

生命科学科では、動植物や微生物の生命活動を分子レベルや遺伝子レベルから理解することを基盤として、これらを人類が直面している環境や食料問題などの解決に活用することを目指しています。本学科では、生命科学の分野で専門家として活躍する人材や、生命科学の素養と同時に広い視野と総合的な判断力をもった人材の育成を進めます。これらの目標を達成するために、基礎から専門分野までを体系的に学ぶことのできる授業と実験のカリキュラムを組み、3年次からは研究室に所属して最先端の設備と技術を駆使して卒業研究を行っています。生命の謎に好奇心をもち、生物のもつ能力を人類のために役立てる挑戦に意欲をもつみなさんを歓迎します。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,781,000円
<一覧に戻る

食料環境政策学科

21世紀に私たちが生きていくうえで、最も基礎的で重要な「食料」と「環境」をめぐる諸問題について、経済学、社会学、政策学、経営学、会計学、開発学などの社会科学の側面から総合的に考究しています。私たちの生存基盤を担っている生物・生命・自然資源の仕組みを解明し、利用することは人類の持続可能性に欠かせませんが、そこに人間がどう関わっていくべきか、を考えることは重要です。つまり「人類の生存課題を人間の行動の観点から考え、解決方法を探る」のが本学科の学びのテーマといっても良いでしょう。こうした視点をもった人材を育成するために、本学科では、さまざまな座学だけでなく、農場実習、ファームステイ実習、フィールドワーク実習、海外農業体験など、現場を体験しながら学べる科目を多く用意し、応用力・実践力を養うことを重視しています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,627,000円
<一覧に戻る

経営学科

今日の乱気流的な経営環境の変化は、企業に多くの変革を迫っています。そのため経営学科では、将来の変化を機敏に読み解き、それに適切に対応できる有為の人材を養成することを目的としています。急速な経済のグローバル化に対応するために国際経営戦略に関する科目や、働き甲斐や雇用問題といったもっとも身近な問題に対応するために人的資源のマネジメントに関する科目、知識情報化の進展に対応するために情報と技術のマネジメントに関する科目を有機的に配置。理論・歴史・実証といったさまざまな視点から展開しています。さらにゼミナールでは、専門に特化しより深く学んでいきます。みなさんも時代の要請に応えた幅広いカリキュラムを通し、一緒に経営学科で、現代企業を多面的に読み解いていきましょう。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

会計学科

グローバリゼーションの発展は企業の取引をますます活発にしています。そのため、ビジネスにおける世界共通言語である「Accounting (会計)」はこれまで以上に重要なものと位置づけられます。会計はビジネスで役立つ情報を作成し提供することです。別の言い方をすれば、さまざまな取引をデータ化することにほかなりません。会計学科では、こうした会計データを作成し、それを理解し、分析し、活用する力を養います。そのために、「財務会計」、「管理会計」、「監査」、「税法」などのさまざまなカリキュラムが準備されています。また、公認会計士や税理士等の会計プロフェッションを育成する高度職業会計人養成トラック(CAP:Course of Accounting Profession)も設置されています。みなさんの未来は青天井です。会計学科の洗練されたカリキュラムで会計マインドを身につけ、世界に羽ばたいてください。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

公共経営学科

幅広い公共組織のマネジメントを担う人材の輩出を目的に、パブリック・マネジメントを専門に扱う日本で初めての学科として 2002年に誕生しました。「公共経営(パブリック・マネジメント)」とは、既存の行政組織に「経営」の発想を導入することでより戦略的かつ効果的な運営を行っていくことのみならず、教育や医療、福祉等を担う非営利セクター(学校法人明治大学もその内の一つです)、公益事業や社会的企業、さらにはスポーツ組織も含めた、幅広い公共的組織のマネジメントを対象としています。卒業後の進路を、国や自治体等の行政組織、教育や医療等の非営利セクター、公益事業やプロスポーツ組織等のパブリック・ビジネスという3つの方向に定め、カリキュラムを設けています。行政や非営利組織等の幅広い公共的組織のマーケティング、経営戦略、財務に加え、公的施設・スポーツ組織の運営、国際NGO のマネジメント、CSR(企業の社会的責任)等、幅広い内容を専門的に学びます。産学連携によるパブリック・マネジメント人材の育成に取り組んでいます。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

情報コミュニケーション学科

旧来のケータイを抑えての、iPhoneやアンドロイドに代表されるスマホの大ヒット。TwitterやFacebookなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)の爆発的普及。2012年4月のTVの完全地上波デジタル化。現代社会はネットワーク技術に支えられながら高度情報社会の段階に突入しました。
一方、こうした社会の情報化がネット上でのさまざまな犯罪や情報セキュリティーの問題を引き起こしたり、政治や経済のありかたに大きな変化を及ぼしています。本学部はこうした情報社会の生きた現実と向き合い、問題を探るカリキュラムを用意しています。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,294,000円
<一覧に戻る

国際日本学科

国際日本学部国際日本学科は,明治大学の「『個』を強くする」人材育成・教育理念に基づき,個人としての競争力を身につけた国際社会で活躍できる人材の育成を目指している。本学科の教育・研究は日本学を中心領域としている。ただし,それは伝統的な日本文化に加え,今日世界の注目を集めている現代日本文化,そしてその発信基盤である企業・産業・社会などの社会システムの教育・研究も含んでいる。さらに,国際的な発信力を強化するため,集中的な英語教育と異文化コミュニケーション教育にも力を注ぎ,「世界の中の日本」を自覚し,積極的に世界に価値ある情報を発信できる国際人を育成していく。また,こうした教育・研究活動を通して双方向の留学生交流と国際学術交流を促進し,世界に開かれた真の国際的教育の拠点になることを目指す。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,476,000円
<一覧に戻る

現象数理学科


動物や植物の美しい模様、心臓の拍動や薬の吸収などの医学・生理学問題、交通渋滞や経済不況などの社会的問題、流行やブームといった社会現象まで、私たちの身の回りは、現象であふれています。そうした現象を、数学を用いて解明していくのが現象数理学です。現象を数式に置き換えていくことを「モデリング」といいます。そして実際に導き出した「数理モデル」を使い、コンピュータで高度なシミュレーションを繰り返していくと、これまで目に見えなかった現象の正体が徐々に明らかになってくるのです。現象数理学科では最先端のカリキュラムを通じて、単に現象を解明するだけでなく、数理モデルを多様な分野に応用できる力とセンスを備えた人材の育成を目指しています。現象数理学が必要とされ、活躍できるフィールドはいま、生物学や物理学にとどまらず、社会学や経済学、さらには医学にまで広がっています。だからこそ難しくもあり、ワクワクするような無限の可能性にあふれた分野でもあるのです。現象数理学に特化した学科は、日本ではまだ明治大学だけです。世界をリードする最先端の教育研究拠点で、あなたの探究心や数学的センスを存分に発揮してください。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,751,000円
<一覧に戻る

先端メディアサイエンス学科

先端メディアサイエンス学科が目指すのは、「世の中で最先端とされていること」を追うことではありません。決まった答えを導き出すだけでもありません。スタートは、「こんなものがこれからの世の中には必要ではないか」「こんな仕組みや体験を創れたらおもしろいのではないか」という「想い」です。そのために必要となる「発想力」と「技術力」を、数理科学の考え方をベースにしながら多彩なカリキュラムを通じて磨いていきます。人の感性や心理を解き明かす「数理モデル」の構築をはじめ、人間の特性に合わせた情報環境を構築するための「情報メディアシステム」や「ヒューマンインタフェース」の実現、さらには人の心を豊かにする「文化的コンテンツ」の創造など。自らが驚いたり、ワクワクしたりする感性を大切にしながら、ますます進化する情報技術分野をはじめ、社会・文化の発展に幅広く貢献できる力を身につけていきます。まだ誰も経験したことのないモノ・コトを創り出す「真の先端メディア」へ。これまでにない、まったく新しい価値を発想・創造できるイノベイティブな人材の育成を目指します。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,791,000円
<一覧に戻る

ネットワークデザイン学科

ネットワークとは、あらゆるモノ・コトの“つながり”を意味します。たった1本の送電線にはじまり、電話やインターネット、交通網などの社会インフラ、企業が国境を越えてビジネスをするためのICTシステムまで、世の中には無数のつながりが存在し、日々ダイナミックに動いています。ネットワークデザイン学科が目指すのは、単なるネットワークの設計や運用だけにとどまりません。人や環境のニーズに応えた最適かつ安全なネットワークの構築、すなわちスマートな社会の実現です。そのため本学科では、ネットワークを形づくる基礎工学技術とコンピュータ技術のほかに、柔軟に問題を解決するための「知能数理システム」や身の回りにあるネットワークデザインの技術を広く学ぶことのできる多種多様な科目を設置。環境エネルギー、情報通信、ビジネスなどの分野において、これからの社会基盤を力強く支えていくことのできる人材を育成します。確かな知識と技術をもって日々進化する社会を切り拓く、次代を担う新しい教育研究がここにスタートします。
募集人員:---
年限:4年
初年度納入金:1,791,000円
<一覧に戻る

明治大学 入試情報

【一般入試】一般選抜入試 法学部

>詳細
出願日程:
2019年01月04日〜2019年02月01日
試験日:
2019年02月14日
試験詳細:
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択
国語---国語総合(漢文の独立問題は出題しない)
地理歴史,公民---世界史B、日本史B、政治・経済から1科目選択

【一般入試】一般選抜入試 商学部

>詳細
出願日程:
2019年01月04日〜2019年02月01日
試験日:
2019年02月16日
試験詳細:
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択
国語---国語総合(漢文の独立問題は出題しない)
地理歴史,公民,数学---世界史B、日本史B、地理B、政治・経済、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A「場合の数と確率・整数の性質・図形の性質」・数学B「数列・ベクトル」)から1科目選択

【一般入試】一般選抜入試 商学部(英語4技能試験利用方式)

>詳細
出願日程:
2019年01月04日〜2019年02月01日
試験日:
2019年02月16日
試験詳細:
英語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)
国語---国語総合(漢文の独立問題は出題しない)
地理歴史,公民,数学---世界史B、日本史B、地理B、政治・経済、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A「場合の数と確率・整数の性質・図形の性質」・数学B「数列・ベクトル」)から1科目選択
☆英語4技能試験(資格・検定試験)のスコアを出願資格として利用。

【一般入試】一般選抜入試 政治経済学部

>詳細
出願日程:
2019年01月04日〜2019年01月28日
試験日:
2019年02月11日
試験詳細:
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択
国語---国語総合(漢文を除く)
地理歴史,公民,数学---世界史B、日本史B、地理B、政治・経済、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B「数列・ベクトル」)から1科目選択

【一般入試】一般選抜入試 文学部

>詳細
出願日程:
2019年01月04日〜2019年02月01日
試験日:
2019年02月13日
試験詳細:
国語---国語総合・現代文B・古文B
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択
地理歴史---世界史B、日本史B、地理Bから1科目選択

【一般入試】一般選抜入試 理工学部

>詳細
出願日程:
2019年01月04日〜2019年01月28日
試験日:
2019年02月07日
試験詳細:
数学---数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学Ⅲ・数学A・数学B「数列・ベクトル」
理科---物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)から各3題、計6題出題し、そのうち任意の3題選択
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択

【一般入試】一般選抜入試 農学部(農学科・農芸化学科・生命科学科)

>詳細
出願日程:
2019年01月04日〜2019年02月01日
試験日:
2019年02月15日
試験詳細:
国語,数学,理科---国語(国語総合「漢文を除く」)、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B「数列・ベクトル」)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)から2科目選択
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択

【一般入試】一般選抜入試 農学部(食料環境政策学科)

>詳細
出願日程:
2019年01月04日〜2019年02月01日
試験日:
2019年02月15日
試験詳細:
国語---国語総合(漢文を除く)
地理歴史,公民,数学,理科---世界史B、日本史B、地理B、政治・経済、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B「数列・ベクトル」)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)から1科目選択
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択

【一般入試】一般選抜入試 経営学部(3科目方式)

>詳細
出願日程:
2019年01月04日〜2019年01月28日
試験日:
2019年02月10日
試験詳細:
国語---国語総合(漢文を除く)
地理歴史,公民,数学---世界史B、日本史B、政治・経済、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B「数列・ベクトル」) から1科目選択
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択

【一般入試】一般選抜入試 経営学部(英語4技能試験活用方式)

>詳細
出願日程:
2019年01月04日〜2019年01月28日
試験日:
2019年02月10日
試験詳細:
国語---国語総合(漢文を除く)
地理歴史,公民,数学---世界史B,日本史B,政治・経済,数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B「数列・ベクトル」) から1科目選択
★外国語---英語4技能試験(資格・検定試験)のスコアを利用。

一般選抜入試 法学部

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年02月01日
試験日:
2019年02月14日
入試科目:
国語/外国語/地歴/公民
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択
国語---国語総合(漢文の独立問題は出題しない)
地理歴史,公民---世界史B、日本史B、政治・経済から1科目選択
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月21日
発表方法:
---

一般選抜入試 商学部

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年02月01日
試験日:
2019年02月16日
入試科目:
国語/外国語/地歴/公民/数学
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択
国語---国語総合(漢文の独立問題は出題しない)
地理歴史,公民,数学---世界史B、日本史B、地理B、政治・経済、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A「場合の数と確率・整数の性質・図形の性質」・数学B「数列・ベクトル」)から1科目選択
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月24日
発表方法:
---

一般選抜入試 商学部(英語4技能試験利用方式)

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年02月01日
試験日:
2019年02月16日
入試科目:
国語/外国語/地歴/公民/数学
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
英語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)
国語---国語総合(漢文の独立問題は出題しない)
地理歴史,公民,数学---世界史B、日本史B、地理B、政治・経済、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A「場合の数と確率・整数の性質・図形の性質」・数学B「数列・ベクトル」)から1科目選択
☆英語4技能試験(資格・検定試験)のスコアを出願資格として利用。
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月24日
発表方法:
---

一般選抜入試 政治経済学部

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年01月28日
試験日:
2019年02月11日
入試科目:
国語/外国語/地歴/公民/数学
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択
国語---国語総合(漢文を除く)
地理歴史,公民,数学---世界史B、日本史B、地理B、政治・経済、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B「数列・ベクトル」)から1科目選択
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月18日
発表方法:
---

一般選抜入試 文学部

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年02月01日
試験日:
2019年02月13日
入試科目:
国語/外国語/地歴
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
国語---国語総合・現代文B・古文B
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択
地理歴史---世界史B、日本史B、地理Bから1科目選択
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月20日
発表方法:
---

一般選抜入試 理工学部

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年01月28日
試験日:
2019年02月07日
入試科目:
外国語/数学/理科
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
数学---数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学Ⅲ・数学A・数学B「数列・ベクトル」
理科---物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)から各3題、計6題出題し、そのうち任意の3題選択
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月15日
発表方法:
---

一般選抜入試 農学部(農学科・農芸化学科・生命科学科)

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年02月01日
試験日:
2019年02月15日
入試科目:
国語/外国語/数学/理科
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
国語,数学,理科---国語(国語総合「漢文を除く」)、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B「数列・ベクトル」)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)から2科目選択
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月23日
発表方法:
---

一般選抜入試 農学部(食料環境政策学科)

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年02月01日
試験日:
2019年02月15日
入試科目:
国語/外国語/地歴/公民/数学/理科
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
国語---国語総合(漢文を除く)
地理歴史,公民,数学,理科---世界史B、日本史B、地理B、政治・経済、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B「数列・ベクトル」)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)から1科目選択
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月23日
発表方法:
---

一般選抜入試 経営学部(3科目方式)

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年01月28日
試験日:
2019年02月10日
入試科目:
国語/外国語/地歴/公民/数学
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
国語---国語総合(漢文を除く)
地理歴史,公民,数学---世界史B、日本史B、政治・経済、数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B「数列・ベクトル」) から1科目選択
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)、ドイツ語、フランス語から1科目選択
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月17日
発表方法:
---

一般選抜入試 経営学部(英語4技能試験活用方式)

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年01月28日
試験日:
2019年02月10日
入試科目:
国語/外国語/地歴/公民/数学
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
国語---国語総合(漢文を除く)
地理歴史,公民,数学---世界史B,日本史B,政治・経済,数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B「数列・ベクトル」) から1科目選択
★外国語---英語4技能試験(資格・検定試験)のスコアを利用。
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月17日
発表方法:
---

一般選抜入試 情報コミュニケーション学部

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年01月28日
試験日:
2019年02月08日
入試科目:
国語/外国語/地歴/公民/数学
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)
国語---国語総合(漢文を除く)
地歴,公民,数学,情報総合---世界史B,日本史B,政治・経済,数学(数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B「数列・ベクトル」),情報総合(社会と情報・情報の科学に共通する内容)から1科目選択
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月15日
発表方法:
---

一般選抜入試 国際日本学部

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年01月28日
試験日:
2019年02月09日
入試科目:
国語/外国語/地歴/公民
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
国語---国語総合(漢文の独立問題は出題しない)
地理歴史、公民---世界史B、日本史B、政治・経済から1科目選択
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)
◆英語4技能試験を活用して満点換算申請をする場合は、入試当日の3時限「外国語」の試験のみ免除
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月16日
発表方法:
---

一般選抜入試 総合数理学部

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年02月01日
試験日:
2019年02月17日
入試科目:
外国語/数学
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
数学-----数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学Ⅲ・数学A・数学B「数列・ベクトル」
外国語---英語(コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ)
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月25日
発表方法:
---

全学部統一入学試験

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年01月21日
試験日:
2019年02月05日
入試科目:
国語/外国語/地歴/公民/数学/理科
センター利用:
なし
面接:
なし
試験詳細:
この入試は共通の試験問題によって,10学部が同時に実施することから,1度の受験で複数学部へ出願できる入試です。
これにより受験機会が増え,合格のチャンスが増えるメリットがあります。

【実施学部】
▼全学部
法学部・商学部・政治経済学部・文学部・理工学部・農学部・経営学部・情報コミュニケーション学部・国際日本学部・総合数理学部

【試験地】
本学キャンパス(東京・神奈川)・札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・北九州(2019年度入試から変更)
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月12日〜2019年02月17日
発表方法:
---

センター試験利用入試 前期日程

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年01月04日〜2019年01月18日
試験日:
2019年01月19日〜2019年01月20日
入試科目:
---
センター利用:
あり
面接:
---
試験詳細:
---
受験費用:
---
合格発表日:
2019年02月12日〜2019年02月17日
発表方法:
---

センター試験利用入試 後期日程

入試種別:
一般入試
出願日程:
2019年02月25日〜2019年03月04日
試験日:
2019年01月19日〜2019年01月20日
入試科目:
---
センター利用:
あり
面接:
---
試験詳細:
---
受験費用:
---
合格発表日:
2019年03月15日
発表方法:
---

<一覧に戻る

明治大学 所在地・地図

※地図をクリックで大きな地図を見る

駿河台キャンパス

〒101-8301
東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL:03-3296-4138

アクセス方法

最寄駅:御茶ノ水駅
下車徒歩3分

最寄駅:新御茶ノ水駅
下車徒歩5分

最寄駅:神保町駅
下車徒歩5分

※地図をクリックで大きな地図を見る

和泉キャンパス

〒168-8555
東京都杉並区永福1-9-1
TEL:03-5300-1121

アクセス方法

最寄駅:明大前駅
下車徒歩5分

※地図をクリックで大きな地図を見る

生田キャンパス

〒214-8571
神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1
TEL:044-934-7171

アクセス方法

最寄駅:生田駅
下車南口徒歩約10分

最寄駅:向ヶ丘遊園駅
北口下車→小田急バス「明大正門前」で終点下車

※地図をクリックで大きな地図を見る

中野キャンパス

〒164-8525
東京都中野区中野4-21-1
TEL:03-5343-8000

アクセス方法

最寄駅:中野駅
中野駅北口より、中野区役所及び中野セントラルパークを抜けた場所に立地しています。

明治大学 資格について

難関といわれる司法試験・公認会計士試験・国家公務員採用試験などを目指す「国家難関といわれる司法試験・公認会計士試験・国家公務員採用試験などを目指す「国家試験指導センター」や裁判官・検察官・弁護士を目指す学生のための「法制研究所」、公認会計士試験合格を目指す学生を支援する「経理研究所」など難関資格を実績ある研究所・研究室が合格までをサポートしていきます。
さらに、国家公務員・地方公務員など目的に応じた指導を行う「行政研究所」や学部を問わずマスコミ志望者をサポートする「基礎マスコミ研究室」などがあります。

明治大学 就職について

徹底した支援体制と情報力・求人力で、高い就職率を維持しており『就職の明治』として確固たる評価を受けています。1年次からのキャリアデザイン講座をはじめ、きめ細かい個別対応で進路相談にも力を入れています。好立地を活かし、学内セミナーでは多くの企業の情報収集、インターンシップでは首都圏に本社を置く多くの企業で就業体験が可能。また地方出身者が約3割を占め、全国的なOB・OGネットワークにより地元就職にも安心して臨めます。首都圏での就職はもちろん、Uターン就職にも強いのが特長です。

明治大学 学費

法律学科 / ビジネスローコース

学費:初年度納入金  1,293,300円

法律学科 / 国際関係法コース

学費:初年度納入金  1,293,300円

法律学科 / 公共法務コース

学費:初年度納入金  1,293,300円

法律学科 / 法と情報コース

学費:初年度納入金  1,293,300円

法律学科 / 法曹コース

学費:初年度納入金  1,293,300円

商学科 / アプライド・エコノミクスコース

学費:初年度納入金  1,289,000円

商学科 / マーケティングコース

学費:初年度納入金  1,289,000円

商学科 / ファイナンス&インシュアランスコース

学費:初年度納入金  1,289,000円

商学科 / グローバル・ビジネスコース

学費:初年度納入金  1,289,000円

商学科 / マネジメントコース

学費:初年度納入金  1,289,000円

商学部 / アカウンティングコース

学費:初年度納入金  1,289,000円

商学科 / クリエイティブ・ビジネスコース

学費:初年度納入金  1,289,000円

政治学科

学費:初年度納入金  1,294,000円

経済学科

学費:初年度納入金  1,294,000円

地域行政学科

学費:初年度納入金  1,294,000円

文学科 / 日本文学専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

文学科 / 英米文学専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

文学科 / ドイツ文学専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

文学科 / フランス文学専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

文学科 / 演劇学専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

文学科 / 文芸メディア専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

史学地理学科 / 日本史学専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

史学地理学科 / アジア史専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

史学地理学科 / 西洋史学専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

史学地理学科 / 考古学専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

史学地理学科 / 地理学専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

心理社会学科 / 臨床心理学専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

心理社会学科 / 現代社会学専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

心理社会学科 / 哲学専攻

学費:初年度納入金  1,294,000円

電気電子生命学科 / 電気電子工学専攻・生命理工学専攻

学費:初年度納入金  1,791,000円

機械工学科

学費:初年度納入金  1,791,000円

機械情報工学科

学費:初年度納入金  1,791,000円

建築学科

学費:初年度納入金  1,791,000円

応用化学科

学費:初年度納入金  1,791,000円

情報科学科

学費:初年度納入金  1,791,000円

数学科

学費:初年度納入金  1,771,000円

物理学科

学費:初年度納入金  1,791,000円

農学科

学費:初年度納入金  1,781,000円

農芸化学科

学費:初年度納入金  1,781,000円

生命科学科

学費:初年度納入金  1,781,000円

食料環境政策学科

学費:初年度納入金  1,627,000円

経営学科

学費:初年度納入金  1,294,000円

会計学科

学費:初年度納入金  1,294,000円

公共経営学科

学費:初年度納入金  1,294,000円

情報コミュニケーション学科

学費:初年度納入金  1,294,000円

国際日本学科

学費:初年度納入金  1,476,000円

現象数理学科

学費:初年度納入金  1,751,000円

先端メディアサイエンス学科

学費:初年度納入金  1,791,000円

ネットワークデザイン学科

学費:初年度納入金  1,791,000円

明治大学をもっと詳しく知ろう!

お気に入りに追加すると、学校の最新情報をマイページでチェックしたり、他の学校と比較してじっくり見ることが出来ます。学校のWebサイトを見たり、資料(パンフレットや願書)を請求して、もっと学校の魅力を調べましょう!

  • お気に入りに追加する
  • 資料請求
  • 公式サイトへ

この学校を見ている人は、こんな学校も見ています

神奈川大学

約束します、成長力。―成長支援第一主義―

お気に入りに追加する

名古屋女子大学

未来に活躍する「高い教養と職能」を身につけた女性を育成

お気に入りに追加する

愛知淑徳大学

違いを共に生きる

お気に入りに追加する

同志社大学

受け継がれる新島襄の「良心」

お気に入りに追加する

PR

ページの先頭へ