アクセス進学TOP  >  大学・短大を探す > 日本大学

日本大学

130年の輝きと共に、未来を創る
2019年に創立130周年を迎えます

  • Facebook
  • Twitter
「日本大学教育憲章」を制定し、 新たな躍動への一歩を踏み出します
2019年に創立130周年を迎える日本大学は、長い歴史の中で培われてきた学風や教育に対する考え方をまとめた「日本大学教育憲章」を定めています。この憲章は、本学が育てる学生像をより具現化するために「自ら学ぶ」「自ら考える」「自ら道をひらく」から構成される教育理念「自主創造」の気風に加え、本学の「目的および使命」に掲げてきた「日本の特質を理解し伝える力や多様な価値の受容、自分の立場や役割を認識する力、そして社会に貢献する姿勢」などを備えた人間として成長することを「日本大学マインド」として示したものです。日本大学は、教職員が一丸となって「日本一教育力のある大学」を実現していきます。

日本大学のここに注目!!

多彩な奨学金制度で学生を支援しています!

本学の多彩な奨学金制度の給付・貸与総額は全国私大でもトップレベル。給付奨学金は、全学対象の「日本大学特待生」「日本大学事業部奨学金」をはじめ、各学部独自の奨学金まで60種類以上にも及びます。
また、本学への入学を強く希望しているにも関わらず、経済的理由により進学を断念せざるを得ない成績・人物ともに優良な受験生のために、一般入試出願前予約採用型の給付型奨学金を設置しています。

お問い合わせ先

日本大学本部学務部入学課 MAP

〒102-8275 東京都千代田区九段南4-8-24
TEL:03-5275-8001

法学部キャンパス MAP

〒101-8375 東京都千代田区神田三崎町2-3-1
TEL:03-5275-8503

文理学部キャンパス MAP

〒156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40
TEL:03-5317-9380

経済学部キャンパス MAP

〒101-8360 東京都千代田区神田三崎町1-3-2
TEL:03-3511-5590

商学部キャンパス MAP

〒157-8570 東京都世田谷区砧5-2-1
TEL:03-3749-6735

芸術学部キャンパス MAP

〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
TEL:03-5995-8282

国際関係学部キャンパス/短期大学部 三島校舎 MAP

〒411-8588 静岡県三島市文教町1-9-18
TEL:055-980-1919

危機管理学部キャンパス MAP

〒154-8513 東京都世田谷区下馬3-34-1
TEL:03-6453-1600

スポーツ科学部キャンパス MAP

〒154-8513 東京都世田谷区下馬3-34-1
TEL:03-6453-1600

理工学部 駿河台キャンパス MAP

〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
TEL:03-3259-0578

理工学部 船橋キャンパス/短期大学部 船橋校舎 MAP

〒274-8501 千葉県船橋市習志野台7-24-1
TEL:047-469-6249

生産工学部 津田沼キャンパス MAP

〒275-8575 千葉県習志野市泉町1-2-1
TEL:047-474-2246

生産工学部 実籾キャンパス MAP

〒275-8576 千葉県習志野市新栄2-11-1
TEL:047-474-2246

工学部キャンパス MAP

〒963-8642 福島県郡山市田村町徳定字中河原1
TEL:024-956-8619

医学部キャンパス MAP

〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町30-1
TEL:03-3972-8188

歯学部キャンパス MAP

〒101-8310 東京都千代田区神田駿河台1-8-13
TEL:03-3219-8002

松戸歯学部キャンパス MAP

〒271-8587 千葉県松戸市栄町西2-870-1
TEL:047-360-9339

生物資源科学部キャンパス MAP

〒252-0880 神奈川県藤沢市亀井野1866
TEL:0466-84-3812

薬学部キャンパス MAP

〒274-8555 千葉県船橋市習志野台7-7-1
TEL:047-465-8480

法学部

◇学科を横断して学ぶゼミナールで専門分野を探求
法学部では「法」「政治」「ビジネス」「公共政策」などを総合的に学び、社会のあらゆる場面で生きるリーガルマインドを養います。高度な専門知識だけでなく、幅広い知識や学問の見方、考え方を身に付けるために、1年次から少人数制の「自主創造の基礎Ⅰ・Ⅱ」で大学での学び方への理解を深め、3・4年次のゼミナールでは、学科を横断して興味のある分野を選択できます。国家試験対策として「学生研究室」を設置し、司法試験。司法書士試験。弁理士試験、税理士試験、国家公務員試験、公認会計士試験など、難関試験に対する万全の支援体制を整えています。

法律学科

>詳細
募集人員:533名
年限:4年

政治経済学科

>詳細
募集人員:350名
年限:4年

新聞学科

>詳細
募集人員:200名
年限:4年

経営法学科

>詳細
募集人員:200名
年限:4年

公共政策学科

>詳細
募集人員:250名
年限:4年

法律学科第二部(夜間部)

>詳細
募集人員:200名
年限:4年

文理学部

◇「文」と「理」を融合し、複合的な教育と研究を展開
文理学部最大の特長は、「文」と「理」を融合し、複合的な教育と研究を行っていることです。人文系・社会系・理学系を網羅し、所属学科の枠を超えて幅広い視野と教養を身に付けます。また教育養成にも力を入れ、専門家による実践的指導や、さまざまな学校でのインターシップ、教職ボランティアの紹介を行う教職センターを設置。元公立学校校長は常駐し、教員採用試験に対する疑問や質問に対応します。在学生、卒業生を問わず、教員志望者へ迅速な情報提供を行っています。またネイティヴ・スピーカーの教員による実践的な英語教育を実施。交換留学制度や海外語学研修プログラムで語学力の向上と国際感覚を養います。

哲学科

>詳細
募集人員:88名
年限:4年

史学科

>詳細
募集人員:133名
年限:4年

国文学科

>詳細
募集人員:133名
年限:4年

中国語中国文化学科

>詳細
募集人員:70名
年限:4年

英文学科

>詳細
募集人員:133名
年限:4年

ドイツ文学科

>詳細
募集人員:80名
年限:4年

社会学科

>詳細
募集人員:210名
年限:4年

社会福祉学科

>詳細
募集人員:60名
年限:4年

教育学科

>詳細
募集人員:120名
年限:4年

体育学科

>詳細
募集人員:200名
年限:4年

心理学科

>詳細
募集人員:130名
年限:4年

地理学科

>詳細
募集人員:80名
年限:4年

地球科学科

>詳細
募集人員:80名
年限:4年

数学科

>詳細
募集人員:73名
年限:4年

情報科学科

>詳細
募集人員:80名
年限:4年

物理学科

>詳細
募集人員:70名
年限:4年

生命科学科

>詳細
募集人員:70名
年限:4年

化学科

>詳細
募集人員:90名
年限:4年

経済学部

◇少人数制ゼミナールを通じて将来像を明確にし、専門分野を系統的に学ぶ
経済学の理論から実証までを体系的に身に付けられるカリキュラムが経済学部の特長です。学科別に学ぶ「プログラム制」や、100以上ある少人数制のゼミナールを通じ、専門性を高め、民間企業や官公庁でのインターンシップで、大学の学びを実務の中で活用します。また公認会計士、税理士などの各種資格取得講座の受講費用の補助も充実。語学教育にも力を入れ、英語の習熟度別のクラスや、世界17大学と提携する留学制度もあります。

経済学科

>詳細
募集人員:905名
年限:4年

産業経営学科

>詳細
募集人員:443名
年限:4年

金融公共経済学科

>詳細
募集人員:196名
年限:4年

商学部

◇分析する力とグローバルな視野を備えた専門能力をもつ人材の養成
実学としての商学を重視し、体系的かつ合理的なビジネス教育を展開しています。時代に即した語学教育では、国際的なビジネスの場で通用する語学力を修得するクラスを必修科目で開講。グローバル社会のビジネスリーダーを養成します。キャンパスには約46万冊の図書と雑誌が所蔵されている図書館や、100台以上のPCをはじめ、グループ学修に適したスペースなどを完備。充実した環境のもと勉強や研究に打ち込めます。また、社会の第一線で活躍する実務家を招く講座を開設。公認会計士、税理士による、生きた知識に触れられます。

商業学科

>詳細
募集人員:666名
年限:4年

経営学科

>詳細
募集人員:310名
年限:4年

会計学科

>詳細
募集人員:217名
年限:4年

芸術学部

◇「教えるのではなく、伝える」という芸術教育の理想を重視
「日藝」の名で知られ、8学科を擁する国内屈指の芸術総合学部です。「8つのアート1つのハート」のマインドのもとに独自教育を展開しています。最も重視しているのは「教えるのではなく、伝える」こと。第一線で活躍するアーティストやクリエイターを講師陣に迎え、マンツーマンに近いきめ細かな教育を実践しています。学科の枠を超えて履修できる科目や、学科、コース、専攻の枠を超え、1つの作品を合同制作するコラボレーションも実施。また学内に限らず、新素材を用いて製品を開発する産学協同プロジェクトや、成果を社会に発信する「NAP(日藝アートプロジェクト)」も実施し、学生の能力を引き出します。

写真学科

>詳細
募集人員:100名
年限:4年

映画学科

>詳細
募集人員:150名
年限:4年

美術学科

>詳細
募集人員:60名
年限:4年

音楽学科

>詳細
募集人員:90名
年限:4年

文芸学科

>詳細
募集人員:120名
年限:4年

演劇学科

>詳細
募集人員:126名
年限:4年

放送学科

>詳細
募集人員:120名
年限:4年

デザイン学科

>詳細
募集人員:100名
年限:4年

国際関係学部

◇知識と教養、外国語運用能力を養い国際人としての力を身に付ける
国際社会で活躍するためには、多様な民族や言語、文化などをグローバルな視点で捉える力が不可欠です。国際関係学部では、国際的教養を深める基礎となる初年次教育を重視し、「自主創造の基礎」で大学での学び方やキャリア形成への意識づけを行います。また、言語教育を柱に、2年次からは国際社会の諸分野を学ぶコース制を展開。体系的に各自の目的に合わせて学び、国際関係を深く理解し、理論と応用力を身に付けます。

国際総合政策学科

>詳細
募集人員:383名
年限:4年

国際教養学科

>詳細
募集人員:283名
年限:4年

危機管理学部

◇社会を取り巻くあらゆる「危機」から人命と生活を守るための方法や制度を研究
危機管理学部では、日本や世界で発生するさまざまな「危機」から社会を守るための方法や制度を社会科学的視点で研究します。あらゆる危機に対応する「オールハザード・アプローチ」により、リーガルマインド(法的な思考により問題を解決する能力)とリスクリテラシー(危機管理能力)を併せ持つ人材を養成します。1次次に危機管理の基礎的教養を学び、2年次から危機管理学を構成する4領域に基づく履修モデルを選択。多領域かつ複合的分野にわたる危機管理学の総合的な理解を深めます。

危機管理学科

>詳細
募集人員:300名
年限:4年

スポーツ科学部

◇競技スポーツに対する、社会の期待の高まりに応じた科学的研究の推進
近年、競技スポーツにおいて、競技力向上を目的とした科学的アプローチの需要が拡大しています。スポーツ科学部では、スポーツに関する科学的研究を推進し、優秀なアスリート・コーチの養成を目指します。「競争性」の比重が高い競技スポーツを対象に、「コーチング学」を主軸とした専門教育を行い、実践的理論を修得。また自然科学・医科学・社会科学・形式科学といった「周辺領域」の専門知識も学び、競技スポーツに関わる諸問題を発見し解決していく能力を養います。2年次には、自らの競技力向上に関して学ぶ「アスリートコース」と、アスリートのためのさまざまなサポート方法を学ぶ「スポーツサポートコース」からコース選択をします。

競技スポーツ学科

>詳細
募集人員:300名
年限:4年

理工学部

◇CST-DREAMが実現する「ものづくり」そして「ことづくり」
理工学部では、科学・技術・工学・芸術・数学にデザインを加えた「CST×DREAM教育プログラム」で学び、ただの「ものづくり」ではなく、人のための文化を拓く「ことづくり」に挑戦します。都心の駿河台キャンパスは、地上18階地下3階の高層の新校舎に最先端の教育研究施設を設置。東京ドーム6個分の船橋キャンパスでは、研究活動を支える大型実験施設が多数あります。8つの拠点がある「未来博士工房」は1年次から参加でき、学生の潜在能力を引き出します。また大学と約23万人の卒業生が連携を取りきめ細かい就職指導を実施。採用活動のトレンドを踏まえたプログラムも導入し学生の進路を支えます。

土木工学科

>詳細
募集人員:220名
年限:4年

交通システム工学科

>詳細
募集人員:120名
年限:4年

建築学科

>詳細
募集人員:250名
年限:4年

海洋建築工学科

>詳細
募集人員:120名
年限:4年

まちづくり工学科

>詳細
募集人員:100名
年限:4年

機械工学科

>詳細
募集人員:160名
年限:4年

精密機械工学科

>詳細
募集人員:140名
年限:4年

航空宇宙工学科

>詳細
募集人員:120名
年限:4年

電気工学科

>詳細
募集人員:160名
年限:4年

電子工学科

>詳細
募集人員:100名
年限:4年

応用情報工学科

>詳細
募集人員:100名
年限:4年

物質応用化学科

>詳細
募集人員:200名
年限:4年

物理学科

>詳細
募集人員:140名
年限:4年

数学科

>詳細
募集人員:100名
年限:4年

生産工学部

◇生産実習(インターンシップ)で専門的知識と実践技術を学び実学志向の技術者を育てる
実学を重視する生産工学部では、3年次の必修科目「生産実習」で、企業や官公庁などで2週間から1か月実習を行います。専門的知識と実践技術の連動を学び、実学志向の技術者を養成するほか作り手の視点だけではなく、デザインや使い心地など、ユーザーの視点にも立ち、社会的価値まで見据えられる技術者を養成します。さらに「生産工学系科目」では想像力やチームワーク力、経営能力を養います。また学科横断プログラム「Glo-Be」では世界で活躍できる技術者を、「Entre-to-Be」ではトップ経営者を、「Robo-Be」ではロボット技術のエキスパートを「STEAM‐TO‐BE」では創造的で発想力のある人材を養成。その他、JABEE(日本技術者教育認定機構)認定コースもあります。

機械工学科

>詳細
募集人員:198名
年限:4年

電気電子工学科

>詳細
募集人員:176名
年限:4年

土木工学科

>詳細
募集人員:198名
年限:4年

建築工学科

>詳細
募集人員:198名
年限:4年

応用分子化学科

>詳細
募集人員:176名
年限:4年

マネジメント工学科

>詳細
募集人員:176名
年限:4年

数理情報工学科

>詳細
募集人員:154名
年限:4年

環境安全工学科

>詳細
募集人員:132名
年限:4年

創生デザイン学科

>詳細
募集人員:132名
年限:4年

工学部

◇人と地球の共生をめざす「ロハス」をキーワードに、教育・研究活動を展開
人類にとって幸せな生き方の指針となる「ロハス(LOHAS*)をキーワードに掲げ、「ロハス工学」をテーマにした教育・研究活動を行っています。学科横断で展開している「ロハスの家」研究プロジェクトでは、ログハウス型仮設住宅や集会施設を福島県内に建設するなど、「ロハス工学」を実社会に取り入れる活動を実施。美しい自然と最新の施設・設備が調和したキャンパスで「ロハス工学」の学びを深めます。また機械工学科と電気電子工学科には「臨床工学技士課程」を設置。高度化・複雑化している医療機器のスペシャリストを育成します。さらに、郡山にいながら首都圏を中心とした全国の企業と接することができる就職セミナーを開催するなど、学部独自の就職支援を行っています。
*LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability(健康を重視し持続可能な社会生活を心がける生活スタイル)の略

土木工学科

>詳細
募集人員:150名
年限:4年

建築学科

>詳細
募集人員:180名
年限:4年

機械工学科

>詳細
募集人員:180名
年限:4年

電気電子工学科

>詳細
募集人員:180名
年限:4年

生命応用化学科

>詳細
募集人員:160名
年限:4年

情報工学科

>詳細
募集人員:180名
年限:4年

医学部

◇「高い人間力を有する医師」「学際的視野を持った研究者」「次世代リーダーを育成する熱意ある教育者」の育成
医学部では「高い人間力を有する医師」「学際的視野を持った研究者」「次世代リーダーを育成する熱意ある教育者」の育成を、最大の目標に掲げています。1年次より人間性あふれる医師・医学研究者として職業観や倫理観を磨く「医学序論」などの授業を開講。また、専門知識や技術はもちろん、医療現場で求められる問題解決能力やコミュニケーション能力を身に付ける実践的な教育も展開。4年次後半から始まる「臨床実習」では、最先端の医療を地域に提供する付属病院や関連施設で診療参加型実習を行っています。さらに、1年次から6年次まで一貫した独自の医学英語教育カリキュラムを実施し実践的な英語力を強化。医学の授業と直結した英語の授業を展開し、日本語・英語の両方から理解度を高めます。医学英語教育カリキュラムの質と量は国内トップクラスです。

医学科

>詳細
募集人員:120名
年限:6年

歯学部

◇大学院生のサポートやクラス担任制などを導入し学力向上に邁進
学生を支援するために大学院生によるサポート体制やクラス担任制、「学生カルテ」を実施しているほか、履修内容を統合して習熟を図る「歯科学統合演習」やiPadを活用した授業など先進的な教育を展開しています。また地域に貢献できる歯科医師の育成を目指し、遠隔医療システムなどの最新の医療システムに触れられる機会を用意しています。離島のニーズに応じた研修や、地元歯科医師会と連携して研究成果を地域に還元するサポートも行っています。御茶ノ水の都市型キャンパスでは最先端設備を整え、6年一貫教育を実施し、学生の主体的な学びを支援します。

歯学科

>詳細
募集人員:128名
年限:6年

松戸歯学部

◇6年間の一貫した教育プログラムと豊富な臨床経験でプロ意識を醸成
1年次から各学年に「医療行動科学」と「歯科医学総合講義」を設置し、医療人としての資質・人格と倫理観を養い、段階的に専門知識・技能を修得します。「教育・学修総合センター」では、成績データなどを集積するシステムを導入し、苦手分野の克服に貢献。個別コンサルテーションにより学修の到達度を一人ひとり把握し、歯科医師国家試験合格まで手厚く導きます。またStudent Doctorの身分として診療体験することができる臨床実習を行っているほか、地域医療実習として、福祉施設での学外研修などを通して、多職種と協働できる優れた臨床能力と人格を養います。

歯学科

>詳細
募集人員:115名
年限:6年

生物資源科学部

◇人口増加や食料・環境問題などの解決に挑むスペシャリストを養成
人口増加や食料・環境問題などが深刻化する中、生態系の維持と修復、生物の共存を追及する「生物資源科学」が必要とされています。
生物資源科学部では、動植物、微生物の生産・利用や、新しい機能を持った食品の開発など、あらゆる生物資源を研修対象とし、21世紀の諸問題に取り組む人材を養成します。授業は教室だけでなく、フィールドでの実験や実習を通じて生命の営みや地球環境を体感。また、国際交流も積極的に推進し、グローバルな教育・研究を展開しています。東京ドーム12個分のキャンパスには、温室や牧草地、演習林、食品加工実習所なども設置。学外にも臨海実験所や演習林など充実した施設があります。

生命農学科

>詳細
募集人員:130名
年限:4年

生命化学科

>詳細
募集人員:130名
年限:4年

獣医学科

>詳細
募集人員:120名
年限:6年

動物資源科学科

>詳細
募集人員:136名
年限:4年

食品ビジネス学科

>詳細
募集人員:136名
年限:4年

森林資源科学科

>詳細
募集人員:130名
年限:4年

海洋生物資源科学科

>詳細
募集人員:136名
年限:4年

生物環境工学科

>詳細
募集人員:130名
年限:4年

食品生命学科

>詳細
募集人員:136名
年限:4年

国際地域開発学科

>詳細
募集人員:130名
年限:4年

応用生物科学科

>詳細
募集人員:126名
年限:4年

くらしの生物学科

>詳細
募集人員:80名
年限:4年

薬学部

◇基礎から専門領域まで段階的に学びを深める環境と充実した支援体制
豊かな人間性を養う教養科目と、知識・技能を修得する実習を通して、医療品を適正に使用できる科学的な知識と、チーム医療の一員として役割を果たすための態度・技能を修得します。1年次に病院・薬局・介護施設などを体験する「早期臨体験」や、日本大学の付属病院などや薬局で実習を行う5年次の「薬学実務実習」など現場実習も充実。また学部独自の合同企業セミナーや、企業の担当者と昼食をとりながら気軽に情報収集できるセミナーを開催。各研究室に就職指導の教員を配置し、学生の進路決定をサポートします。

薬学科

>詳細
募集人員:244名
年限:6年

短期大学部

◇幅広い学問分野に触れられる、学部間の単位互換制度も充実
大きな特長は、4年制の併設学部と密接に連携していることです。施設・設備を活用しながら、学部教員による専門性の高い講義・実習を受講可能。また、学部との単位互換制度も充実しており、幅広い学問分野に触れることができます。専門分野をさらに探求したいと望む学生には、4年制大学への編入学を支援。編入学試験に向けた学修指導や個別相談などを通じて学生をバックアップします。就職を希望する学生には、総合大学としてのネットワークを生かしたきめ細かい就職支援を実施。就職ガイダンスや公開模擬面接、インターンシップなどのほか、社会で必要とされる各種資格取得支援講座も開講しています。

ビジネス教養学科

>詳細
募集人員:100名
年限:2年

食物栄養学科

>詳細
募集人員:100名
年限:2年

建築・生活デザイン学科

>詳細
募集人員:110名
年限:2年

ものづくり・サイエンス総合学科

>詳細
募集人員:70名
年限:2年

法律学科

社会をさまざまに規律する法律全般を幅広く学び、社会が抱える問題や日常生活の紛争に対して、法的思考を用いるとどのような解決・予防が可能なのかを知ることができます。
1・2年次には、法律基本科目の学修を中心に、法的思考力を養い、法解釈の技法を学んでいきます。
履修に関する自由度が高い3・4年次は、自分が目指す将来に応じて、より専門的・応用的な法律知識を修得。興味のあるテーマに合わせて選択できるゼミナールでは、少人数の共同研究による活発な論議やより深い研究を通して、柔軟かつ論理的な法的思考力の強化を図ります。
募集人員:533名
年限:4年
初年度納入金:1,260,000円
<一覧に戻る

政治経済学科

「政治学」「経済学」を中心として、これから政治経済学科で広く社会科学を学んでいく上で必要な「西洋政治史」や「国際政治学」、「行政学」、そして「日本政治論」などの科目を学びます。「政治学」や「経済学」などに関する幅広い知識を身に付け、次のステップにそなえます。
「政治学原論」「現代政治理論」「ミクロ経済学」「マクロ経済学」といった基幹科目の学びを深めるとともに、自分が選択したコースに沿って専門的に学修。多くの学生は3年と4年の2年間にわたるゼミナールでの自身の関心領域の研究を行い、その集大成である「セミナール論文」を完成させます。
募集人員:350名
年限:4年
初年度納入金:1,260,000円
<一覧に戻る

新聞学科

ジャーナリズムとは、いかなるものなのか。メディアとは何か。社会学、歴史学、政治学、法律学などの多様なアプローチから、こうした根源的な問いについて思考し、ジャーナリズムやメディアに関する基礎的な知識と方法論を学びます。
ジャーナリズムやメディアが有する問題について、印刷メディアだけでなく、音声や映像メディア、さらにはSNSなどのインターネット・メディアにも視野を広げ、これらが有する問題の把握と解決のための洞察力や思考力の獲得を目指します。
募集人員:200名
年限:4年
初年度納入金:1,260,000円
<一覧に戻る

経営法学科

4年間の学びの土台作りとして、法学や憲法はもちろん、経営学なども学修。さらに2年次のコース選択を考慮した各コースの基本科目を学ぶこともできます。例えばビジネス法コースなら「マーケティング論」や「簿記原理」、国際法務コースなら「国際取引法A」、知的財産コースなら「知的財産法A(特許・実用新案)」などを学びます。
2年次進級時に、自分が描く将来像に合わせてコース選択を行います。ビジネスと法の関わりについて幅広い知識・スキルが獲得できるビジネス法コース、国際的な舞台で活躍を目指す国際法務コース、弁理士など企業の知的財産の分野で活躍を目指す知的財産コースと3コースあり、それぞれ専門性を深め実力アップを図ります。
募集人員:200名
年限:4年
初年度納入金:1,260,000円
<一覧に戻る

公共政策学科

1年次では「公共政策論」・「行政学」・「地方自治論」などから、公共領域の基礎知識を修得し、変容しつつ多様化する公共領域において活躍する新しいアクター、社会システムの役割を学修。2年次では各コースに関連する専門分野で、それぞれの立場(官・民等)やその役割から、問題発見能力を身に付けます。
3・4年次では各コースに関連する専門分野から専門知識などを修得し、新たな公共の担い手となる学びのステージとなります。学生自身が活躍したいと考える分野での専門的知識やスキル、問題発見のための思考力や実践力を身に付け、新たな知見を見出す能力を獲得します。
募集人員:250名
年限:4年
初年度納入金:1,260,000円
<一覧に戻る

法律学科第二部(夜間部)

第二部(夜間部)法律学科は,主に夕方からの時間帯を使って、第一部法律学科と同じカリキュラム、授業内容を提供しています。
社会人にも門戸を開き、社会人にも無理なく卒業単位を修得できるように時間割が展開されています。また、第二部から第一部への転部も可能です。
募集人員:200名
年限:4年
初年度納入金:660,000円
備考:長期履修学生制度あり
<一覧に戻る

哲学科

各「概論」や「基礎購読」、「思想史」などの学修を通じて、「哲学」「倫理学」「美学」「宗教学」のどの分野に関しても基礎的な知識を身に付け、真・善・美・聖という4大価値に対する理解を深めます。また、「クリティカル・シンキング」や「記号論理」により論理的思考能力を培います。「古典語・古典学」の履修も可能です。
2年次から始まる「課題研究(ゼミナール)」「演習」「特殊講義」などを中心に、各分野の専門性を高めるとともに、自分の研究テーマを決めていきます。4年次では、これまでに培った、哲学的文献や作品の理解力、問題提起力、論理的思考力など、全ての力を傾注して、卒業論文を完成させます。
募集人員:88名
年限:4年
初年度納入金:1,290,000円
<一覧に戻る

史学科

歴史を知るのではなく研究するのが歴史学です。歴史学の学問としての特長を知り、研究の技法を学びつつ、「日本史」「西洋史」「東洋史」「考古学」「文化財学」の5分野、 さらには古代・中世・近世・近現代など時代の違いもふまえて自分が専攻したい(卒業論文で研究したい)分野を見つけます。
3 年次になる際に、 自分が専攻したい分野のゼミナールを1 つ選びます。仲間とともに議論しながら、その分野に関する史料や専攻研究を集め、 読みこなせるように訓練を重ねます。自分が最も打ち込むことができるテーマを探し、一人の研究者として卒業論文の作成を進めていきます。
募集人員:133名
年限:4年
初年度納入金:1,300,000円
<一覧に戻る

国文学科

日本文学を古典から近現代まで多角的に学ぶ「日本文学」、日本語の歴史や現代社会における日本語のあり方を学ぶ「日本語学」、書の歴史・鑑賞・実践を学ぶ「書学」の3 分野を軸にしたカリキュラムが組まれています。1・2 年次には、さまざまな研究テーマに触れながら、基礎的な知識や研究方法を身に付けます。
3・4 年次には、「日本文学」「日本語学」「書学」のうち、学びたい分野のゼミナールに所属します。ゼミナールは少人数で行われるため、互いに刺激しあい、各分野の専門知識をじっくり学び、研究を行うことができます。4 年次には、学修の集大成として卒業論文を執筆します。
募集人員:133名
年限:4年
初年度納入金:1,300,000円
<一覧に戻る

中国語中国文化学科

中国語は、ネイティブ・日本人教員の連携による少人数クラス(20数名)。「中国語1-4」で基礎から中級までの実践的な中国語を学び、「中国学入門1-4」で中国語圏の歴史と文化に関する基礎知識を学びます。さらに幅広い専門分野に触れる「文学・思想・社会・文化の研究」及び「アジアの文化と社会・表象文化」があります。
中国語に磨きをかける「リスニング・スピーキング・ライティング・リーディング1-4」の中国語実践科目。専門分野を究める「語学・文学・社会・文化」の各「演習1-4」科目。そして、仕上げとして、より深く学ぶ「研究ゼミナール」+「卒業ゼミナール」、またはより広く学ぶ「中国学特別研究」+「卒業レポート」が用意されています。
募集人員:70名
年限:4年
初年度納入金:1,305,000円
<一覧に戻る

英文学科

英語のネイティヴ・スピーカーが担当する「Academic English1・2」や「英語発音演習」「英文法演習」を通して、「聞く」「読む」「話す」「書く」という英語の4 技能を高め、 自らの考えを英語で表現できるようにします。また、英米文学や英語学の概論では基礎的な内容をじっくり学び、2 年次以降の専門科目の土台を固めます。
英語のネイティヴ・スピーカーが担当する「Academic English3・4」では、高度な文章作成能力を養成。英語学では、音声学・統語論・意味論・語用論などの学修を通して英語に対する優れた言語感覚を身に付けます。英米文学では、英語圏の文学作品を精読することで、言葉の背後にある文化や人間に対する深い洞察力を養成します。
募集人員:133名
年限:4年
初年度納入金:1,290,000円
<一覧に戻る

ドイツ文学科

1・2年次は、ドイツ語の文法、講読、作文、またネイティヴ教員による実践的なドイツ語など、さまざまなドイツ語の授業を通じて、ドイツ語を基礎から徹底的に学修します。また、ドイツ語の授業と並行して、ドイツ文学科の3本柱となるドイツ語圏の文学・語学・文化の幅広い知識を講義形式で学んでいきます。
3・4年次には、1・2年次で培ったドイツ語とドイツ語圏の知識を土台にし、より専門的な内容を学びます。学生の個性を生かすゼミナール形式も導入され、選んだ分野を究めます。また、2年次から参加できる海外語学研修( ベルリンもしくはミュンヘン) では、一人ひとりの語学力を高める上で大きな成果を上げています。
募集人員:80名
年限:4年
初年度納入金:1,290,000円
<一覧に戻る

社会学科

1・2年次には、社会学の理論・学説や社会調査の基礎を学びます。
また、社会の仕組みを探究する多彩なカリキュラムを通じて、現代社会の諸現象を的確にとらえる力、ひとつの現象を多様な視座からとらえる柔軟な思考力を身に付けます。2年次からは、少人数クラスの社会学演習で細やかな指導のもと、各自の問題関心を深めます。
3・4年次には、各自の興味に合わせて専門分野の学びを深めていきます。社会学はあらゆる社会現象が研究対象となるため、都市、メディア、産業、災害、家族、ジェンダー、社会問題、社会思想など研究分野も多岐にわたります。専任教員の指導のもと、ゼミナールに所属し、各自で卒業論文や共同研究に取り組みます。
募集人員:210名
年限:4年
初年度納入金:1,305,000円
<一覧に戻る

社会福祉学科

1 年次は、社会福祉の導入科目を学びつつ、さまざまな領域の福祉社会を創造する多様な実践を、ゲストスピーカーからの報告などから学び、自分の興味のある分野や2年次からの学修の方向性を考えます。
2・3年次には、福祉行政、産業福祉、ソーシャルワークなど希望する進路・キャリアの方向性に応じた専門科目群を履修します。専門知識の修得とともに、演習、実習、フィールドワーク、インターンシップなどにより、ソーシャルワーカーとして、また福祉を担う公務員や産業人として必要な実践力を身に付けます。
募集人員:60名
年限:4年
初年度納入金:1,350,000円
<一覧に戻る

教育学科

教育学は、哲学・歴史学・社会学・心理学・医学をはじめとする諸学問に「教育」という視点からアプローチします。その基礎的な知識は、必修科目で継続的に修得していきます。調査・研究の基礎的な方法論については、初年次導入教育科目や「教育学演習1・2」などの少人数授業を通して、丁寧に指導しています。
教育学は、学校教育以外にも多様な分野を含んでいます。2年次から幅広い分野をカバーする多くの選択科目を用意しています。関心のある分野を深く学ぶことも、さまざまな分野をまたいで履修することもできます。また、「教育学演習3・4」と「卒業論文」「卒業研究」で、自らの関心を研究ベースで深めていきます。
募集人員:120名
年限:4年
初年度納入金:1,305,000円
<一覧に戻る

体育学科

1・2年次は体育・スポーツ・健康科学に関する基礎を身に付けます。講義では、体育・スポーツ・健康の専門的な知識を学びながら、データ収集・分析・考察を通して【科学的な知】を修得します。実技ではカンやコツといった【実践的な知】を獲得します。そして運動・指導の充実に向け【計画・実施・反省】のサイクルの習慣化を図ります。
3年次には「各種演習」や「各種スポーツ方法論」を通して、これまでに身に付けた体育スポーツ・健康科学に関わる【科学的な知】と【実践的な知】を活用して専門性を深めます。また、ゼミナールでは各自でテーマを設定し、課題や問題を発見・解決する能力を高めます。そして、4年次には「卒業論文」または「卒業研究」に取り組みます。
募集人員:200名
年限:4年
初年度納入金:1,390,000円
<一覧に戻る

心理学科

1・2 年次では、心理学を構成する諸領域の基礎知識や基本的な方法論、研究法、測定法を学ぶとともに、心理学全般の知識を修得します。また、公認心理師の国家資格取得を目指す公認心理師コースは1年次の成績などによって2年次から履修可能となり、演習や学外
施設などの実習形式の授業などが実施されます。
3・4年次には、自らの興味関心ある分野を定めてゼミナールを選択し、特定領域の心理学の専門的な学びを通して、応用領域の専門的な知識・技能を修得し、研究テーマを決めて卒業論文に取り組みます。また、講義科目のほかに体験的に心理学を学修するために、少人数クラス編成による演習、実験実習形式の授業を行っています。
募集人員:130名
年限:4年
初年度納入金:1,380,000円
<一覧に戻る

地理学科

地理学の領域は人文・社会・自然科学にまたがり、その学修では広範にわたる知識の獲得が求められます。また研究を実践するためには、フィールドワークの方法や地理情報システムの活用、地図の作成といった技術の修得が必要になります。1・2年次には、こうした専門知識と技術の基礎について学びます。
3年次には、地理学のさまざまな専門知識を結び付け応用する複合領域的なテーマに関する講義や、資料・データを分析する専門技術を実践的に学ぶ実験・実習を通して地理学の学修を深めていきます。
また、3・4年次の2年間はゼミナールに所属することで、自ら設定したテーマの研究を進め、成果をまとめます。
募集人員:80名
年限:4年
初年度納入金:1,620,000円
<一覧に戻る

地球科学科

全国の私立大学では数少ない、地球科学を幅広く学ぶことができる学科です。1年次の導入科目では、高等学校で地学を学んでいない人や文系の人も安心して地球科学の基礎を学べます。2泊3日の富士山周辺での野外実習も行う「固体・流体地球科学基礎実験1」では、本物の体験を通して地球科学の基本的な調査法を身に付けます。
3年次から習熟度によって, 専門技術者を目指す「地球環境学プログラム」と幅広い分野での活躍を目指す「地球環境学総合プログラム」に分かれます。これらのプログラムにおいて、より専門的な知識を身に付けていきます。「地球環境学プログラム」は、日本技術者教育認定機構(JABEE)により認定された国際基準の教育プログラムです。
募集人員:80名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

数学科

1年次には必須科目として、専門的な数学の基礎となる「線形代数」「微分積分」を学修。実際、これらはいろいろな数学に応用され、多くの数学の分野がさまざまなつながりを持っていることが実感できます。また1年次専門科目では、高校までの数学と大学での数学の橋渡しの役目を持った学びを展開し“ 大学での数学” の学び方を身に付けます。
2年次では、1年次で学んだ基礎を生かした演習科目があります。その後、卒業までの2年間に渡って1つの研究テーマについて取り組みます。抽象数学の学修から“ 論理力”、応用数学の学修から“ 社会に役立つ数学の運用力” を修得し、1つの概念をいろいろな側面から見ることを学ぶことによって、社会の課題解決に取り組む力を身に付けます。
募集人員:73名
年限:4年
初年度納入金:1,670,000円
<一覧に戻る

情報科学科

IT(情報技術)では、ソフトウェア作成のためのプログラミング言語と、ソフトウェアを組み上げるための論理的・数理的思考、そして社会のニーズを捉える幅広い知識の基礎を、1・2 年次に学びます。このステップでIT 技術者になるための基礎固めができ、基本・応用情報処理技術者などの資格取得への準備ができます。
3 年次では、基礎学力の上に、各自が望むIT 技術者になるための実力を積み上げます。優れたIT技術者は論理的・数理的思考により社会に現れる問題を定式化し、ITの最新技術を用いて解決します。このような技術者になるための理論や知識を学ぶことで、基本・応用情報処理技術者などの資格取得は十分可能になります。
募集人員:80名
年限:4年
初年度納入金:1,680,000円
<一覧に戻る

物理学科

物理学は、素粒子から宇宙にわたる森羅万象を、少数の基本的な法則や原理から解明する自然科学の基幹となる学問です。これは観測・測定による実験物理学と、その結果を体系化し予測する理論物理学の両輪から構成されます。1・2 年次には、物理学の基礎を理解するため、数学や力学、電磁気学などの古典物理学を学びます。
量子力学や統計物理学、相対性理論や物性物理学などの現代物理学の諸法則を学ぶとともにさまざまな物理現象を対象に実験を行うことで、自然現象に対する理解を深めます。4 年次には、理論系または実験系のゼミナールに配属され、今までに学んだ理論や実験手法を駆使して卒業研究を行い、物理学の先駆的な研究に挑戦します。
募集人員:70名
年限:4年
初年度納入金:1,710,000円
<一覧に戻る

生命科学科

1・2年次には、生命科学の概略を学ぶ「生命科学概論」をはじめ、関連分野の「基礎物理」「基礎化学」、そして「細胞生物学」や「遺伝学」「生態学」など多彩な科目を展開。これらを通して幅広い視野を養い、分子レベルから生態系のレベルまで多岐にわたる生命現象を理解していきます。
3年次には「発生生物学」や「ゲノム科学」「光生物学」などを展開。より深淵な生命科学の世界へ進みます。また、1年次から3年次まで通年で開講される実験科目に加えプログラミング科目で、生命科学に必要な思考力と技術力を修得。さらに、「プレゼンテーション演習」と「生命科学英語」でコミュニケーション能力も養います。
募集人員:70名
年限:4年
初年度納入金:1,740,000円
<一覧に戻る

化学科

理学系化学科として物質系から生命系まで、基礎科学系の化学の広い諸領域に深く踏み込める幅広い知識と力量を卒業までに身に付けることが目的。1年次の少人数制の実験などで実験操作の基礎技術を修得。1・2年次は化学5分野(無機・有機・物理・分析・生物・化学)の専門知識と技術を広く学修します。
3年次からは化学5分野の中から各自の専門分野を選択し、その分野に特化した学修が中心になります。化学における専門性の高い実験を履修することにより高度な実験技術が体得できます。講義でも、化学5分野のそれぞれに特化した高い専門知識を修得し、さらに応用的な知識も修得します。
募集人員:90名
年限:4年
初年度納入金:1,740,000円
<一覧に戻る

経済学科

ミクロ・マクロ経済学を学び、経済学的思考の基礎を固め、問題の本質を把握するための能力を養います。また「経済分析入門」など、統計の手法や理論を学修し、あらゆる経済分野に応用できる手法を学びます。2年次に選択する6つの「プログラム」(コース制)で特定領域を学修します。
少人数制のゼミナールに所属し、専門分野について主体的に調査・研究・発表を行い、高度な経済学の知識を修得。また国際貿易、経済発展、福祉と労働・環境と都市などの幅広い分野の経済事象について研究します。
【国際コース】
国際的なビジネスの舞台で、経済のスペシャリストとして活躍するために必要な知識や交渉力、語学力を身に付けます。授業は1クラス10~15人の少人数制で、ネイティブの教員により経済に関わる実践的な英語力を修得します。
募集人員:905名
年限:4年
初年度納入金:1,240,000円
<一覧に戻る

産業経営学科

社会全体のことを扱う経済学の基礎理論を学んだ上で、「経営学」「マーケティング」などの実務において求められる知識を修得するとともに、社会に貢献する職業人としての基礎を育みます。4つの専門「プログラム」(コース制)を設置し、2年次に選択します。
少人数制のゼミナールに所属し、専門分野について主体的に調査・研究・発表を行い、さまざまなビジネスシーンで応用できる実践力を養います。企業経営に対する問題意識や会計・金融の専門知識を身に付け、簿記・会計や情報処理などの資格取得を目指します。
募集人員:443名
年限:4年
初年度納入金:1,240,000円
<一覧に戻る

金融公共経済学科

ミクロ・マクロ経済理論の基礎を学び、公共機関の仕組みや制度への理解を深めるとともに、銀行や保険・証券といった金融機関の役割について知識を深めます。さらに「金融工学」「リスクマネジメント論」などの手法・技術について実践的に修得。2年次には2つのプログラムから選択し専門性を高めます。
少人数制のゼミナールに所属し、専門分野について主体的に調査・研究・発表を行い、実践的で高度な政策立案技術を修得。自治体でのインターンシップを取り入れた授業のほか、公務員、ビジネスパーソンによる「経済政策論」の講義やケーススタディを取り入れた授業で、問題発見,解決能力を向上させます。
募集人員:196名
年限:4年
初年度納入金:1,240,000円
<一覧に戻る

商業学科

流通の仕組みから、金融、保険、証券、マーケティングなど幅広い分野を対象に、世の中の商品やサービスの流れについて研究。グローバル化やIT化など変化が激しい市場環境で求められる実践的な問題解決能力を備えた人材の養成を目指します。
募集人員:666名
年限:4年
初年度納入金:1,240,000円
<一覧に戻る

経営学科

企業や団体などがどのように創設され、どのようなビジネスモデルを描いているのかを理解し、ヒト、モノ、カネ、情報といった経営資源の管理方法など、組織運営に必須の専門知識を修得。さらにベンチャー企業の事例研究なども実施しています。
募集人員:310名
年限:4年
初年度納入金:1,240,000円
<一覧に戻る

会計学科

財務会計、管理会計、財務諸表などをチェックする監査などの実践的スキルと理論を修得。公認会計士や税理士をはじめ、株主などのステークホルダーに、企業や組織の会計部門で企業活動の成果を見える化する役割を担うスペシャリストを養成します。
募集人員:217名
年限:4年
初年度納入金:1,240,000円
<一覧に戻る

写真学科

「表現技術を学ぶ実習」「制作のための技術理論」「表現や研究を行うための表現理論」という3本の柱で構成されたカリキュラムを通して、1・2年次では写真に関するあらゆる分野で活躍するための基礎を修得。銀塩写真の実習やデジタルによる作品を制作し、講義ではイメージングプロセス論や写真史などを学びます。
3・4年次では、広告・報道・建築・ポートレートなどさまざまな写真の専門的な実習や講義を自ら選択します。各自にとって必要な理論や技術を深め、写真の本質を追求します。オムニバス形式の「写真特別講座」では、現役写真家や編集者などを招き、各業界の実情を学びながら自らの将来を見定めていきます。
募集人員:100名
年限:4年
初年度納入金:1,870,000円
<一覧に戻る

映画学科

映像表現・理論コース、監督コース、撮影・録音コース、演技コースの4つのコースに分かれ、それぞれの分野のスペシャリストに成長できるよう、1年次から専門的な実習を行います。また、「映画芸術学」や「シナリオ論」など全コース共通の講義科目を通して、映画の知識を学びます。
各コースでは段階制の科目を設け、年次が進むごとに高度な専門知識と技術を身に付けます。2年次から、映像表現・理論コースは理論・批評、シナリオ、映像の3専攻に分かれ、監督、撮影・録音、演技コースはコラボレーションの授業が始まります。4年次には、専門的な学びの集大成として、卒業論文・卒業制作・卒業研究に向かっていきます。
募集人員:150名
年限:4年
初年度納入金:---
備考:初年度納入金188万円~195万円
※コースにより異なる
<一覧に戻る

美術学科

人間の普遍的な「本質」を探り豊かな創造力を育てることを目的に、絵画、 彫刻の2コースを軸とした専門的な学びを展開します。1年次には基礎的な演習を主とした創作活動を行い、 知識と技術の両面から修得。専攻枠を超えた「デッサン・版画基礎・彫塑」といった多様な表現も学び、自ら選択した専攻に厚みを持たせます。
3・4年次には、実践的で高度な専門知識と技術を駆使した自主制作を進めます。卒業制作に向かって、個々の表現を探ります。少人数、個別指導を行い、それぞれの表現に寄り添った指導を展開します。
また「古美術研究」や「美術作品研究」などによって、充実した芸術の知識を得ることができます。
募集人員:60名
年限:4年
初年度納入金:1,880,000円
<一覧に戻る

音楽学科

1年次は音楽の基礎となるソルフェージュ、和声、音楽史、音楽学などの基礎理論を学びます。また合唱や室内楽など集団での演奏において、基礎技術を修得します。
演奏系のピアノ、声楽、弦管打楽と理論系の作曲・理論、音楽教育、情報音楽の各コースに分かれて、それぞれの表現技術を磨きます。演奏系コースは定期演奏会やオペラなどを目標に授業を進め、論文系コースはゼミナールで各研究分野を深く追求していきます。演奏系コースの成績優秀者はコンチェルト定期演奏会でオーケストラと共演する機会もあります。
募集人員:90名
年限:4年
初年度納入金:1,890,000円
<一覧に戻る

文芸学科

1年次は、作品研究発表するゼミナールや創作を読みあう合評、「ゼミ雑誌」の編集など、少人数だからこそ可能な授業を実施。専門技能を身に付けるための「DTP 実習」や「ジャーナリズム実習」など実践的な授業も開講。2年次は、小説・詩・文芸批評・ジャーナリズムなど専門分野に特化したゼミナールを選択します。
文芸学科ゼミナールの最大の特色「ゼミ雑誌」の制作は、実際の本づくりと同じプロセス。学生たちがひとつの編集部として機能するリアルな演習です。デザインや内容など、指導教官のもと、学生が自主的に企画編集し、収録作品も執筆。さらに、予算内でどこまで凝るか判断し印刷所とも交渉するなど, 実践的に学べます。
募集人員:120名
年限:4年
初年度納入金:1,750,000円
<一覧に戻る

演劇学科

1年次は、「演劇概論」で演劇・舞踊の成り立ちや、その多様さを学びます。同時に「演劇史I(日本)」「演劇史Ⅱ(西洋)」で、歴史についても理解を深めます。基本的には実技を扱う学科のため、初歩から丁寧にスキルを磨いていく「演習」「実習」も各コースに設置されています。
2年次は「総合実習」が始まります。各コースから、キャスト、 スタッフ(舞台美術、照明、音響、舞台監督、制作など)が集まり、1つの舞台を創り上げます。大学にある劇場(中ホール・約250名収容)を使い、 演劇・日舞・洋舞の3つの部門で, 年間約10本の公演を行っています。
募集人員:126名
年限:4年
初年度納入金:1,840,000円
<一覧に戻る

放送学科

「放送概論」「放送社会学」「放送制度論」「テレビ史」「ラジオ史」などの履修を通して放送を学ぶ上での基礎となる知識を幅広く得ると同時に、必修の「映像制作演習」「音響制作演習」を通して創作、表現、制作に関する基本的なプロセスや考え方を体得します。
1 年次後期から「テレビ制作」「ラジオ制作」「映像技術」「音響技術」
「CM」の5 専攻に分かれ,2・3 年次にレベルアップする実習を通してより実践的な専門知識や技術を身に付けます。また、脚本、アナウンス、企画構成、コピー・コンテ、取材調査など、専攻の枠を超えた実習・演習を通し、表現者としての幅を広げていきます。
募集人員:120名
年限:4年
初年度納入金:1,900,000円
<一覧に戻る

デザイン学科

1年次では基礎理論のほか、色彩や立体の基礎実習を通して学びます。
また「ベーシックデザインワークショップ」など実習科目を通じ、デザインを横断的に学ぶことが可能です。2年次からは、各自の希望選択により、「タイポグラフィ論」「建築デザイン論」などの理論を多角的に探究できます。
3年次には、各学生がより専門性を絞り、関連の授業を選択することが可能です。グラフィック、メディア、インタラクション、インダストリアル、プロダクト、スペース、アーキテクチャーなどの多くのデザイン領域の専門演習科目を通じて高い専門性と優れた問題解決能力を身に付けることができます。
募集人員:100名
年限:4年
初年度納入金:1,850,000円
<一覧に戻る

国際総合政策学科

国際社会の困難な問題に直面しても、その本質を見抜き、解決するための政策を実行できる資質を修得するため、経済、外交、環境問題などを軸とする国際関係・国際文化の基礎理論を学びます。さらにコミュニケーションの土台を築くための外国語科目を学ぶことにより、国際人としての基本的な知識・技能を身に付けます。
2年次から「国際関係コース」「国際ビジネスコース」「グローバルスタディコース」「グローバル観光コース」がスタートします。いずれかのコースを選択し、学部共通科目と組み合わせ、幅広い教養と専門領域を連動させながら、環境問題や紛争の解決策、海外ビジネスの経営戦略など、豊かな社会を形成するための多様な課題の解決力と行動力を身に付けます。
募集人員:383名
年限:4年
初年度納入金:1,350,000円
<一覧に戻る

国際教養学科

基礎科目、専門基礎科目、外国語科目の3科目区分を軸に、大学での学びに相応しい能動的な学修スキル、社会人としての基本的な知識や技術・態度及び国際関係・国際文化の諸分野の基礎、さらにコミュニケーションの土台を築くため1言語または複数言語を選択して外国語科目を学び、国際人としての教養を身に付けます。
2年次から「国際文化コース」「国際コミュニケーションコース」「グローバルスタディコース」「グローバル観光コース」がスタートします。いずれかのコースを選択し、学部共通科目と組み合わせ、幅広い教養と専門領域の知識を連動させながら、文化や国境の枠組みを超えて人と関わる方法、表現手法、思想や宗教などさまざまな領域のテーマを追究し、実務に耐える応用力を身に付けます。
募集人員:283名
年限:4年
初年度納入金:1,350,000円
<一覧に戻る

危機管理学科

リーガルマインド(法的な思考により問題を解決する能力)とリスクリテラシー(危機管理能力)を併せ持った「危機管理パーソン」を養成するため、1年次では「自主創造の基礎」、2年次では「危機管理基礎演習」などの演習科目において、少人数制のアクティブラーニングによって危機管理学を学ぶための基礎力を身に付けます。
2年次より「行政キャリア」と「企業キャリア」のいずれかのキャリアコースを選択し、「災害マネジメント」「パブリックセキュリティ」「グローバルセキュリティ」「情報セキュリティ」の4つの領域から専門科目を履修し、オールハザード・アプローチの観点から、専門的な学びを深めます。
募集人員:300名
年限:4年
初年度納入金:1,260,000円
<一覧に戻る

競技スポーツ学科

「競技スポーツ原論」「コーチング学原論」などにおいて競技スポーツとは何か、コーチングとはどのような行為かといった4年間の学びの根幹となる考え方を身に付けます。また「実習系科目」では、課題を的確に発見・分析し、問題を解決する能力を備えた「反省的実践家」としての素養を身に付けます。
2年次からは、2コースに分かれて専門性を高めます。自分自身を学びの対象とし、客観的に自己分析する手法を身に付け、アスリートに必要な専門能力・資質を高める「アスリートコース」。アスリートの競技力向上をサポートする手法を学び、スポーツ活動を支援するための専門的能力を身に付ける「スポーツサポートコース」があります。
募集人員:300名
年限:4年
初年度納入金:1,400,000円
<一覧に戻る

土木工学科

1年次には十分な教養力を身に付けるとともに、“ 土木を理解する”ことに焦点をあて、土木の歴史・魅力・役割などを学びます。さらに、力学の基礎力、測量やデザインなど、 専門科目を学ぶための素地を身に付け、2年次には土木工学の中枢を成す主要6分野(構造・材料・地盤・水理・計画・環境)の専門科目を学びます。
3年次には主要6分野の専門科目の講義と、同時並行で設置される演習を通じて、 理論を実践する力へと昇華させます。実社会の土木プロジェクトを題材とした「プロジェクトスタディ」や、少人数で実施される「ゼミナール」で、 問題解決能力・行動力・表現力を身に付け、4年次には基礎力・応用力を結集し卒業研究に取り組みます。
募集人員:220名
年限:4年
初年度納入金:1,730,000円
<一覧に戻る

交通システム工学科

1年次では、専門科目を修得するための基礎教育科目のほか、「交通総論」「交通流理論」などで交通工学と社会基盤工学の全体像とそれらに関する総合的な知識を身に付けます。さらに「環境工学」「景観工学」「製図・デザイン基礎」などで交通・都市設計を計画・設計するための基本的な考え方を学びます。
2年次からはコースを選択し学びを深めていきます。エンジニアリングコースでは交通計画や建設に関わる分野を核として、「建設材料実験」「地盤材料実験」「舗装材料実験」などで実践力を修得。マネジメントコースではまちづくりを会計学や社会調査分野からアプローチする科目を核として「景観設計」などで実践力を修得します。
募集人員:120名
年限:4年
初年度納入金:1,730,000円
<一覧に戻る

建築学科

幅広い建築分野に関して、「基礎」「設計」「計画・法規」「環境工学・設備」「構造力学・構造設計」「材料・構法・生産」「実験」など、多様な分野で学びます。1・2年次には、 立体空間の表現法や設計製図法、建築計画の基礎、環境工学や構造力学などの工学技術の基礎などを幅広く身に付けます。
3・4年次には、幅広い建築分野の専門性を深めることを目的として多様な専門科目が設置されています。特に4年次の科目「建築学の実践」では、各専門分野を横断したカリキュラムにより、建築学を総合的、実践的に学ぶことができ、建築の実現に必須な優れた問題解決能力を身に付けます。
募集人員:250名
年限:4年
初年度納入金:1,730,000円
<一覧に戻る

海洋建築工学科

1年次には、海洋建築工学の基礎を学ぶとともに、グループワークやオリエンテーションを通して仲間の輪を広げます。2年次には、海洋建築工学を構成する環境・計画・構造・施工・資源エネルギー開発の各分野をバランスよく学び、各分野に対する理解度を向上させ、3 年次以降に、基礎固めで修得した海洋建築工学の知識を、実験・実習・演習を通して実践することで、社会に通用する実力まで引き上げます。また3 年次に選択したゼミナールでは、調査・研究・議論・発表を通して、さらに専門性を深めます。能動的に学ぶことができる科目が多く設置されているため、確実な実力アップが見込めます。
募集人員:120名
年限:4年
初年度納入金:1,730,000円
<一覧に戻る

まちづくり工学科

まちづくりを理解するための教養・基礎知識を身に付けます。 まちをつくる技術を学ぶエンジニアリング科目群と、景観・観光・福祉などの学際領域を学ぶマネジメント科目群により多角的な学びを展開。1・2年次では設計図面の読み方や描き方から、建築空間と公共空間を対象としたトータルデザイン力まで幅広く身に付けます。
3・4 年次には、「ゼミナール」で研究室に所属してまちづくりの調査・研究に取り組みます。また 演習科目では多様な意見から結論を導く「まちづくりワークショップ」や「都市・地域デザイン演習」など実際のまちを課題のフィールドにして、魅力や問題の発見力、グループワーク力、改善策を提案する実践力を養います。
募集人員:100名
年限:4年
初年度納入金:1,730,000円
<一覧に戻る

機械工学科

1・2年次では、問題解決能力を養うために、数学、物理学から機械工学の基礎となる4力学(工業力学、材料力学、流れの力学、熱力学)を学びます。さらに4力学に材料・加工系、制御・電気系を加えた機械工学分野で要望される素養も修得。講義だけでなく、機械設計製図や工作実習を通して、ものづくりの基礎を身に付けます。
3・4年次では講義だけでなく、コンピュータプログラミングやCAD/CAM など情報化手法を組み込んだ実習や、機械工学実験などの実技科目により、実感に裏付けされた機械工学のセンスを養成します。また研究を通して、機械エンジニアにとって必要な、ものづくりの基礎力ならびに応用力と創造力を身に付けます。
募集人員:160名
年限:4年
初年度納入金:1,730,000円
<一覧に戻る

精密機械工学科

ロボットやAI は、分野の垣根を超えて幅広く学ぶ必要があります。
そこで、1・2年次より力学系列、電気系列、機械系列、計測・制御系列からなる幅広い専門教育科目を設置しています。特に力学、材料学、電磁気学、電気回路などはロボットの開発に必須です。座学に加えて、実験や製図を通じたものづくりを修得します。
専門教育科目をさらに発展させ、3・4年次には実践的な応用を学修します。特に4年次の卒業研究活動では、機械、情報、電気・電子の分野に加え、化学、生物などの分野を組み合わせて知能機械や、その要素技術の研究を行います。ハードウェア志向の技術者を養成するカリキュラムです。
募集人員:140名
年限:4年
初年度納入金:1,730,000円
<一覧に戻る

航空宇宙工学科

1年次に工学を学ぶための基礎を築きます。「微分積分学」「線形代数学」「力と運動の物理学」とその「演習」などにより、専門科目につながる数学と物理の基礎力を付けるようにします。航空宇宙工学の専門科目として「製図」「材料力学」「熱力学」「流体力学」などの導入教育を行います。
2年次は「工業力学」「材料力学」「流体力学」「熱力学」など、要素技術や理論を修得します。3年次は「飛行力学」「宇宙機力学」「粘性流体力学」など、より専門的な内容を修得。2・3年次の「航空宇宙工学実験」や、4年次の「卒業研究」で、実験データの解析などを通じた研究能力の向上を図ります。
募集人員:120名
年限:4年
初年度納入金:1,730,000円
<一覧に戻る

電気工学科

実験科目、電気回路理論と電磁気学を基礎とし、情報理論やプログラミングの演習などについて体系的に学びを展開し、現代社会における電気工学を学びます。特に実験科目においては体験を通じて実践力が身に付くと共に、理論科目との連携により理解が深まります。
エネルギー・電力、エレクトロニクス、情報・通信、物性・材料、計測・制御、音響・光環境などの「電気」が根幹をなす分野を横断的に学びます。3・4年次にはMATLAB や電子回路シミュレータなどのソフトウェアを用いた実践的演習によりエンジニアとしての能力を身に付けます。
募集人員:160名
年限:4年
初年度納入金:1,730,000円
<一覧に戻る

電子工学科

1・2年次では、「回路理論」や「電子回路」により回路設計の基礎を「電磁気学」により電子デバイスや電波伝搬の基礎を段階的に学びます。また、基礎科目を理解する上で必要となる数学に関する科目も別途設置されており、スムーズな学修が可能です。また、学科独自のパワーアップセンターでは、学生の質問に丁寧に対応します。
「電気電子回路・センサー系」「情報処理/計算科学系」「新素材/応用物理系」「通信ネットワーク系」の4分野から構成される専門科目を通して、高度な専門知識を修得します。また「エレクトロニクス工作」や「電子工学実験」では、電子回路の設計・製作、各種測定機器の使用方法などを修得し、理論のみでなく実社会で必要となる実践的スキルを身に付けます。
募集人員:100名
年限:4年
初年度納入金:1,730,000円
<一覧に戻る

応用情報工学科

情報工学の基礎である「情報処理」、情報を安全・確実に伝える「ネットワークシステム」、電子機器などを制御する「組込みシステム」の3分野を軸に、情報工学に特化した学びを展開。1・2年次には、C言語やJavaといったプログラミング言語のほか、計算機工学や回路理論、情報数学、情報セキュリティなどを学びます。
3・4年次には、ソフトウェア工学や、通信・ネットワークシステムに関するより実践的で高度な専門知識を駆使するステージへ。「プロジェクト実習」では、情報技術者に必要な要件定義、基本設計、詳細設計、プログラミング、 検証の流れを実践を通して修得。優れた問題解決能力を身に付けます。
募集人員:100名
年限:4年
初年度納入金:1,730,000円
<一覧に戻る

物質応用化学科

物質応用化学科では、物理化学、無機化学、有機化学、生命科学という4領域を柱とし、「基礎物理化学」「基礎無機化学」「基礎有機化学」「基礎生命科学」を学びます。また、「基礎化学実験」および「化学実験」で実験の基礎を学ぶとともに、化学物質の安全な取り扱いや、環境保全に対する配慮について学びます。
材料、生命、資源、環境分野にわたる幅広い分野の専門科目および実験科目を通じて、先端の技術を学び、これを応用することのできる広い視野と柔軟な発想を持った技術者を養成。専門教育科目として、物理化学・化学工学系、無機化学・分析化学系、有機化学・高分子化学系、生命科学系科目を設置して先端分野を網羅しています。
募集人員:200名
年限:4年
初年度納入金:1,730,000円
<一覧に戻る

物理学科

物理学の学習方法や社会における役割などを理解します。また1~3年次に設置された「力学」「電磁気学」「量子力学」「統計力学」などの基盤となる科目では、1学年を4~6クラスに分けた少人数制指導で、学力や個性に分けた演習を実施。実験科目では、実験技術や誤差の概念などを身に付けます。
基盤科目と現代物理をつなぐ「光学」「相対論」などにより、物理学の知識と理解をより深化させます。また「計測物理学」「電子回路」などの科目で実践力を身に付け、「情報システム論」「数式・画像処理」など充実した情報系科目でコンピュータをツールとして使いこなす能力を身に付けます。
募集人員:140名
年限:4年
初年度納入金:1,730,000円
<一覧に戻る

数学科

1・2年次においては、4年間の専門分野の基礎となる「微分積分学」「代数学幾何学」を中心とした大学での純粋数学の学びの基礎を整えると共に、「コンピュータ概論」「ソフトウエア概論」「数理情報論理学」などの情報分野に関する科目も学び、純粋数学と情報数学のバイリンガルとなる土台を構築します。
3年次には、「複素解析学及び演習」「代数学及び演習」「数値解析学及び演習」「確率統計」「アルゴリズム数理」「コンピュータグラフィックス論」「情報通信ネットワーク論」などの多様な専門科目から興味のある科目を選択し学生が主体的に演習。4年次の卒業研究では少人数で、教員の指導を受けながらディスカッションを行い、選んだテーマを深く研究します。
募集人員:100名
年限:4年
初年度納入金:1,690,000円
<一覧に戻る

機械工学科

「機械力学」「材料力学」「熱力学」「流体力学」の力学系科目のほか、「制御工学」「電気・電子工学」「計測工学」「機械要素」「機械材料」「機械加工」など、「機械工学」に必要な基礎知識を幅広く学修。実習系科目では、座学での知識を実験で体験し、機械部品を図面にしたり、加工したり、ものづくりの過程を実践的に学びます。
自動車、航空宇宙、機械創造の3コースに分かれて、「自動車工学」「航空宇宙工学」「マシンツール」などの各コースに特化した専門科目などをより発展的に学びます。少人数グループで行うPBL(プロジェクトベースドラーニング)では、テーマに沿った機械やロボットを設計製作し、エンジニアとしての基礎力を培います。
募集人員:198名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

電気電子工学科

1年次から「エネルギーシステムコース」と「e コミュニケーションコース」に分かれ、密度の高い教育を行っています。電気工学、電子工学、制御工学、情報通信工学などの電気電子工学分野の基礎知識と創造性を身に付けることを目的に、現代社会ではなくてはならない電気電子工学に関する基礎力を養成します。
2年次には「電磁気学」「プログラミング」などを学び、3年次には「電力発生工学」「情報通信ネットワーク」などを専門的に学びます。
実技も充実し、「電気電子工学実験」で専門技術を修得。時代の進歩や産業変革により急速に発展する電気電子工学の最先端を学ぶことを目標に、専門性を高めます。
募集人員:176名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

土木工学科

1年次には、学部、学科を横断したPBL によるチームワーク力を養成する「自主創造の基礎」などの基盤科目や、「土木工学基礎及び演習」などの専門教育科目を展開します。また、キャリア形成教育を1年次から行うことで、技術者の将来像を見据えた「たくましいエンジニア」になるための基礎力を身に付けます。
2年次以降は、優秀なエンジニアになるための応用力を修得していきます。土木工学の基礎である「構造力学、土質力学、水理学」を学び、「 技術者倫理」や「実学・協学重視」のさまざまな実習・演習科目を通して、課題認識・解決能力を養います。さらに、自分に合った専門工学科目を選択し専門性を高めていきます。
募集人員:198名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

建築工学科

建築とは人間の居場所を構築すること。建物だけでなく、街・地域をつくり、人々に豊かさや潤いを与えます。計画・設計から施工、維持保全まで一貫した総合教育プログラムに基づく建築工学の基礎的学びを展開。空間体験や演習・実技に協働して取り組み、知識の定着をスタートから発展まで段階を踏んで、有機的に学びます。
自分の頭で考え、身体を使うアクティブラーニングを実践。計画・設計から施工、建築を取り巻く環境まで、さまざまな専門領域を学びます。建築関連の知識を統合するプロジェクトが各授業を横断して組み込まれ、自ら課題を見出し、解決方策を探究します。発展的学びを通し、課題解決能力、実践的能力を身に付けます。
募集人員:198名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

応用分子化学科

1・2年次には教養科目や英語や数学、物理などの基盤科目を履修。
同時に、物質デザイン・生命化学・国際化学技術者の各コースにおいて、「有機化学」「無機化学」「物理化学」「分析化学」「高分子化学」「生物化学」「化学工学」の関連科目を段階的に履修し、化学技術者として必要不可欠な基礎固めを行います。
物質デザインコースでは触媒反応工学など、生命化学コースでは酵素工学など、そして国際化学技術者コースでは高分子材料工学(S) など、ものづくりに直結する学びの機会を用意。また、プロジェクト演習や生産実習を通し「研究」「開発」「製造」「流通」など段階的にものづくりを捉えられるよう成長していきます。
募集人員:176名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

マネジメント工学科

1・2年次には情報や工学に関する基礎を学びつつ、企業経営から生産現場、販売・流通、サービスまで実務に直結できる「アカウンティング」「経営管理」「生産管理」「品質管理」「販売流通管理」などからマネジメント工学科の基本体系を学修。さらにビジネスに関して的確な分析・予測を行うための手法を身に付けます。
2・3年次には社会が求める製品やサービスの企画、それを実現するためのシステム開発、運用方法を「マーケティング」「経営戦略」「情報ネットワーク」などから学び、実践的な検討も行います。さらに「研究室」において各自の関心の高いマネジメント工学領域の研究を始めます。
募集人員:176名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

数理情報工学科

高度情報化社会の中核で活躍できるIT技術者となるために、IT技術の基礎を幅広く修得します。プログラミング言語やコンピュータの基礎的な理解に始まり、問題をプログラムで表現するために必要となる数理工学の知識、さらにはCG やWeb デザインなどのメディアデザイン工学について学びます。
情報工学、数理工学、メディアデザインの3コースに分かれ、3年次で研究室に所属し専門分野についてさらに深く学修。高年次ではソフトウェア工学、ネットワークなどの専門科目が開講されます。また、プロジェクト演習や卒業研究で問題解決の実践的能力を培いつつ、コミュニケーションや発表スキルを磨きます。
募集人員:154名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

環境安全工学科

1年次に設置されている都市環境の問題点や課題を俯瞰的に学べる「都市環境工学」やエネルギーの利用や活用、その安全性を学べる「環境物質化学」などを通して、環境共生技術やエネルギー創出技術へ繋がる基礎の学びを展開。「応用力学および演習」などで、都市を構成している構造物の基礎も学びます。
環境共生技術に繋がる都市環境景観工学や環境生態調査、エネルギー創出技術に繋がるエネルギー化学、エネルギー変換システムなど実践的で高度な専門知識をコースごとに構築されたカリキュラムを通して効率よく学修。さらに専門の実験実習で実践力も身に付けます。
募集人員:132名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

創生デザイン学科

自然科学をベースとする工学的な知識や技術、芸術を基礎とする感覚や技法、多様な人間の特性への理解など、これらを駆使し人と人工物の理想的関係を築く方法が「デザイン思考」です。1・2年次には、この基礎となる、デザイン概論、デザイン史、人間工学、デザイン実験・演習・製図などを学びます。
2 年次後期からは、工業製品など「モノ」と「ヒト」の関係性を対象にした「プロダクトデザインコース」と、居住空間など「空間」と「ヒト」との関係性を対象にした「空間デザインコース」に分かれます。デザインの専門知識と技術を身に付け、デザインスタジオ、ゼミナール、卒業研究などで「デザイン思考」を実践します。
募集人員:132名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

土木工学科

第一線で活躍する卒業生を招いた講演や教員が専門分野の課題について講義する「社会環境デザイン入門」で、土木に関わる業界を知りその魅力を学びます。また、専門科目に必要とされる基礎学力や、「測量実習」をはじめとする実験・実習での仲間づくりやチームワーク力、コミュニケーション能力の向上を目指します。
2 年次からは専門知識を修得します。地盤や河川、湖沼やその生態系などの性質を理解し、構造物と環境の関係を多角的に考える力を養います。社会基盤を学ぶ「社会基盤デザインコース」、環境保全を学ぶ「環境デザインコース」の2つの履修モデルからコースを選択し、将来の目標に必要な実力を身に付けます。
募集人員:150名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

建築学科

導入科目として「建築設計製図」「建築計画」「建築史」「建築構法」「建築環境」などを、 基礎科目として「応用力学」「構造力学」「建築施工」「建築材料学」「建築設備」「住宅計画」「都市計画」などを学修。建築の基本である設計製図、構造・材料系科目と、計画・環境系科目を軸にしっかり学びます。
建築学は学際的で、さまざまな学問領域を包含しています。2年次後半からより深い内容を学修するためにコースを選択し、自分の専門領域を磨きます。主要構造別の各種設計法、技術者としての在り方、そして専門性の高い建築計画学などを学びます。研究室に所属し卒業研究と並行して、就職活動や大学院進学に備えます。
募集人員:180名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

機械工学科

機械工学はあらゆる産業分野の生産活動の基盤です。その中心となる4力学「材料力学」「機械力学」「熱力学」「流体力学」を修得。また機械の製図を3年間にわたり学び、機械の部品や構造の設計ができるようになります。併せて「ロハス工学」など独自の科目を通して、自然環境との共生や健康を意識したものづくりを学びます。
力学や制御を学ぶ「システムダイナミクス系」、熱や流れを学ぶ「エネルギーシステム系」、機械設計や加工を学ぶ「システムインテグレーション系」という3つの系の履修モデルから将来の進路にあわせて選択。それぞれの研究室に所属し、卒業研究に取り組むことで機械エンジニアとしての専門性を高めていきます。
募集人員:180名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

電気電子工学科

家庭電化製品などの分野に関する「電子情報通信コース」と、電気をつくる分野に関する「電気エネルギーコース」の基礎となる学びを展開。1・2年次には、電気電子工学の基礎科目や、情報工学の基礎となる「Cプログラミング」、機械工学と結びつく「電気電子計測」などを履修することで、工学の基礎となる幅広い知識と技術を身に付けます。
3・4年次には、実践的ステージで通信工学や電力工学に関する専門知識と技術を修得します。「エレクトロニクス実験」では通信工学や電磁波工学など、「エネルギー機器実験」では電力工学や制御工学など実習を通して学修。コミュニケーション能力、挑戦力、問題解決のための問題発見・解決力、そして論理的思考力を養います。
募集人員:180名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

生命応用化学科

新しい材料を創出する「応用化学」、環境を守る「環境化学」、健康や医療を支える「生命化学」の3分野の基礎を学修。1・2年次には化学の基礎から、無機化学、有機化学、生命化学、物理化学、分析化学、化学工学など、広い化学の世界の知識を身に付けます。実験科目も並行して学修し、知識を使いこなす力を磨きます。
2・3年次には、3分野の専門履修モデルがあり、その1つを重点的に学び、先端化学技術の知識や実験技術を修得します。4年次の「本物の研究」である卒業研究を通じて、より専門的で実践的な化学の知識・実験技術や応用力が身に付きます。さらに、チームで働く力や問題解決能力など社会人に必要な力を養います。
募集人員:160名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

情報工学科

1・2年次には、プログラミング、データ構造、アルゴリズム、コンピュータアーキテクチャなど、情報工学の基礎となる科目を設置し、少人数制で徹底的に指導します。講義だけでなく、数多くの演習科目を設置することにより、論理的思考力と実務処理能力を養い、単なる知識にとどまらない確かな知識・技術を身に付けます。
3・4年次には、「情報システムコース」と「情報デザインコース」の2つのコースに特化した高度な専門科目を体系的に展開。同時に情報技術者として必要となるデザイン能力を養うための科目を設置しています。専門知識を基盤に, 論理的思考力と実務処理能力を駆使して、協調的に問題を解決するための能力を身に付けます。
募集人員:180名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

医学科

1年次に、一般教育と基礎医学が融合したカリキュラムで、多面的・多角的思考力及び医療従事者としての職業観や倫理観を醸成。2年次に、講義・実習・演習を組合せ本格的な医学を学ぶ基礎を作ります。
3 年次には、「PBL チュートリアル」を実施し、医師として生涯、学修する姿勢を修得。4 年次には、臨床技能向上を目指し、臨床実習において問診や診療技術を身に付けます。共用試験OSCE で到達度を確認。
6 年次には、医療現場で求められる高い人間力を有する医師を育成するとともに、キャリア形成の土台を作ります。
募集人員:120名
年限:6年
初年度納入金:6,350,000円
<一覧に戻る

歯学科

基礎知識の学修をはじめ地域の歯科医院、付属歯科病院、社会福祉施設での体験実習を通じ、歯科医師としての基盤と自覚を培います。
口腔領域から全身の構造、患者心理、薬物による生体反応など臨床の体系的な知識・手技を学び、医学部と連携した隣接医学の講義では確実な医療を実践する上で必要な知識を修得します。5年次では臨床実習を主軸とし歯科治療に携わります。
6年次では教職員とティーチング・アシスタント(TA)が一丸となったサポートのもと歯科医師国家試験に臨みます。
募集人員:128名
年限:6年
初年度納入金:6,900,000円
<一覧に戻る

歯学科

1年次では医療人に必要な幅広い教養を身に付け、2年次から生体の構造や、身体器官や細胞レベルの機能などを学びます。
3・4年次には歯科疾患と治療法を学び、多様な対応法を修得。5年次には
指導医のもと患者さんの歯科治療を担当をし、実践力を養っていきます。
6年次には歯科医師国家試験に合格するための総合的な理解や応用力を深めます。
募集人員:115名
年限:6年
初年度納入金:6,900,000円
<一覧に戻る

生命農学科

植物生理学、分子生物学、植物遺伝学などの基礎科学を学修し、さらに生命農学概論やアグリバイオテクノロジー入門でこの分野の研究が目指すものに触れます。さらに生命農学のコア科目である「作物学」「園芸学」「育種学」「植物病理学」「応用昆虫学」「緑地学」「生命農学実験」等を履修して学問の基礎を学修します。
希望する専門分野に分かれ、所属研究室ごとに実習、実験、演習で学修して卒業研究を行うためのスキルアップを図ります。また、各自の専門に沿った科目の中でレポートの作成やデータ解析を行い、プレゼンテーションスキルも身に付けます。さらに、海外研修に参加することで国際感覚や英会話力を養います。
募集人員:130名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

生命化学科

生命・食・環境を理解するために必須となる「生命を化学の視点でとらえるための講義」と「講義と密接に関係する化学と生物に関する専門分野の基礎的実験」を配置。講義と実験を連携させ生命化学の基礎知識と実験手法を修得。1・2 年次には、「土壌科学」「微生物学」・「生物有機化学」・「発酵化学」などを学びます。
3 年次には、「植物栄養生理学」・「食品化学」・「栄養生理化学」の講義と実験及び「分子生物学」や「バイオインフォマティクス」などの先端的講義を配置し、生命・食・環境に関する知識の体系的な理解と実験手法を修得。4 年次には、研究室に所属して1 つのテーマを深く探求し、課題発見能力・問題発見能力を身に付けます。
募集人員:130名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

獣医学科

動物が病気であることを正確に診断するためには、健康な動物の理解が必要不可欠です。「獣医解剖学」「獣医生理学」「獣医生化学」など、健康な状態の動物の仕組みについて学修します。さらに「動物のお医者さん」以外にも幅広い獣医師の職域について理解を深め、広い視野で学問領域を学修する心構えを醸成します。
「獣医微生物学」「獣医寄生虫病学」「獣医伝染病学」など、動物に病気を引き起こす原因について学修します。病原体に対する動物の防御反応を理解する「獣医病理学」「獣医免疫学」や、さまざまな疾患に対する治療薬について学修する「獣医薬理学」など、病気の動物を診断・治療するための根本となる知識と技能を体系的に修得します。
募集人員:120名
年限:6年
初年度納入金:2,410,000円
<一覧に戻る

動物資源科学科

畜産学で蓄積されてきた理論や技法をもとにした「動物の生命科学」「動物生産と利用」「ヒトと動物と環境」を軸として、主に生物学と化学を中心に、1・2 年次に基礎分野を学びます。多様な講義はもちろんのこと、学外での実習や牧場実習など、フィールドワークを通した学びを実践します。
3・4 年次には応用分野の修得と、演習(ゼミナール)、インターンシップなどを通して動物学を幅広く学修。卒業研究では、動物を対象として「これまで明らかになっていること」を理解した上で、「まだ明らかになっていないこと」へチャレンジ。明らかになっていない問題を発見し解決方法を探す中で実践力を会得します。
募集人員:136名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

食品ビジネス学科

学科の先生方が分担する「食品ビジネス基礎演習」や「食品ビジネス学入門」「調査論」の必修科目を通して、食品ビジネス学科での学びの基礎を修得します。また、「食の経済学」「食生活論」「マクロ経済学」など社会科学の基礎理論、プレゼンテーション入門などを学びます。
「食品産業論」「食品企業経営学」「食品マーケティング論」「食品の企画と開発」などの専門科目の学びに加えて、現地で学ぶ「フィールドリサーチ」や「調理学実習」「食料生産実習」「海外フードシステム現地研修」などの演習・実習を通じて、具体的な体験から学びを深めます。
募集人員:136名
年限:4年
初年度納入金:1,380,000円
<一覧に戻る

森林資源科学科

森林資源科学科では森林・林業・木材産業に関する全ての領域について学びます。1・2 年次は、森林を構成する多様な生物、森林生態系を取り巻く環境、持続可能な森林管理、森林資源利用のテクノロジーの4つの分野を軸に、講義とフィールドワークで、森林管理・保全・利用に関する幅広い知識を身に付けます。
3・4年次では、1・2年次で修得した知識をベースに、より専門的な講義と実践的で高度な実習・演習・実験を通して、森林のさまざまな機能を持続的に発揮させるための応用的知識へと発展させます。
また研究室に入り、特別演習と卒業研究を通して、自ら課題を設定し、解決する能力を身に付けます。
募集人員:130名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

海洋生物資源科学科

「資源生産・利用科学」「環境科学」「生命科学」の3つの分野を複合したカリキュラムのうち、1・2年次は基礎的事項を体系的に修得します。また、静岡県下田市の「下田臨海実験所」での「基礎実習Ⅰ」や「プランクトン学」「水族館論」など特徴的な講義を通じて、海洋のフィールドと社会との繋がりについて学びます。
3年次には、日本技術者教育認定機構(JABEE)に認定された海洋生物資源科学分野の専門技術者を養成する「海洋生物資源応用コース」か、専門分野以外の学びも深める「海洋生物資源広域コース」のいずれかを選択。3・4年次には8つの研究室のいずれかに所属し、実習・演習・卒業研究を通じて専門性を高めます。
募集人員:136名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

生物環境工学科

生物環境工学を構成する環境保全・環境創造・生産環境分野の基礎について学びます。生態学や工学から語学や文化史まで、高校までに身に付けた知識をもとに理解を深めます。高校までに学習しなかった科目や苦手な科目についても、専門的な視点から、新たに勉強し理解できる機会を得ることができます。
3年次より研究室に所属し、専門知識をより深く身に付けます。そして、実験、実習、演習を通して、修得した専門知識を確認。また、それらをつなげる力、つまり企画力、計画力、実行力、まとめる力、表現力なども養います。4年次には集大成として、未来へとつながるような卒業研究に取り組みます。
募集人員:130名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

食品生命学科

食を知る・つくる・まもるをキーワードに食品科学の基礎と生命科学の概念を学び、食品と生命の関わりについて理解します。特に食品づくりにおいて、基盤となる「食品製造学」「食品製造実習」を学び、食品製造のための原理や技術を身に付け、食品の開発・創造を提案でき、社会貢献できる人材を養成します。
食品づくりに関連した共通分野と、各自が目指す方向性から4つの分野( 食品化学分野・食品工学分野・食品安全分野・食品機能分野)の開講科目を選択。食づくりの面白さを理解するとともに、専門的知識・技術を深化させます。さらに実験・実習・インターンシップなどを通し、食品関連の諸問題の解決能力を養います。
募集人員:136名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

国際地域開発学科

1・2年次では、国際協力、農業開発、環境、アグリビジネス、貧困削減、地域研究( アジア、アフリカ、中南米) の6分野を軸に、国際地域開発を実施する上での理論を学びます。また、海外・国内での多彩なフィールドワーク研修を通じて実践力を修得。同時に英語を中心としたコミュニケーション能力の向上を図ります。
3・4年次では、グローバル化に対応した国際地域開発に関する専門知識をより深く修得するため、国際協力、熱帯資源作物、国際環境保全、国際経済、国際環境経済、国際開発、比較文化など、希望する研究室に所属します。研究テーマを設定し、調査・分析方法、開発効果の検証などに関する専門知識と技術を修得します。
募集人員:130名
年限:4年
初年度納入金:1,380,000円
<一覧に戻る

応用生物科学科

微生物や動植物がもつ有用な生命現象を発見するには、それらの生物に共通する生命現象を遺伝子や細胞レベルで理解しなければなりません。1・2 年次では、核酸・タンパク質科学、遺伝学、分子細胞生物学など生命現象をつかさどる基礎を学びます。
3・4 年次では、生物がもつ有用な「はたらき」を利用するバイオサイエンスを学び、生命現象の研究で得られた知識を応用展開する考え方を身に付けます。卒業研究では、問題解決に必要な知識を集め、それらを関連付けながら仮説を立て、実験して証明することに挑戦します。
募集人員:126名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

くらしの生物学科

1年次では、「食と健康」「都市と園芸」「住まいと環境」「動物のいるくらし」「くらしのバイオ」の5つの領域の基盤となる生物、化学、動物、植物、環境の基礎科目を学びます。フレッシュマンセミナーのグループワークでは、自ら学ぶ目的を考え議論し発表することを通して、5つの領域を学ぶことの意義と目的を理解します。
5つの領域の基礎科目を学んだあとは、「食と健康科学」「家庭園芸論」「発酵科学」「伝統食品論」「保全生物学」などの境界領域科目の学びと、実験・実習を通して専門的知識の理解を深めます。双方向授業「生き物」のエキスパート活動、課題解決活動では、地域や企業への具体的な提案力を身に付けます。
募集人員:80名
年限:4年
初年度納入金:1,660,000円
<一覧に戻る

薬学科

1年次に科学全般と語学、一般教養を勉強。現場に触れる早期臨床体験で薬剤師の責任と重要性を学び、1~3年次で基礎から専門領域まで段階的に学んでいきます。
4年次に模擬病棟・模擬薬局等を完備した実践型校舎での実習。5年次には病院・薬局で各11週間にわたる薬学実務実習に臨みます。
6年次には卒業研究をまとめ、薬学教育研究センターや薬剤師国家試験対策委員会のサポートのもと試験対策を進めます。
募集人員:244名
年限:6年
初年度納入金:2,450,000円
<一覧に戻る

ビジネス教養学科

1年次には、社会人として活躍できる基礎知識を「総合教育科目」「外国語科目」「保健体育科目」を身に付けながら、「経済学原論」「商学総論」「マーケティング論」「経営学総論」「観光ビジネス論」「簿記論」などで経済学、商学、経営学、会計学の学問領域の基本を学びます。
2年次には、経済学、商学、経営学、会計学などの学問領域である「商経学」の専門知識や技術に加え、今日のグローバリゼーションと情報化社会の急速な発展に対応できるよう、国際関係や語学、情報などビジネスパーソンとしてのキャリア教育科目を学び、即戦力となる専門性や広い視野と豊かな教養を身に付けます。
募集人員:100名
年限:2年
初年度納入金:1,060,000円
<一覧に戻る

食物栄養学科

1年次には、栄養分野で活躍できる社会人として幅広い教養や栄養と健康に関する専門知識と技術を身に付けるため、「公衆衛生学」「解剖生理学」「基礎食品学」「栄養生化学」「食品学」「栄養学」「栄養教育論」「調理学」などの基礎的な専門教育を学びます。
2 年次には、「病理学」「疾病学」「食品衛生学」「臨床栄養学」「給食経営管理論」などの実践的な専門教育科目や「食品学実験」「調理学実習」「栄養学実習」などの実験・実習科目を学び、栄養士として必要な専門知識と技術を修得。また、小学校や病院などにおける校外実習を通して栄養士としての実務体験を行います。
募集人員:100名
年限:2年
初年度納入金:1,260,000円
<一覧に戻る

建築・生活デザイン学科

総合教育科目を中心に1年次前期では専門科目でデザイン系分野とエンジニアリング系の両分野に係る共通専門科目の「建築・生活デザインの基礎」「建築基礎実験」などの演習科目を学び、後期では自分のやりたいことを優先的に、建築士の受験資格を基本に取得希望の技術知識を勘案しながらグループ担任と話し合い、履修計画を立て学びます。
2年次前期にはデザイン系では「都市デザイン」「インテリア計画」、エンジニアリング系では「建築力学演習Ⅱ」「建築音環境」など両分野の専門的な科目を学びます。編入学希望者は進路後の認定科目を、就職希望者は「CAD 演習」などの就職後に役立つ資格に関係のある科目を意識して履修し実力を身に付けます。
募集人員:110名
年限:2年
初年度納入金:1,500,000円
<一覧に戻る

ものづくり・サイエンス総合学科

1年次前期は全ての専門分野に共通する数学などの基礎科目を中心に学び、1年次後期に7つの専門分野の中から、主として学ぶ専門分野(主専攻分野)を選択します。学びたい分野で迷っている人でも、「入門ゼミナール」の専門分野紹介を通して各専門の内容に触れ、自己の適性をしっかり見極めることができます。
各専門分野の教育では、10〜20名程度の徹底した少人数制で授業が行われます。講義・演習や実験・実習を通して確かな知識・技能を身に付けるとともに、ゼミナール形式の授業ではコミュニケーション能力やプレゼンテーション技法など汎用的技能や論理的思考力
を養うことができます。
募集人員:70名
年限:2年
初年度納入金:1,500,000円
<一覧に戻る

日本大学 オープンキャンパス一覧

短期大学部(ビジネス教養学科/食物栄養学科)

開催期間:2019年05月11日 ~ 2020年01月25日
開催地:〒411-8555  静岡県三島市文教町2-31-145
◆オープンキャンパス
7/27・28(土・日)10:00~15:00
◆ミニオープンキャンパス
5/11(土), 6/15(土),7/15(月・祝),10/14(月・祝),11/9(土),2020年1/25(土)10:00~12:00
6/13(木),7/11(木)18:00~19:30

TEL.055-980-0841(ビジネス教養学科)
TEL.055-980-0840(食物栄養学科)

危機管理学部・スポーツ科学部

開催期間:2019年05月25日 ~ 2019年07月14日
開催地:〒154-8513  東京都世田谷区下馬3-34 -1
◆進学相談会
5/25(土) 11:00~15:00
◆ミニオープンキャンパス
6/15(土)13:00~16:00
◆オープンキャンパス
7/14(日) 10:00~15:00

TEL.03-6453-1600

松戸歯学部

開催期間:2019年06月02日 ~ 2019年10月13日
開催地:〒271-8587  千葉県松戸市栄町西2-870-1
◆進学説明会(オープンキャンパス)
6/2(日), 7/7(日),8/18(日), 10/13(日)10:00~14:30

TEL.047-360-9567

生物資源科学部

開催期間:2019年06月02日 ~ 2019年10月27日
開催地:〒252-0880  神奈川県藤沢市亀井野1866
◆オープンキャンパス
第1回 6/2(日)10:00~15:00
第2回 8/3・4(土・日) 10:00~15:00
◆進学相談会
10/26・27(土・日)10:00~16:00

TEL.0466-84-3800〈オープンキャンパス〉
TEL.0466-84-3812〈進学相談会〉

国際関係学部

開催期間:2019年06月15日 ~ 2019年10月14日
開催地:〒411-8588  静岡県三島市文教町1-9-18
◆オープンキャンパス
7/27・28(土・日)10:00~15:00
◆ミニオープンキャンパス
6/15(土),7/15(月[祝]),10/14(月[祝])10:00~12:00 

TEL.055-980-1919

商学部

開催期間:2019年06月15日 ~ 2019年11月04日
開催地:〒157-8570  東京都世田谷区砧5-2-1
◆オープンキャンパス
7/13(土)13:00~17:00
7/14(日)10:00~15:00
◆ミニオープンキャンパス
6/15(土),9/28(土),11/4(日)10:00~14:00 

TEL.03-3749-6735

法学部

開催期間:2019年06月22日 ~ 2019年11月03日
開催地:〒101-8375  東京都千代田区神田三崎町2-3-1
◆オープンキャンパス
7/14(日)9:00~14:00
◆ミニオープンキャンパス
6/22(土)、11/3(土[祝])13:00~16:00
◆講義参加型企画
7/15(月[祝])、10/14(月[祝])9:45~15:30

TEL.03-5275-8503

芸術学部

開催期間:2019年06月23日 ~ 2020年03月22日
開催地:〒176-8525  東京都練馬区旭丘2-42-1
◆オープンキャンパス
6/23(日)10:00~16:00
◆入試相談会
11/3(日[祝])・11/4(月・振)10:00~16:00 
◆入試博覧会
2020年3/22(日)13:00~17:00

TEL.03-5995-8282

歯学部

開催期間:2019年06月23日 ~ 2019年08月18日
開催地:〒101-8310  東京都千代田区神田駿河台1-8-13
◆進学相談会
6/23(日), 7/25(木),8/17(土), 8/18(日)10:00~13:00(受付は12:30まで)

TEL.03-3219-8002

生産工学部

開催期間:2019年06月23日 ~ 2019年12月08日
開催地:〒275-8575  千葉県習志野市泉町1-2-1
◆女子中高生のためのキャンパスカフェ
6/23(日)10:00~15:00
◆オープンキャンパス
7/14(日),8/3・4(土・日)10:00~15:00
◆一般入学試験対策講座
12/8(日)10:00~14:00

TEL.047-474-2246

法学部

開催概要

開催期間:2019年06月22日 ~ 2019年11月03日
〒101-8375  東京都千代田区神田三崎町2-3-1 MAP
◆オープンキャンパス
7/14(日)9:00~14:00
◆ミニオープンキャンパス
6/22(土)、11/3(土[祝])13:00~16:00
◆講義参加型企画
7/15(月[祝])、10/14(月[祝])9:45~15:30

TEL.03-5275-8503
関連サイト:http://nulaw.jp/experience/
   

文理学部

開催概要

開催期間:2019年07月21日 ~ 2019年09月29日
〒156-8550  東京都世田谷区桜上水3-25-40 MAP
◆夏季オープンキャンパス
7/21(日)10:00~16:00
◆秋季オープンキャンパス
9/29(日)12:00~16:00

TEL.03-5317-9380 
   

短期大学部 (建築・生活デザイン学科/ものづくり・サイエンス総合学科)

開催概要

開催期間:2019年07月14日 ~ 2019年11月23日
〒274-8501  千葉県船橋市習志野台7-24-1 MAP
◆オープンキャンパス-駿河台入試フォーラム-〈駿河台キャンパス〉
7/14(日)10:00~15:00
◆オープンキャンパス〈船橋キャンパス〉
8/3・4(土・日)10:00~15:00
◆短大オープンカレッジ-ものづくり&サイエンス・スクール-〈船橋キャンパス〉
11/3(日[祝])10:00~15:00
◆学校説明会
11/23(土)

TEL.03-3259-0514〈理工学部駿河台キャンパス〉
TEL.047-469-5330〈船橋キャンパス〉

   

短期大学部(ビジネス教養学科/食物栄養学科)

開催概要

開催期間:2019年05月11日 ~ 2020年01月25日
〒411-8555  静岡県三島市文教町2-31-145 MAP
◆オープンキャンパス
7/27・28(土・日)10:00~15:00
◆ミニオープンキャンパス
5/11(土), 6/15(土),7/15(月・祝),10/14(月・祝),11/9(土),2020年1/25(土)10:00~12:00
6/13(木),7/11(木)18:00~19:30

TEL.055-980-0841(ビジネス教養学科)
TEL.055-980-0840(食物栄養学科)
   

薬学部

開催概要

開催期間:2019年07月28日 ~ 2019年08月21日
〒274-8555  千葉県船橋市習志野台7-7-1 MAP
◆オープンキャンパス
7/28(日)10:00~16:00
◆ミニオープンキャンパス
8/21(水)10:00~13:00

TEL.047-465-2111

   

経済学部

開催概要

開催期間:2019年07月14日 ~ 2019年10月06日
〒101-8360  東京都千代田区神田三崎町1-3-2 MAP
◆オープンキャンパス
7/14(日)9:00~14:00
10/6(日)9:00~14:00

TEL.03-3511-5590
   

国際関係学部

開催概要

開催期間:2019年06月15日 ~ 2019年10月14日
〒411-8588  静岡県三島市文教町1-9-18 MAP
◆オープンキャンパス
7/27・28(土・日)10:00~15:00
◆ミニオープンキャンパス
6/15(土),7/15(月[祝]),10/14(月[祝])10:00~12:00 

TEL.055-980-1919
   

芸術学部

開催概要

開催期間:2019年06月23日 ~ 2020年03月22日
〒176-8525  東京都練馬区旭丘2-42-1 MAP
◆オープンキャンパス
6/23(日)10:00~16:00
◆入試相談会
11/3(日[祝])・11/4(月・振)10:00~16:00 
◆入試博覧会
2020年3/22(日)13:00~17:00

TEL.03-5995-8282
   

商学部

開催概要

開催期間:2019年06月15日 ~ 2019年11月04日
〒157-8570  東京都世田谷区砧5-2-1 MAP
◆オープンキャンパス
7/13(土)13:00~17:00
7/14(日)10:00~15:00
◆ミニオープンキャンパス
6/15(土),9/28(土),11/4(日)10:00~14:00 

TEL.03-3749-6735
   

危機管理学部・スポーツ科学部

開催概要

開催期間:2019年05月25日 ~ 2019年07月14日
〒154-8513  東京都世田谷区下馬3-34 -1 MAP
◆進学相談会
5/25(土) 11:00~15:00
◆ミニオープンキャンパス
6/15(土)13:00~16:00
◆オープンキャンパス
7/14(日) 10:00~15:00

TEL.03-6453-1600

   

理工学部

開催概要

開催期間:2019年07月14日 ~ 2019年11月03日
〒101-8308  東京都千代田区神田駿河台1-8-14 MAP
◆オープンキャンパス-駿河台入試フォーラム-〈駿河台キャンパス〉
7/14(日)10:00~15:00
◆オープンキャンパス〈船橋キャンパス〉
8/3・4(土・日)10:00~15:00
◆オープンキャンパス-船橋キャンパスウォッチング-〈船橋キャンパス〉
11/3(日[祝])10:00~15:00

TEL.03-3259-0514〈駿河台キャンパス〉
TEL.047-469-5330〈船橋キャンパス〉
   

生産工学部

開催概要

開催期間:2019年06月23日 ~ 2019年12月08日
〒275-8575  千葉県習志野市泉町1-2-1 MAP
◆女子中高生のためのキャンパスカフェ
6/23(日)10:00~15:00
◆オープンキャンパス
7/14(日),8/3・4(土・日)10:00~15:00
◆一般入学試験対策講座
12/8(日)10:00~14:00

TEL.047-474-2246
   

医学部

開催概要

開催期間:2019年08月03日
〒173-8610  東京都板橋区大谷口上町30-1 MAP
◆オープンキャンパス
8/3(土)10:00~15:00

TEL.03-3972-8188
   

歯学部

開催概要

開催期間:2019年06月23日 ~ 2019年08月18日
〒101-8310  東京都千代田区神田駿河台1-8-13 MAP
◆進学相談会
6/23(日), 7/25(木),8/17(土), 8/18(日)10:00~13:00(受付は12:30まで)

TEL.03-3219-8002
   

松戸歯学部

開催概要

開催期間:2019年06月02日 ~ 2019年10月13日
〒271-8587  千葉県松戸市栄町西2-870-1 MAP
◆進学説明会(オープンキャンパス)
6/2(日), 7/7(日),8/18(日), 10/13(日)10:00~14:30

TEL.047-360-9567
   

生物資源科学部

開催概要

開催期間:2019年06月02日 ~ 2019年10月27日
〒252-0880  神奈川県藤沢市亀井野1866 MAP
◆オープンキャンパス
第1回 6/2(日)10:00~15:00
第2回 8/3・4(土・日) 10:00~15:00
◆進学相談会
10/26・27(土・日)10:00~16:00

TEL.0466-84-3800〈オープンキャンパス〉
TEL.0466-84-3812〈進学相談会〉
   

工学部

開催概要

開催期間:2019年07月15日 ~ 2019年09月01日
〒963-8642  福島県郡山市田村町徳定字中河原1 MAP
◆保護者向け大学見学会2019
7/15(月[祝])9:30~16:30
◆オープンキャンパス2019
8/3・4(土・日)9:30~15:30
◆受験生のためのオープンキャンパス2019
9/1(日)9:30~14:30

TEL.024-956-8618
   

日本大学 入試相談会

開催概要

開催期間:2019年11月17日
〒102-8275  東京都千代田区九段南4-8-24 MAP
11/17(日)10:00~14:00 日本大学会館(予約不要・入退場自由)
◆主な内容
・各学部の教職員による個別進学相談
・講演「入試直前!英語受験対策講座」
 予備校講師による統一入試(N方式)の入試対策
・講演「学部別入試説明」
・2019年度入試問題実物の展示
・学部要覧・シラバス等の展示
・2020年度進学ガイド「総合大学の理想像をめざす日本大学」配布
・各学部パンフレット等入試資料配布
・芸術学部映画学科演技コース,演劇学科演技コース・舞踊コース実技試験の参考演技DVD放映
・日本大学関連サイトの自由検索
・映像による大学・学部紹介
・インターネット出願体験コーナー
・2020年度一般入学試験要項配布

TEL 03-5275-8001
   

一覧に戻る

日本大学 入試情報

【推薦入試】法学部 指定校制

>詳細
出願日程:
2019年11月01日
試験日:
2019年11月17日
試験詳細:
書類審査・小論文・口述試験
※出願前にWeb登録が必要です。日本大学法学部Webサイトをご確認ください。

【推薦入試】法学部 公募制

>詳細
出願日程:
2019年11月01日
試験日:
2019年11月17日
試験詳細:
書類審査・学科指定論述試験・口述試験
※出願前にWeb登録が必要です。日本大学法学部Webサイトをご確認ください。

【推薦入試】文理学部 指定校制

>詳細
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月02日
試験日:
2019年11月09日
試験詳細:
書類選考・面接

【推薦入試】経済学部 指定校制

>詳細
出願日程:
2019年11月01日
試験日:
2019年11月17日
試験詳細:
書類選考・作文・面接

【推薦入試】商学部 指定校制

>詳細
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月02日
試験日:
未定
試験詳細:
書類選考のみ

【推薦入試】商学部 公募制

>詳細
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月02日
試験日:
2019年11月09日
試験詳細:
書類選考・小論文・面接試験
※【学術活動優秀者対象】は書類選考と面接試験。

【推薦入試】芸術学部 公募制

>詳細
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月06日
試験日:
2019年11月24日
試験詳細:
書類選考、面接ほか(学科により異なります。)
※放送学科は一般推薦入試(公募制)を行いません。

【推薦入試】国際関係学部 指定校制

>詳細
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月02日
試験日:
2019年11月10日
試験詳細:
書類選考・面接

【推薦入試】国際関係学部 公募制

>詳細
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月02日
試験日:
2019年11月10日
試験詳細:
書類選考・小論文・面接

【推薦入試】危機管理学部 公募制

>詳細
出願日程:
2019年11月01日
試験日:
2019年11月09日
試験詳細:
書類審査・論述試験・口述試験

法学部 指定校制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日
試験日:
2019年11月17日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類審査・小論文・口述試験
※出願前にWeb登録が必要です。日本大学法学部Webサイトをご確認ください。
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月25日
発表方法:
---

法学部 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日
試験日:
2019年11月17日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類審査・学科指定論述試験・口述試験
※出願前にWeb登録が必要です。日本大学法学部Webサイトをご確認ください。
受験費用:
---
合格発表日:
2019年12月14日
発表方法:
---

文理学部 指定校制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月02日
試験日:
2019年11月09日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月19日
発表方法:
---

経済学部 指定校制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日
試験日:
2019年11月17日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考・作文・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月25日
発表方法:
---

商学部 指定校制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月02日
試験日:
未定
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考のみ
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月19日
発表方法:
---

商学部 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月02日
試験日:
2019年11月09日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考・小論文・面接試験
※【学術活動優秀者対象】は書類選考と面接試験。
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月19日
発表方法:
---

芸術学部 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月06日
試験日:
2019年11月24日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考、面接ほか(学科により異なります。)
※放送学科は一般推薦入試(公募制)を行いません。
受験費用:
---
合格発表日:
2019年12月03日
発表方法:
---

国際関係学部 指定校制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月02日
試験日:
2019年11月10日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月15日
発表方法:
---

国際関係学部 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月02日
試験日:
2019年11月10日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考・小論文・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月15日
発表方法:
---

危機管理学部 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日
試験日:
2019年11月09日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類審査・論述試験・口述試験
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月19日
発表方法:
---

スポーツ科学部 指定校制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日
試験日:
2019年11月09日
評定基準:
なし
評定値:
---
試験詳細:
書類審査・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月19日
発表方法:
---

理工学部 指定校制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月05日
試験日:
2019年11月16日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
小論文・面接
※出願前にWeb登録が必要です。日本大学理工学部Webサイトをご確認ください。
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月20日
発表方法:
---

理工学部 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月05日
試験日:
2019年11月17日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考・面接ほか(学科により異なります。)
※出願前にWeb登録が必要です。日本大学理工学部Webサイトでご確認ください。

*出願要件は学科により異なります。
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月20日
発表方法:
---

生産工学部 指定校制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月08日
試験日:
2019年11月16日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類審査・小論文・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月25日
発表方法:
---

生産工学部 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月08日
試験日:
2019年11月17日
評定基準:
なし
評定値:
---
試験詳細:
書類審査・基礎学力検査・面接
※【事業継承者等】は、書類審査・基礎学力検査・小論文・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月26日
発表方法:
---

工学部 指定校制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月06日
試験日:
2019年11月16日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類審査・小論文・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月27日
発表方法:
---

工学部 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月05日
試験日:
2019年11月15日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類審査・小論文・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月27日
発表方法:
---

歯学部 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月08日
試験日:
2019年11月16日
評定基準:
なし
評定値:
---
試験詳細:
書類審査・適性試験・小論文・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月22日
発表方法:
---

松戸歯学部 指定校制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月06日
試験日:
2019年11月09日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類審査・適性検査・小論文・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月14日
発表方法:
---

松戸歯学部 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月06日
試験日:
2019年11月09日
評定基準:
なし
評定値:
---
試験詳細:
書類審査・適性試験・小論文・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月14日
発表方法:
---

生物資源科学部 指定校制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月07日
試験日:
2019年11月16日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考・基礎学力テスト・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月25日
発表方法:
---

生物資源科学部 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月07日
試験日:
2019年11月16日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考・基礎学力テスト・面接
*【国際地域開発特別推薦】は、書類選考・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月25日
発表方法:
---

薬学部 指定校制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月03日
試験日:
2019年11月13日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月18日
発表方法:
---

薬学部 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月03日
試験日:
2019年11月13日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考・参考試験・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月18日
発表方法:
---

短期大学部(三島校舎) 指定校制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月02日
試験日:
2019年11月10日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月15日
発表方法:
---

短期大学部(三島校舎) 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年11月01日〜2019年11月02日
試験日:
2019年11月10日
評定基準:
あり
評定値:
0.0
試験詳細:
書類選考・小論文・面接
受験費用:
---
合格発表日:
2019年11月15日
発表方法:
---

短期大学部(船橋校舎) 公募制

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2019年12月02日〜2019年12月09日
試験日:
2019年12月14日
評定基準:
なし
評定値:
---
試験詳細:
書類審査・面接・口頭試問
※出願前にWeb登録が必要です。日本大学短期大学部(船橋校舎)Webサイトでご確認ください。
受験費用:
---
合格発表日:
2019年12月18日
発表方法:
---

短期大学部(船橋校舎) 自己推薦

入試種別:
推薦入試
出願日程:
2020年03月02日〜2020年03月09日
試験日:
2020年03月13日
評定基準:
なし
評定値:
---
試験詳細:
短期大学部(船橋校舎)Webサイトや入試資料でご確認ください。

※出願前にWeb登録が必要です。短期大学部(船橋校舎)Webサイトでご確認ください。
受験費用:
---
合格発表日:
2020年03月17日
発表方法:
---

<一覧に戻る

日本大学 所在地・地図

※地図をクリックで大きな地図を見る

日本大学本部学務部入学課

〒102-8275
東京都千代田区九段南4-8-24
TEL:03-5275-8001

アクセス方法

最寄駅:市ヶ谷駅
JR中央・総武線「市ヶ谷」駅下車徒歩3分
東京メトロ有楽町線・南北線、都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」駅より徒歩2分

※地図をクリックで大きな地図を見る

法学部キャンパス

〒101-8375
東京都千代田区神田三崎町2-3-1
TEL:03-5275-8503

アクセス方法

最寄駅:水道橋駅
JR中央・総武線「水道橋」駅より徒歩3~5分

最寄駅:水道橋駅
都営地下鉄三田線「水道橋」駅より徒歩3~6分

最寄駅:神保町駅
都営地下鉄新宿線・三田線、東京メトロ半蔵門線「神保町」駅より徒歩5~8分

※地図をクリックで大きな地図を見る

文理学部キャンパス

〒156-8550
東京都世田谷区桜上水3-25-40
TEL:03-5317-9380

アクセス方法

最寄駅:桜上水駅
京王線「桜上水」駅より徒歩8分

最寄駅:下高井戸駅
京王線、東急世田谷線「下高井戸」駅より徒歩8分

※地図をクリックで大きな地図を見る

経済学部キャンパス

〒101-8360
東京都千代田区神田三崎町1-3-2
TEL:03-3511-5590

アクセス方法

最寄駅:水道橋駅
JR中央・総武線、都営地下鉄三田線「水道橋」駅より徒歩3分

最寄駅:神保町駅
都営地下鉄新宿線・三田線、東京メトロ半蔵門線「神保町」駅より徒歩5分

※地図をクリックで大きな地図を見る

商学部キャンパス

〒157-8570
東京都世田谷区砧5-2-1
TEL:03-3749-6735

アクセス方法

最寄駅:祖師ヶ谷大蔵駅
小田急線「祖師ヶ谷大蔵」駅より徒歩12分

最寄駅:成城学園前駅
小田急線「成城学園前」駅より東急バス・小田急バスで10分「日大商学部前」下車

※地図をクリックで大きな地図を見る

芸術学部キャンパス

〒176-8525
東京都練馬区旭丘2-42-1
TEL:03-5995-8282

アクセス方法

最寄駅:江古田駅
西武池袋線「江古田」駅より徒歩1分

※地図をクリックで大きな地図を見る

国際関係学部キャンパス/短期大学部 三島校舎

〒411-8588
静岡県三島市文教町1-9-18
TEL:055-980-1919

アクセス方法

最寄駅:三島駅
<三島校舎>JR東海道本線・新幹線、伊豆箱根鉄道「三島」駅より徒歩10分

最寄駅:三島駅
<三島駅北口校舎>JR東海道本線・新幹線、伊豆箱根鉄道「三島」駅より徒歩1分(三島校舎まで徒歩8分)

※地図をクリックで大きな地図を見る

危機管理学部キャンパス

〒154-8513
東京都世田谷区下馬3-34-1
TEL:03-6453-1600

アクセス方法

東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」より徒歩10分

東急東横線「祐天寺駅」から東急バスで10分「日大前」下車

※地図をクリックで大きな地図を見る

スポーツ科学部キャンパス

〒154-8513
東京都世田谷区下馬3-34-1
TEL:03-6453-1600

アクセス方法

東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」より徒歩10分

東急東横線「祐天寺駅」から東急バスで10分「日大前」下車

※地図をクリックで大きな地図を見る

理工学部 駿河台キャンパス

〒101-8308
東京都千代田区神田駿河台1-8-14
TEL:03-3259-0578

アクセス方法

最寄駅:御茶ノ水駅
JR中央・総武線、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅より徒歩3~5分

最寄駅:新御茶ノ水駅
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅より徒歩3分

最寄駅:小川町駅
都営地下鉄新宿線「小川町」駅より徒歩7分

※地図をクリックで大きな地図を見る

理工学部 船橋キャンパス/短期大学部 船橋校舎

〒274-8501
千葉県船橋市習志野台7-24-1
TEL:047-469-6249

アクセス方法

最寄駅:船橋日大前駅
東葉高速線(東京メトロ東西線相互乗り入れ)「船橋日大前」駅より徒歩1分

※地図をクリックで大きな地図を見る

生産工学部 津田沼キャンパス

〒275-8575
千葉県習志野市泉町1-2-1
TEL:047-474-2246

アクセス方法

最寄駅:津田沼駅
JR総武線「津田沼」駅よりバスで11分「日大生産工学部」下車

最寄駅:京成大久保駅
京成本線「京成大久保」駅より 徒歩10分

※地図をクリックで大きな地図を見る

生産工学部 実籾キャンパス

〒275-8576
千葉県習志野市新栄2-11-1
TEL:047-474-2246

アクセス方法

最寄駅:津田沼駅
JR総武線「津田沼」駅よりバスで15分「日大実籾」下車

最寄駅:実籾駅
京成本線「実籾」駅より徒歩10分

※地図をクリックで大きな地図を見る

工学部キャンパス

〒963-8642
福島県郡山市田村町徳定字中河原1
TEL:024-956-8619

アクセス方法

最寄駅:郡山駅
JR東北本線・新幹線「郡山」駅よりバスで20分「日本大学」下車

最寄駅:安積永盛駅
JR東北本線「安積永盛」駅より 徒歩15分

※地図をクリックで大きな地図を見る

医学部キャンパス

〒173-8610
東京都板橋区大谷口上町30-1
TEL:03-3972-8188

アクセス方法

最寄駅:大山駅
東武東上線「大山」駅より徒歩15分

最寄駅:池袋駅
池袋駅西口(バス乗り場④)より国際興業バスで20分「日大病院」下車

最寄駅:赤羽駅
赤羽駅西口(バス乗場④)より国際興業バスで30分「日大病院」下車

※地図をクリックで大きな地図を見る

歯学部キャンパス

〒101-8310
東京都千代田区神田駿河台1-8-13
TEL:03-3219-8002

アクセス方法

最寄駅:御茶ノ水駅
JR中央・総武線、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅より徒歩2~5分

最寄駅:新御茶ノ水駅
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅より徒歩2分

最寄駅:小川町駅
都営地下鉄新宿線「小川町」駅より徒歩7分

※地図をクリックで大きな地図を見る

松戸歯学部キャンパス

〒271-8587
千葉県松戸市栄町西2-870-1
TEL:047-360-9339

アクセス方法

最寄駅:松戸駅
JR常磐線、東京メトロ千代田線、新京成線「松戸」駅よりバスで15分「日大歯科病院」下車

最寄駅:南流山駅
つくばエクスプレス・JR武蔵野線「南流山」駅よりバスで13分「日大病院入口」下車 徒歩5分

※地図をクリックで大きな地図を見る

生物資源科学部キャンパス

〒252-0880
神奈川県藤沢市亀井野1866
TEL:0466-84-3812

アクセス方法

最寄駅:六会日大前駅
小田急江ノ島線「六会(むつあい)日大前」駅より徒歩3分

※地図をクリックで大きな地図を見る

薬学部キャンパス

〒274-8555
千葉県船橋市習志野台7-7-1
TEL:047-465-8480

アクセス方法

最寄駅:船橋日大前駅
東葉高速線(東京メトロ東西線相互乗り入れ)「船橋日大前」駅より徒歩7分

日本大学 資格について

高い専門性を持っていることを証明する「資格」を取得しておくと、就職活動や実社会で端的な自己アピールに活かせます。日本大学では、各学部で資格取得、検定試験対策などに対応した講座を多数開設し、ステップアップを目指す学生を全力で支援します。
参考サイト:資格取得

日本大学 就職について

日本大学は、入学から卒業、そして就職までを学生一人ひとりの人生にとって重要な時間と考え、学生を全力で支援しています。
さらに、あらゆる分野で活躍する卒業生の実績により、本学は社会から高い期待を寄せられており、毎年全国から1万件近い求人依頼があります。総合大学としての力に加え、卒業生の絆が在学生の就職活動を支えており、「就職力が身につく日本大学」として評価されています。
参考サイト:就職支援

日本大学 先輩メッセージ

国際社会を読み解く力を養う授業。 学びの意欲が上がる

氏名:S.Aさん
学部/学科:法学部 政治経済学科
入学年:2015年
メッセージ:高校生の頃から社会科が好きで、大学では法律や政治学を学びたいと考えていました。日本大学法学部は日本大学創始の学部という伝統があり、政治や経済、ビジネスなど社会科学を広く学びたかった私にぴったりな大学だと思い、進学しました。
学んでいて興味が尽きないのはヨーロッパ政治論です。英国のEU離脱がクローズアップされ、移民政策も大きな問題となっています。講義では、それぞれの国の文化的な背景や価値観といったグローバルな視点で考えることの大切さを教わり、ますます日々の動向から目が離せなくなりました。どの講義もお話がおもしろく、苦手な経済学の克服にもつながっています。卒業後はこの学びを生かし、マスメディアの世界で国際政治だけでなく日本の政治も追いかけ、情報を発信していきたいと考えています。

実践を学び奥深さを知る。 友人との学修や自習もできる環境が整うキャンパス

氏名:H.Rさん
学部/学科:文理学部 社会福祉学科
入学年:2015年
メッセージ:父が児童福祉に従事していることもあって、福祉の仕事に関心を持っていました。授業では1年次から、基礎理論だけでなく現場を意識した実践を学ぶことができます。2年次で履修した「ソーシャルワーク演習」では、学生同士がソーシャルワーカーとクライアントとで立場を替えて面接を行います。クライアントの置かれた環境は幅広く、社会福祉の奥深さを知ることができました。
私のお気に入りの場所でもあるラーニングコモンズは、おしゃれな雰囲気で、パソコンの利用も可能です。みんなで勉強を教えあったり、1人の時は、その一角にあるソファーを使ってレポートを書いたり、読書をして時間を過ごしたりしています。将来は対象を限定せずに、福祉のサポートを求めている方たちの支えとなりたいと思っています。

興味を引く身近な問題。 深く思考する力が身に付く実践的な授業

氏名:F.Rさん
学部/学科:経済学部 金融公共経済学科
入学年:2015年
メッセージ:経済学は日常生活の身近な問題を取り上げることが多く、2年次から始まるゼミナールでは、福祉に興味があったので宮里尚三先生の「福祉経済論」を選んだのですが、身近な奨学金について学んでみると知らないことばかりだったことに気付かされました。延滞の問題や救済の方法など、利用する立場に立って考えることの大切さも教えていただき、それが他教科の学びにもつながり、問題を深く考えられるようになったと思います。また、授業では大勢の前で発表するプレゼンテーションの機会が多く、かなり鍛えられました。学外のプレゼンテーションのコンテストに仲間と応募して優秀賞をいただくなど、力を付けることができたと思っています。日本大学経済学部には全国から多彩な学生が集まり、たくさんの刺激をもらいました。将来の選択肢が広がる学生生活です。

ゼミナールでは、知識と社会で必要な協調性が しっかりと身に付きます

氏名:S.Dさん
学部/学科:商学部 経営学科
入学年:2015年
メッセージ:将来どんな分野に進もうと、経済・経営の知識は必ず役に立つものだと思い、経営学科を志望しました。2年次からは国際経済と日本経済の諸問題を扱うゼミナールに所属。3学科合同で2・3年生が一緒という学修環境で、アベノミクスや少子化など、さまざまな時事問題を取り上げ、グループに分かれて討論を行っています。ゼミナールの醍醐味は、グループで問題のどこに焦点を当てるかを考え、一つにまとめるプロセスだと思います。そこでは、自分の意見を主張しつつ仲間の意見を尊重する姿勢が必要となるため、協調性を身に付けることができます。また、相手にわかりやすく伝える力や、他者の意見を聞き、柔軟に考える力も鍛えられます。さらに時間管理能力や責任感も養われます。その全てが今後、社会に出た時、仕事に限らず、いろいろな場面で生きてくると確信しています。

興味のあることから、やりたいことが見つかる。 主体と客体を問い続けたい

氏名:M.Nさん
学部/学科:芸術学部 写真学科
入学年:2015年
メッセージ:写真には小さいときから興味がありましたが、大学に入るまでは趣味のひとつとして取り組む程度でした。受験をする前には、1人で商店街に行き、行き交う人やお店の人たちをただただ撮影していました。写真の素養がなかった私でしたが、入学して先生方から丁寧に基礎から理論、技術を学びました。芸術教養科目にある「人間の心理」では、 撮影に際して対象を客観的に見ること、自分と向き合うことの大切さを学び、自分自身が写真に投影されることを知って、目を開かされました。芸術学部は自分のやりたいことを具体的に見つけることができるところだと思います。今でも、街に出掛けて写真を撮り、学校でプリントすることを続けていますが、卒業制作では自分自身が撮る主体と撮られる客体になる、セルフポートレートに挑戦しようかと思っています。

学内の語学学修環境が充実。 その経験からカナダ留学がより有意義なものに

氏名:O.Kさん
学部/学科:国際関係学部 国際総合政策学科
入学年:2015年
メッセージ:子どもの頃から英語を習っており、海外にも興味があったことからこの学部を選びました。商学や芸術、平和学など幅広い授業を開講していますが、どれも内容に国際的な視点が入っており、国際関係をさまざまな角度から深く学ぶことができていると思います。また語学に関しても、英語を指導する外国人の先生と、授業以外でも会話をする機会が多かったり、他ではあまり学べないスペイン語も履修できるなど充実しています。
また、この学部を選んだ理由の1つに多彩な留学制度があります。私は2年次に1か月間、カナダへ留学しました。決して長くはありませんが、それまでに学内で語学力を高めていたこともあり、内容の濃い留学期間となりました。留学を経験して積極的にもなったと思います。将来は、身に付けた語学を生かせる仕事に就きたいと考えています。

原発事故で感じた危機感を、幅広い視点で学べる環境が整っています

氏名:I.Kさん
学部/学科:危機管理学部 危機管理学科
入学年:2016年
メッセージ:中学時代に起きた東日本大震災の原発事故に衝撃を受け、 原子力について学ぼうと他大学へと進学しました。そこで原発事故は危機管理が徹底されていなかったからだと知り、この学部へ入学し直しました。

「オールハザード・アプローチ」と謳っている通り、この学部では災害から情報セキュリティ、企業のコンプライアンスなどさまざまな危機管理について学ぶことができます。原発に関しても情報をどう扱うかが重要だったりと、一見関係ないような分野とも深く関わっているのが危機管理です。幅広い分野を学べるこの学部は、自分なりのテーマを持って深く学ぶことができると思います。
将来はこの学部で学んだことを生かし、地方自治体などで原子力災害から地域を守るような仕事に就ければと思っています。

日本記録更新のその先へ。 自分の夢を広げてくれた、学びと練習環境がある

氏名:H.Yさん
学部/学科:スポーツ科学部 競技スポーツ学科
入学年:2017年
メッセージ:走幅跳を高校時代から続けており、現在の日本記録保持者である森長正樹先生の指導を受けたいという想いから、 日本大学を選びました。入学して驚いたのは、ほとんどの授業が座学だということです。ただ、授業で学んだことは所属する陸上競技部でのトレーニングに生かせることが多く、非常に役立っています。特に他競技の選手から聞く話には参考とするべき点が多く、トレーニング方法の幅が広がりました。
このように、授業で学ぶことすべてを競技に生かすことができるので、パフォーマンスも上がってきたと思います。在学中に森長先生の日本記録を塗り替えることが目標です。ただ、それが自分にとっての最終目標ではありません。その上で、2020年のオリンピック東京大会でメダルを獲りたいとも思っています。この学部は先生方を含め競技力を向上させるための環境が整っており、私の夢を後押ししてくれています。

交通から社会に貢献する。 フィールドワークなど、自分が成長できる大学

氏名:H.Kさん
学部/学科:理工学部 交通システム工学科
入学年:2015年
メッセージ:高校生の時の電車通学で、都心部の交通の混雑を身をもって体験し、なんとか改善できないかと真剣に考えました。それから交通に関する一般書も何冊か読み、大学でより深く学びたいと思い、理工学部に進学しました。3年次に受講する「交通現象解析Ⅰ」では静岡県伊東市に全員で合宿しながら、市内中心部の交通量などを調査し、交通問題の原因を明らかにしました。4年次の「同Ⅱ」では合宿で得られた解析データから改善策を伊東市に提案するなどフィールドワークを通じて実践的なことを学んでいます。私はマネージメントコースに進んでいますが、エンジニアリング系の知識も必要と考え、3年次から構造力学も学んでいます。理工学部には、勉強に対して真摯に取り組み、 将来に関しても具体的に考えている人が多く、毎日刺激を受けています。こうした友人たちとコミュニケーションをすることで、自分自身が成長できる大学だと思います。

好きな数学を生かしたい。 予想以上の学びの場に、知識欲が増すのを実感

氏名:O.Nさん
学部/学科:生産工学部 数理情報工学科
入学年:2016年
メッセージ:好きな数学を生かして、コンピュータについて学びたいと考え、情報処理技術者の養成に力を入れていると聞いた生産工学部数理情報工学科に進学しました。私はJABEE 認定コースである「情報工学コース」を専攻したので、1年次からコンピュータやプログラミングについて専門的な知識を学ぶことができました。2年次からはより専門性が増し、「ソフトウェア構築及び演習」の授業で、グループワークでプログラムを作成したりしました。図書館は参考書も豊富に揃っており、空き時間にはこもって自習をしています。入学前に思い描いていた以上の学びの場を得られているというのが、実感です。刺激を受けて、もっと学びたいと思うようになっており、そのために大学院や留学も視野に入れながら、自分の進路を決めていきたいと思っています。

工学部で生命化学を学ぶ、 その経験が研究者としての大きなアドバンテージに

氏名:I.Sさん
学部/学科:工学部 生命応用化学科
入学年:2015年
メッセージ:理科の教員になることを目指し、 工学部に進学しましたが、薬品に関する講義を数多く履修するうちに、製薬会社で新薬の研究開発を行いたいと思うようになりました。現在は、バイオインフォマティクスに関する研究室に所属し、日々研究を行っています。バイオインフォマティクスとは、生命科学と情報科学の融合から生まれた新しい学問分野です。たとえば、情報処理技術の進歩によってヒトの塩基配列を詳細に解析することが可能になり、将来的には、一人ひとりに適応した副作用の少ない薬の調合などが期待されています。テクノロジーの進歩が、新薬の開発など、生命化学の可能性を大きく広げていることを、研究を通して実感する毎日です。今後は大学院に進学し、この分野に関する研究を深く掘り下げていくことで、将来は製薬会社に就職し、新薬の開発を通じて社会に貢献していきたいと考えています。

グループでの症例検討は興味深く、非常に実践的で 能動的な学びができます

氏名:K.Mさん
学部/学科:医学部 医学科
入学年:2015年
メッセージ:産婦人科医として働く父の姿を見てきて、自分も患者さんに頼られ、感謝される存在になりたいと医師を志望。長い歴史を持ち、多くの医師が全国各地で活躍されていることに魅力を感じ、日本大学への入学を決めました。3年次からは臨床の勉強が始まり、提示された症例についてグループで検討するPBLテュートリアルは実践的で、興味深い授業です。自分たちで症状から原因を探り、検査結果等をもとに診断を下し、治療方針を考えていくので、能動的かつ意欲的に学修できます。また、医学部では多くの学生が文武両道を実践し、部活に積極的に取り組んでいます。1年次から6年次まで同じキャンパスなので、部活を通して縦の密なつながりを築きやすいのがうれしいですね。OB・OGを含め、先輩方との交流から学べることは多く、とても恵まれた環境だと思います。

素晴らしい指導陣に学んだ 健康寿命に関わる口腔ケア 多くの人に伝えていきます

氏名:S.Sさん
学部/学科:歯学部 歯学科
入学年:2013年
メッセージ:大学受験で医学系を目指していた頃、糖尿病と歯周病の関係の話を聞く機会がありました。歯科医師は虫歯を削って詰めるという印象だったのですが、健康に長生きするためには歯を含めた口腔ケア抜きには考えられず、歯科の役割が大きいことに気づかされ、歯学部受験を決めました。
3年次には、日本大学の大先輩であり日本に予防歯科を広めた世界的権威の熊谷崇先生の講義で、患者さん一人ひとりに合わせたリスクマネジメントで歯を残すことの大切さを学びました。また、摂食機能療法学の植田耕一郎先生の講義では、高齢者への摂食嚥下リハビリテーションの重要性を学ぶなど、日本の歯科分野をリードする指導陣から多くの学びを吸収できた6年間でした。将来は、人々の健康を支える口腔ケアへの意識改革を促せるような歯科医師として活躍したいと考えています。

先生による丁寧な講義と 友人や先輩との学びで 勉強の理解を深める

氏名:N.Aさん
学部/学科:松戸歯学部 歯学科
入学年:2013年
メッセージ:小さい頃に通っていた歯科医院の先生に憧れて、歯科医師を目指しました。松戸歯学部は国家試験に向けた指導が徹底しており、歯科医師国家試験合格率も高いことから進学しました。地方から出てきて最初は不安がありましたが、入学後に行われる2泊3日のオリエンテーションではすぐに友人ができ、バドミントン部に入部したことで先輩たちとも親しくなり、大学生活を楽しんでおります。講義でも先生方から丁寧な指導をしていただいています。試験前には、友人と教え合ったり、先輩からアドバイスをもらいながら、理解を深めてきました。5年次からの臨床実習では、付属病院で患者さんの治療に参加して、歯科医師となることを実感しています。まだ具体的に専門分野を決めていませんが、地元で出会った先生のように、患者さんにきちんと向き合える歯科医師になりたいと思っています。

“食”の安全や機能について 科学の視点から 存分に学べる環境です

氏名:S.Rさん
学部/学科:生物資源科学部 食品生命学科
入学年:2015年
メッセージ:中学生のとき、親が買ってきた食の安全に関する本を何気なく読んだのが、食に興味をもったきっかけです。食物と生命やヒトの健康との関連について専門的な知識を得たいと思うようになり、この学科に進学しました。
実際に学び始めると、食と生命科学をつなぐ分野は思った以上に奥が深く、幾度も目を開かされました。食品衛生学の実験で市販の食品中の細菌数を測定したり、実習でソーセージやレトルト食品を実際につくって製造の現場を体験したり、身近な食の問題を実感しながら知識を吸収できたことが良かったと思います。4年次の今は「食品衛生学」の研究室に所属。食中毒菌の制御はもちろん菌類の機能を食品製造に生かす幅広いテーマを扱っています。ここでさらに深い知識を得て、将来,安全な食品づくりに貢献できる仕事に就きたいと思ってます。

臨床体験や実習を通して 薬剤師としての 責任感を学ぶことができます

氏名:O.Sさん
学部/学科:薬学部 薬学科
入学年:2014年
メッセージ:両親が医療関係に従事しており、私も小さいときから医療に関わる仕事に憧れていました。1年次にある「早期臨床体験」では、私は特別介護老人施設に行き、高齢者への服薬指導などを見学し、現在の日本において薬剤師に求められていることを学ぶことができました。また3年次の「薬理学実習」では、実験で薬の及ぼす影響を目の前で見て、医療人としての責任の重さを実感しました。高校までの授業では因果関係しか学んでいなかった知識に対して、大学では原理までさかのぼって丁寧に教えていただいています。また、勉強で分からないことや試験対策などは友人と勉強会を開いたり、教え合ったりしています。課題があれば、みんなで乗り越えていこうという雰囲気の学部です。将来は、患者さんときちんと向き合える薬剤師になりたいと思っています。

編入学の支援が手厚く 併設学部とも連携した 教育環境が大きな魅力

氏名:N.Yさん
学部/学科:短期大学部 ものづくり・サイエンス総合学科
入学年:2017年
メッセージ:4年制の他大学に合格したものの、日本大学の理工学部航空宇宙工学科で学びたいという気持ちが強く、編入学の支援が手厚い短期大学部へ進学しました。短期大学部とはいえ、興味がある専攻を選択できるし、併設学部の先生が授業を受け持ち、基礎から応用的な話までしてくださるところは大きな魅力です。個人的には、理工学部の未来博士工房に参加できるところもうれしいです。同工房の航空宇宙工房に所属して、ハイブリッドロケットの製作に取り組んでいます。学部生と気軽に情報交換したり、充実した図書館や食堂なども利用できたりするところは、学部とキャンパスが一緒である大きなメリットだと感じます。今後の目標は、現在の成績をキープして推薦で編入学試験に合格すること。いずれはロケットに関わる新しい技術開発に携わりたいです。

英語の教員を目標に 多様な学生と刺激し合い 意欲的に学んでいます

氏名:K.Tさん
学部/学科:通信教育部 文理学部文学専攻(英文学)
入学年:2016年
メッセージ:英語の教員免許を取得するため、働きながら学びたいと思い、通信教育部を志望。決め手になったのは、スクーリングが充実していることで、自分の生活環境に合わせて学び方を選んでいます。しかも、意欲さえあれば専攻分野以外の科目も履修できる選択肢の広さもあります。
また、バックグラウンドの異なる、幅広い年齢層の人たちが一緒に学ぶ通信教育部の環境はとても刺激的です。例えば授業でディスカッションを行うと、いろいろな視点から経験に基づいた意見が出てきて、とても活気に満ちています。就職という点でも、多様な学生がいるおかげで、何歳からでもチャレンジでき、目標達成の道筋は一つでないのがよくわかります。加えて、いろいろな卒業生の声も聞けるので、将来を具体的に描くことができ、ぶれることなく着実に歩を進められます。

日本大学 学費

法律学科

学費:初年度納入金  1,260,000円

政治経済学科

学費:初年度納入金  1,260,000円

新聞学科

学費:初年度納入金  1,260,000円

経営法学科

学費:初年度納入金  1,260,000円

公共政策学科

学費:初年度納入金  1,260,000円

法律学科第二部(夜間部)

学費:初年度納入金  660,000円

備考:長期履修学生制度あり

哲学科

学費:初年度納入金  1,290,000円

史学科

学費:初年度納入金  1,300,000円

国文学科

学費:初年度納入金  1,300,000円

中国語中国文化学科

学費:初年度納入金  1,305,000円

英文学科

学費:初年度納入金  1,290,000円

ドイツ文学科

学費:初年度納入金  1,290,000円

社会学科

学費:初年度納入金  1,305,000円

社会福祉学科

学費:初年度納入金  1,350,000円

教育学科

学費:初年度納入金  1,305,000円

体育学科

学費:初年度納入金  1,390,000円

心理学科

学費:初年度納入金  1,380,000円

地理学科

学費:初年度納入金  1,620,000円

地球科学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

数学科

学費:初年度納入金  1,670,000円

情報科学科

学費:初年度納入金  1,680,000円

物理学科

学費:初年度納入金  1,710,000円

生命科学科

学費:初年度納入金  1,740,000円

化学科

学費:初年度納入金  1,740,000円

経済学科

学費:初年度納入金  1,240,000円

産業経営学科

学費:初年度納入金  1,240,000円

金融公共経済学科

学費:初年度納入金  1,240,000円

商業学科

学費:初年度納入金  1,240,000円

経営学科

学費:初年度納入金  1,240,000円

会計学科

学費:初年度納入金  1,240,000円

写真学科

学費:初年度納入金  1,870,000円

映画学科

学費:初年度納入金  ---

備考:初年度納入金188万円~195万円
※コースにより異なる

美術学科

学費:初年度納入金  1,880,000円

音楽学科

学費:初年度納入金  1,890,000円

文芸学科

学費:初年度納入金  1,750,000円

演劇学科

学費:初年度納入金  1,840,000円

放送学科

学費:初年度納入金  1,900,000円

デザイン学科

学費:初年度納入金  1,850,000円

国際総合政策学科

学費:初年度納入金  1,350,000円

国際教養学科

学費:初年度納入金  1,350,000円

危機管理学科

学費:初年度納入金  1,260,000円

競技スポーツ学科

学費:初年度納入金  1,400,000円

土木工学科

学費:初年度納入金  1,730,000円

交通システム工学科

学費:初年度納入金  1,730,000円

建築学科

学費:初年度納入金  1,730,000円

海洋建築工学科

学費:初年度納入金  1,730,000円

まちづくり工学科

学費:初年度納入金  1,730,000円

機械工学科

学費:初年度納入金  1,730,000円

精密機械工学科

学費:初年度納入金  1,730,000円

航空宇宙工学科

学費:初年度納入金  1,730,000円

電気工学科

学費:初年度納入金  1,730,000円

電子工学科

学費:初年度納入金  1,730,000円

応用情報工学科

学費:初年度納入金  1,730,000円

物質応用化学科

学費:初年度納入金  1,730,000円

物理学科

学費:初年度納入金  1,730,000円

数学科

学費:初年度納入金  1,690,000円

機械工学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

電気電子工学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

土木工学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

建築工学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

応用分子化学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

マネジメント工学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

数理情報工学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

環境安全工学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

創生デザイン学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

土木工学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

建築学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

機械工学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

電気電子工学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

生命応用化学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

情報工学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

医学科

学費:初年度納入金  6,350,000円

歯学科

学費:初年度納入金  6,900,000円

歯学科

学費:初年度納入金  6,900,000円

生命農学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

生命化学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

獣医学科

学費:初年度納入金  2,410,000円

動物資源科学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

食品ビジネス学科

学費:初年度納入金  1,380,000円

森林資源科学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

海洋生物資源科学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

生物環境工学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

食品生命学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

国際地域開発学科

学費:初年度納入金  1,380,000円

応用生物科学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

くらしの生物学科

学費:初年度納入金  1,660,000円

薬学科

学費:初年度納入金  2,450,000円

ビジネス教養学科

学費:初年度納入金  1,060,000円

食物栄養学科

学費:初年度納入金  1,260,000円

建築・生活デザイン学科

学費:初年度納入金  1,500,000円

ものづくり・サイエンス総合学科

学費:初年度納入金  1,500,000円

日本大学 独自の奨学金

奨学金名:

日本大学特待生

>詳細
説明文:
学部・通信教育部・短期大学部の学業成績・人物ともに優秀な2年次生以上の学生を対象にした制度です。
支給金額:

---

奨学金名:

古田奨学金

>詳細
説明文:
本学の興隆発展に寄与された故古田重二良先生の功績を顕彰して設置され、大学院学生を対象として、学業及び人物ともに優秀で、健康な者に給付します。
支給金額:

200,000円

奨学金名:

ロバート・F・ケネディ奨学金

>詳細
説明文:
故ロバート・F・ケネディ米国司法長官が寄付した基金をもとに設置され、大学院生を対象として、学業及び人物ともに優秀で、健康な者に給付します。
支給金額:

200,000円

奨学金名:

日本大学アスリート奨学金

>詳細
説明文:
保健体育審議会に入会予定の者又は所属している学生で、第1種は入学前の競技成績が特に優れた学部1年次生、第2種は同等の競技成績を残した2年次生以上を対象とした奨学金です。毎年更新可。
支給金額:

---

奨学金名:

日本大学付属高等学校等出身アスリート奨学金

>詳細
説明文:
日本大学付属高等学校等出身の保健体育審議会に入会予定の者又は所属している学生で、第1種は入学前の競技成績が特に優れた学部1年次生、第2種は同等の競技成績を残した2年次生以上を対象とした奨学金です。毎年更新可。
支給金額:

---

奨学金名:

日本大学事業部奨学金

>詳細
説明文:
株式会社日本大学事業部からの収益を還元する目的として、学部及び短期大学部に在学中の学生を対象として、経済的支援を必要とし、学業成績及び人物が優良な者に給付します。
支給金額:

240,000円

奨学金名:

小澤奨学金

>詳細
説明文:
故小澤三男氏が寄付した基金をもとに設置され、法学部・経済学部・商学部学生のうち、国家試験受験志望者に給付します。
支給金額:

120,000円

奨学金名:

オリジナル設計奨学金

>詳細
説明文:
オリジナル設計株式会社が寄付した基金をもとに設置され、理工学部・生産工学部・工学部学生のうち、国家公務員採用総合職試験受験志望者に給付します。
支給金額:

200,000円

奨学金名:

日本大学創立100周年記念外国人留学生奨学金

>詳細
説明文:
外国人留学生を対象とした制度で、大学院・学部・短期大学部に在学し、学業成績・人物が優秀で健康であり、特待生ほか本学の奨学金を受けていないことが条件です。ただし、国費外国人留学生・外国政府派遣留学生・本学と大韓民国大使館との合意書に基づく留学生は対象としません。
支給金額:

---

奨学金名:

日本大学創立130周年記念奨学金

>詳細
説明文:
日本大学では,学業成績が優秀であるにもかかわらず経済的理由によって日本大学への進学を断念せざるを得ない受験生の経済支援を行うことを目的として,一般入学試験出願前予約採用型給付奨学金「日本大学創立130周年記念奨学金(第1種)」を設置しています。本奨学金は,一般入学試験出願前に奨学金を申込み,審査の結果採用候補者となった方に,入学後の奨学金給付をお約束する制度です。また,継続審査はありますが最低修業年限の間,給付する奨学金ですので,入学後も引き続き家計負担が軽減され,安心して勉学に励むことができます。
支給金額:

300,000円

日本大学特待生

説明文:
学部・通信教育部・短期大学部の学業成績・人物ともに優秀な2年次生以上の学生を対象にした制度です。
支給金額:
---
備考:
甲種 授業料の半額及び図書費12万円、乙種 授業料の半額
支給条件:
---
返還義務:
なし
<一覧に戻る

古田奨学金

説明文:
本学の興隆発展に寄与された故古田重二良先生の功績を顕彰して設置され、大学院学生を対象として、学業及び人物ともに優秀で、健康な者に給付します。
支給金額:
200,000円
備考:
---
支給条件:
---
返還義務:
なし
<一覧に戻る

ロバート・F・ケネディ奨学金

説明文:
故ロバート・F・ケネディ米国司法長官が寄付した基金をもとに設置され、大学院生を対象として、学業及び人物ともに優秀で、健康な者に給付します。
支給金額:
200,000円
備考:
---
支給条件:
---
返還義務:
---
<一覧に戻る

日本大学アスリート奨学金

説明文:
保健体育審議会に入会予定の者又は所属している学生で、第1種は入学前の競技成績が特に優れた学部1年次生、第2種は同等の競技成績を残した2年次生以上を対象とした奨学金です。毎年更新可。
支給金額:
---
備考:
入学金・授業料・施設設備資金相当額及び図書費
支給条件:
---
返還義務:
なし
<一覧に戻る

日本大学付属高等学校等出身アスリート奨学金

説明文:
日本大学付属高等学校等出身の保健体育審議会に入会予定の者又は所属している学生で、第1種は入学前の競技成績が特に優れた学部1年次生、第2種は同等の競技成績を残した2年次生以上を対象とした奨学金です。毎年更新可。
支給金額:
---
備考:
入学金・授業料・施設設備資金相当額及び図書費
支給条件:
---
返還義務:
なし
<一覧に戻る

日本大学事業部奨学金

説明文:
株式会社日本大学事業部からの収益を還元する目的として、学部及び短期大学部に在学中の学生を対象として、経済的支援を必要とし、学業成績及び人物が優良な者に給付します。
支給金額:
240,000円
備考:
---
支給条件:
---
返還義務:
なし
<一覧に戻る

小澤奨学金

説明文:
故小澤三男氏が寄付した基金をもとに設置され、法学部・経済学部・商学部学生のうち、国家試験受験志望者に給付します。
支給金額:
120,000円
備考:
---
支給条件:
---
返還義務:
なし
<一覧に戻る

オリジナル設計奨学金

説明文:
オリジナル設計株式会社が寄付した基金をもとに設置され、理工学部・生産工学部・工学部学生のうち、国家公務員採用総合職試験受験志望者に給付します。
支給金額:
200,000円
備考:
---
支給条件:
---
返還義務:
なし
<一覧に戻る

日本大学創立100周年記念外国人留学生奨学金

説明文:
外国人留学生を対象とした制度で、大学院・学部・短期大学部に在学し、学業成績・人物が優秀で健康であり、特待生ほか本学の奨学金を受けていないことが条件です。ただし、国費外国人留学生・外国政府派遣留学生・本学と大韓民国大使館との合意書に基づく留学生は対象としません。
支給金額:
---
備考:
授業料相当額
支給条件:
---
返還義務:
なし
<一覧に戻る

日本大学創立130周年記念奨学金

説明文:
日本大学では,学業成績が優秀であるにもかかわらず経済的理由によって日本大学への進学を断念せざるを得ない受験生の経済支援を行うことを目的として,一般入学試験出願前予約採用型給付奨学金「日本大学創立130周年記念奨学金(第1種)」を設置しています。本奨学金は,一般入学試験出願前に奨学金を申込み,審査の結果採用候補者となった方に,入学後の奨学金給付をお約束する制度です。また,継続審査はありますが最低修業年限の間,給付する奨学金ですので,入学後も引き続き家計負担が軽減され,安心して勉学に励むことができます。
支給金額:
300,000円
備考:
---
支給条件:
日本大学学部(法学部第二部及び通信教育部を除く)又は短期大学部の一般入試に出願予定の者で,次の条件を備えている者。
❶経済的理由により学費等の支弁が困難であり,父母の収入・所得金額を合算した金額が(1)給与所得者の場合800万円以下,(2)給与所得以外の者の場合350万円以下であること。
❷修学意志が堅固で優良な資質を持っていること。
返還義務:
なし
<一覧に戻る

日本大学をもっと詳しく知ろう!

お気に入りに追加すると、学校の最新情報をマイページでチェックしたり、他の学校と比較してじっくり見ることが出来ます。学校のWebサイトを見たり、資料(パンフレットや願書)を請求して、もっと学校の魅力を調べましょう!

  • お気に入りに追加する
  • 資料請求
  • 公式サイトへ

この学校を見ている人は、こんな学校も見ています

青山学院大学

2 0 1 9 年4 月、コミュニティ人間科学部 開設

お気に入りに追加する

中部大学

深まる、広がる、総合大学。

お気に入りに追加する

相模女子大学

創立118年 歴史と伝統の女子教育

お気に入りに追加する

大谷大学

“真実”を追究し、“現実”と向きあう

お気に入りに追加する

PR

ページの先頭へ