学校・塾関係者のみなさま

塾、通信教育、家庭学習を比較する

2019年05月01日

考える女性

家庭学習をしていて、うまくいかなかったり、逆に物足りなくなったりすると、気になってくるのが塾や通信教育の存在。資料請求だけはしてみたという人も少なくないのではないでしょうか。
いつかはお世話になるかもしれない塾や通信教育。家庭学習と比べてその性質をつかんでおきましょう。

≪家庭学習≫
・長所
問題集代だけなので費用が安く済む。学習の時間帯や長さ、学習量も、家庭・子どもの状態に合わせて決められる。科目別に理解度・習熟度が違う場合、科目ごとに教材のレベルを変えられる。学年を超えて先取りもさかのぼりも可能なので、本人の力に合わせた学習をしやすい。

・短所
怠け心が出てしまうと学習の習慣化ができない。子どもに合った簡単すぎず難しすぎない教材選びに情報収集や慣れが必要。週や月ごとのカリキュラムがないので、上手に学習計画を立て、都度調整して行かないと、後手後手になる恐れがある。

≪塾≫ ※受験塾ではない集団塾を想定
・長所
学習の場・時間を確保できる。授業で与えられる情報量が多い。塾用教材は、市販教材より問題量が豊富。同じ場で学ぶ子たちとの仲間意識や競争心が育つ。一定量の宿題や定期的なテストで、中学進学へ向けての準備ができる。

・短所
授業料がそれなりにかかる(数千円~数万円)。授業を聞くだけで満足してしまう。理解できない場合は自分で動かないとフォローを得にくい。塾と子どものレベルが合っていないと、全て家でやりなおししないといけなくなる。

≪通信教育≫
・長所
一定期間内で学習した内容を添削課題で総復習できる。他人の目による採点を受けられる(特に国語の記述式など)。年間カリキュラムが組まれているので、ひと月にどこまでやればいいか明確。独学でも進められるような、簡単なアドバイスや学習内容のまとめが添えられている。教育関連資料などが提供される。

・短所
塾よりは安いが家庭学習よりはかかる(数千円~1万円強くらい)。一旦遅れ始めるとペースを戻せずに課題をためてしまう。値段の割に月に取り組む問題数が少なく、定着しないまま終わってしまう恐れがある。

どれもパーフェクトなわけではありません。しかし、家庭と子どもの様子から、それぞれの長所を組み合わせてよりよい学習環境を作ることは可能です。
塾や通信教育といった外部を頼ると楽な面もありますが、どうしても個別の要素はすくいきれない面があります。その足りない部分を認識しどう補っていくか、ここで力を発揮するのは自由度の高い家庭学習ではないでしょうか。
塾や通信教育を利用する場合も、おまかせにしてしまうのではなく、基本は家庭学習であることを頭に置いておきましょう。家庭学習の自由度を活かして塾や通信教育の弱点をカバーすれば、効率よく子どもの学力向上が図れると思います。
よりよいわが子の学習スタイルを作れるよう、視野は広く視点は多く持っておきたいですね。

しーままりんさんのこれまでの記事 今月の"家族のテーマ"バックナンバー

親の教育方針&家庭学習の大切さ
就学前や低学年から家庭学習をすべき?
子どもが学校で何を学んでいるか知っていますか?
"勉強が苦手な親は、子どもに教えられない"は本当か
夏休みを利用した机の上以外の学習
苦手な計算 早期に克服を
子どものタイプ別 漢字・語彙のおすすめ学習法
困った!への対処法 ~のんびりさんの場合~
困った!への対処法 ~テキパキさんの場合~
困った!への対処法 ~『普通』の子の場合~
忙しくてもできる! 言葉を使った密な交流で子どもの学ぶ力を育む
春休みは家庭学習の仕切り直しの大チャンス
新年度がはじまって環境が変わることで、勉強面で親が注意したいこと

[しーままりん]


■プロフィール しーままりん


東京大学教育学部卒。
経済的に恵まれた環境とは言えない中、ひょんなことから中学受験を知り、都内国立中学へ進学。
都内国立高校を経て、東京大学現役合格。
学ぶことで将来の選択肢が増えることを、身を持って実感する。
金融機関等に勤務の後、現在は自身の夢であった寺子屋を運営。
また、生徒の保護者に限らず、周辺地域の小中学生の親からの学習相談にも対応している。

二児の母。
思うようにいかない子育てや家庭学習、寺子屋の生徒を通しての気づきなどを、都度、正直にブログに綴っている。
ブログ:ハピ勉したい!

学校情報検索して資料請求をしよう!

  • 中学校を探す
  • 高等学校を探す
  • 塾を探す
  • 中学校のイベントを探す
  • 高等学校のイベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

大学・短期大学・専門学校を探すならこちらから

ページの先頭へ