受験生のみなさま

今月の”家族のテーマ”

特集07月号

長い夏休みが近づいてきます。学校から出る夏休みの宿題にきちんと取り組むにはどうしたらいいか。8月の終わりに慌てなくていいように、今からすべきことを3つお伝えします。

特集06月号

勉強ができる、できないの分かれ道はどこなのか。家庭学習において「できない」に陥らないように、注意すべき3つのタイミングと学習の向き合い方について見ていきます。

特集05月号

学力をつけるのに、家庭での学習とは別に、外部の力を借りる方法もあります。今回は、塾や通信教育について取り上げ、家庭学習と比較し、それぞれの長所・短所をピックアップしていきます。

特集04月号

入学・進級・進学を迎える春。少なからず環境の変化があるこの時期、親は勉強面でどんなことに注意し、何に取り組んだらいいのかを考えます。

特集03月号

進級・進学に向け、バタバタと慌ただしく過ごしてしまいがちな春休み。これからの1年、より良い家庭学習をするためには、子どもだけでなく親も頑張りが必要です!

特集02月号

忙しくて家庭学習が全然うまくいかない…そんな経験ありませんか? 忙しくてもできる、会話などを通した短い時間の活かし方を3つご紹介します。「千里の道も一歩から」の精神で、できることから始めましょう!

特集01月号

2ヶ月に渡り、家庭学習における「困った!」という場面への対処法を、子どものタイプ別にご紹介してきました。のんびりさんとテキパキさんを取り上げてきましたが、今回は、目立ってできるわけでもないけれど特に困っているところもない「普通」の子についてです。

特集12月号

前回に引き続き、子どものタイプ別に、家庭学習における「困った!」という場面への対処法をご紹介します。今回は、サッと学習をこなせ、一見問題がないように見えるテキパキさんを取りあげます。

特集11月号

今月から複数回にわたり、子どものタイプに焦点を当て、困った時の対処法について触れていきます。今回は、何かと親がやきもきさせられることの多い、のんびりさんについてです。

特集10月号

学校の宿題として必ず出される漢字ドリル。何回も書かされるので、これで漢字が嫌いになってしまう子もいます。そこで、どんな教材にどう取り組んでいけば、中身の濃い学習になるのか、子どものタイプ別に紹介します。

特集09月号

学校の算数の宿題にどうしてこんなに時間がかかるのかしら…と気になったらチャンス! 計算力があるか確認をしてみましょう。算数が苦手なのではなく、土台となる計算力が足りないのかもしれません。

特集08月号

長く思える夏休みもいよいよ中盤に入ります。家庭学習というと、つい算数や国語といった教科学習に目が向きがち。自由研究など普段の学習に+αを求められる夏休みだからこそ、机を離れた学習を意識的に家族で取り入れてみませんか。

特集07月号

家庭学習を始めてみると、親が子に勉強を教える難しさとぶつかることが出てきます。どうやら、親自身が勉強が苦手だったからこその悩み、優秀だったからこその悩みがあるようです。陥りがちな思考とその対処法に触れていきます。

特集06月号

小学校で子どもが学ぶ内容についてどれくらい知っていますか。効果的な家庭学習を行うために何をどう学んでいるかは必要な情報です。今回は、学習内容を把握するための3つの方法とそれぞれの特徴について触れていきます。

特集05月号

小学校入学前から習い事をさせることは何とも思わないのに、家庭学習に早くから取り組むことにはなぜか躊躇しがちです。そこで、家庭学習に早くから取り組むメリットについて考えてみましょう。

特集04月号

確かな学力をつけるために親はどうすべきか。まずは、親が子どもに求める学力を具体的に考えてみることから始まります。それをベースに、家庭学習を通して、教育に関する価値観の共有と学力向上を図りましょう。

特集03月号

受験生のみなさんは行きたい中学に合格することを目標にがんばっていると思います。でも実は合格することより、合格を目標にみなさんががんばっていること、それ自体が大変すばらしいことなのです。

特集02月号

みなさんは算数が好きですか。算数の問題を解くのはパズルやクイズを解くのと同じだと考えれば楽しいですよ。算数が好きになれば算数の成績も上がること間違いなしです。

特集01月号

みなさんは歴史上の人物で好きな人、尊敬する人はいますか? マンガやドラマでもいいからいろんな人の物語に親しんで、好きな人物がたくさんできればできるほど歴史は得意になります。お父さんお母さんと一緒に楽しんでみましょう。

特集12月号

みなさんは何か生き物を飼っていますか。生き物を飼ったら必ずそのお世話は自分でしてあげてください。生き物を飼って観察することでいろんなことが学べると思います。

特集11月号

みなさんには行ってみたいところはありますか。社会の勉強で地図を眺めているだけではなくて、お父さん、お母さんと一緒にどこかへ旅行してみましょう。実際にそこに行ってみると新たな発見があり、いろんなことに興味がわいてくると思います。

特集10月号

小学生新聞を読んで今、世界で起きていることについて、お父さん、お母さんとお話ししてみましょう。そうすればもっと知りたい、といろんなことに興味がわいてくると思います。

特集09月号

勉強とは机の上でするものだけではありません。動物でも昆虫でも植物でも乗り物でも、なんでもいいから実物をみなさんが自分の目で見て、自分の手で感じてみる。そういった経験をすることも大切な勉強なのです。

特集08月号

「みんなちがって、みんないい」そうなのです。みなさん一人ひとりは違う人間なのですから、自分の好きなこと、やりたいことは違って当たり前なのです。周りにどう思われるかなど気にせず、自分の道を選んでほしいと思います。

特集07月号

みなさんはお友だちと遊ぶことが好きだと思います。お友だちと一緒に過ごす楽しい時間の中で学ぶことは、世界中の人たちと一緒に生きていくことになるみなさんが大人になるための準備として、勉強と同じくらいとっても大切なことなのです。

特集06月号

みなさんは何か好きなこと、やってみたいことがありますか。子どものときはみなさんの好きなことを思う存分楽しむことが、大人になるための準備としてとっても大切なことなのです。

特集05月号

テストの問題の答えはひとつかも知れませんが、世の中の問題の答えがひとつしかないことはまずありません。「私はこう思う」と自分の考えをしっかりと持ち、相手の意見もしっかり聞ける、これから世界中の人とともに生きていくためにはとても大切なことだと思います。

特集04月号

受験勉強にしっかりと取り組むことはもちろん大切ですが、それ以外に自分が好きなこと、得意なことも大切にしてほしい、それが今回のテーマです。

特集03月号

受験勉強とは夜遅くまで必死でがんばること、と思っている人がいるかも知れません。でも必死でがんばるというのは長続きしないと思います。実はそれより、毎日続けられるペースで「コツコツとがんばる力」が大切なのです。

特集02月号

みなさんは新しいことを知ったときに、わくわくする、楽しいと思ったことはないでしょうか。何でもいいから、身の回りのこと、興味をもったことについて疑問を感じて調べてみると新しい発見があるものです。そういった「わくわくする気持ち」が将来の勉強につながっていくのです。

特集01月号

勉強にはコツコツとした努力が必要です。でも努力し続けるのは結構難しいものです。どうしたらできるようになるのでしょうか。そのために今一番大切なことはかんばって結果を出し、「ぼくは(わたしは)できるんだ」といった自信を持つことだと思います。そうすれば「もっとやろう」という意欲が湧いてくることでしょう。

特集12月号

小学生のときはいろんなことに興味をもって自分の好きなことを見つけてほしいと思います。おもしろい、もっと知りたい、そういった気持ちが一番大切なのです。では小学生のときに身につけておきたいことは何なのか、それを考えてみたいと思います。

特集11月号

東京や大阪などの都市部では、中学受験が盛んです。同級生のなかで中学受験をする子がたくさんいると、「自分も中学受験をしたほうがいいのかな?」と思ったりするかもしれませんね。そこで今回は、中学受験のいいところ、よくないところを考えてみましょう。

特集10月号

2学期にはじまってから1か月。受験が間近に迫ってきていて、受験生にとってはいよいよ追い込みの時期ですね。一生懸命勉強していると、ときどき「なんのためにこんなに頑張っているんだっけ?」と、ふっと気持ちが切れてしまいそうになることがあるかもしれません。そんなときはもう一度、原点に立ちかえって受験する意味を考えてみるといいですよ。

特集09月号

行きたい中学はあるし、勉強はしなくちゃと思うけれど、なんとなくやる気が出ない…そんなときは、難しくなくて、長くなくて、これならやれると思えることだけ、さっと済ませてみて。やったことは書いておこう。一週間くらい溜まると何かいいことがあるかも。そうするとだんだん勉強に手が付けやすくなるよ。

特集08月号

学校に行ったり、塾に行ったり、ちょっとだらだらしているとあっという間に、一日一日がなんとなく過ぎていきます。その中で上手に、勉強の時間も遊びの時間もしっかり取っていくためには、時間を区切ってやることを決めておくのがコツです。無理なく効率よく学習を進めて、充実した小学生生活を楽しんでください。

特集07月号

ただ塾に通っていればそのうち成績が上がるかな、なんて思っていませんか? 塾には合格に必要なパワーが詰まっているけれど、それを吸収していけるかどうかは自分次第です。塾の宿題やテスト直しがなぜ必要なのかというと、それをしないと教わったことが流れてどこかへ消えてしまうからです。きちんと復習して蓄積しましょう。

特集06月号

ここが大変、中学受験

2016年06月01日

中学受験のために塾に通うようになると、学校での付き合いや宿題があり、それとは別に塾での付き合いや宿題もある、という二重生活が始まります。たいへんなことも多いけれど、違う環境を二つ同時に体験できるところが面白くもあります。上手に乗り切って、元気に本番を迎えられたらきっと満足な結果が出るでしょう。

特集05月号

親が熱意たっぷりでも、本人にその気がなければ受験なんてできませんよね。勉強したりテスト受けたりするのは本人だもの。でも、あなたが本気を出し、親は知恵を出して、二人三脚でうまくやれたらすごい馬力が出ますよ。人生経験に裏打ちされた知恵は、勉強の仕方や、学校選びに生きるのです。

特集04月号

中学受験をしようかなと思ったのは何年生のとき? 四年生から始めたら三年間、五年生から始めたら二年間、けっこう長い間かかります。なのでここから先どんなことが起こるのか、およその見通しを立てておき、メリハリつけてがんばれるといいですね。始めのうち、焦らずじっくり基礎を固めておくとその先もスムーズに行きますよ。

特集03月号

中学受験のメリット

2016年03月01日

わざわざ受験をして中学進学するのと、受験しないで公立に進むのと、何が違うと思いますか? 一番違うのは、私立にはそれぞれの特色があるということです。合う学校を選んで進学して、楽しくて実り多い六年間を過ごすことができれば、その学校生活で得た学びや友人が、あなたの一生の支えとなることでしょう。

特集02月号

習い事はどうしても続けたいけど、中学受験もしたいという人はいますか? どちらも時間がかかることなので、両方やるのは大変です。それでもどうしてもという場合は、時間を上手に使うしかありません。同じ1時間でも最大の効果が上がるように勉強方法を工夫したり、隙間時間を生かしたり。気持ちが強ければ、道は開けるでしょう。

特集01月号

勉強よりやりたいことがあってついさぼっちゃったとき、頭ごなしに怒られて売り言葉に買い言葉、泥沼バトルに発展してしまったことはありませんか。親子で喧嘩していても勉強は進まないし、疲れるだけでいいことはありませんね。どうしたらスムーズに勉強も進めて、その他の時間も取れるか考えてみましょう。

特集12月号

理科・社会は好きですか? 好きな科目はよく覚えられるけれど、嫌いな科目では、塾の宿題はいちおう毎週やっていても、なかなかわかった気になれないかもしれません。そういうときは、まとまった時間を取って一気に復習すると、突然全体がつながっておもしろくなるかもしれません。そうすれば暗記も楽になります。

特集11月号

今、算数苦手な人が得意になる方法!! 難しい問題を自力でウンウン考えてみても、考える材料がなければ時間の無駄。それより、解き方はなんとかわかるくらいの基本問題、あるいは計算問題を、今よりずっとすいすいスラスラになるまで繰り返してみて。そしたらあら不思議、解ける問題の範囲がじわじわ増えていくよ。

特集10月号

国語が苦手な人はいませんか? 中学受験で国語が大事なのは、配点が大きいからだけではなくて、国語の力があるとこれからの人生が豊かになるからなのです。ここは腹をくくってコツコツがんばっておくといいこといっぱいありますよ。ついでに「コツコツ」勉強をする方法も身に付いたら一石二鳥だね。

特集09月号

成績をぐーんと上げるためにはどうすればいいと思う? がんばってたくさん勉強しますか? でも、そうはいっても限度がありますし、無理して体調を損ねたら元も子もありません。量を増やせないなら中身を変えましょう。丁寧に勉強して、よく身に付くようになれば勉強時間を増やしたのと同じくらい、あるいはそれ以上の効果があります。

特集08月号

偏差値をどう考えるか

2015年08月01日

模試を受ける度に、偏差値や合格判定を見て一喜一憂していませんか? 数字は目安として便利だから、まずは偏差値を上げるようにしっかり勉強するのは大事。でも最後の決め手は、例えば合格率80%といっても、自分が10人のうち8人のほうに回るのか、2人のほうに回るのか。学校への想いをしっかり持って対策も固めよう。

特集07月号

夏休み前には、張り切ってあれもこれもやろうと思っている割に、過ぎてみたらあっという間に終わってしまってやり残しがいっぱい、なんて経験はありませんか。長い時間があったはずなのに不思議ですよね。うまく時間を使うには、ちゃんと区切って枠をつくり、何をする時間なのか色分けしてしまうのがコツです。

特集06月号

文化祭や見学会などの機会に、いろいろな学校に行ってみると、生徒さんたちの雰囲気の違いがだんだんわかってくると思います。どういう中学生、高校生になりたいですか? 将来の自分がイメージできた学校はどこですか。一番リラックスできた学校はどこでしょう。早めに行きたい学校が見つかると勉強も進めやすいですね。

特集05月号

「これさえなければな~」と思ってしまう苦手な科目はありますか。得意と苦手の差が大きいと、成績が安定しにくいという面ではちょっと不利になります。けれど、苦手をもし克服できたら大幅に成績がアップするわけで、それは強みですね。焦らずコツコツ基本を積み重ねていると、いつの間にか苦手が得意に変わっていることも!?

特集04月号

志望校の選び方

2015年04月01日

志望校を選ぶにあたって、共学に行きたい!! とか、大学がついているところがいい!! とかの「心に決めている条件」がありますか? でも実際に見に行ってみると、その条件に合っていても「なんか違う」とか、合っていなくても「ここは好き」ということもあるものです。あまり固定的に考えずに見に行ってみるといいかもしれませんね。

特集03月号

学校選びのときに、お金のことを自分で考えることはあまりないと思うけど、実際は公立私立で大きな差があります。私立の費用を出してもらうことは別に子どもの当然の権利ではありません。出してもらえるならば変に遠慮をする必要はないけれど、そのお金に込められた気持ちをきちんと汲んで、学校生活を存分に楽しめるといいね。

特集02月号

迷走しない受験

2015年02月01日

長い受験生活の中で、勉強の仕方、志望校など、迷うこともあるでしょう。そんなときは、今の自分、なりたい自分、過ごしたい学校生活についてしっかり考えたうえで保護者の方と率直に話し合いましょう。大人の意見もきちんと聞いたあと、現実的に可能な選択肢から最後に決めるのはやっぱり自分。自分の受験なんだからね。

特集01月号

塾へ行けば、中学受験をするのが当然のような雰囲気だけど、学校にいると地域の公立中に行くのが当たり前みたい。つまりはどちらの道もありということなんだけど、この二つの道の違いは大きいから、よく納得して決めたいですね。親に言われたから、じゃなくて自分で「こうしたい!」と思ってるほうが頑張れますから。

特集12月号

入試では、「ちょっとうっかりしただけ」の一点も、「知らなかった」の一点も、全く同じ重みの一点です。もしも「うっかり失点」をなくすことができたら、けっこう有利になると思いませんか。単に「気をつけよう」ではなかなか減りませんが、いつどのようにミスするのかをよく自分で観察すれば、具体的に改善していくことができます。

特集11月号

小学六年生・中学三年生の皆さん、志望校の過去問は解いてみましたか? 過去問は、出題形式などに慣れるためだけに解くわけではありません。過去問には、学校からの「こんな生徒がほしい」というメッセージがぎゅっと詰まっています。ぜひ、そのメッセージをしっかり受け取った上で、求められる部分を磨いて入試に臨んでください。

特集10月号

「絶対ここに行きたい!!」という本命校は決まっていますか。決まったら、本命校合格のために全力を尽くすのが最も重要なことですが、併願校をしっかり選ぶことも非常に大切です。併願校は、本命校がうまくいかなかったときのための進学先となることはもちろんですが、本命校の合格を確実にするために役立てることもできるのです。

学校情報検索して資料請求をしよう!

  • 中学校を探す
  • 高等学校を探す
  • 塾を探す
  • 中学校のイベントを探す
  • 高等学校のイベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

大学・短期大学・専門学校を探すならこちらから

ページの先頭へ