受験生のみなさま

おうち実験室~親子で発見する算数と理科 第36回:かけ算を楽しく覚えよう!~かけ算カルタの作り方~

2017年11月01日

かけ算カルタ

2年生ではかけ算を学びます。ここではかけ算九九を覚えるためのカルタの作り方を紹介します。自分だけのカルタを作っておうちの人といっしょに楽しくかけ算九九を覚えましょう。

カルタを作る前にかけ算はどのような場面で使えるのか確認しましょう。次の問題を考えてみてください。4個のかごに、りんごがそれぞれ3個、2個、6個、4個あります。全部でりんごは何個でしょう? りんごの数はどのように計算するとよいでしょうか。「3+2+6+4=15」で15個になりますね。かごの中のりんごの数がそれぞれ違うのでかけ算は使えません。
では次の問題はどうでしょう? りんごが3個ずつ入ったかごが4個あります。全部でりんごは何個でしょう? これは「3+3+3+3=12」で12個と計算することもできますが、かごの中のりんごの数は全て同じなのでかけ算を使って考えることができます。
かごの中のりんご「3個」のように決まった数のことを「1つ分の数」といいます。かごの数が「いくつ分」にあたります。全部のりんごの数は「1つ分の数×いくつ分」というかけ算で表されるので「3×4」となります。全部で何個になるかは「3+3+3+3=12」とたし算で計算できますね。
ではさらにかごの中のりんごの数が6個、かごが7個になったらどうでしょう? 式は「6×7」と表せますが、計算は「6+6+6+6+6+6+6」となります。このように「1つ分の数」や「いくつ分」が変わってもたし算を使って計算していくことはできますが、毎回計算するのは大変です。そこで「1×1」から「9×9」のかけ算の計算結果を覚えておこうというのがかけ算九九です。楽しく覚えられるように自分だけのかけ算カルタを作りましょう。

<準備するもの>
・読みふだ用の画用紙(たて4cm、横10cm) 81枚
・取りふだ用の画用紙(たて10cm、横13cm) 81枚
 *読みふだ、取りふだ用の画用紙の大きさは少し違っていても問題ありません
・はさみ
・黒ペン
・赤ペン(取りふだ用)
・カラーペンまたは色えんぴつ(9色 読みふだ用)

1.読みふだを作ろう
ここでは6の段のカルタの作り方を説明します。9枚の画用紙(読みふだ用)に、それぞれ「6×1」から「6×9」までのかけ算の式を書きます。読み方が分からない場合はふりがなをふっておきます。段ごとに違う色で読みふだを作ると使いやすくなります。
※写真はパソコンで作って印刷したものです。

6の段の読みふだ

2.取りふだを作ろう
好きなくだものを1つ決めて絵を描くか、イラストを印刷して使います。ここではみかんのイラストをはる方法を紹介します。イラストの大きさはたて5ミリメートル、横5ミリメートルの正方形におさまるくらいのものがよいでしょう。
まずは「6×1」の答えになる「6」の取りふだを作ります。画用紙の右上に赤ペンで「6」と書きます。真ん中にはみかんのイラストを6個まとめてはります。6個のみかんが「1つ分の数」だと分かるように、6個のみかんのまわりにお皿などを黒ペンで描いておきます。
同じように「6×2」の答えの「12」から「6×9」の答えの「54」までの取りふだを作ります。他の段もそれぞれ違うくだものを決めて取りふだを作りましょう。

6の段の取りふだ

3.遊んでみよう
例えば5の段を覚えたら、まずは5の段だけカルタをしてみましょう。場に取りふだを並べます。読み手を決めます。読み手は読みふだをうら返して持ち、1枚ずつ表に返して九九を読み上げます。取り手は答えになる取りふだを取ります。取った枚数が多い順に勝ちになります。覚えた段をどんどん追加して遊んでみましょう。

かけ算九九はしっかり覚えて正しく速く記憶から取り出せるようになる必要がありますが、カルタで練習すると楽しく効率的に覚えることができます。最後は全部の段でカルタをしておうちの人と競争してみましょう。

「おうち実験室~親子で発見する算数と理科」のこれまでの記事
第1回:今の勉強は何につながっているの?
第2回:キッチンでできる美しい密度の実験
第3回:百分率を使って芸術家になろう!
第4回:比を計算してプラバン工作をしよう!
第5回:速度を利用して世界旅行計画を立てよう!
第6回:比例を使って未来を予測しよう!
第7回:濃度を計算してキラキラの絵を描こう!!
第8回:「はかる」コツを知って夏休み自由研究で使ってみよう!
第9回:夏休み自由研究で形のふしぎを調べてみよう!
第10回:数のしくみを知って算数をもっと好きになろう
第11回:算数、理科好きな子が育つ家
第12回:「倍」を使ってポップコーンを作ろう!
第13回:アイスクリームづくりで確かめよう! 味も伝えられる「比」
第14回:「倍」と「比」の関係を使って、ホットケーキ作り
第15回:雪の上を歩いてみよう~圧力のお話~
第16回:美しさを伝える比~黄金比のお話~
第17回:百分率を使いこなして買いものじょうず!
第18回:割合を調べて同じ味のスポーツドリンクを作ろう!
第19回:1ページを何分で解けば間に合うかな?~未来を予測する比例と反比例~
第20回:きまりを見つけてかげ絵の長さを予測しよう~反比例の発見~
第21回:面積を計算して作る美しいタイルのマグネット
第22回:小数を発見しよう!
第23回:ちょうどいいおだんごの数はいくつ?~公倍数と公約数~
第24回:分数を実験しよう~はじめての分数~
第25回:分数を実験しよう~仮分数と帯分数~
第26回:計算をくふうしてブレスレットを作ろう
第27回:公約数を使ってトレーをかざろう
第28回:公倍数を使って正方形のしきものを作ろう
第29回:図形を学んで立体黒板を作ろう!
第30回:ちがいを表す方法を考えよう~2年生の表とグラフ~
第31回:がい数の実験をしよう!
第32回:夏休みの実験工作 割合を使ってストローぶえを作ろう!
第33回:センチメートルとミリメートルのたし算をしてペン立てを作ろう!
第34回:倍の計算を使ってわらびもちを作ろう!
第35回:分数を実験しよう~帯分数のたし算とひき算~

[中牟田 宴子]


中牟田 宴子

■プロフィール 中牟田宴子


家庭教育研究家。
九州大学卒業。大学では認知心理学を専攻。高2と中3の男の子の母。

なかむたやすこ ●大学卒業後は大手メーカーでシステムエンジニアとしてプログラムの設計と開発を担当する。その後育児期間を経て現在は、認知心理学を基に数学と科学などのつながりを学べる「算数・数学塾」を企画運営しながら家庭教育を研究。子どもたちが不思議なものに出会って驚いたり感動したりする瞬間に立ち会えるのが幸せ。
2012年より東京大学大学院工学系研究科で工学教育にも関わっている。
2008年に立ち上げたNPO法人センス・オブ・ワンダーの代表も務め、東京大学工学部や研究機関と共に子どものためのサイエンスカフェなどを企画開催。

NPO法人センス・オブ・ワンダーのブログ
http://sense-of-wonder-2008.cocolog-nifty.com/blog/

子供と学ぶ家庭教育のススメ~家庭教育研究所 家庭で伸ばす子供の才能~
http://homeeducation.cocolog-nifty.com/blog/
「算数・数学塾」の企画・運営の中で発見したことや、二児の母として子どもを育てる上で実践してきた家庭学習のヒントとその成果などをつづったブログです。

現在、さいたま市にて開校している「さんすう大好き!」が生まれる教室、「算数・数学塾」のWEBサイト
http://sansusugaku.wixsite.com/home

学校情報検索して資料請求をしよう!

  • 中学校を探す
  • 高等学校を探す
  • 塾を探す
  • 中学校のイベントを探す
  • 高等学校のイベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

大学・短期大学・専門学校を探すならこちらから

ページの先頭へ