保護者のみなさま

適切な目標設定の仕方

2020年11月01日

ゴールテープを切る子

明確な目標を掲げて子どものやる気を引き出そう
スポーツの世界ではタイム更新などの目標を掲げ、さらに努力をしていくことが当たり前とされています。「もっと上手になりたい」という気持ちを持ち続けていると技術が向上していきます。それと同じように、勉強でも何かしらの目標を設定しておくと、子どもが自発的に取り組み頑張るようになります。とくに最近成績が伸び悩み、勉強する気が湧いてこない子には効果的です。
目標設定するときには、いきなり子どもに任せて決めさせることはしないようにしましょう。親がリードしながらも、子どもと話し合いをして決めることが大切です。その際、親が勝手に高い目標を設定することは避けてください。子どものやる気を奪うことになりかねません。あくまで子ども主体で「頑張れば達成できる」目標にしましょう。

まずは今よりプラス5点を目標にする
いろんな目標が考えられますが、一番やりやすいのはテストの目標点を決めることでしょう。子どもが「これなら目標達成できそう」と感じる点数を設定してください。10点や20点だと子どもの心に負担をかけてしまいますので、一見すると簡単そうに見える「5点アップ」を目標にしてみましょう。一桁台に設定することで「次のテストで凡ミスに気をつければクリアできる」と子どももプレッシャーを感じずにすみます。楽な気持ちでテストに臨める環境を作るよう意識してください。
最初から「次は20点アップ」「90点以上」と高望みをするなど、適当に目標を決めることは避けましょう。子どもが現実と理想のギャップに悩み、勉強への意欲が湧いてこなくなります。さらには「やっぱり自分は勉強が苦手」「努力できない自分はダメな人間」と自己嫌悪に陥り無気力状態を招いてしまいます。そうならないためにも、子どもが確実にクリアできそうな目標を設定することが大切です。

どの科目でいつまでに何点を取るか明確化する
「○○点を取る!」と数字を掲げるだけではなく、「3ヶ月以内に3教科で90点以上取る」など、具体的な点数と期限を決めましょう。漠然とした目標では子どもも「また今度のテストでいいや」と甘えが出てきてしまいます。子どもと話し合いをして立てた目標を、どのようにすれば達成できるか一緒に考え、必要なドリルや問題集を用意し勉強する環境を整えてください。
点数アップするまで時間がかかりそうな子には、「次は名前をもう少しきれいに書いてみよう」「丁寧に数字を書くと凡ミスを防げるよ」など、小さな目標を掲げてテストとの向き合い方を変えていくようにしてください。すぐに結果がでないかもしれませんが、日頃からテスト中に集中するような声がけをしていくと、徐々に成績が向上していきます。

小学4年以上は現状維持も目標になる
小学1年生から3年生の頃はテストに向けて勉強をしていると結果が出やすいので、大きく落ち込むことはあまりありません。しかし、学習内容が複雑になってくる4年生以上では状況が一変します。国語と算数だけではなく理科、社会の内容も広範囲になり、思うように点数を上げられなくなります。そのため、目標を「現状維持」とし成績を下げない努力をしていくことも必要です。少しでもテストの点数を上げていけるのが理想的ですが、思うように点数が取れない時期だということも理解しましょう。
「だんだん難しくなってきているのに前と変わらない点数取れたね」と、現状維持も悪いことではないと折に触れて口にすることも必要です。勉強しなければ現状維持することも叶いません。その状態が続いていても、努力していけば遅かれ早かれ結果が出てきます。焦らせたり達成不可能な目標を押し付けず、子どもの様子を見ながら「今よりプラス5点を目指そう」と励ましていきましょう。

子どもが目標をクリアしたら必ず褒める
目標点数を親が管理してエクセルなどでグラフ化するのもいいですが、子どもに推移を見せたり壁に貼るのは避けましょう。目標を定めて頑張っていても、必ずしも右肩上がりが続くとは限りませんし、親が点数に一喜一憂していると子どもを追い詰めてしまいます。
けれども、親から応援されたり褒められたりするのを嫌がる子どもはいません。目標をクリアしたら「頑張ったね」と必ず子どもを褒めて、意欲を高めていきたいですね。

中山まち子さんのこれまでの記事 今月の“家族のテーマ”バックナンバー
勉強する子に変身させるには家庭の会話がカギ
「勉強できる子」「できない子」、何が違うの?
家庭学習を習慣づける方法①
家庭学習を習慣づける方法②
夏休みに取り組んでおきたいこと
子どもの好奇心を刺激する
毎日の家庭学習で取り組むこと


[中山まち子]


■プロフィール 中山まち子


全く勉強しない小学生時代を過ごすも、中学進学を機に猛勉強をして優等生の仲間に入る。地域トップ高校に進学するも、同級生のレベルの高さに挫折。経済的な理由で1年間の自宅浪人を経て公立大学へ進学。大手塾の個別部門に勤務。結婚出産を経て退職。

3児の母として日々奮闘しつつ、2017年春から自分の経験を活かした現在進行中の家庭教育に関する情報をブログで発信中。
ブログ:元塾講師 透明教育ママ見参!!

学校情報検索して資料請求をしよう!

  • 中学校を探す
  • 高等学校を探す
  • 塾を探す
  • 中学校のイベントを探す
  • 高等学校のイベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

大学・短期大学・専門学校を探すならこちらから

ページの先頭へ