保護者のみなさま

子どものタイプ別 漢字・語彙のおすすめ学習法

2018年10月01日

看板

1年生もそろそろ漢字学習がスタートしますね。小学漢字は全部で1026字。習う数は1年で80字、2年で160字、3年で200字、4年で202字、5年で193字、6年で191字となっています。

学校でも毎日のようにドリルや漢字練習の宿題が出ているのではないでしょうか。その中身は、学年を問わず、学校から配られたドリルに沿って、以下のような流れになっているのではないかと思います。
①大きく漢字を1回書く
②音読み・訓読みを書く
③書き順を1画進むごとに1マス使って書く
④漢字だけを10回くらい書く
⑤送り仮名を使った言葉や熟語をいくつか書く
⑥④の言葉を使った短文やドリルに載っている例文をいくつか書く
もちろん、学校によって違いはあると思いますが、①~⑥に類似した内容を1文字につきノート1ページにやるという形のところが多いと思われます。

ただ、この学校の漢字学習では、知識や語彙の広がりはあまり期待できません。教科書の文章中の読みや語句の学習が中心なので、別の読み方、熟語に触れる機会が足りないのです。また、少し難しい言葉や言い回しは、ドリルの例文中にもほとんど出てこないのが現状です。
毎日取り組む漢字学習だからこそ、ただ書いて覚えるだけから、一歩進めて語彙力強化にもつなげてみませんか。

子どもの漢字に対する姿勢や習熟度によって、取り組み方も変えた方がよいでしょう。大まかに3タイプに分けてみました。
①漢字が大嫌い、細かい書き間違いが多い
漢字を正しく書けていない、または、下の学年の漢字も書けない場合は、ただたくさん書かせても苦行にすぎません。少し遊び要素のあるワークで、漢字のやり直しをしてはどうでしょう。
お勧めはこちらのワークです。支援が必要な子ども向けに作られているだけあって、よくできていると思います。漢字の視写が苦手な子には、漢字をパーツに分け、正しく認識するというステップを踏ませることで、正しく書けるようになるようです。また、パーツに注目することで、覚え違いの修正もしやすくなります。
『読み書きが苦手な子どもへの<漢字>支援ワーク 1~3年編』 (4~6年編も別にあり)(明治図書出版株式会社)

②漢字は書けるけれど、言葉や熟語の意味は曖昧
漢字は書けるけれど、読みと字形を覚えているだけで、実は意味が分かっていないということも少なくありません。学校のドリルには意味は載っていないので、自分で調べたり聞いたりしない限り、意味を知らないままになってしまいます。
意味の理解や語彙の増加を求めるなら、次のようなドリルがいいでしょう。
『徹底反復 五年生の漢字』(1~6年まであり)(小学館)
全ての語句の意味が載っているわけではないですが、意味と言葉を結び付けるのに役立ちます。学校のドリルと並行して学習する場合、ドリル学習で漢字が正しく書けるようになっていれば、こちらの漢字練習の欄は省略してもよいでしょう。

また、定番ですが、漢検のテキストも普段触れない熟語や表現が例として載っているため、語彙を増やすのに役立ちますよ。
『漢検 漢字学習ステップ』(公益財団法人 日本漢字走力検定協会)
ただ漢検に受かるだけならこのテキストでなくても大丈夫です。でも、漢検合格でなく、語彙力強化や言葉の知識習得が目的ならこのテキスト! 学習後は、せっかくですから漢検を受けさせてみてくださいね。どの程度定着しているかもわかりますし、漢検合格が目標となって漢字学習に身が入るかもしれませんよ。

③漢字が得意、もっと漢字ができるようになりたい
漢字が得意ならば、学年を問わず、先取りや難しい語句が載っている問題集に挑戦しましょう。意味が分からない場合は、辞書で調べる必要も出てくるかもしれません。辞書で調べる前に、自分で意味を推測する癖をつけると、未知の漢字に出会った時にも対応できるようになりますよ。
また、学年が上がるほど、同音異義語など使い分けの理解も必要になります。そのような漢字に出会ったら、学習中の漢字だけでなく、関連する漢字もまとめて辞書で調べて、理解を深めましょう。多くのことを学ぼうとするなら、どうすれば効率よく学べるかも大事ですからね。
②でも紹介した漢検のテキストも良いですが、進学塾が出している漢字の問題集もいいのではないでしょうか。中学受験をしないとしても、漢字が好きなら触れさせてあげたいものです。
ただ、進学塾が出している漢字の問題集は意味が載っていないものが多い印象です。しかも、受験を見据えて言葉が難しめのものがありますので、本人への負担が大きいようなら、意味は親が補足してあげてもいいでしょう。漢字を覚えること、その意味を知ることと、意味を調べることは別ですから。
日能研 漢字マスターシリーズ(みくに出版)
『一歩先を行くリーダードリル 漢字4年』(1~6年あり)(四谷大塚出版)

ただの作業になりがちな漢字学習にひと手間加えて、子どもがより言葉を広く深く知る学習へと変えていきましょう。

しーままりんさんのこれまでの記事 今月の"家族のテーマ"バックナンバー

親の教育方針&家庭学習の大切さ
就学前や低学年から家庭学習をすべき?
子どもが学校で何を学んでいるか知っていますか?
"勉強が苦手な親は、子どもに教えられない"は本当か
夏休みを利用した机の上以外の学習
苦手な計算 早期に克服を

[しーままりん]


■プロフィール しーままりん


東京大学教育学部卒。
経済的に恵まれた環境とは言えない中、ひょんなことから中学受験を知り、都内国立中学へ進学。
都内国立高校を経て、東京大学現役合格。
学ぶことで将来の選択肢が増えることを、身を持って実感する。
金融機関等に勤務の後、現在は自身の夢であった寺子屋を運営。
また、生徒の保護者に限らず、周辺地域の小中学生の親からの学習相談にも対応している。

二児の母。
思うようにいかない子育てや家庭学習、寺子屋の生徒を通しての気づきなどを、都度、正直にブログに綴っている。
ブログ:ハピ勉したい!

学校情報検索して資料請求をしよう!

  • 中学校を探す
  • 高等学校を探す
  • 塾を探す
  • 中学校のイベントを探す
  • 高等学校のイベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

大学・短期大学・専門学校を探すならこちらから

ページの先頭へ