保護者のみなさま

就学前や低学年から家庭学習をすべき?

2018年05月01日

芽

学校の勉強だけでは不安だから、家庭学習を始めた方がいいのかしらと考えた時に、ある疑問がよぎることがあります。「今から(こんな早くから)勉強をさせる必要があるのか」というものです。特に子どもが就学前や低学年だと、そう考える人が少なくないように思います。
その裏には、小さいうちから勉強なんてかわいそう、子どもはたくさん遊ばせてあげたい、親が主導で勉強させても身にならないのでは、といった考えがあるようです。ところが、スポーツや音楽などの習い事に関しては、こういう声をほとんど聞きません。習い事の中には、かなりハードな練習をこなすものもあるのに不思議ですね。

本当に就学前や低学年といった早い時期から、家庭学習をした方がいいのでしょうか。答えは、「早くに始めた方がメリットが多いのでやったほうがよい」です。どんなメリットがあるか、具体的に挙げていこうと思います。

・学習習慣がつく



小学生の家庭学習の時間の目安は、宿題以外に10分×学年と言われます。こんな短時間なのだからと大人は思いますが、大きくなってからいきなり子どもに「さあ、毎日〇分勉強しなさい」と言っても、親に反発するでしょう。既に勉強に苦手意識が出来てしまってからでは、机に向かうこと自体が本人にとって苦痛かもしれません。
まだ勉強に好きも嫌いもないうちの方が、毎日の生活に組み込みやすく、歯磨きや洗顔のように「毎日するもの」「しないとすっきりしないもの」にできる利点があります。



・達成感や自信が得られる



毎日コツコツ続けていると、早くできるようになったり、正解率が上がったりといった成果が感じられるようになってきます。特に勉強の場合、テストの点数で到達度が分かりやすいので、それを目標や励みにすることができますね。前の自分より今の自分が成長できているのがわかれば、本人にとっても嬉しいものです。
学校の勉強が簡単に感じられる子なら、少しレベルの高い問題にチャレンジするのも刺激になります。単元や学年にとらわれる必要はありません。子どもにあった課題を用意することで、「自分は勉強できるからこれ以上がんばらなくてもいい」という過信を防ぐこともできますよ。これが中学受験につながるかもしれません。
達成感や自信を得ると、それがさらなるチャレンジへのエネルギーとなります。すると、勉強以外の姿勢もプラスに転じ、多方面で成果を残せるようになることも。まさにプラスのスパイラルですね。



・自学自習へ試行錯誤ができる



小学生で始めから自学自習できる子は、ほとんどいないのではないでしょうか。勉強をする時間帯にしても、朝がいいのか、夕食前がいいのか、夕食後がいいのか…本当に子どもに合う勉強スタイルは様々なのです。
「今日はやりたくない」「明日まとめてやるから」といった言い訳をすることも。そんなに簡単に「勉強しようか」という言葉にのってくる子ばかりではありません。順調にいかないことの方が多いかもしれません。
それでも、どうやって学習習慣を根づかせるか、どうすればよりよい学習ができるか、どうすればより大きな成果を出せるかを、家庭学習を通して親子で試行錯誤することができれば、いくつかの問題はクリアすることができます。試行錯誤できるのも時間に余裕あればこそ。中学生になると、定期テストに追われて目の前のことで精一杯。勉強スタイルを練り直すのは、なかなか厳しくなってしまいます。
この試行錯誤は、やがて小学校高学年や中学生になったとき、自学自習へスムーズに移行する手助けとなります。既に家庭学習をしてきた中で、自分に合わないことはわかっているからです。


小1から小6までざっと2,000日強。毎日ほんの少しでも家庭学習をやるのとやらないのとでは、6年経った後にどれだけ差が出るか、説明は不要ですね。既にお子さんが大きい場合も、思い立ったが吉日。過去に戻ることはできませんが、今から始めればいいのです。親が子どもの勉強に関われるのは、実質的に小学校時代まで。数年しかありません。そう考えると、家庭学習を早くから始めて悪いことは何一つないと思うのです。



しーままりんさんのこれまでの記事 今月の"家族のテーマ"バックナンバー

親の教育方針&家庭学習の大切さ

[しーままりん]


■プロフィール しーままりん


東京大学教育学部卒。
経済的に恵まれた環境とは言えない中、ひょんなことから中学受験を知り、都内国立中学へ進学。
都内国立高校を経て、東京大学現役合格。
学ぶことで将来の選択肢が増えることを、身を持って実感する。
金融機関等に勤務の後、現在は自身の夢であった寺子屋を運営。
また、生徒の保護者に限らず、周辺地域の小中学生の親からの学習相談にも対応している。

二児の母。
思うようにいかない子育てや家庭学習、寺子屋の生徒を通しての気づきなどを、都度、正直にブログに綴っている。
ブログ:ハピ勉したい!

学校情報検索して資料請求をしよう!

  • 中学校を探す
  • 高等学校を探す
  • 塾を探す
  • 中学校のイベントを探す
  • 高等学校のイベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

大学・短期大学・専門学校を探すならこちらから

ページの先頭へ