保護者のみなさま

モチベーションの保ち方

2016年09月01日

青空にただよう黄色い風船

受験勉強をするモチベーションはどこから来るのかといえば「志望校に合格したいという気持ちから生まれる」というのが常識的な答えでしょう。ただし、中学受験に限っていえば、そんなにすんなりとはいかないのがふつうです。

志望校に合格するためには、
・6年冬にはがっちり過去問演習などができる基礎力をつけておきたい
・ということは、模試の偏差値も6年秋には○○まで上げておきたい
・そのためには、6年最初までにもう1つクラスアップしたい…

と、目標から逆算して望ましい進行を割り出し、それを実現するためには毎週、あるいは日々、どのように勉強していったらいいかを把握する。

そうやってブレイクダウンして、遠くの目標を毎日の学習のためのモチベーションに結び付けられる人は、かなり精神的に「オトナ」といっていいでしょう。そのつながりを感じとる能力を持つようになったのは、おそらく過去に、努力の積み重ねで成功した(あるいは努力不足で失敗した)というような体験があるからではないでしょうか。

子どもにとっては、中学受験がまさにそのような初めての(成功/失敗)体験になることも多いのです。

そのため、本人も○○中学に行きたいと言っているし、そのためには毎日、親の帰宅までに漢字と計算だけはしっかり済ませておこうねという話もしたはずなのに、なぜやらない?? というような事態がしばしば起こります。

もちろん、親主導で中学受験を選択し、○○中学を受けようねと話をしているけれど、実は本人はあまり受験したいという気持ちがなく、むしろ今の友だちといっしょに公立中に行きたいと思っているような場合には、やる気が出ないのも当然でしょう。そうではなく、志望校への思いはしっかり親子で共有しているのに、それが日々の学習のモチベーションにはつながらないという場合にどうしたらよいでしょうか。

「上」から引っ張るモチベーションがうまくいかないときは、「下」から押し上げることを考えましょう。

大目標から日々のやる気を出すのはオトナ度が高くないとうまくいきませんが、「勉強のやる気は勉強から生まれる」作戦なら年齢関係なく有効です。

つまり「○○中学合格」のような、今日頑張っても明日達成できるわけではない遠い目標はさておき、細かい区切りで達成感を得て、また次の区切りにつなげていく方法です。

区切りの細かさは、現状に合わせます。「漢字練習10分」は集中できるというならそれでよいですし、それも無理なら5分でも、あるいは「10分机に向かって座る(やる内容は勉強っぽくない読書でもよい)」から練習してもかまいません。

大事なことは、無理せずやれることからやることです。何分枠で何をやったのかは記録します。

「やれた」→「記録」のように、やったことを目に見えるようにするだけでも、やる気を強化することにつながります。記録に、親がハンコを押す、シールを貼るなどのちょっとしたごほうびがつくならなおさらです。また、やることをやってすっきりした気持ちで休憩(遊び)ができることからも心地よさが生まれます。

そして、たとえばですが漢字だけは毎日やった一週間が過ぎて、いつもより漢字の小テストでよい点が取れれば、そのことを記録ノートに追加して、いっしょに喜びます。どんな小さなことでもよいので、やったら成果があったということが次のモチベーションにつながります。

また、勉強をすることで、勉強をすることに慣れ、勉強の仕方がうまくなり、勉強に取り掛かるときに必要な心のエネルギーが少なくて済むようになります。

勉強をすることが、勉強のやる気につながるのです。鍵は、欲張らずに楽に楽しくできる範囲にとどめること、可視化することです。

そうやって、積み重ねがうまくいくようになると、偏差値アップ、クラスアップといった、もっと大きな成果につながっていきます。そのうち気が付くと、延長線上に元々の大目標が見えてきて、大目標としっかりつながった強いモチベーションも生まれてくるのです。

そこまで来れば、結果はどうあれ、中学受験で大きな成果があったといえるのではないでしょうか。

アンダンテさんのこれまでの記事 今月の"家族のテーマ"バックナンバー
本命校の合格可能性を高める併願校選びを
過去問は出題意図まで汲み取って生かそう
うっかりミス体質は治せるのか!?
中学受験と高校受験で迷った時は…
迷走しない受験
気になる進学費用の実態は?
志望校の選び方
科目間格差が大きいとき、どうする?
早めに学校見学にいくことの真のメリットとは?
長い夏休み、時間枠を作って活用しよう
偏差値をどう考えるか
成績がなかなか上がらないときは…
苦手科目の克服~国語編
苦手科目の克服~算数編
苦手科目の克服~理科・社会編
親と子のストレスマネジメント~親子バトルを減らす方法
中学受験、ほかの習い事との両立はできる?
中学受験のメリット
中学受験のスケジュール
中学受験、親のやるべきこと
ここが大変、中学受験
塾との上手な付き合い方
家庭での学習はどうするか

[アンダンテ]


■プロフィール アンダンテ(あんだんて)


中学受験で全落ちして公立中学に通うが、半年後の欠員募集によって女子学院に転入。大学受験では全勝し現役で東京大学理科二類に入学。同大学院修士卒。現在はメーカー勤務。国語が苦手な次男、算数が苦手な長女の中学受験生活を綴ったブログ「アンダンテのだんだんと中受日記」が人気ブログとなり、『はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと』(ダイヤモンド社) として出版された。

アンダンテのだんだんと中受日記
http://dandanto.exblog.jp/

『はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと』(ダイヤモンド社)
http://amzn.to/17KRdTk
『はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと』


『発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記』(ダイヤモンド社)
http://amzn.to/1qAYa7O
『発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記』

学校情報検索して資料請求をしよう!

  • 中学校を探す
  • 高等学校を探す
  • 塾を探す
  • 中学校のイベントを探す
  • 高等学校のイベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

大学・短期大学・専門学校を探すならこちらから

ページの先頭へ