祖父母のみなさま

大切なのは中学受験後に行う家計の見直し

2018年05月01日

猫の後ろ姿

■中学受験費用を振り返り、将来や子育てにつなげよう




中学入試を乗り越え、入学式から早くも一か月近く経ち、ホッと一段落といったところではないでしょうか。思い返せば塾通いがスタートしてからお金が羽根をつけて飛んで行くような日々でした。いったい中学受験でいくらかかったのか、きちんと算出している方は少ないものです。一度まとめてみる良い機会でしょう。
塾の費用まで遡ると総額の大きさに改めて驚かされます。「こんなにかかっていたのか」と思うと同時に、これからまだまだ続く中高一貫校の学費と大学進学費用に不安を覚える方も少なくないと思います。ここでさらに家計の見直しも行うことをおススメします。
家計の見直しについては次項で詳しくお伝えするとして、中学受験でかかった費用については、ある程度本人にも伝えるべきだと筆者は考えています。おそらくほとんどのお子さんは、学費については深く意識していないでしょう。しかし本人が「ここにいるのは親が塾の費用や学費を負担してくれたから」と気付くだけでもずいぶん生徒としての意識が変わってくるはず。ただ、お金がかかったことをネガティブに話したり、学校や先生に対して自分はお客様であるかのような間違った感覚を抱かせたりしないよう、お子さんの精神的成長に合わせた上手な伝え方が必要になってきます。

■将来の予測はそんなに難しくない!?




さて、家計の見直しについてですが、まずは現状把握が必要です。月々の収入に対し、何にどれくらい使い、いくら残っているのか・足りないのか。さらに賞与や旅行費用等、年単位で考える収入・支出を加味して最終的に年収に対してどれくらいの黒字・赤字なのか確認します。さらに金融資産はどれくらいあるのかも一覧表にしてまとめておきます。
この時点で赤字が判明した場合、すぐに家計の見直しに着手してもよいのですが、もう一歩踏み込んで、比較的簡単なキャッシュフロー表を作成してみましょう。平均寿命の頃まで予測するような長いものではなく、末子の大学卒業予定年まで、あるいは世帯主の退職予定年までといった近い将来までのもので良いのです。
ほとんどの場合、年金の受給額などの老後の収入を調べる必要がなく、予想のつきやすい金額やイベントだけを書き込むので作りやすいはずです。子どもの教育費で貯蓄をどれくらい減らしてしまうのか、退職時に手元にどれくらい残りそうなのか、ざっくりとわかってくるはずです。

キャッシュフロー表例
※クリックでPDFを表示

■見直しは固定費から



その結果、このままでは問題ありと判断したのであれば、早急に家計の見直しに取りかかりましょう。手始めに固定費の削減です。固定費の一つである通信費は、これまで格安スマホへの乗り換えが節約術の王道でしたが、心理的になかなか踏み切れないものがありました。
しかし、昨年から各大手キャリアも次々と割安プランを発表。携帯電話会社を変えることなく通信費の大幅削減が可能となっています。使用する家族が多ければその効果も大。まだの方はぜひショップに相談してみてください。
ちなみに、筆者がこの原稿執筆中に楽天が第4の携帯電話事業者として、条件付きながら国から認可を受けました。2019年10月からサービス開始予定です。今後大手キャリア同士でますます価格競争が起こると考えられます。こまめに情報をチェックして賢く節約につなげたいものです。
他にも長年入りっぱなしの保険を見直すのも有効です。そもそも保険とは「まれに起こりうるアクシデントによる多額の支出への備え」のことです。損害額が大きくなりがちな事由に備える火災保険・個人賠償責任保険・自動車保険にはきちんと加入しつつ、生命保険や医療保険は国や勤め先からの保障を加味して、無駄と判断したものは解約したり、減額したりしましょう。保険料も一度見直すことで大きな効果が得られる固定費です。

■中学受験後に家計を見直す必要性



お子さんが私立中学に進学した場合、ほぼ確実に大学進学費用も必要となります。学資保険等で既に備えている方も多いと思いますが、少なくともお子さんが中学・高校在学中に一度家計の総点検を行い、備えを万全にしておきましょう。というのも、予想以上に教育費がかかったなどで貯蓄が少なくなってしまった場合、親の現役引退が差し迫ってから慌てて貯蓄を殖やそうとしても難しくなるからです。
引退後も働けばいいと今は考えていても、その時働ける健康状態・家庭事情であるという保証はどこにもありません。今からやれる事をコツコツと確実にこなしておくことが老後の安心に繋がります。その意味で、お子さんの中学入学というタイミングでの見直しは、絶好の機会と言えるでしょう。

そのほかのオススメ記事

中学受験「合格」。その後の家計で注意すべきポイント
これだけは押さえたい! 子どもが私立中高一貫校に進学した時の家計4つの基本
私立中学進学で家計が赤字に! 中学受験家庭ならではの家計見直しポイント

[大西 由紀乃]


大西由紀乃

■プロフィール 大西 由紀乃(おおにし ゆきの)


ファイナンシャル・プランナー(AFP)、住宅金融普及協会・住宅ローンアドバイザー

短大卒業後、大手電機メーカーに就職し、出産を機に退職。夫の転勤による海外赴任生活5年を含む約15年間の専業主婦生活の中で「主婦こそマネー知識が必要」と感じ、独学で資格取得。2010年よりファイナンシャル・プランナー。地元湘南地域密着のFPグループで、公立学校のPTA向け教育費セミナーなどを行う。現在は個人で活動中。「知らなくて損した」と後悔する人を少しでも減らすことが目標。目下、大学生の長女の教育費に向き合う日々。1児の母。

■所属団体
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
住宅金融普及協会


学校情報検索して資料請求をしよう!

  • 中学校を探す
  • 高等学校を探す
  • 塾を探す
  • 中学校のイベントを探す
  • 高等学校のイベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

大学・短期大学・専門学校を探すならこちらから

ページの先頭へ