祖父母のみなさま

教育費のキホン~出産から高校入学まで

2018年04月01日

木

■貯め時は小学校3年生まで



子どもの衣食住にかかる生活費は年齢に比例して増えていきます。小学校入学以降の教育費もほぼ右肩上がりに増え、なかでも、学習塾の費用負担は大きいものです。

学年別1年間あたりの学校外教育費

グラフを見るとわかるように、小学校4年生から塾代が増え始めます。すでに共働きの場合、今以上に収入を増やすことは難しく、他の支出を削ることで塾代を捻出するご家庭も多いと考えられます。

食費や通信費などを削ることは簡単ではなく、貯蓄を後回しにしてしまうこともあるでしょう。

つまり、小学校3年生までが、貯蓄のできる時期=「貯め時」と言えるでしょう。



■それでも中学卒業までは未来の教育費を先取り貯蓄する期間



教育費は、幼稚園から大学までオール公立(大学は国立)とオール私立では平均額の積み重ねで比較しても1,500万円ほどの差があります。実際は、子どもの進路や習い事の有無によって、もっと上下します。わが家が負担する教育のためのお金は、子どもが最終学歴となる学校を卒業してみないと総額はわからないというのが本当のところです。

けれど、わからないからと言って、あらかじめ準備しないわけにはいきません。大学や専修学校専門課程の学費は1年間あたりの費用が高額なうえに、半年分または1年間分をまとめて払うルールになっているので、毎月の家計費からの支出では追いつかないからです。

そもそも、わが子が大学に行くかどうかもわからない、という保護者もいますが、現在の大学進学率は全国平均で約55%、専門学校などを含めた進学率は約77%ですから、わが子も「みんな」と同じように進学すると考えるのが現実的です。

小学校3年生までが貯め時であることは事実ですが、小学校4年生以降も、コツコツと教育資金を増やしていきましょう。貯め時を過ぎても、大学入学までは9年間もあるのです。時間を味方につけて、少しでも教育資金を増やします。



■高校時代に貯蓄を減らさないための家計を中学までに作っておく



大学の費用は、大学入学の直前まで貯め続けたいところですが、子どもが高校生ともなると日々の生活費と教育費の支出が大きくなりがちで、さらに貯蓄が難しくなることもあります。

高校の授業料無償化や補助が話題になり、わが子が高校生になれば教育費負担が無い、または減るイメージをお持ちの方もいるでしょう。ただ、授業料は学校納付金の一部にすぎません。「無償」は、高校でかかる教育費のすべてが対象なのではなく、保護者の教育費負担は高校時にもあることを忘れてはいけません。けっして貯蓄が多くはないのに、所得が高いために補助に該当しないこともあります。お住まいの自治体によって内容や金額が異なるので、早めに確認しておきましょう。

毎月の貯蓄予定額が2万円の場合、その額が難しい場合であっても、1万円なら頑張れる、9,000円なら頑張れるという風に、予定額が難しいからあっさり全額をあきらめるのではなく、少しでもいいから貯蓄を続けます。

毎月1万円の貯蓄ができれば、1年間あたり12万円は貯蓄を増やすことができます。高校3年間では36万円になりますから、滑り止めの入学金1~2校弱分くらいに相当します。

借りるタイプの奨学金の利用を検討している家庭であれば、貸与額をそれだけ減らすことにもつながります。

また、どうしても月々の貯蓄ができないとしても、せめて、これまで貯めた額を取り崩さないことも大切です。大学のための資金を、予備校代や受験料で大きく減らしてしまうケースも見受けられますが、中学までに家計を見直して、これまでの貯蓄を大学入学まで大事に守るようにしましょう。

そのほかのオススメ記事

「かかる」と「かける」の違いを理解すれば、未来の教育費は貯められる

情報と時間を味方につけて、子どもの教育費を確実に用意しよう
高校生までの教育費の準備方法とは

[菅原 直子]


菅原直子

■プロフィール 菅原 直子


ファイナンシャル・プランナー(AFP)、教育資金コンサルタント

すがわら・なおこ●会計事務所向けオフコン販売、外資系生命保険会社勤務・同代理店経営を経て、1997年よりファイナンシャル・プランナー。教育資金コンサルタントとして公私立高校での保護者・生徒・教員のための進学資金セミナーおよびライフプラン講座・相談会は250回超。神奈川県を中心に家計や保険の見直しの個人相談も行う。地元湘南地域密着のFP活動も展開中。3男子の母。セミナー記録と子育てを含む日々の雑感は、ブログ「湘南らいふでざいん」でどうぞ。

■著書
共著『子どもにかけるお金の本』(主婦の友社)
『子どもの教育費これだけかかります』(日労研)
■所属団体
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
WAFP関東
子どもにかけるお金を考える会 http://childmoney.grupo.jp/
FPライフ湘南 http://shounan.michikusa.jp/


学校情報検索して資料請求をしよう!

  • 中学校を探す
  • 高等学校を探す
  • 塾を探す
  • 中学校のイベントを探す
  • 高等学校のイベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

大学・短期大学・専門学校を探すならこちらから

ページの先頭へ