祖父母のみなさま

こども保険・定期預金について

2014年7月1日

前回は、お子様の教育資金の準備として、学資保険が有効活用できるというお話をしました。それでは、学資保険とともによく見受けられる「こども保険」との違いはどこにあるのでしょうか。

率直にお答えすれば、違いは「保険会社の定義次第」ということになるかと思います。従来は確かに違いがありました。前回お話ししたように、学資保険は「教育資金の積み立て」を主目的にしています。一方、こども保険は「子供に万が一発生する死亡や傷病に対する医療費の確保」ということが目的になります。また、こども保険には、「ケガをさせてしまった場合の保険」も含まれていることがあります。日常生活で起こりうる危険からお子様を守ることがこども保険の役割ということになります。

こうした違いがなくなってきた背景としては学資保険の拡大にあるかと思います。現在、多くの学資保険で特約という形でこども保険のような医療保障を付けることができます。そのため、従来のこども保険を別途契約してしまうと、重複してしまう可能性があります。学資保険とこども保険には差異がほとんどないという前提に立って、保険の見直しやを選択した方が確実かもしれません。

医療保障ではなく、教育資金を中心に考えた場合、保険に頼らないという選択もできるかと思います。たとえば、その一例として積立定期預金が考えられます。

積立定期預金のメリットは何と言っても確実性です。元本割れのリスクは限りなく低く、確実に貯蓄することができます。また、口座振替を利用することで自動的に貯蓄することが可能です。さらに、積立定期預金には「目標型」と「エンドレス型」があります。目標型は、目標金額や積立期間を設定し、その目標に達するまで貯蓄を継続します。エンドレス型はそのような目標はなく、継続的に積立を実行します。しかし金利は低空飛行を続けており、運用面では効率的とは言えません。都市銀行よりも高金利のネット銀行でも資金を増やすということはほぼ不可能です。たとえば、ネット銀行であるソニー銀行でも0.20%(1年もの運用)ですのでその低さがお分かりいただけるかと思います。(※1) 教育資金の運用に、正解はありません。様々な金融商品を組み合わせて、ご家庭にとって最適な貯蓄方法をご検討いただければと思います。

(※1)ソニー銀行ホームページ(http://moneykit.net/visitor/dc/)参照


[河合 一憲]


■プロフィール 河合 一憲


三菱UFJリサーチアンドコンサルティング(株)コンサルタント

かわい・かずのり●1984年、愛知県生まれ。東京大学大学院・ロンドン大学大学院修了。大学院修了後から一貫してビジネスコンサルティングに従事。外資系コンサルティングファームを経て2013年より現職。


■教育に関するお金のご相談は


三菱東京UFJ銀行
http://www.bk.mufg.jp/kojin/

学校情報検索して資料請求をしよう!

  • 中学校を探す
  • 高等学校を探す
  • 塾を探す
  • 中学校のイベントを探す
  • 高等学校のイベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

大学・短期大学・専門学校を探すならこちらから

ページの先頭へ