祖父母の方

いまどきの受験事情

2014年4月1日

「アクセス進学」は、進学・受験は受験生ひとりの問題ではなく、家族みんなで考える問題だと考えています。なぜ、進学が家族みんなのテーマなのか? それはこの数十年で大きく変わってきた受験事情が背景にあります。

一般的に受験勉強をするのは、高校受験の際に行うケースが最も多いと言われています。しかし受験を経験する年齢は徐々に低年齢化が進みはじめていて、昨今では小学生からの勉強が一般的となりはじめています。また、進学する人が少なかった時代には、よりレベルの高い学校に通うことが、そのまま良い就職先へとつながっていました。しかし、ここまで進学率があがった現在では進学して学校を卒業しても良い就職に恵まれるとはかぎりません。また、なにを学ぶのかについても、現在の学校では学べることが多様化、複雑化しており、仕事もこれまでになかった新しい仕事がどんどん出てきているので、進学先で学ぶことをその後の就職を見すえてじっくり検討する必要があります。「とりあえず進学する」という漠然としたものではなく、「何のために進学するのか?」という目的をはっきりさせ、将来の夢と結びつけて考えることが欠かせなくなっているのです。

学は、今後の人生を大きく左右する非常に重要な出来事です。自分とじっくり向き合い、将来どんな仕事をしたいのか、もっと大きく言えばどのような生き方をしたいのか、まずは将来の夢、目標を考える。それから「その夢を実現できそうな学校はどこか?」と、学校情報を集め、比較検討して選んでいく。こうした人生の大きな節目を乗り越えるためには、受験生ひとりだけではなく、家族みんなの力が必要です。受験生を中心に、受験生を取り巻くご家族みんなで知恵を出し合い、一緒になって考えてほしいのです。

進路に悩んでいる人は、ひとりで悩まずに家族や学校の先生、まわりの信頼できる大人たちの知恵を借りて、じっくり考えてください。お父さんやお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、学校や塾の先生など、それぞれ異なる価値観を持ち、さまざまな経験をしてきています。あなたが相談すれば、親身になっていろいろなアドバイスをしてくれることでしょう。でも、家族や先生の意見を聞いたからと言って、そのまま言うとおりにする必要はないのです。「自分はどうしたいのか」、しっかり自分と向きあって決めてくださいね。ご家族や学校・塾の関係者の方は、これから進学、就職と大きな世界に出ていく受験生が、自分で進むべき道を選びとり、自信を持って歩めるようにサポートしてあげてください。

進学は、受験生が自分自身とそしてこれからの生き方と見つめるチャンスです。受験生と受験生を支えるご家族、学校や塾の関係者の方が力を合わせ、心から納得できる、本人にとって最適な進路が見つかることを願っています。


[アクセス進学編集部]

学校情報検索して資料請求をしよう!

  • 中学校を探す
  • 高等学校を探す
  • 塾を探す
  • 中学校のイベントを探す
  • 高等学校のイベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

大学・短期大学・専門学校を探すならこちらから

ページの先頭へ