動物・ペット系

ブリーダー

ブリーダーとは

動物の血統を、次世代に引き継ぐ、
繁殖の専門家

ブリーダー の仕事内容

犬・猫などを繁殖・販売したり、トータルな指導・育成を行います。特定の血統の犬・猫を専門にし、血統や資質などを考慮しながら交配させる一方で、大会などに出場する犬・猫の育成も行います。犬・猫に関する専門的な知識に加え、種の維持、繁殖などの特別な知識と、遺伝的疾患が出ないような交配相手を見つけ出す能力と経験も必要です。

ブリーダーの仕事の現在と将来

ペット産業の成長とともにブリーダーの役割も大きくなってきました。最近はペットショップを通さずにホームページを利用して消費者へ直販する欧米型のブリーダーも増えてきており、今後はこれまでペットショップが行っていたアフターフォローやトラブルなどの対応など、飼育管理に関する能力ががブリーダーにも求められることが予想されます。

ブリーダーになるにはポイント

特に必要な資格はありませんが、大学や専門学校などで動物学、しつけ、飼育管理などの必要な知識を学びましょう。特に犬に関しては遺伝性疾患という固有の疾患があるため、ブリーディングの専門的な知識を持っていることが重要です。主な就職先はペットショップですが、トップブリーダーとなれば独立開業も可能になります。

ブリーダーには、こんな人が向いている!
    動物が大好き
    ▼責任感が強い
    ▼人と接するのが好き
    ▼運動神経がいい
    ▼根気強い
    ▼世話好き
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

ブリーダー

ブリーダーの情報ならアクセス進学。
ブリーダーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、ブリーダーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学