帝京短期大学(医療・医療技術系)20180611-20180630

医療・医療技術系

理学療法士

理学療法士とは

基本的な運動機能の回復をサポートする、
リハビリのスペシャリスト

理学療法士 の仕事内容

病気や事故などで身体が不自由になった人たちの身体機能の回復を図り社会復帰を手助けする仕事。医師の処方に基づき、さまざまな症状に合わせて、子どもから高齢者まで1人ひとりに最も効果的な治療計画を立て、それに沿って運動療法や電気刺激などの物理療法を施し、精神的な支えになりながら回復に努めます。

理学療法士の仕事の現在と将来

交通事故や脳卒中などによる後遺症治療が増え、理学療法士の人材不足は慢性化。さらに今後は、高齢者の増加とともに、病院だけでなく社会福祉施設や保健所など、地域と一体となったリハビリテーション治療の充実が求められてくるため、さらに多くの人材が求められるようになるでしょう。

理学療法士になるにはポイント

理学療法学科などの養成課程がある大学、短大、専門学校で3年以上学び、卒業後、国家試験に合格することが条件。国家試験の合格率は例年90%以上ですが、理学療法士の希望者は多く、養成機関への入学は難関です。しかし、慢性化する人材不足に、入学定員を増やすことが提言されているため、徐々に緩和される傾向にあります。

理学療法士には、こんな人が向いている!
    ▼ 心身機能や生理に深い関心を持っている
    ▼ 体力には自信がある
    ▼ 思いやりや包容力があると言われる
    ▼ 忍耐力はあるほうだ
    ▼ 人の役に立つ仕事がしたい
    ▼ 人と接するのが好き
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

理学療法士

帝京短期大学(医療・医療技術系)20180611-20180630
理学療法士の情報ならアクセス進学。
理学療法士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、理学療法士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学