医療事務系

医療秘書

医療秘書とは

複雑化する医療現場をスムーズにサポート
頼れる医療業務のスペシャリスト。

医療秘書 の仕事内容

病院などの医療機関で働く秘書のこと。業務内容は医師の補佐をはじめ、レセプト(保険料請求の書類)などの事務処理、患者と医療スタッフとの連絡業務等、多岐にわたります。秘書技能に加え、医療知識、医療保険、関係法規、簿記など幅広い知識が求められます。また、患者さんとの接点も多いため温かな心づかいも必要です。

医療秘書の仕事の現在と将来

医療技術の進歩により、急速に複雑化・細分化する医療サービス。サービス向上のためには医療秘書の役割は今後ますます重要になるはず。診療情報管理士(カルテを整理して管理する)、トランスクライバー(医師の口述した診断内容を文書にまとめる仕事)などの高度な技術を身につければますます活躍の場は増えるでしょう。

医療秘書になるにはポイント

専門知識が必要なため、医療系の専門学校などに進学すると良いでしょう。卒業後は医療機関などに事務職として就職し、経験を積んだ後、秘書として配属されるケースが多いようです。必須となる資格はありませんが、医療秘書技能検定、診療請求事務能力検定、メディカルクラークなどの資格を取得しておくと就職に有利です。

医療秘書には、こんな人が向いている!
    ▼ 医療・医学に興味がある
    ▼ 記憶力には自信がある
    ▼ 思いやりがあるほうだ
    ▼ 整理整頓が得意だ
    ▼ 口は堅い方だ
    ▼ 機転が利く方だ
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

医療秘書

医療秘書の情報ならアクセス進学。
医療秘書の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、医療秘書になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学