医療事務系

MR

MRとは

毎日の活動が医療貢献につながる、
医薬品のエキスパート。

MR の仕事内容

MRはMedical Representativesの略で、「医薬情報担当者」とも呼ばれます。日本では主に製薬会社の営業マンとして病院や開業医のドクターを訪ね、少しでも多くの自社製品を処方してもらえるように医療用医薬品の情報提供を行ったり、医療現場から副作用などの情報を収集して社内にフィードバックしていきます。

MRの仕事の現在と将来

製薬業界で今もっとも注目されているのが、新薬特許の切れた「ジェネリック医薬品」。医療費抑制という方針からも、国が積極的に後押しを行っているため、この医薬品を取り扱う企業各社による競争激化が予想されています。これまで以上にMRの重要性は高まってくるでしょう。

MRになるにはポイント

医薬品会社に就職後、一定の研修を受けた後にMR認定試験を受け、合格すると正式に認定されます。研修内容は教育センターが定めた「医薬情報担当者教育研修要綱」に基づいて各企業が実施しますが、各社ともレベルの高い研修制度を持っており、合格はそれほど難しいものではありません。出身学部も文科系が半数を占めています。

MRには、こんな人が向いている!
    ▼ 人と話すことが好き
    ▼ 医薬品に興味がある
    ▼ 何ごとも客観的に判断できる
    ▼ 説得力がある
    ▼ 人の役に立つ仕事がしたい
    ▼ 論理的に話をまとめることができる
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

MR

MRの情報ならアクセス進学。
MRの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、MRになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学