介護・福祉系

ケアワーカー

ケアワーカーとは

福祉の第一線をリードする
現場のプロフェッショナル。

ケアワーカー の仕事内容

高齢者や身体障がい者が自立した生活ができるよう精神面や精神面の手助けをする仕事です。主に食事、排泄、入浴などの補助、家族への介護指導などを行いますが、福祉関係はもちろん、医学、心理学、栄養学などの幅広い知識が必要です。力仕事をあるため、体力は必須。なによりも高齢者や障がい者に深い思いやりが求められます。

ケアワーカーの仕事の現在と将来

高齢者社会が急速に進む中、福祉の現場で活躍できる人材の需要は高まるばかりです。施設はもちろん、訪問介護までさまざまな現場で活躍のチャンスがあります。介護福祉士の資格を取得することでさらに活躍の場は広がり、ステップアップも可能です。これから先は保健・医療にも精通すれば、さらに幅広く活躍できるでしょう。

ケアワーカーになるにはポイント

福祉系の大学、専門学校などに進み、福祉関連の知識や技術(社会福祉、老人福祉、リハビリテーション、介護技術)などを身につけるのが早道です。在学中または卒業後に受験資格が取れる学校がおすすめですが、まずは福祉関連の企業に就職し、キャリアを積んで資格を取得する人も数多くいます。

ケアワーカーには、こんな人が向いている!
    ▼ 人の役に立ちたいと思う
    ▼ 思いやりがあると言われる
    ▼ 体力に自信がある
    ▼ 根気強い方だ
    ▼ 医療や福祉に興味がある
    ▼ 人と話をするのが好き
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

ケアワーカー

ケアワーカーの情報ならアクセス進学。
ケアワーカーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、ケアワーカーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学