介護・福祉系

臨床心理士

臨床心理士とは

「こころ」の問題を抱える人に
心理療法でサポートする専門家

臨床心理士 の仕事内容

精神的な問題や悩みを持つ人に対して、心理学的な方法で治療していく仕事です。相談者との面接、行動の観察、心理テストなどを行い、適切な心理療法を行います。病院の心療内科や精神科、家庭裁判所や児童相談所、刑務所、福祉施設、一般企業などのほか、「スクールカウンセラー」として学校で働く場合もあります。

臨床心理士の仕事の現在と将来

複雑化し、ストレスの多い現代社会の中で、心に悩みを持つ人は増え続けています。臨床心理士の役割は年々重要になっていますが、高度な知識・技術を持った専門家は不足気味。また悩みを持つ人の年齢や境遇は多様化しており、今後は特定の専門分野の知識や経験を持った人材が求められるようになるでしょう。

臨床心理士になるにはポイント

臨床心理士の資格が必要です。臨床心理士の資格を取得するには日本臨床心理士資格認定協会指定の大学院に進学し、資格審査に合格するのが近道。指定校以外の心理学系大学院、また4年生大学で心理学を学んだ場合は所定の実務経験が必要になります。資格取得後も5年ごとに更新審査があり、常にレベルアップが望まれます。

臨床心理士には、こんな人が向いている!
    ▼ 人と接することが好き
    ▼ 人の痛みが分かる方だと思う
    ▼ 人に対して寛容だと思う
    ▼ 柔軟な考え方ができる
    ▼ 客観的な視点に立てる
    ▼ 体力に自信がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

臨床心理士

臨床心理士の情報ならアクセス進学。
臨床心理士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、臨床心理士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学