介護・福祉系

ホームヘルパー

ホームヘルパーとは

在宅福祉サービスを第一線で支える、
福祉のスペシャリスト

ホームヘルパー の仕事内容

高齢者や重度の心身障がい者の家庭を訪問し、介護を行ったり、本人や家族の相談に乗ったりする仕事です。大別すると食事、入浴、洗髪、排せつの介助から生活面での相談・アドバイスなどの身体面の援助を行う場合と、掃除、洗濯、買い物など生活面の援助を行う場合の2種類があります。通院の付き添いなども行います。

ホームヘルパーの仕事の現在と将来

高齢化や核家族化が進む中、ホームヘルパーの需要は高まっていますが、人手は不足気味。志望者は増加しており、若い人の他に人生経験を積んだ中高年の人が資格を取得してホームヘルパーになるケースも。今のところ、採用状況も好調ですが、今後はさらに高度な介護技術が求められるようになるはずです。

ホームヘルパーになるにはポイント

社会福祉施設などに所属する場合はホームヘルパーの資格を取得する必要があります。1級から3級までありますが、できれば2級以上とっておきたい。自治体や社会福祉協議会、専門学校などが実施している養成講座で学び、修了するか、福祉系の大学や専門学校などを卒業しても取得することができます。

ホームヘルパーには、こんな人が向いている!
    ▼ 人と接することが好き
    ▼ 人の痛みが分かる方だと思う
    ▼ 人の役に立ちたいと思う
    ▼ 行動力がある
    ▼ 家事が得意
    ▼ 体力に自信がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

ホームヘルパー

ホームヘルパーの情報ならアクセス進学。
ホームヘルパーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、ホームヘルパーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学