介護・福祉系

ソーシャルワーカー

ソーシャルワーカーとは

福祉社会の充実をリードする、
縁の下の力持ち

ソーシャルワーカー の仕事内容

心身などに障がいがあり、日常生活を営むのに支障がある人々の相談に乗り、適切な福祉サービスが受けられるよう援助を行う仕事です。主に、社会福祉施設や病院などに勤務し、生活費、教育費、医療費などの支援、補聴器、車いすなどの支給、施設の入所手続き、ホームヘルパーの派遣など広範囲にわたります。

ソーシャルワーカーの仕事の現在と将来

高齢化社会の問題をはじめ、社会福祉への関心が高まり、福祉の充実が大きな課題となっています。福祉サービスの内容も多様化し、さらには福祉事業に参入する民間企業も増える中、人材は不足気味。有能な人材の育成が急務となっており、高度な専門知識と技術を持った福祉のプロへの期待がますます高まっています。

ソーシャルワーカーになるにはポイント

社会福祉士の国家資格を取得しておくとよいでしょう。社会福祉系の大学で指定科目を履修して受験資格を得るのが一番の近道。短大の場合は卒業後、1~2年の実務を経験し、指定科目の履修しない場合は養成施設養成施設に通うことで受験資格が得られます。社会福祉主事の任用資格を合わせて取得すれば可能性が広がるでしょう。

ソーシャルワーカーには、こんな人が向いている!
    ▼ 人と接することが好き
    ▼ 人の痛みが分かる方だと思う
    ▼ 人の役に立ちたいと思う
    ▼ 行動力がある
    ▼ 社会をよくしたいと思っている
    ▼ 判断力がある方だと思う
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

ソーシャルワーカー

ソーシャルワーカーの情報ならアクセス進学。
ソーシャルワーカーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、ソーシャルワーカーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学