デザイン・芸術系

インダストリアルデザイナー

インダストリアルデザイナーとは

生活の品をセンスで彩る、
究極のモノづくり人!

インダストリアルデザイナー の仕事内容

ボールペンから自動車まで、さまざまな工業製品をデザインする仕事です。美しいだけでなく、機能性(使いやすさ・耐久性)、コスト面までを考慮したデザインセンスが求められます。メーカー側と相談しながらデザイン、色や素材等を進めますが、最終的に立体模型を作りデザインを決定していくのが基本的な流れです。

インダストリアルデザイナーの仕事の現在と将来

科学技術が進歩してメーカー間での技術格差が小さくなってきた昨今、インダストリアルデザインの重要性はさらに高まっています。消費者の要望や流行を反映させつつ、機能的で安価な製品を生み出すインダストリアルデザイナーは、生活を豊かにする究極のモノづくり人としてこの先ますます活躍の場が広がるでしょう。

インダストリアルデザイナーになるにはポイント

特に資格はありませんが、専門的な知識が必要になります。デザインを専攻できる大学や専門学校で機械・人間工学などを学び、メーカーのデザイン部署やインダストリアルデザイン事務所に就職するのが一般的です。製品の開発には多くの人が関わるため、デザインの技術やセンスだけでなく、コミュニケーション能力も必要です。

インダストリアルデザイナーには、こんな人が向いている!
    ▼ モノづくりが好き
    ▼ 手先が器用なほうだ
    ▼ 凝り性な方だ
    ▼ コミュニケーション力には自信がある
    ▼ 芸術鑑賞するのが好き
    ▼ ものごとを客観的に見ることができる
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

インダストリアルデザイナー

インダストリアルデザイナーの情報ならアクセス進学。
インダストリアルデザイナーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、インダストリアルデザイナーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学