デザイン・芸術系

ディスプレイデザイナー

ディスプレイデザイナーとは

商品の魅力を最大限に演出する、
人の目を惹きつけるディスプレイ。

ディスプレイデザイナー の仕事内容

デパート、ショップなどのショーウインドウや展示空間などで商品や展示物を引き立てるための空間を演出する仕事です。空間のデザイン・設計はもちろん、小道具や照明などのセレクトから実際の設営現場に参加します。顧客のニーズに応え、効果的な演出ができるよう、幅広い知識と確かな技術が必要です。

ディスプレイデザイナーの仕事の現在と将来

商業施設のほか、博物館や美術館の展覧会、モーターショーなどのイベント会場や遊園地の展示・飾り付けまで、手がけるものが多岐に渡るため、活躍する場も多い仕事です。数多くのディスプレイ デザイナーが活躍した愛知万博など、今後も必要とされる領域は拡大すると考えられ、需要の高まる仕事と言えるでしょう。

ディスプレイデザイナーになるにはポイント

美術・デザイン系の大学や専門学校でデザインと空間演出などを学び、労働大臣が行う、「商品装飾展示技能検定」の取得を目指しましょう。技能のほかにも美的センスや流行を読む目を鍛える努力も怠らないようにしましょう。就職先はディスプレイ専門会社、百貨店、建築設計事務所など。経験を積めば独立も可能です。

ディスプレイデザイナーには、こんな人が向いている!
    ▼ 体力に自信がある
    ▼ 人と接するのが好き
    ▼ 絵を描くのが好き
    ▼ 雑貨・インテリアが好き
    ▼ どんな場面でも臨機応変に対応できる
    ▼ 好奇心旺盛なほうだ
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

ディスプレイデザイナー

ディスプレイデザイナーの情報ならアクセス進学。
ディスプレイデザイナーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、ディスプレイデザイナーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学