デザイン・芸術系

Webデザイナー

Webデザイナーとは

情報伝達の最先端!
WEBを操るデジタルクリエイター。

Webデザイナー の仕事内容

インターネットのホームページ(WEB)をデザインする仕事です。依頼主のイメージを画像、アイコン、動画や音声などを駆使してホームページに仕上げていきます。見た目の美しさだけでなく、ボタンの位置を工夫したり、情報量を調整したりと、利用者にわかりやすく使いやすいデザインができることも必要です。

Webデザイナーの仕事の現在と将来

急激にデジタル化が進む今日、情報発信手段としてホームページはますます重要なものになっています。特に商品PRのホームページは時に商品の売り上げさえ左右することもあり、WEBデザイナーは時代のニーズに欠かせない人気の職業と言えます。まだまだ進むデジタル化の中、活躍の場はさらに広がりを見せそうです。

Webデザイナーになるにはポイント

コンピュータ系、デザイン系の大学や専門学校で必要な知識を学び、広告制作会社や企業内のWEB制作部門などに就職するのが一般的です。必要な資格はありませんが、WEBクリエイター能力検定や、Illustrator、Photoshop、Flashといった仕事に必須ソフトの能力検定の受験はスキルの証明になり、就職にも役立つはず。

Webデザイナーには、こんな人が向いている!
    ▼ モノづくりが好き
    ▼ センスに自信がある
    ▼ コンピュータ操作が得意だ
    ▼ 新しい情報や話題は欠かさない
    ▼ 細かい作業は苦ではない
    ▼ 人の話をうまく聞き取ることができる
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

Webデザイナー

Webデザイナーの情報ならアクセス進学。
Webデザイナーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、Webデザイナーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学