日本ペット&アニマル専門学校20170828-20180331

動物・ペット系

自然観察指導員

自然観察指導員とは

自然を守るため、人と自然が触れ合う機会を増やす「橋渡し」役。

自然観察指導員 の仕事内容

自然を保全するには、まず人々が自然と接する機会を作り関心を持ってもらうこと。その一員としての「自然観察指導員」は、日本自然保護協会が認定する資格で「自然観察会」をボランティア活動として行います。収入が望めないため、自然を愛する一般の市民や、自然保護官・環境教育指導者・インタープリター・ネイチャーガイドなど、自然に関わる仕事と兼任する人もいます。

自然観察指導員の仕事の現在と将来

自然観察の指導そのものは収益ビジネスではないものの、自然保護に貢献できるため、大きなやりがいがあります。何かの仕事をしながら資格を取り活動をすることになりますが、社会的な意義からも今後はこの資格を持った人が仕事として活躍できる組織・団体(動物や自然に関わるビジネスやNPO)も増えてくると考えられます。

自然観察指導員になるにはポイント

「自然観察指導員」の資格は、財団法人日本自然保護協会(NACS-J)が主催する講習会を受け、知識や実践を学ぶことで取得できます(全国各地で講習会を開催)。関連する仕事に就くためには、動物や生物学、自然や環境科学、エコツーリズムなどについて、専門学校や短大・大学で学ぶことが将来を広げることになります。

自然観察指導員には、こんな人が向いている!
    ▼ 自然環境・生態系を守りたい
    ▼ ボランティアに興味がある
    ▼ 人とのコミュニケーションが得意
    ▼ 人に喜ばれる仕事がしたい
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

自然観察指導員

日本ペット&アニマル専門学校20170828-20180331
自然観察指導員の情報ならアクセス進学。
自然観察指導員の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、自然観察指導員になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学