日本ペット&アニマル専門学校20170828-20180331

動物・ペット系

犬猫保護施設スタッフ

犬猫保護施設スタッフとは

いわば「動物の孤児院」「里親捜し」などを運営するエキスパート。

犬猫保護施設スタッフ の仕事内容

何らかの理由で「野良」になってしまった動物を悲惨な環境から救い、動物と人間の絆を結び直す仕事です。自治体(保健所)などでも保護はしますが、引取手がなければ処分することが前提。一方、民間のNPOやボランティア団体などでは治療やしつけなどを行い、里親捜しのための情報発信・経理事務作業なども行います。

犬猫保護施設スタッフの仕事の現在と将来

営利目的の経営が成立しにくいため、市民の応援や意識を高める活動も不可欠です。しかし東日本大震災などの災害では多くのペットが“孤児”になり、そのペットを保護する人々も注目を集めました。NPO団体も数多く設立され活動しています。「里親制度」などもペット好きの人々から支持されている、やりがいのある仕事です。

犬猫保護施設スタッフになるにはポイント

保護活動にボランティアとして参加できる団体もあります。しかし、単にペットが好きなだけではかえって足手まといになる場面も。そのため、ペットや動物関連の学校(専門学校、短大・大学)に進学し、動物の医療や健康・美容、しつけや訓練、あるいはNPOの実践的知識など、何らかの専門知識や技能を身につけていることが理想です。

犬猫保護施設スタッフには、こんな人が向いている!
    ▼ 犬や猫が好き
    ▼ 排泄物の世話や病気への配慮ができる
    ▼ 専門知識や技能を身につけたい
    ▼ 協調性が高い
    ▼ 高い給料よりもやりがいを重視する
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

犬猫保護施設スタッフ

日本ペット&アニマル専門学校20170828-20180331
犬猫保護施設スタッフの情報ならアクセス進学。
犬猫保護施設スタッフの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、犬猫保護施設スタッフになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学