日本ペット&アニマル専門学校20170828-20180331

動物・ペット系

家畜人工授精師

家畜人工授精師とは

牛・豚など家畜の人工授精・受精卵移植を行う国家資格者。

家畜人工授精師 の仕事内容

家畜人工授精師は、酪農の現場で牛・豚などの家畜を妊娠させるスペシャリスト。動物の微妙な変化を見極めて人工授精や受精卵移植を行い、妊娠を確実に成功させる技術が求められます。ただ妊娠させるだけでなく、おいしい食肉や牛乳などを安定供給するために、健康な家畜を生ませることが求められ、農家と二人三脚で食の生産を支えます。

家畜人工授精師の仕事の現在と将来

動物のことをよく知ることはもちろん、食に求められる安全性、農家の経営、これからの農業の変化もこの仕事に大きく関わります。日本人が期待する国産肉への要求に応え続けることが必要であり、その点でも農家と二人三脚です。食肉産地のブランド化、企業による酪農の大規模化・合理化などにおいて果たす役割は大きく、活躍が期待されています。

家畜人工授精師になるにはポイント

都道府県が実施する家畜人工授精師の講習会を受け、修業試験に合格する必要があります(国家資格)。合格した修業試験に関わる家畜の種類(牛か豚)についてのみ業務を行えます。獣医師は無条件で業務を行えるほか、畜産学部系の大学・短期大学で単位を履修した場合は、一部科目の受講が免除となります。志望する場合は、獣医系・畜産学部系の大学や専門学校で学ぶと有利です。

家畜人工授精師には、こんな人が向いている!
    ▼ 動物が好き
    ▼ 農業(酪農)に興味がある
    ▼ 人とのコミュニケーションが得意
    ▼ タイミングを辛抱強く待つことができる
    ▼ 人に喜ばれる仕事がしたい
    ▼ 責任感が強い
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

家畜人工授精師

日本ペット&アニマル専門学校20170828-20180331
家畜人工授精師の情報ならアクセス進学。
家畜人工授精師の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、家畜人工授精師になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学