デザイン・芸術系

イラストレーター

イラストレーターとは

自分のタッチと依頼主の期待を
最適なバランスで仕上げれば一流!

イラストレーター の仕事内容

書籍や雑誌、広告にイラストを書く仕事です。企業や商品のイメージ、記事や小説の内容などをイラストで視覚化するため、内容の理解力や把握力が必要です。クライアントの注文に従いながらイラストを描きあげるため、個性や絵画の技量のほかに、どれだけ要望に柔軟に応じられるかも重要なポイントです。

イラストレーターの仕事の現在と将来

コンピューターの発達により、最近ではマウスやタブレット(パソコン用の筆記具)でイラストを作成したり、描いたイラストを画像処理ソフトで加工したりするイラストレーターも増えてきました。イラストを管理する上でもパソコンは重宝するので、操作に慣れておいたほうがいいでしょう。また、グラフィックソフトも扱えると表現の幅が広がります。

イラストレーターになるにはポイント

美術系の大学、デザイン専門学校に進学し、デッサンや色彩の基礎を勉強するといいでしょう。卒業後は出版社やデザイン事務所に就職する人もいますが、フリーランスで仕事をしている人がほとんどです。作品集を作って出版社に持ち込んだりコンテストに応募するなど、地道に営業活動を行う努力が必要です。

イラストレーターには、こんな人が向いている!
    ▼ 絵を描くのが好き
    ▼ 人の話を聞くのが好き
    ▼ 体力に自信がある
    ▼ 自分で仕事をコントロールしたい
    ▼ 前向きなほうだ
    ▼ 好奇心旺盛
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

イラストレーター

イラストレーターの情報ならアクセス進学。
イラストレーターの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、イラストレーターになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学