自動車・バイク・航空系

航空電子技術師

航空電子技術師とは

飛行機の電子機器を支える、スペシャルなエンジニア。

航空電子技術師 の仕事内容

飛行機内の無線・電気・計器類、各種レコーダーなどの整備を行うのが主な仕事。コックピットにズラリと並ぶ機械、そのすべてを手分けをしながらチェックし、必要に応じて調整し不具合を直していきます。また、パイロットが訓練に使用するシミュレーターなどの整備も仕事の範囲。専門性が高いだけに非常に大きなやりがいを味わえます。

航空電子技術師の仕事の現在と将来

格安の運賃で飛ぶ航空会社が世界中で増えています。この背景には、燃費の良い機種に単一化するなどの工夫がありますが、いかに早く確実に整備を行うかも重要な競争要因。飛行の安全に直結するため、安易な合理化ではなく、機器や人材の高度化が求められています。優れた航空電子技術者は世界中に活躍のフィールドが広がっています。

航空電子技術師になるにはポイント

特殊な技能を身につけるため、国土交通大臣指定航空従事者養成施設指定校の専門学校で学ぶ必要があります。ここで基礎から専門を学び、さらに関連する各種資格を取得することで航空会社への就職が有利になります。なお、これらの技術は高度に電子化を続ける自動車産業などにも応用できるため、将来は幅広い選択肢を得ることができます。

航空電子技術師には、こんな人が向いている!
    ▼ 飛行機が好き
    ▼ 物の仕組みを知るのが好き
    ▼ 電気や電子、情報に興味がある
    ▼ 故障や不具合の原因を論理的に考えられる
    ▼ 人と同じ「普通」では物足りない
    ▼ 誰かに感謝される仕事がしたい
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

航空電子技術師

航空電子技術師の情報ならアクセス進学。
航空電子技術師の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、航空電子技術師になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学